FC2ブログ
プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
柴崎亭 梅ヶ丘店@梅ヶ丘 / 豚めん(2019年3月3日(日)プレオープンイベント・くじら食堂×中華そば しば田×柴崎亭コラボ限定)
柴崎亭 梅ヶ丘店
豚めん(2019年3月3日(日)プレオープンイベント・くじら食堂×中華そば しば田×柴崎亭コラボ限定)

[訪問日]
2019年3月3日(日)

[評価]★★★★★

柴崎亭 梅ヶ丘店 -- 豚めん(2019年3月3日(日)プレオープンイベント・くじら食堂×中華そば しば田×柴崎亭コラボ限定)


言わずと知れた人気店「柴崎亭」。


「柴崎亭」といえば、ワンコインで食べられる「中華そば」などのレギュラーメニューや
不定期で提供される数々の限定麺などで常に話題に事欠かないお店です。


ま、「柴崎亭」の詳細については下記のリンク先記事を参照していただければ
と思うのですが・・・
 ⇒ 「柴崎亭 / 中華そば」の記事
 



そんな「柴崎亭」。


このたび、満を持しての2号店をオープンすることになりまして。


これまで、「柴崎亭」で修行したスタッフが独立してお店を出したり、
それを姉妹店としてきたりはしてたのですが、柴崎亭の正規の2号店
というのは初めてです。


「柴崎亭」の公式ツイッターで発表になったのですが、そりゃもう、
数多くいる柴崎亭フリークにとっては大きなニュースで。




その2号店。



オープンは、3月4日の月曜日。

残念なことに仏滅なのですが・・・


ま、そんなことは気にしないのでしょう。



場所は、小田急線の「梅ヶ丘」。

駅から歩いて1分程度の駅前好立地。



本店が「つつじヶ丘」で、2号店が「梅ヶ丘」。


ということは、3号店は、「百合ヶ丘」、「桜ヶ丘」・・・?

なんて考えてしまうのですが・・・


ま、こんなこともいいとして。




とにかく期待高まる「柴崎亭」の2号店なんですが、当然、オープンしたら
お邪魔するつもりではいるのですが・・・



実は、正式オープンする前に、前日の3月3日の日曜日にプレイベントととして、
限定ラーメンを提供するということでして。




先ほども触れましたが、「柴崎亭」といえば、限定麺が有名なのですが、
残念なことに、僕はレギュラーメニューしかいただいたことがないんです。


もちろん、興味はあるのですが、食べだしたらキリがないので、あえて、限定麺は
食べてきませんでした。



ですが、今回は、そうそう見過ごすことができない限定でして。




というのも、「柴崎亭」の店主・石郷岡三郎さんの盟友である「くじら食堂」の
下村浩介さん、「中華そば しば田」の柴田貴史さんが応援に駆けつけ、
3店によるコラボラーメンを提供するということで。


これは見逃すわけには行かないですよね。



特に、僕的には、普段から行きつけている「くじら食堂」が参加するコラボとなったら
行かないわけにはいきません。





いや、とにかくすごい顔ぶれですからね。


東京多摩地区の最強3店舗といっても過言ではないほどのお店たちです。



しかも、役割分担が・・・


「くじら食堂」が麺を。

「中華そば しば田」がスープを。

そして、「柴崎亭」がチャーシューを担当するというではないですか。




まずます行かないわけにはいきません。





で、一体どんなラーメンを提供してくれるのか。



今回は、なんと「突き抜けた濃厚豚骨らーめん」・・・

「煮豚と焼豚のMIXチャーシュー麺」を作るということで・・・。




その名も「豚めん」。



限定200杯。


これに使用した豚骨200kgという・・・




ヤバそうです・・・。


てか、絶対にヤバイです。





そんなことで、今回は、「柴崎亭 梅ヶ丘店」のプレオープンイベントに参加してきました。


今回は、そのレポです。






イベント当日・・・

天気は、生憎の雨模様でして・・・



ですが、相当な行列が予想されると思い、2時間前には到着を目指して、
朝から降り注ぐ雨の中を梅ヶ丘まで行ってまいりました。




オープンの予定は、10時。



早めのオープン設定でしたので、すごく助かったのですが、その分、早くから
並ばないといけません。


お店に到着したのは、8時過ぎ。



まあまあ早い方だとは思っていたのですが、やはりツワモノたちはいるもので。



すでに5人の人が並んでいました。

先頭のほうの人は、7時から並んでいたというからすごいですよね。



で、ラッキーなことに、お店の軒下で待つことができたので、傘を差さずに
並ぶことができました。



ま、2時間くらいの行列待ちは慣れてるのでどうってことないですからね。



そして、あっという間に2時間が経ち、いざオープンです。




すでに、このときで行列は40~50人くらいにはなっていたのでは?




お店の中は、広々としていて、奥に厨房があり、手前に配膳スペースがあって、
そこを囲うようにコの字型の広いカウンター席が18席も広がっています。


で、カウンター後方の壁際には15人くらいは座れるのではと思われる
待ち席があって・・・



ま、18席のカウンター席なので、6番目の僕は余裕で一巡目に入れたわけですが。

というか、ワンロット目の提供に入れまして。



メニューは、今回は、限定の「豚めん」だけですので、入り口でお金を払って着席。



あとは、メニューが提供されるのを待つだけ。





先ほども触れましたが・・・


「突き抜けた濃厚豚骨らーめん」・・・

「煮豚と焼豚のMIXチャーシュー麺」・・・。



使用した豚骨200kgという・・・




一体、どんなラーメンなのか。



楽しみですね。


てか、結果から言っちゃうと、すごかったんですが・・・





ま、グダグダと前置きしても仕方がないので、本題に突入しましょう!






では、その超濃厚な豚骨ラーメンの「豚めん」、いただいてきましたので、早速ですが、
感想の方をレポしていきます!






まずは、ビジュアルからです!

柴崎亭 梅ヶ丘店 -- 豚めん(2019年3月3日(日)プレオープンイベント・くじら食堂×中華そば しば田×柴崎亭コラボ限定)

双喜紋と雷文がデザインされたオーソドックスな中華どんぶり。

それが、白いトレーにのせられての登場です。


トレーには、木製のレンゲが置かれています。



ただ、どんぶりは、真っ白なものあったり、提供されるロットで違っていたようで。




そして、ちょっと、このインパクトにはビックリさせられたのですが・・・





もう、写真を見ていただいてるのでわかると思うのですが、一応、細かく見てみましょう。

柴崎亭 梅ヶ丘店 -- 豚めん(2019年3月3日(日)プレオープンイベント・くじら食堂×中華そば しば田×柴崎亭コラボ限定)_アップ

まず、スープ。


見るからに濃厚そうな茶濁色の豚骨スープ。

表面にはたっぷりの背脂が浮いています。


これはすごそうだ・・・



カエシは、どうやら醤油のようですね。

パッと見ではわかりませんが、スープを底からすくってみるとわかります。



で、濃厚でスープが濁っているので麺は見えません。


ですが、このスープの中には、ややウェーブのかかった中太の麺がごっそりと
沈み込んでいます。


「柴崎亭」というと、細麺で、キレイな麺線が整っている印象ですが、
今回に限っては、麺線などは全く関係なく、ドサッと盛られています。



そして、その濃厚スープと麺の上にのせられたトッピング。


これが2種類のチャーシューのみ。



部位は両方ともに肩ロース。

ですが、ひとつは、ピンク色したレアローストチャーシュー。


もうひとつは、分厚い、今にも解れてしまいそうな煮豚。


調理法が異なった2種類のチャーシューがドッカリとのっています。





以上・・・



なんと、これだけ。


薬味のネギすらのっていません。



なんともインパクトの強い丼顔でしょう!


色合いなど気にしたもんじゃない・・・

唯一レアチャーシューのピンク色が目立っているだけで・・・




ここまでシンプルだと潔いにも程があるって感じで。



チャーシューメンといえども、のっているチャーシューは2枚だけ。


でも、10枚くらいはのっているのと同じくらいのボリューム感のある
バカでかいチャーシューで。




ホント、すごいな。


こりゃあ、マジで「豚めん」って感じですわ。






では、お味は、どんな感じで。





いただいてみましょう!





まずは、濃厚豚骨スープを一口。




あ~、すごい豚骨の旨味・・・

ガッツリと効いたニンニクの風味・・・


そして、一緒に広がる背脂の甘味・・・




「中華そば しば田」が作る豚骨スープ。

200kgの豚骨を使った豚骨スープ。




濃厚だ。


たしかに突き抜けてる。



でも、全くクドさは感じない。

濃厚だけど、サラッと飲めちゃう美味さがある。


むしろ、ニンニク効果なのか、どんどん後を引く。




カエシも程好い塩梅で、しょっぱすぎず適度な塩辛さで。



こんなに濃厚なのにレンゲが止まらない。


このスープを飲み干したら、身体に良くないのでは?

でも、一口、また、一口と・・・





メチャクチャ美味いな、これは!




この後引く美味さは、ある意味、中毒性のある美味さ。


誰だかツイートしていたけど、

「二郎だ」

って・・・



たしかに言われてみれば、そんなニュアンスを感じなくもない。

そんなジャンクさもある。



でも、「二郎」とは違うスープの濃厚さがあるから、やはり違うな。







そして、この濃厚なスープに負けないくらいの存在感を放っていたのが、
「くじら食堂」のウェーブのかかった中太麺。


このコシの強さといったら、すごいのなんのって・・・



噛み応えバッチリ、食べ応えガッシリ。



モチモチ感もたっぷりだし、濃厚なスープと絡みまくり!


ウェーブがかった麺がしっかりとスープを絡めとる。


麺を啜れば、濃厚スープも口の中に吸い込まれて・・・




いや~、相性抜群だな!



美味いな、これは!


やっぱり、くじら食堂の麺は美味いな。






さらに、この「豚めん」に「豚インパクト」を与えているのが、「柴崎亭」の肉。


三郎さんの同級生が働いているという岩手県の牧場で育った「館ヶ原高原豚」。

これの肩ロースが目一杯使われているんです。


適度な脂身と赤身肉。

バランスよく味わえる美味しい肉。


これを「柴崎亭」がチャーシューに仕上げれば・・・



ひとつは、ピンクレアな低温調理し、表面をローストした焼豚。

もうひとつは、箸で掴むことも難しいくらいに柔らかく煮込んホロホロ煮豚。


どちらも美味すぎる!



焼豚は、適度な肉感を味わいながら歯応え、食感を楽しむ。

そして、噛むほどに肉の味が染み出てくる美味さ。



煮豚は、しっかりと味が染み込み、箸で掴むことすら難しいほど柔らかく、
最後はほぐし豚になってしまうくらい。

口の中でホロホロっととろけるような美味しさ。




濃厚な豚骨スープ。

それに負けないコシの強い麺。


そして、絶品のチャーシュー。






この3つが一体となった究極のチャーシュー豚骨「豚めん」。



ヤバかった・・・


これ、最高に美味しかったです!




基本的に豚骨ラーメンは好きなので、最高の一杯でした!




あっという間の完食です。


これは中々いただけないラーメンですね。



さすがコラボイベントならではの一杯。


食べれて良かったです。






今回の「豚めん」は、限定200食ということでしたが、お店のオープンから3時間たたずに完売。


ちょっとありえない速さ。



相当回転も良く、席数も多かったせいもあるんでしょうけど、すばらしい。


というより、限定200食とかいうと、大体は、そこまで人が集まらずに、最後の方は、
けっこうダラダラとした客足になっていくもんなんですけど。


でも、今回は一気に完売でしたね。




お店のパワーを感じます。




改めて食べれて良かった。







さて、今回は、プレオープンイベント。


本番の営業は、また違ったメニューで。

本来の「柴崎亭」のメニューをいただくことができます。



パッと券売機を見たところ、値段設定も違ってたし、メニューも多少違うようで。



また改めてレギュラーメニューをいただきにお邪魔しようと思ってますので
詳しい「柴崎亭 梅ヶ丘店」のメニューやお店については、そのときに
レポしたいと思っています。




おそらく近々行くと思います。


また改めて。






とにかく、今回のコラボ限定は、美味かった。




貴重な一杯、ご馳走様でした!

柴崎亭 梅ヶ丘店(豚めん(2019年3月3日(日)プレオープンイベント・くじら食堂×中華そば しば田×柴崎亭コラボ限定))

[データ]
●店名:柴崎亭 梅ヶ丘店
●住所:東京都世田谷区梅丘1-23-5 ファミールマツイ 1F
●交通:小田急線「梅ヶ丘」より徒歩1分
●営業:[月~日]11:00~15:00・17:00~23:00
●定休:無休




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■豚骨らーめん [ 東京/豚骨 ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント