FC2ブログ
プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
八咫烏@九段下 / 鴨の月見とろろつけ麺(限定)
八咫烏
鴨の月見とろろつけ麺(限定)

[訪問日]
2019年3月20日(水)

[評価]★★★★★

八咫烏 -- 鴨の月見とろろつけ麺(限定)


九段下の行列店「八咫烏」。


僕のブログでは、すでに常連の「八咫烏」。

ほぼ、毎週あるいは隔週で登場しています。



なので、すでに、ご承知のこととは思いますが、「八咫烏」について一応・・・


元々は、調布市仙川にある「魔女のカレー」というカレー屋を営んでいた居山勢さんが、
独学でラーメンも作り出し、カレーとともに二毛作営業をしていたことに端を発します。


それが、カレー屋はスタッフに任せ、居山さんは、ラーメン屋に専念し、「八咫烏」を
オープンしてしまったというのが「八咫烏」というお店。


詳しくは、以前取り上げた記事を参照していただければと思いまが・・・
 ⇒ 「八咫烏 / ラーメン 黒」の記事






さて、今回の「八咫烏」。


今回もほぼ1週間のインターバルでの登場です。




なんども触れてますが、「八咫烏」では、すでに今年に入って、いくもの限定を
リリースしています。

 ⇒ 「八咫烏 / 白味噌とマスカルポーネのエビクリームラーメン」の記事
 ⇒ 「八咫烏 / 背脂とミルフィーユチャーシューのトマトラーメン」の記事
 ⇒ 「八咫烏 / ネギ塩牛タンラーメン」の記事


どれもが創作性豊かで美味しいものばかり。


そして、3月に入って、スタートしたのが「鴨シリーズ」。

週末のゲリラ限定とかもありましたが、レギュラー限定としては、
2つの「鴨ラーメン」が提供されてきています。


それが、「鴨ラーメン 黒」と「鴨ラーメン 白」の2つ。


もちろん、僕は2つともいただきました。


こちらがその記事です。
 ⇒ 「八咫烏 / 鴨ラーメン 黒」の記事
 ⇒ 「八咫烏 / 鴨ラーメン 白」の記事



レギュラーでは、「ラーメン 黒」と「ラーメン 白」、つまり、「醤油」と「塩」の
2種類があります。


その「鴨ラーメンバージョン」ということですね。


どちらも本当に美味しかった。



身体が2つあれば、何度もリピートしたいくらい・・・

でも、中々難しい・・・





そして、今回。


同じく「鴨シリーズ」の限定。

しかも、今回の「鴨シリーズ」の最終章です。



「鴨シリーズ」の最終章に選ばれたのは、「つけ麺」。


「鴨のつけ麺」というわけです。



でも、居山店主のこと。


単純に「鴨を使ったつけ麺」で終わらせるわけがありません。




そして、その期待に見事に応えてくれるのも居山店主。



それが、今回の


「鴨の月見とろろつけ麺」


というわけです。




このメニュータイトルを見るだけで、間違いなく「お料理」されたもの、
かなり創作性の豊かなつけ麺であることはわかりますよね。



もう、これだけで食べたい。


そう思っちゃいます。




なので、当然のことながらお邪魔してきました。






ということで、今回の「八咫烏」。



「鴨シリーズ」の最終章「鴨の月見とろろつけ麺」です。



いただいてきましたので、早速ですが感想の方をレポしていきましょう!






まずは、ビジュアルから。

八咫烏 -- 鴨の月見とろろつけ麺(限定)

今回は、九谷焼は登場せず、シンプルな皿と小どんぶりでも登場です。


でも、そのシンプルな白の器であるがために、より一層映える美しい盛り付け。

いつもながらキレイです。


しっかりと、彩り配分が考えられているところも素晴らしい。


ホント、美味しそうです。





では、細かく。

八咫烏 -- 鴨の月見とろろつけ麺(限定)_アップ

まずは、麺の方から。

八咫烏 -- 鴨の月見とろろつけ麺(限定)_麺

繰り返しになりますが、本当にキレイ。

つけ麺で、麺にこれだけの彩りを添えて盛り付けてるのって珍しいですよね。

麺が隠れちゃうくらいですから。



で、その麺。


トッピングで覆われてはいますが、少しだけ顔を出している麺。

トッピングをどかしたらきっとキレイな麺線を描いて盛られているのが
想像できる盛り付けで。


つけ麺にしては、細い麺ですよね。



で、その細麺に覆いかぶさるように盛られているのが、今回のメニューの
メインタイトルにもなっている「とろろ」。

やや茶色がかっていますが、あらかじめ和出汁で味付けされているようです。


で、その「とろろ」の上部には、鴨チャーシューが2枚。


どんどんレア感を強めていってるような気がする鴨レアチャーシュー。

今回は、「ハニー柚子マスタード」ではなく、別のものが用意されているようです。


それが、鴨チャーシューの上にのった緑のもの。

これ、「ネギ生姜」らしいです。


「ハニー柚子マスタード」とは違った味を楽しめそうですね。



で、鴨チャーシューに立てかけられているのは、今回のシリーズでは
お馴染みの「ブラッドオレンジ」。

なんか、段々と「ブラッディ感」が増してきているような・・・

赤いです・・・



そして、トップ。


赤くスライスされ細くカットされたもの。

これが、「紅芯大根」を紫蘇で和えたもののようです。


上から白ゴマが軽く振ってありますね。



で、その上のグリーンは、セリと三つ葉。



さらに、となりには、レンゲに盛られた「卵黄」が。


この「卵黄」、名古屋コーチンが使われているようで、それを柚子白醤油に
漬けたものみたいです。

ただの「卵黄」ではないのです。



あいかわらずの凝りようで、ホント、素晴らしいです。



食べるのがもったいない。

でも、楽しみ、みたいな・・・





では、つけ汁。

八咫烏 -- 鴨の月見とろろつけ麺(限定)_つけ汁

こちらはシンプルになってますね。


やや厚めの油層。

おそらく「溜まり醤油」メインで作られた鴨出汁の醤油つけ汁なのでしょう。


薬味のネギが散りばめられているだけのシンプルなもの。



でも、麺の方の具材と混ぜて、このつけ汁に浸けて食べれば、このシンプルさも
激変するのでしょうね。




楽しみです!






では、いただいてみることにしましょう!





まずは、せっかくですから、麺を「とろろ」だけでいただいてみましょうかね。



「とろろ」のかかっている部分の麺を引っ張りだして、ズルズルッと。



いや~、これは「とろろ」だけでも十分にいただけちゃいますね。


「とろろ」が、しっかりと鰹昆布の和出汁で味付けがされているので
上品な和の味が細麺に絡まって。



美味しいですね。



「とろろ」だけで二口三口といただいちゃいます。



では、今度は、これをつけ汁に浸けていただいちゃいましょう。



「とろろ」が絡まった細麺を、ひとつまみしてつけ汁に潜らせて・・・


ズズッと。



「とろろ」についた和出汁と鴨の出汁が良い塩梅でブレンドされ、
しかも溜まり醤油の濃厚な旨味と香りが折り重なって・・・


いや~、これは美味い!



やっぱり、鴨の出汁が良い感じですね~。

鴨全開で最高です!


そこにうまい具合に「とろろ」の和出汁感も加わるわけですから・・・



美味しいわけです。




で、さらに!


紫蘇で和えられた「紅芯大根」。


これが紫蘇の香りが良く、シャキシャキとした食感で良いアクセントに。

つけ汁につけ食べるというよりは、麺食べる合間に摘みながら食べる。


そうすると、鴨を食べた後に、今度は清涼感のある味が広がって、
交互に違う美味しさを楽しめますね。


せりや三つ葉もより香りで、これもベストマッチです!



そして、トッピングとしては、メインの「鴨レアチャーシュー」。


これ、ホント美味いですね。


ていうか、これだけのレアな鴨チャーシューなのに、全く鴨のクセがない。

ありえないんですけど・・・


しっとりとした食感がたまらない。


で、「ネギ生姜」をつけていただけば、サッパリ。

「ハニー柚子マスタード」とは違う美味しさ。


今回は、つけ麺で、他にも味変になるものがいろいろとあるので、
このくらいのサッパリ感でいただくのが良いのかも。



さ、そして、もうひとつ。


レンゲの上の「卵黄」。



これがまた美味い!


卵黄自体が持っている甘味に加え、柚子の香りと白醤油の味で
より美味しさを増して・・・


この「卵黄」に麺をディップして食べると・・・


ちょっとした味変。

味変というか、つけ汁に浸けて食べたり、「紅芯大根」を食べたり、
さらに「卵黄」に浸けて食べてみたりと・・・

いろんな食べ方を楽しめるつけ麺ですね。



で、そういうアイテムを揃えてあるところが、やはり秀逸で。




ホント、美味いっすわ!



ズルズルと箸が止まらず、一気食いです。


そして、麺を食べ終えたら、残った「とろろ」や「卵黄」をつけ汁に
流し込んで・・・

八咫烏 -- 鴨の月見とろろつけ麺(限定)_スープ割り

しっかりと混ぜ合わせて、スープを飲み干してフィニッシュ!



メチャクチャ美味しく完食です!




で、これで終わりのはずなんですが・・・



実は、これもあるんです。

八咫烏 -- 鴨の月見とろろつけ麺(限定)_鴨そぼろご飯

「鴨そぼろご飯」


これまた、居山店主のご厚意でサービスしていただいちゃって・・・


ご厚意に甘えていただいちゃったのですが・・・


これが、美味いの何のって!



鴨のそぼろの食感、鴨出汁たっぷりのタレの染み込んだご飯。


最高ですね!



それこそ、このご飯もガツガツと一気食いでした。


いつもありがとうございます!





てなことで、今回もメチャクチャ美味しくいただきました。



完璧です!




これで、一応「鴨シリーズ」は終わりということになるのかな?


週末にゲリラで出された「ベルガモットチャーシューの鴨油そば」を
食べれなかったのは残念でしたが、一応、メインの限定はコンプ。



約1ヶ月に渡って提供された「鴨シリーズ」。


最高でしたね。



今回の「鴨のシリーズ」は、3度目ということですが、また来年も
同じようなシリーズをやってくれるのかな?


まだ先の話ですけど、それも楽しみですね。




そして、直近では、次の新作限定。


これが、やはり待ち遠しい。




楽しみにしています。





今回もメチャクチャ美味しかった。




ご馳走様でした!

八咫烏 -- 鴨の月見とろろつけ麺(限定)_メニュー

八咫烏

[データ]
●店名:八咫烏
●住所:東京都千代田区九段北1-9-2 中西ビル 1F
●交通:東西線・半蔵門線・都営新宿線「九段下」より徒歩2分
●営業:[月~土]11:00~22:00(14:00~17:00の間2時間くらい閉めることあり)・[土・祝]11:00~17:00
●定休:日曜




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■つけめん(醤油) [ 東京/鴨(創作系) ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント