FC2ブログ
プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
noodle kitchen 六九麺@高円寺 / 鶏薫 醤油らぁ麺
noodle kitchen 六九麺
鶏薫 醤油らぁ麺

[訪問日]
2019年2月27日(水)

[評価]★★★★☆

noodle kicthen 六九麺 -- 鶏薫 醤油らぁ麺


昨年末にオープンした「noodle kitchen 六九麺」。


なんとなく気になっていたのですが、中々足が向かず、ようやく訪問。



こちらのお店、ラーメンの内容もさることながら、店主さんが変わった経歴で
ちょっと面白いんですよね。

そんなこともあり、ちょっと気になっていたんです。



しかも、高円寺という都内でも屈指のラーメン激戦区に乗り込んでくるとは!


けっこう期待が高まります。





ということで、「noodle kitchen 六九麺」。




こちらのお店、店主さんが変わった経歴の持ち主と言いましたが・・・



実は、1人ではなく2人による共同経営なんですよね。



その2人というのが、井上慎史さんと内海克則さん。

それぞれ、ラーメン店での修行経験がある方なんですが・・・


特に、内海さんは、いろんなラーメン店で働いていたとか。



で、この2人の経歴の何が面白いかというと・・・



まず、井上さん。


この井上さん、元お笑い芸人。

東京NSC14期生で、吉本興業に所属していた方。


ブッシィ井上という芸名で、「カプチーノ中毒」を結成してデビュー。

その後、いろんなコンビを経てピン芸人・井上虫歯二本として活動。


その傍ら、阿佐ヶ谷で「阿佐谷うまいもの市場 浩太郎丸」という居酒屋も経営。

2号店として、祖師ヶ谷大蔵に「祖師谷海鮮市場 浩太郎丸」もオープンしています。




そんな、井上さんが、元バンドマンで、いろんなラーメン店で働いていた
内海さんと知り合ったのは、2009年。

たまたま同じラーメン店で働いていたのをキッカケに知り合ったそうで。

その後、10年の歳月を経て再会し、ラーメン店をやろうということで、
今回のお店をオープンすることになったようです。


井上さんは、「大和麺学校」でも勉強したみたいですね。




で、2人の役割的には、運営・経営などを含めたスポンサード的なものを井上さんが、
現場でラーメンを作って切り盛りするのが内海さんという感じ。


内海さんは、いろんなお店で学んだラーメン作りを活かしていくということでしょう。





さて、そんな新店「noodle kitchen 六九麺」。



冒頭でも触れましたが、ラーメン激戦区の高円寺にあります。


駅から青梅街道に向かって南下するメインストリート沿い。

歩いて3分ほど。


両隣りが「ラーメン大」、「麺屋 銀星」、角を曲がったところには「天下一品」と、
ラーメン店に囲まれた、ある意味へヴィーな環境で!



でも、白地に漢字で大きく「六九麺」を書かれた暖簾が目立つので、
すぐにわかると思います。





店内は、厨房を囲うように木調の広々としたL字型カウンターが8席。


広々としたカウンターで、清潔感もあり良い雰囲気です。




厨房内は、基本的に内海さんのワンオペ。

井上さんが手伝っていることもあるようで。





そして、肝心のメニュー。



基本は、2種類です。

「鶏薫 醤油らぁ麺」と「海薫 らぁ麺」の2つ。


これらに、バリエーションが2種類揃ってます。


「醤油」は、「鶏薫 醤油六九麺(ALL STAR)」と「鶏薫 たまご醤油らぁ麺(Brown)」。

「塩」は、「海薫 塩六九麺(ALL STAR)」と「海薫 たまご塩らぁ麺(Pink)」。


こんな感じのメニュー名になってます。



要は、「特製」と「味玉入り」ですね。



ご飯ものとしては、「ごはん」の大・中・小に「69TKG」、「豚チャーシューTKG」、
「鶏チャーシュー丼」、「69日替わりごはん」があります。


で、この中の「69TKG」とセットになったメニューの「醤油らぁ麺と69TKGセット」、
「塩らぁ麺と69TKGセット」というお得メニューもあります。


あとは、各種追加トッピングとおつまみ、ドリンク類ですね。




で、これらのメニュー。


スープには、「青森シャモロック」、「山形さくらんぼ鶏、「鳥取大山どり」の
3種の地鶏をブレンドした、いわゆる、今流行の「鶏と水」ってやつになってます。


この系統は、美味しいお店がたくさんありますから、ハードルが高いですね。



それだけに楽しみです。




で、僕が選んだのは・・・


まずは基本の「鶏薫 醤油らぁ麺」。

ここからスタートです。



「醤油」にもこだわりを持っているようなので楽しみです!





ということで、高円寺の「noodle kitchen 六九麺」の「鶏薫 醤油らぁ麺」、
いただいてきましたので、早速ですが、感想の方をレポしていきましょう!





まずは、ビジュアルから。

noodle kicthen 六九麺 -- 鶏薫 醤油らぁ麺

屋号の「69men」というロゴ、そして、どんぶりの縁の雷文が、「69」という
デザインであしらわれた高台丼で登場。


上手くデザインしましたね~ってな感じでお洒落。


パッと見の丼顔もキレイな顔立ちで。



これは、かなり期待できますね。





では、細かく。

noodle kicthen 六九麺 -- 鶏薫 醤油らぁ麺_アップ

まずは、スープ。



表面にキラキラと鶏油が張った清湯醤油スープ。


キレイな醤油ブラウンのスープは、いかにも「鶏そば」といった感じで、
飲む前から味が想像できちゃいますね。




で、麺。


麺は、ストレートの細麺。

中々歯応えの良さそうな印象で、パッツンときそうな感じ。




トッピングには、まずメインに豚チャーシューと鶏チャーシューが1枚ずつ。


鶏は低温調理されたムネ肉で、長いものが2つ折にされています。

その下に重なるように煮豚チャーシュー。


モモ肉と思われますが、かなり味が染みていそうで美味しそう。




で、メンマは、やや太めのものが2本。


薬味には、白髪ネギとカイワレがのっています。



彩り的に、さびしい感もありますが、キレイな盛り付けでとても好感が持てます。





では、いただいてみることにしましょう!





まずは、スープから一口。




お~!


これは、すごい鶏の旨味とコク。


しょっぱなから来ますね~!



ラードを使ってるわけでもなく、鶏油オンリーなのに熱々で。



サラリとした清湯スープなのに、濃厚な鶏出汁が出ていて、旨味満載!



先にも触れてますが、「青森シャモロック」、「山形さくらんぼ鶏」、
「鳥取大山どり」の3種地鶏をブレンドした鶏出汁。


じっくりと丁寧に炊き出しているということで、その旨味がしっかりと出ています。



醤油味も、鶏油のせいもあるのでしょうけど、奄美を帯びていて、じんわりと
染みてくるタイプのもの。


長野県、島根県の醤油蔵から直接仕入れている醤油なのだそうです。


特に醤油の種類等は謳ってなかったのでわかりませんが・・・



とにかく、スープとカエシのバランスが絶妙で、最初は、どちらかというと
鶏出汁が先行してくる印象だったのですが、温度変化とともに、どんどn
醤油の味が前に出てきて!





これは、美味いなぁ~!



想像していた以上に美味しい。


レンゲが止まらないです!





麺は、もっとパッツンとくるタイプかと思いきや、ホクホクとした食感で。


啜り心地も良く、スープともしっかりと絡んで美味しい麺です。





そして、具材。



メインは、やはり、2種のチャーシュー。



鶏チャーシューは、低温調理されたムネ肉。

しっとりとしていて美味しいです。



で、もうひとつの豚チャーシュー。


これが、鶏チャーシューよりも秀逸で。


モモ肉かと思われるのですが、ホロホロ解れてしまうのではないかというほど
柔らかく煮込まれていて、味が染み込んでいてすごく美味しい。



メンマは、サクサクッとした食感。


薬味の白髪ネギやカイワレもサッパリとした口直し的なもので良い仕事をしています。





いや、これは美味しかった!


似たような感じのラーメンが多い中、ちょい頭ひとつ出た感じかな?



屋号が「六九麺」で、「鶏と水」ということで、「あの名店」を意識、
あるいはリスペクトしたのかなと思って内海店主さんに聞いてみたのですが・・・



屋号の「六九麺」は、「シャモロック」を使っていることと、内海さんが
元バンドマンでロックをやっていたから、そこに由来しているということらしくて。


なるほど、そういうことですか。



でも、「あの名店」を意識していたとしても、しっかりとクオリティ高いものを
作り出しているのだから良いと思うのですが・・・




ま、好みにもよりますが、僕にはど真ん中の味でしたね。



あっという間の完飲完食。


美味しかったです!





今度は、時間を見つけて「海薫 塩らぁ麺」を試しに行きたいですね。


こちらも「海薫」といってはいても、スープのベースは同じようですから。

ま、カエシで「海」を感じるのでしょう。




楽しみですね。





とりあえず、美味しかった。




ご馳走様でした!

noodle kicthen 六九麺(鶏薫 醤油らぁ麺)

[データ]
●店名:noodle kitchen 六九麺
●住所:東京都杉並区高円寺南4-7-1 コーポカトレヤビル 102
●交通:JR中央線「高円寺」より徒歩3分
●営業:[月~金]11:30~15:00・18:00~25:00/[土]11:30~15:00・18:00~26:00[日]18:00~24:00
●定休:不定休




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■醤油らーめん [ 東京/鶏(清湯) ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント