FC2ブログ
プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
麺.SUZUKi@武蔵藤沢 / 鶏と水 醤油
麺.SUZUKi
鶏と水 醤油

[訪問日]
2019年5月5日(日)

[評価]★★★★☆

麺.SUZUKi -- 鶏と水 醤油


さて、今回は前回の続きで、埼玉県入間市の人気店「麺.SUXZUKi」です。

以前からの宿題店だったのですが、中々機会を得られず訪問できず、
ようやく初訪を果たした同店。

自宅から遠いわけでもないので、来ようと思えば来れるのですが、
中々機会もないかもしれないので、せっかくだから連食しちゃおうと!


店主の鈴木さんも快くOKしてくれましたし。




ということで、今回は、「麺,SUXZUKi」でも一番人気だというメニューを。



ちなみに、「麺.SUZUKi」に関しての詳細は、前回の記事で書いてますので、
良かったら参照してみてください。
 ⇒ 「麺.SUZUKi / 醤油らぁめん」の記事



で、連食していただいたメニュー。


それは、

「鶏と水 醤油」

というもの。




ついこの前、つくばの「鬼者語」でも同じような名前のメニューをいただき、
他にも同じコンセプトでメニューを提供しているお店はたくさんあります。


ま、その走りは今は尼崎に移転してなくなってしまった「ロックンロールワン」。

で、今となっては、このジャンルでは右に出るものがいない「飯田商店」。


ホント、数えればキリがないです。


そして、美味しい店もたくさんあります。



なので、このジャンルのラーメンは僕も大好きなんですよね。


そうなってくると、こちらの「麺.SUZUKi」の「鶏と水 醤油」も
見逃すわけにはいきません。



そんなこともあって、小食の僕が連食してきたわけです。





ということで、「麺.SUZUKi」の一番人気のメニュー「鶏と水 醤油」、
いただいてきましたので、早速ですが感想の方を。




実は、このメニュー、昼営業のみしか提供していない限定メニューでも
あるんですよね。


「麺.SUZUKi」自体、土日以外は、昼営業しかしていないですし。

今日は、日曜だし、食べれてラッキー。





それでは。



まずは、ビジュアルから。

麺.SUZUKi -- 鶏と水 醤油

どんぶりは、「醤油らぁめん」とはやや違いますね。


くるくる回った風車を思わせる受け皿に白いどんぶりという組み合わせが同じ。


ただ、丼顔を見てみると・・・

その表情は、「醤油らぁめん」とはまた違ったもので・・・


キラキラとして美味しそうです。




では、細かく。

麺.SUZUKi -- 鶏と水 醤油_アップ

まずは、スープ。


表面には鶏油が張っていて、光が当たってホントキラキラしてますね。

「醤油らぁめん」よりもやや濃いめな印象を受ける醤油ブラウンがキレイです。


そして、その透き通った清湯醤油スープの中には、「醤油らぁめん」とは
打って変わっての細麺がキレイに横たわっています。


で、その上には、どんぶりの表面をほとんど覆い隠してしまうのではというほどの
大きな肩ロースのレアチャーシューが盛られています。

めっちゃ大きいです。


そして、「醤油らぁめん」と同じように、どんぶりサイドを囲うようにして
長い穂先メンマが置かれています。


薬味には、ネギではなく、三つ葉が一本チャーシューの上に。



キレイな盛り付け。


シンプルで美しい。



美味しさを丼顔が表現しています。





では、いただいてみることにしましょう!




まずは、スープから一口。




お~!



鶏、鶏、鶏!


清湯でありながらも鶏の濃厚な旨味が炸裂です。


旨味、コクが押し寄せてくるようで・・・


鶏油の甘さと相まって、鶏の美味しいところだけを抽出して味わってるよう。




これは、予想通り美味しい!




このメニュー。


もともとは、「鶏と水」というだけでなく、全ての素材を最高級品だけで
作ったらどうなるかというコンセプトで作られたメニューだそうで。


なので、使っている食材は高級品ばかり。



まずは、鶏。


鶏は、「比内地鶏」、「名古屋コーチン」、「信州黄金軍鶏」、「青森シャモロック」。

なんと、鶏だけでいったら「醤油らぁめん」よりも少ない数。


で、これだけの鶏の旨味とコク。

中々です!



醤油は・・・


特にお店のポップ等には明記されてありませんでしたが、おそらく、「醤油らぁめん」と
同等の濃口、薄口、再仕込、生揚げなどをブレンドしてカエシが作られてると
思われます。


芳醇な香り、コク・・・



鶏の旨味たっぷりのスープと合わさってめっちゃ美味しいですね!




そして、麺。



やはり、この手の麺には細麺ストレートですよね。


中加水のなめらかな麺。

「はるゆたか」、「春よ恋」などの国産小麦100%の麺だそうです。


もちろん、自家製麺。


喉越し良く、ツルモチッとした食感は最高ですね。


口当たりが良いので、スルスルと啜りまくってしまいます。




で、メインのトッピングのチャーシュー。


これも「醤油らぁめん」の豚と違う高級品のようです。


スペイン政府公認の「ガリシア栗豚」というものだそうで。


僕は、この銘柄は知りませんでしたが、食べてみれば、その高級さはわかります。


柔らかくしっとりとした舌触り・・・

噛めば、歯が食い込むような食感。


美味しいチャーシューです。


それが、この大きさ。

贅沢ですね。



そして、やはり、僕の大好きなサクサク穂先メンマ。


このメンマとチャーシューがあれば、他の具材はいらないです。


十分すぎます。




とても美味しい。


好みとしては、「醤油らぁめん」を上回っていますね。

あくまでも好みですけど。



ホント、こっちの方が夢中で啜って、レンゲでスープをすくって。

2杯目だとは思えないスピードで完飲完食です。


あっという間でした。





いや~、美味しかった。



連食して正解でした。


できれば、「塩らぁめん」とかも試したいのですが、僕の胃袋が持ちません。

なので、そちらは、またの機会に。



で、具材は、穂先メンマとチャーシューで十分とか言いましたが・・・

実は、こちらの「味玉」がとても美味しいらしいんですよね。


後情報だったので、食べませんでしたが、今度はそれもぜひ試したいですね。




とにかく美味しかった。



また、お邪魔できる機会を探って再訪したいと思います。





ご馳走様でした!

麺.SUZUKi

[データ]
●店名:麺.SUZUKi
●住所:埼玉県入間市下藤沢1122-1 ホワイトパレス104号
●交通:西武池袋線「武蔵藤沢」より徒歩15分
●営業:[月~金]11:30~15:00/[土・日]11:30~15:00・17:30~21:00
●定休:水曜(祝日の場合営業)・第1・3・5木曜




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■醤油らーめん [ 東京/鶏(清湯) ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント