FC2ブログ
プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
麺.SUZUKi@武蔵藤沢 / 醤油らぁめん
麺.SUZUKi
醤油らぁめん

[訪問日]
2019年5月5日(日)

[評価]★★★★☆

麺.SUZUKi -- 醤油らぁめん


埼玉県入間市の人気店「麺.SUXZUKi」。

以前からの宿題店だったのですが、中々機会を得られず訪問できず、
ようやくの初訪です。

自宅から遠いわけでもないですし、お隣の駅の新店には2回ほど来てるし。


ま、単純に腰が重いだけ?(笑)



で、こちらのお店、「麺が主役のらぁ麺屋!!」というキャッチフレーズで、
麺を売りにしているようなんです。


「麺が主役・・・」

僕が良くお邪魔する「くじら食堂」みたいですね。

なんか関係があるのかなぁとか思っていたのですが・・・


どうやら間接的には接点がなくもないようで。



もともとは、2つの製麺所に特注麺を発注して使っていたようなのですが、
最近、自家製麺にシフトしたそうで。


その2つの製麺所というのが・・・

つくばの「松屋製麺所」と京都の「麺屋 棣鄂」。


このうち「松屋製麺所」といえば、「麺や 七彩」出身の川村能功さんが
開いた製麺所で、朝ラーを出すのでも知られてます。


で、くじら食堂の下村店主とは同門ということで、くじら食堂が移転するときには
一時、松屋製麺所の麺を使用していたくらいの関係。


くじら食堂との間接的な接点というのはこういうことでして。


そして、今は、自家製麺。

その自家製麺も、松屋製麺所の影響を受けての手揉み麺で、当然、七彩にも
良く似た麺でして、ということは、くじら食堂とも似ているということで。



そんなこともあって楽しみにしていたお店なんです。





ということで、まずは、お店について。



創業は、2015年の12月。



店主さんは、鈴木さん。

下の名前はわからないです。


志木の「麺家 うえだ」、秦野の「なんつッ亭 秦野本店」などで長らく修行、
オープン前には、先述の「松屋製麺所」を経ての独立のようです。


なんで入間市なのかというと、鈴木店主が入間市出身だから。



で、このお店の看板を見ていただければわかると思うのですが・・・


どうやら、矢沢永吉さんのファンのようでして・・・

麺.SUZUKi_看板

反町の「ラーメン 星印」と一緒ですね。

ただ、その凝りようは星印さんには及ばないですけど・・・


しかも、どうやら、矢沢永吉さんだけではなくBOOWYもお好きなようで。

屋号ロゴではなく、お店のマークが物語ってますよね。


面白いです。


今は、BGMは洋楽ポップスでしたが、オープン当初は永ちゃんだったとか。




で、場所。



場所は、西武池袋線「武蔵藤沢」から歩いて15分ほど。

国道463号線沿いにあります。


15分程度なので、全然徒歩圏内なのですが、国道沿いですし車でも便利ですね。

お店の前には4台分の駐車スペースも完備されてますし。


お店は、先ほども見ていただいたような永ちゃんっぽい屋号のロゴと、
BOOWYっぽいお店のマークが大きく掲げられているのですぐわかるでしょう。



手動のガラス引き戸を開けると、かなり開放的なスペースが広がっていて。


右手には製麺室。

一番奥に広めの厨房があり、その厨房を前にストレートのカウンター席が
5席並んでいます。


で、その背後には、4人掛けテーブル席が2卓。


かなり余裕のある使い方で、広々として気持ちが良いです。

ガラス戸なんで、採光も良いですしね。




そして、メニュー。


ベーシックなものは、5種類あります。

「醤油らぁめん」、「塩らぁめん」、「醤油つけ麺」、「塩つけ麺」、
「濃厚魚介豚骨」、「濃厚つけ麺」の5つです。


で、「らぁめん」に関しては、「特製」と「那須御用卵の味玉」という
トッピングバリエーションがあり、「つけ麺」には「特製」だけですが、
バリエーションがあります。


ただ、これはベーシックなもので、これ以外に「担担麺」、昼のみの限定で、
「鶏と水 醤油」というのもあります。

「鶏と水」に関しては、「チャーシュー」と「味玉入り」のバリエーションが
揃っています。


で、この「鶏と水 醤油」が一番人気のメニューだそうで。



ご飯ものは、「卵かけごはん」、「焼豚丼」、「焼豚卵丼」、「限定丼」、
「ごはん」、「ごはん(小)」があります。


あとは、追加トッピング各種ですね。



こんな感じの構成なのですが、2017年に一度メニューをリニューアル
しているようです。


で、最初は、製麺所に特注麺を発注していたのが、2018年春ぐらいから、
自家製麺にシフトしていったみたいですよ。


リニューアル前は、麺を「ミルフィーユ平打ち手揉み麺」、「全粒粉入り細麺」
のどちらかを選べたようですね。




さて、で、現在は、上記したようなメニューなわけですが、僕はというと・・・



初めてですし、基本の一杯をいただくことに。



まずは、「醤油らぁめん」ですね。


ここからいただいてみないことには、始まりません。





ということで、「麺.SUZUKi」の「醤油らぁめん」、いただいてきましたので、
早速ですが、感想の方をレポしていきましょう!





まずは、ビジュアルから。

麺.SUZUKi -- 醤油らぁめん

回転している風車を思わせる受け皿にのせられた白いどんぶりで登場。

あまり見かけない受け皿が特徴的ですね。


パッと見た感じは、ネオクラシカル風な醤油ラーメンを思わせる丼顔で。


キレイな盛り付けで美味しそうです。





では、細かく。

麺.SUZUKi -- 醤油らぁめん_アップ

まず、スープ。


表面に油が張った、琥珀色したキレイな醤油スープ。


やや濁り気味の清湯ですが、中に覗き見ることができる麺が、「主役」という、
そういう印象を与えてくれてます。


その麺。


見た感じ、くじら食堂などの七彩系に見られる太平打ち麺。

しっかりと手揉みされた麺は、ランダムな形状をしながら存在感豊かに
スープの中に鎮座しています。



そして、その上には、2種類のチャーシュー。


鶏ムネ肉を低温調理したもの、豚肩ロースを低温調理したもの。

それぞれ美味しそうですね。


どんぶりの縁には、長い穂先メンマがグルッと丼半分を囲うように置かれてます。


トップには、刻みネギが薬味として。



余計なものを取り除いたシンプルなビジュアル。


こういう盛り付けは、個人的に大好きです。



美味しそうな丼顔をしています。





では、いただいてみましょう!




まずは、スープから一口。



おっ!


これは、想像していたのとちょっと違うな。


お店の説明書きポップを見ていて先入観を持っていたせいもあるのか、
想像していたのと違う印象で。


想像していたのは、鶏がガツンと来るスープ。



でも、一口目の印象は、煮干し。


ファーストインプレッションは、煮干しの風味です。


スープには、「宮崎日向鶏」、「新種黄金軍鶏」、「名古屋コーチン」、
「青森シャモロック」、「那須御用鶏」などの銘柄地鶏を惜しみなく
使っているようなことが書かれていたので、当然、鶏主体を想像させていたのです。

もちろん、鶏だけでなく、煮干し、昆布などの乾物類も使っているので、
その風味も感じられるのは想像していたのですが、それ以上に煮干しがガツンと
インパクトを与えていました。


なんでかといったら、仕上油が煮干し油だったんですよね。


そのため、特に一口目は「煮干し」の印象だったのだと思います。



なので、一口目は煮干しの印象が強かったのですが、飲み進めていくと、
鶏の深みのある旨味や野菜などの味もじわじわと染みてきて。


無化調ながら、物足りなさを感じさせない上質なスープで。




カエシも、複数の県から取り寄せた、濃口、薄口、再仕込、生揚げなどを
ブレンドしたもので、醤油の香り、コクを味わえながらも、濃すぎない
ちょうど良い塩梅の味付けでスープを引き立てています。




穏やかで滋味不快ですね。




とても美味しいです!





そして、「麺が主役」と謳われる麺。



まさに、松屋製麺所からの影響をうかがわせる太平打ち麺。

そして、しっかりと手揉みされた麺は、ランダムな形状で、ピロピロとした口当たり、
その上、噛めばコシの強い紙応えの良い麺で。



これは、美味い!


さすが「主役」。




僕は、普段から「くじら食堂」の麺を食べなれているので、この手の麺は
大好きなんです。


この手揉みされた強い縮れがスープをしっかりと絡めとってくれて美味しいんですよね。


モッチリもしているし、最高ですね。



しかも、これは、くじら食堂にも、七彩系にも見られない「ロースト胚芽全粒粉」が
入った麺ですし。



オリジナリティも感じますね。





そして、トッピング。



2種類のチャーシュー。


鶏ムネ肉は、しっとりとした食感。

柔らかく、ハーブの香りがしてすごく食べていて落ち着く感じがなんとも良い。


豚肩ロースも、しっとりレア感、肉感もたっぷりと味わえて美味しいです。


どちらも秀逸なチャーシューですね。



で、僕の大好きな穂先メンマ。


めっちゃ長い。

サクサクとした食感が良いですよね。


これだけの長さがあれば麺を食べながら交互にいただける。


嬉しいですね。





いや~、美味しかった!



最初は、煮干し油に押されて、せっかくの数種もの銘柄地鶏が隠れちゃっていて
物足りなさを感じたのですが、それも食べ進めるうちにじわじわと味が広がり
最後は、とてもバランスの良いスープとしてお腹に収まった感じで。



大満足です。



麺も美味しく、夢中で啜っていたら、あっという間に完飲完食でした。



本当に美味しかったです。





ということで、食べ終えてそろそろ帰ろうかな・・・


そう思っていたのですが・・・



実は、どうしても気になるメニューがひとつありまして。



それが「鶏と水 醤油」。


メニューには、「当店一番人気」と書かれてるし・・・



本当は、こっちを頼むべきだったのかなと気になっていたのですが・・・




店内を見ると、もうすぐ営業時間も終了に近かったせいか混んではおらず・・・

であれば、連食しても大丈夫かな?



そう思って、鈴木店主に

「連食していいですか?」

とたずねたら、快くOKしてくれまして。



ま、そんなに自宅から遠くない場所だとはいっても、来る機会は少ないので、
せっかくだからもう一食食べてしまえと連食することにしました。




「醤油らぁめん」も美味しかったので、「鶏と水 醤油」もきっと・・・



期待が高まりますね。




ということで、「鶏と水 醤油」もいただいてきたのですが・・・


こちらの記事は、また次回の記事でアップするとして。





とりあえずは、「醤油らぁめん」、美味しかったです。



ご馳走様でした!





では、また次回の記事で続きを!

麺.SUZUKi

[データ]
●店名:麺.SUZUKi
●住所:埼玉県入間市下藤沢1122-1 ホワイトパレス104号
●交通:西武池袋線「武蔵藤沢」より徒歩15分
●営業:[月~金]11:30~15:00/[土・日]11:30~15:00・17:30~21:00
●定休:水曜(祝日の場合営業)・第1・3・5木曜




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■醤油らーめん [ 東京/鶏+煮干(清湯) ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント