FC2ブログ
プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
八咫烏@九段下 / ネギ塩牛タンラーメン(限定)
八咫烏
ネギ塩牛タンラーメン(限定)

[訪問日]
2019年2月14日(木)

[評価]★★★★★

八咫烏 -- ネギ塩牛タンラーメン(限定)


九段下の行列店「八咫烏」。


僕のブログでは、すでに常連の「八咫烏」。

ほぼ、毎週あるいは隔週で登場しています。



なので、すでに、ご承知のこととは思いますが、「八咫烏」について一応・・・


元々は、調布市仙川にある「魔女のカレー」というカレー屋を営んでいた居山勢さんが、
独学でラーメンも作り出し、カレーとともに二毛作営業をしていたことに端を発します。


それが、カレー屋はスタッフに任せ、居山さんは、ラーメン屋に専念し、「八咫烏」を
オープンしてしまったというのが「八咫烏」というお店。


詳しくは、以前取り上げた記事を参照していただければと思いまが・・・
 ⇒ 「八咫烏 / ラーメン 黒」の記事






さて、すでに今年に入って、いくもの限定をリリースしている「八咫烏」ですが・・・


僕も2つほどいただいています。
 ⇒ 「八咫烏 / 白味噌とマスカルポーネのエビクリームラーメン」の記事
 ⇒ 「八咫烏 / 背脂とミルフィーユチャーシューのトマトラーメン」の記事


他にも、ゲリラ的な限定や裏メニュー的な限定もあったりして、
できることであればコンプしたいのですが、中々時間が許さない。

残念ですが、着いていくのが大変です・・・(汗)



でも、一応、メインメニューとしてリリースしている限定だけでも
できる限り食べたいとは思っていまして・・・



そんなことで、今回も新作の限定が提供されるということで、それ目当てで
お邪魔してきたというわけです。





ということで、今回の「八咫烏」。



新作限定です。


前回の限定のときに、すでに構想だけは居山さんに聞いていたので、
なんとなくはイメージしていたのですが・・・




今回の限定は、

「ネギ塩牛タンラーメン」

です。



けっこうシンプルそうな感じを名前からは受けますが、居山さんのことですから
きっとそんなことはないでしょう!



しっかりと「お料理」されていると思います。




楽しみですね。





ということで、早速ですが、「八咫烏」の今回の限定「ネギ塩牛タンラーメン」、
いただいてきましたので、感想の方をレポしていきましょう!






まずは、ビジュアルから。

八咫烏 -- ネギ塩牛タンラーメン(限定)

なんと今回はメインのどんぶりに加え、別皿を添えた2つの器で登場です。


ラーメンは、いつもの白いどんぶりで。

もうひとつは、トッピングをのせた小皿で。



ラーメンの方は、パッと見た感じは、すごくシンプルです。

そして、この美しい丼顔は、いつもの通りで。


毎度のことながら、惚れ惚れしてしまうビジュアルです。


で、トッピングの小皿もキレイに盛り付けてあります。






では、細かく見てみましょう。

八咫烏 -- ネギ塩牛タンラーメン(限定)_アップ

最初に、メインのラーメンの方から。

八咫烏 -- ネギ塩牛タンラーメン_ラーメン

まずは、スープ。


レギュラーの「白」に近いような、透明感のある清湯スープ。

この澄んだ清湯は、いかにも「八咫烏」という感じのもので、ホント美しいです。



麺は、細麺のストレート。

いつもながらに美しい麺線を描いています。



で、トッピングには、牛のバラ肉のチャーシューが2枚。

その上に、2種類のネギが大胆に盛られています。


その2種類のネギというのが、九条ネギと上州ネギみたいですね。



ラーメン本体の方は、これだけ。

ほとんど「かけラーメン」に近いくらいのシンプルさ。



ただ、別のトッピング皿には、いつもの「八咫烏」らしさを覗かせるお料理が・・・


では、そちらも見てみます。

八咫烏 -- ネギ塩牛タンラーメン_トッピング

見るからに「牛タン」ですね。


レアっぽい「牛タンチャーシュー」が2つに折り曲げられ4枚盛られています。


で、その影には、白菜と大根の漬物。

脇には、味噌のようなものがあります。


これにつけて食べるということでしょう。


そして、いつものレンゲマジック。

レンゲには、ごま油が注がれていて、中には、何やらスパイスのようなものが
沈み込んでいます。


あとは、カットレモン。



やはり、一筋縄ではいきそうにもない「居山ワールド」。


なんだかんだと今回も全開ですね!




さらに、もうひとつ。

これ。

八咫烏 -- 自家製土佐じょうゆのトロロ&むぎご飯(限定)

実は、こちらは、限定専用のご飯ものとして用意されていたものなんですが・・・


居山さんのご厚意でサービスしていただいちゃいまして。

いつもありがとうございます!


「自家製土佐じょうゆのトロロ&むぎご飯」

です。



「牛タン」といえば、「トロロ麦ご飯」は鉄板ですからね。


でも、居山さんの場合、ただ「トロロ麦ご飯」では終わりません。

「自家製土佐醤油」を使ったオリジナルなものです。


これが、その「自家製土佐じょうゆのトロロ」。

八咫烏 -- 自家製土佐じょうゆのトロロ&むぎご飯(限定)_自家製土佐じょうゆのトロロ


で、これが、「むぎご飯」。

八咫烏 -- 自家製土佐じょうゆのトロロ&むぎご飯(限定)_むぎご飯


間違いないですよね。




「ラーメン」といい、「ご飯」といい、見るからに美味しそうです!


わかっちゃいるけど・・・


いただいてみましょう!





まずは、スープから一口。




なんという深い味わいのスープなんでしょう!


牛の旨味がたっぷりと詰め込まれています。

深く、優しく、コクのある味わい・・・


「牛全開」です!


そして、角がなく、じんわりと染み入る丸い塩味。

これが良い塩梅で。


この視加減のバランス感覚は、やはりすばらしい。

居山さんお得意の「和の世界」がここにはあります。



このおだやかで染み入る味は、ホントに美味しい!

料亭の味ですよね。




このスープは、「牛テール」をメインに「羅臼昆布」、少々の「鰹厚削り」から
出汁をとっているようです。


「牛テール」がメインなんですが、それに昆布やら鰹やらを微妙に加えて
味に厚みを出しているところがすごい。

食べてみて、鰹や昆布を明確に感じるわけはない。


でも、実際にはそこにある。


その味の支えのようなものがプロですよね。



で、カエシにも「牛」は使っているようです。

「牛もも肉」のエキスに「ピンク岩塩」、「八海山」を使って作っているようです。




いや~、美味しい!


いろんな味が隠され、それによって構成された優しい「牛テール塩スープ」。




完璧な美味しさです!





そして、麺。



普段の麺よりも細めですね。


ストレートで歯切れの良い麺。



啜り心地という喉越しといい最高ですね。

ザクザクの食感も良い。


無心で啜っちゃいそうになる麺です。



加水は低めなので、スープをしっかりと吸い上げてくれるし。




美味しいです。





そして、「ラーメン」にのっている具材。



まず、メインは、「牛のバラ肉」。

これが、トロトロに煮付けてあって!


箸で掴むのがやっと!


柔らかで、口に含めばホロホロと解れていく。



こりゃ美味いな!


なんて贅沢なチャーシューなんでしょう!



「牛」を使ったラーメンというと「ローストビーフ」というような自然な流れを
いとも簡単に打ち破ってくれるトッピングの発想は、いつもながらすごいです。



で、この「牛」の上にのった2種類のネギ。


これ、「薬味」というには存在感がありすぎで。


もはや、具材ですよね。



「九条ネギ」と「上州ネギ」、どちらも甘味のあるシャキッとした食感。

これだけの量があれば、ザクザクとした食べ応えもあり、麺と絡めれば
立派な具材として成立するほど。


「牛」に負けないくらいに美味しいです!





さあ、そして、どちらかというと、こちらの具材の方がメイン?


別皿の「お料理」をいただいてみましょう!



まずは、4切れある「牛タン」をそのまま一口。


レア感はあるのですが、しっかりと低温調理されていて、ほんのりとした塩味、
噛めば噛むほどに広がる味は絶品です!


で、添えてある「白菜と大根の漬物」。

あっさりとした塩味の漬物。


これと「牛タン」を合わせていただいても美味。



さらに、やはりお皿に添えてある「味噌」。


これ、「牛タン料理」にはよく添えられている「南蛮味噌」なんですね。

味噌の甘みと青唐辛子の香りが食欲をそそる「南蛮味噌」。


青唐辛子を味噌に漬け込んだオリジナルのものなんでしょう。


これは、「牛タン」には鉄板ですよね!


ピリッと辛く、しかも甘味ある味噌につけて食べることで、「牛タン」が
一層美味しく感じられます。



さらに!


まだあるんです(笑)



レンゲ上にある「ごま油」。


これがまたオリジナリティ溢れ、美味しい味の変化をもたらしてくれて。


実は、ごま油の中に沈んでいるのは山椒なんですね。

山椒の辛味とごま油の風味が一体となってオリジナルなコクのある味に。


「牛タン」をつけて食べても美味しいし、スープに少し溶かしてみても良いし。



もうここまでくると「居山ワールド全開」ですね。



別皿の「牛タン」だけでも「お料理」として美味しくいただけるのですが、
「牛タン」を食べては、麺を啜って、スープも飲んで・・・


もう行ったり来たりで忙しいです!




でも、美味しい忙しさ。


嬉しいですね。




そんなこんなで行ったり来たりと食べているうちにあっという間の完食です!


当然、汁完。





ただ、これだけでは終わらないんです。



まだ、サービスしていただいた「自家製土佐じょうゆのトロロ&むぎご飯」が
早く食べてくれと僕を待っているんです。


この鉄板ご飯を、あえて残しておいて、あとで一気食い。

それを楽しみにしていまして。



とりあえず、トロロを麦ご飯にかけて・・・

八咫烏 -- 自家製土佐じょうゆのトロロ&むぎご飯(限定)

トロロの甘さと良い塩梅の醤油味。

ピリッと山葵の効いた味が何ともいえない。


で、これは、お米だけでなく「麦ご飯」じゃないとダメなんですよね。



もうあとは、意地汚いとかお行儀悪いとか言われようがかまわない。


レンゲでズルズルと一気に掻きこんで!




完璧なまでの完食です!




美味かった!


本当に美味かった!




今年に入って、僕がいただいた「八咫烏」の限定は、3つ目ですけど・・・


食べるたびにナンバーワンの順位が入れ替わっていくな・・・


一気にトップに踊り出ました・・・(笑)




また、次回、更新されちゃうのかな?


ま、それはそれで嬉しいことで。





また次の限定も楽しみにしています!




ご馳走様でした!

八咫烏 -- ネギ塩牛タンラーメン + 自家製土佐じょうゆのトロロ&むぎご飯(限定)_メニュー

八咫烏(ネギ塩牛タンラーメン + 自家製土佐じょうゆのトロロ&むぎご飯(限定))

[データ]
●店名:八咫烏
●住所:東京都千代田区九段北1-9-2 中西ビル 1F
●交通:東西線・半蔵門線・都営新宿線「九段下」より徒歩2分
●営業:[月~土]11:00~22:00(14:00~17:00の間2時間くらい閉めることあり)・[土・祝]11:00~17:00
●定休:日曜




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■塩らーめん [ 東京/牛+魚介(清湯) ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント