FC2ブログ
プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
一品香 城東店@小山 / チャーシューメン + 餃子(三ヶ)
一品香 城東店
チャーシューメン + 餃子(3個)

[訪問日]
2019年4月7日(日)

[評価]★★★★☆

一品香 城東店 -- チャーシューメン + 餃子(三ヶ)
一品香 城東店 -- チャーシューメン + 餃子(三ヶ)_餃子


さて、今回は、地元の名店「くじら食堂」が小山の御殿広場で開催される
「最強ラーメン祭 2019 in 小山」に出店するとうことで、栃木県小山まで
足を伸ばしたわけですが・・・


前回の記事でも触れたとおり、これだけが目的ではなかったのです。



SNS上でもいろいろと話題引っ切り無しの小山の名店。

その名店に、ぜひ訪問してみたい。


それも今回の目的のひとつだったんです。




その名店というのが、小山の行列店「一品香 城東店」です。


いろいろと噂は聞いていたのですが、ようやく訪問することができました。



なので、今回の記事は、「一品香 城東店」です。





では、早速、お店につて。



創業は、昭和50年。


店主さんは、石田陽介さん。

みなさん、石田社長といって親しんでらっしゃいますね。


お店の運営は、㈱丸麺侍という会社になっていて、ここの代表が石田さんというわけです。


㈱丸麺侍では、「一品香 城東店」とともに「小山餃子」という持ち帰りの
「冷凍餃子専門店」を「一品香 城東店」の向かいに開いています。



で、この「一品香」、「城東店」だけではないんですね。


小山市内ですと、「一品香 駅南店」があります。

そして、さらに宇都宮市内に「一品香 駒生店」、「一品香 今宮店」の2店。


合計4店舗あるんです。



もともとは、「一品香 城東店」の石田店主のお兄さんが、「一品香 駅南店」を創業、
「駅南店」をお弟子さんに譲り、ご自身は、「城東店」を新たに創って、
そちらを本店にしたとのことです。


ということは、「一品香 城東店」も、もともとはお兄さんが店主さんということで、
現在の石田社長は二代目ということになるのでしょうか?



いずれにせよ、創業店は「駅南店」、本店は「城東店」のようです。


そして、石田さんの兄弟で切り盛りされてきたということで。



で、先ほども触れましたが、宇都宮市内にも2店舗あるようなのですが、
おそらく、暖簾分けのような形でお店を出しているのでしょう。

屋号は同じでも全て運営は違うようです。


それは、「駅南店」も「城東店」もです。



「駅南店」も地元の方々には根強い人気があるようですが、やはり、本店の
「城東店」の人気が爆発的のようですね。


で、人気の「城東店」を運営しているのが先ほどの㈱丸麺侍という会社で、
現社長の石田陽介さんということなわけです。



ま、こんな感じのお店が「一品香」というお店のようで。





ということで、今回、僕がお邪魔したのは、「城東店」の方です。





では、アクセスから。



お店は、小山駅から歩いて15分程度のところ。


もちろん徒歩圏内ではありますが、地元の方は、みなさん車が多いようです。

駐車場がガッチリと完備されているので、車の方が便利なんでしょうね。



お店は、一軒家を改造したような造りで。



かなり店舗は広々としています。



お店に入ると奥に広々とした厨房スペース。


その厨房を前にストレートのカウンター席が伸びていて9席ほどあります。



そのカウンターの背後にはテーブル席が。


4人掛けテーブル席が3卓。

でも、お誕生日席にイスを一つ加えて5人掛けにしてましたね。



で、お店に入って右側には4人掛けテーブル席が1卓、6人掛けテーブル席が2卓。

こちらも1席ずつ増やして5人掛け、7人掛けにしてありました。



店外には、ウェイティングベンチが屋根付きで設置されているのですが、
店内にも、待ち席が10人分くらい備えてありました。



席数は、37席~42席確保できるので、相当広いですね。


ただ、これだけの席数があっても、開店前に並んだ行列は半分くらいしか
入りきらないくらいなので、かなりの数が並んでいたことになりますね。

しかも、その行列が閉店近くまで続くわけですから。


かなりの人気店なわけです。



でも、回転が抜群に良いので、あまり待たされた感はないですね。


すばらしいです。





そして、肝心のメニュー。




このメニューがなんとも潔い。



ザックリというと・・・


「チャーシューメン」、「ラーメン」、「餃子」、「ライス」。

以上。


なんともシンプル。




というのも、この「一品香」とうお店。



どの店舗も名物なのは、「醤油ラーメン」と「餃子」。

この2つなんです。


さらにいえば、「醤油ラーメン」は、「チャーシューメン」が名物で。



この2つははずせないメニューで、それが全てという・・・。




わかりやすくて良いですよね。



ただ、「チャーシューメン」、「ラーメン」に関しては、「ネギ増し」、
「メンマ増し」、「肉増し(3枚)」という追加トッピングがあります。

「肉増しダブル」もできます。


「麺大盛り」もあります。


ただ・・・


知らないのに安易に「大盛り」とか「肉増し」とかしちゃうとヤバイです。



というのも、デフォの量がすごいから・・・




で、餃子も「五ヶ」と「三ヶ」の2種類。

これも、一人で食べるのなら、間違っても「五ヶ」を頼まないほうが良い。


1個がデカイ・・・




そして、充実しているのが、お土産。


「焼き餃子」、「生餃子」、「冷凍餃子」、「メンマ」、「チャーシュー」、
「ラー油」、「赤粉」などがあります。


「餃子」は、向かいの「小山餃子」でも買えますし。




こう考えると、シンプルなメニューですけど充実してますね。


それに、やはりすごいのは、限定メニューとかはなく、レギュラーの2種ラーメン、
餃子だけで、こんなにも人気があって、それが絶えないところがすごいですね。


本物だと思います。





さて、こんな中、僕が頼んだのは・・・



すでに事前情報をインプットして来店しましたので、迷うことなく選びました。


「チャーシューメン」と「餃子(三ヶ)」。


これ以外に選択の余地なしでしたね。



で、せっかくだから、ビールも飲んじゃえということで、昼間からビールも
頼んでしまいました。


あまり、昼酒はしない方なんですけど・・・



今日は特別。





ということで、初めての「一品香」。


名物の「チャーシューメン」と「餃子」。

楽しみですね。




では、いただいてきましたので、早速ですが感想の方をレポしていきましょう!





まずは、ビジュアル・・・


と行きたいところですが・・・



今回は、ビールを頼んでしまったので、そちらから配膳。

一品香 城東店 -- チャーシューメン + 餃子(三ヶ)_ビール

昼から飲むビールは美味いですよね。



で、ビックリしたのがこれ。

一品香 城東店 -- チャーシューメン + 餃子(三ヶ)_おつまみ

なんとお通し付きなんですが、こんなにお通しが豪勢でいいの?


すごい量なんですけど。


食えるかな・・・(笑)




でも、ありがたい。


美味しくつまみながらビールをいただいて。





で、メインオーダー。



まずは、チャーシューメン。

一品香 城東店 -- チャーシューメン + 餃子(三ヶ)

意外にも小振りのどんぶりに盛られて登場です。


そのせいでしょうか・・・


盛り付けが、想像以上にダイナミックに見える。

すごい盛りだ・・・


圧倒されますね。




とりあえず、細かく見てみましょう。

一品香 城東店 -- チャーシューメン + 餃子(三ヶ)_アップ

まず、スープ。

キレイな清湯醤油スープです。

具材や盛り付けが豪快なので、すごくスープもガツンとくるものなのかと思ったら、
ものすごいオーソドックスな醤油スープで。


あっさりと美味しそうですよね。



で、麺。


この麺も中々すごい。


自家製手打ち麺のようで、まさに手打ちといった感じの太い腰の強そうな麺で。

これは美味そうだな。


見ただけで食感が想像できちゃいますよ。




さあ、そして、さらにすごいのがトッピング。


「チャーシューメン」なので、メイントッピングはもちろんチャーシュー。

このチャーシューがすごい。


これ、「肉」ですよね。


でかくて分厚くて・・・


これが三枚。


三枚でも十分すぎるほどの大きさ。

ダイナミックすぎる。


さらに太いメンマが4本も。


そして、トップには、笹切りしたネギが、ネギラーメンよろしく大量に盛られていて。




とにかく、ひとつひとつが豪快。


小さいのはどんぶりだけ・・・って感じ。




でも、味はけっこう繊細そう。


美味しそうですね。





で、もう一つのメインメニュー。

一品香 城東店 -- チャーシューメン + 餃子(三ヶ)_餃子

「餃子」です。


これ、1個が普通の餃子の2倍はありますね。

そのくらい大きい。


ですから、3個あれば、普通の餃子1皿分はありますね。

十分すぎる量です。



ホント、餃子までダイナミックで。


すごいです。



で、これまた美味しそう。




ヤバそうですね。





では、いただいてみることにしましょう!





まずは、「チャーシューメン」。


スープから一口。




お~!

やっぱり!



見た目の豪快さから、味も濃厚なのかと連想されますが、全くそんなことはない。

むしろ、真逆。


あっさりしすぎの感もあるほどのあっさりスープ。

じわ~っと染みてきますね~。



鶏豚、香味野菜などをベースとした動物系主体の清湯。


醤油の風味と動物系スープのコクが混ざり合いウマ~イ!



これは、飲みやすい!


レンゲがのっけから止まらん!



いやいや、これは美味しいです!



想像していたのとは違う美味さ。


ギャップにやられますね。





そして、麺。



これが、また美味かった・・・


自家製手打ち麺。


太く縮れた麺は、コシが強くモッチモチ!

啜るというよりもワシワシと口の中に放り込みたくなる麺。


歯応えがすごい・・・



これは食べ応えあるなぁ・・・

麺量もけっこうあるぞ。



これは十分すぎるほどのクオリティー。

ホント美味しいです!




そして、手打ち麺がメインであっても、さらに、その上を行くのではないかと思える
バカデカイ肉たち。

もはや、チャーシューと呼ぶのも憚れる。


それほど、肉感たっぷりのチャーシュー。


大きく、分厚く、それでいて、柔らかい。


味もしっかりと染み込んだ絶品チャーシューです!


これが、3枚も!



ただ・・・


このボリューム。

肉増しする人は、どんだけの胃袋持ってんだろうって感じ。


デフォで十分です!



メンマもサクサクとした食感で、味も染みて美味い。

トッピングとしても、おつまみとしても最高ですね。



ネギもシャキシャキ!

もはや薬味の域を超えている。


麺と絡めて食べると最高!



このダイナミックな盛り付けながら、食べ始めたら、箸もレンゲも止まらない。


あっという間に完食です!




美味かった~!




そして、これだけでは終わらない。


あえて、残しておいた「餃子」。

残ったビールと一緒に食べたかった餃子。


パリパリの皮に、肉汁たっぷりの熱々餃子。

これが美味しくないわけがない!


できれば、ラーメン提供前に「餃子」が欲しかった・・・

で、「ビール」を飲みながら「餃子」を頬張って・・・


そして、「チャーシューメン」を食べたかった。



ちょっと、提供順が麺が先になってしまったので、「餃子」を後回しにしたんだけど、
それでも十分すぎる美味しさ。


これは名物になるがわかりますね。


「宇都宮餃子」ではなく「小山餃子」。


最高です!



メチャクチャ美味しかった!





いや~、初めての「一品香」。


堪能させていただきました。


さすがに腹パンですね。



今回、名物の「チャーシューメン」をいただいたので、次回来ることがあったら、
「ラーメン」にしようかな・・・


で、むしろ、餃子を「5個」にしてビールを楽しんで〆にいただきたいですね。




次に来れるのはいつかな?


ま、でも、小山がそこまで遠い場所でないことがわかったので、いつでも来れる。



上手くスケジュール調整して再訪したいです!


できれば、「駅南店」も!





美味しかったです!



ご馳走様でした!

一品香 城東店(チャーシューメン + 餃子(三ヶ))_看板

一品香 城東店(チャーシューメン + 餃子(三ヶ))1

一品香 城東店(チャーシューメン + 餃子(三ヶ))_看板

一品香 城東店(チャーシューメン + 餃子(三ヶ))

[データ]
●店名:一品香 城東店
●住所:栃木県小山市城東1-9-29
●交通:JR東北本線「小山」より徒歩15分
●営業:[月・水~日] 11:30~14:30・17:00~20:30
●定休:火曜




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■醤油らーめん [ 東京/鶏+豚骨 ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント