FC2ブログ
プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
キング製麺@王子 / 白だしラーメン
キング製麺
白だしラーメン

[訪問日]
2019年5月31日(金)

[評価]★★★★☆

キング製麺 -- 白だしラーメン


今年の3月にオープンした「キング製麺」。


お邪魔しようと思っていたのですがタイミングが合わずようやくです。




さて、この「キング製麺」。


ミシュランガイドのビブグルマンの常連店になっていることでも知られている
上北沢の「らぁめん 小池」、その2号店の本郷三丁目の「中華蕎麦 にし乃」。


この2つのお店と同系列で3号店に当たるのが「キング製麺」なんです。


「らぁめん 小池」、「中華蕎麦 にし乃」といえば・・・


当然、手がけるのは水原裕満さん。

もはや、行列ラーメン店の仕掛け人といってもおかしくない方ですよね。


ということは、「キング製麺」ももちろん水原さんの手によるもの。



さて、「らぁめん 小池」や「中華蕎麦 にし乃」といえば・・・

も基本的には「煮干し」です。


ですが、微妙にコンセプトが違うお店になっていて。


また、屋号も店主の水原さんの名前とは全く違って独特のネーミングに
なっているのも特徴です。


ちなみに、「らぁめん 小池」は、あの漫画のキャラクターで有名な「小池さん」が
由来になっていて、「中華蕎麦 にし乃」は、水原店主が尊敬する方の名前を使い、
漢字は、大好きな「乃木坂46」からとっているようですし。

中々ユニークですよね。



で、今回の「キング製麺」。


これもコンセプトも今までと違えば、やはり、ネーミングも独特です。



ベースにあるのは、やはり「煮干し」。

特に、今回の「キング製麺」は、メニューコンセプトは、2号店の「中華蕎麦 にし乃」と
ほぼ同じといっても過言ではないです。



ですが、大きな違いがひとつだけあるんですね。


それが、屋号にもなっている「製麺」なんです。


そう、3号店では自家製麺にトライしているんです。




そして、屋号のネーミングも、ユニークで、お店のある場所が「王子」なので、
「キング」にしたのだそうで。
(本当は「王子」なら「プリンス」が正しいと思うんですけどねwww)


「王子」で「自家製麺」のお店ということで「キング製麺」なわけですね。




ということで、今回の新しい店の一番のコンセプトは、今言ってしまったのですが、
まさに「自家製麺」。


2号店の「中華蕎麦 にし乃」と似たようなメニュー構成だとしても、大きな違いが
あるわけなんです。



麺を自家製麺にすることで、似たメニューでも、若干スープの構成を変えたり、
いろいろな工夫をされているようですよ。



「中華蕎麦 にし乃」は美味しかったですし、これは楽しみですよね。

ちなみに、未だに1号店の「らぁめん 小池」に訪問していないというのは、
ここだけの話にしておいてくださいね(笑)





で、この「キング製麺」。



まずは、ロケーションから。



場所は、王子駅から歩いて5分くらいのところ。



濃いブルーグレーのタイル張りの外壁。

入り口に木の扉になっていて、特に暖簾などはかかっていないですが、
二面採光の窓には大きな暖簾がかかっています。

ただし、大きく屋号はかかれていません。


大きなどんぶりの絵が目印です。


で、入り口の壁に「中華蕎麦 にし乃」同様に、「キング製麺」の
表札が張り付けられています。


営業中の場合には、入り口下の壁の前に「営業中」とかかれた岡持ちが
置かれています。




店内は、厨房を囲む両辺がハの字に広がった凹字型カウンターで11席あります。


白木の木製の広々としたカウンターで気持ち良いですね。



厨房では、しっかり水原店主がメイン調理。


「にし乃」では見かけなかったですし、自家製麺ということで、現在は、
この「キング製麺」に注力してるのでしょうか?





そして、メニュー。


基本は2種類のみ。


「白だしラーメン」と「山椒ラーメン」の2つです。

この2つをベースにトッピングバリエーションがいくつかあります。


メインのバリエーションは、「ワンタン」。


まずは、通常のお店の「特製」に相当するものでしょうか、「味玉ワンタン」
というのがあります。

これは、「味玉」、「肉ワンタン2個」、「海老ワンタン2個」という豪華なもの。


で、これ以外は、全て「ワンタン麺」。

ただ、普通に「ワンタン麺」にすると「肉ワンタン2個」、「海老ワンタン2個」が
ついてくるのですが・・・


これが、さらにバリエーションになっていて・・・


「肉ワンタン2個」、「肉ワンタン3個」、「海老ワンタン2個」、「海老ワンタン3個」
に分かれています。


さらに追加トッピングとして、「味玉」、「ワンタン各種(個数違い)」、
「チャーシュー増し」、「チャーシューちょい増し」があります。



「にし乃」では、それぞれ、

「白だしラーメン」を「中華そば」
「山椒ラーメン」を「山椒そば」

と呼んでいて、トッピングバリエーションものなく、追加トッピングとして、
「ワンタン」が用意されているパターンでしたね。



やや、違いますが、基本的に内容は一緒です。



と、まあ、こんな構成なのですが・・・




で、僕がチョイスしたのは・・・

「にし乃」では、基本の「中華そば」をいただいたので、「山椒ラーメン」も
良いかなと思ったのですが・・・



似ていても、「中華そば」と「白だしラーメン」は違うということでして・・・



であれば、まずは、「白だしラーメン」を食べなければと思い、こちらに。



ま、「山椒ラーメン」や「ワンタン麺」は、いずれチャンスを見つけるとして。




ということで、水原店主が手がけるサードブランド「キング製麺」の「白だしラーメン」、
いただいてきましたので、早速ですが、感想の方をレポしていくことにしましょう!






まずは、ビジュアルから。

キング製麺 -- 白だしラーメン

双喜模様に龍が描かれたオーソドックスな中華どんぶりで登場。

「にし乃」も同じ模様だったのですが、色がブルーで、印象の違うものでした。


ただ、丼の中身・・・


一瞬、「にし乃」の「中華そば」ではないかと見紛うほどそっくりで・・・


見た目は、ほぼ同じといってもおかしくないですね。





では、細かく見てみましょう!

キング製麺 -- 白だしラーメン_アップ

まずは、スープ。



キレイな黄金色に透き通った清湯スープですね。


スープの表面は、ラードでキラキラと輝いているし、本当にキレイです。



透明感でいったら、「にし乃」の「中華そば」よりも透き通っているかも。



見た目、塩っぽいですが、塩ではないんですよね。

もし、「にし乃」と同じなのであれば、カエシには、白醤油と薄口醤油がブレンド
されていると思われます。




そして、このスープの中には、中細の平打ち麺がキレイに盛られています。


麺は、ストレートなんですが、全体的に波打った感じで、すごく麺肌が柔らかそう。

口当たりが良さそうですね。



これが、今回、コンセプトにして取り組んだ自家製麺というわけで。


美味しそう。

楽しみ。





で、トッピングは、「にし乃」の「中華そば」と全く同じです。



全てセンターに寄せられて盛られている具材。



一番中央には、肩ロースの低温調理したチャーシューが一枚。

その上部には、小松菜が添えられ、上にはナルトが一枚のっています。



以上。


薬味なども一切のっていない超シンプルな盛り付け。


でも、洗練されていて美しいですね。




うん。

やっぱり、美味しそうだ。






では、早速いただいてみましょう!






まずは、スープから。




ガツンというよりも穏やかに広がる煮干しの風味。


基本的には、煮干しがベースにメインの出汁になっていますね。



エグミなどは一切ない柔らかな味。


そして、この煮干しの影には、アサリの風味がほんのりと。

まさに、影で支えている程度で、表面上にはそこまで感じられないですが、味に
奥行きを加えているといった感じです。

同じく、昆布も。


ここまでは、基本的に「にし乃」の出汁と同じですよね。



ですが、ちょっと違うんです。



全体的に、コクが足りないんですよね。


そう思っていたら、「にし乃」では使っていた動物系を一切使っていないということで。



アニマルオフのスープにしたようなんですよね。


で、その動物系を抜いた分、大量に鰹をぶち込んだとか・・・


でも、そこまで鰹の風味は感じなかったですけどね。



ただ、動物系を抜いて鰹を足すことで、すっきりとした味わいにはなっていましたが。



さらに、仕上油として使っているラード。

これが、唯一動物系ではあるのですが、このラードも「にし乃」と同じく
「鯖ラード」を使っているらしく、この油でコクが増しているのは確かなのですが、
ガツンと動物を感じるわけではないですね。

やはり、「鯖」の風味が先行するので動物感は抑えられています。


ちなみに、この「鯖ラード」は「にし乃」で作ったものを一緒に使っているとのこと。




で、カエシは、やはり白醤油と薄口醤油。


塩分を抑えつつも、しっかりとスープの風味を前面に押し出した、スープ先行の味付け。



なので、しっかりとした味を感じつつも、出汁の香りなどを損なうことなく味わえます。




美味しい美味しい!





さあ、そして、今回の主役である麺。



この麺が想像以上に美味しかった。



まず、滑らかでツルッとした麺肌が気持ち良い。


ものすごくソフトタッチで、啜るとその柔らかな感触が唇に伝わってくる。


スープとの相性も良く、しっかりと絡めとってくれます。

鯖ラードもしっかり絡んでくるし。



で、噛めば、モチッとした食感。


加水は中くらいなのでしょう。

ソフトで、表面はツルツルでモチモチッとした食感。



初めての自家製麺とは思えないクオリティーで。



美味しい麺です!





トッピングももちろん文句なし。


低温調理した肩ロースもしっとりとして、かつ、柔らかく味が染みて。


小松菜は、シャキッとした食感で良い箸休め。



ナルトは・・・ナルトです(笑)





しかし・・・



最初は、「にし乃」の「中華そば」と似ているんだろうなと思ってはいたのですが・・・


似て非なるものとはこのこと。



たしかに、ベースになっている出汁のほとんどが同じで、仕上油も同じで、カエシも同じ。

そうなってくると確かに似てはくるのですが、それでも、動物系の代わりに鰹を入れたり、
麺を全く違うものにすることで、別のラーメンになってしまう。



面白いですね。



そして、全く別の美味しさが存在する。




自家製麺という大きなテーマで、立ち上げた「キング製麺」。


まずは、好調な滑り出しなんじゃないでしょうか?




たまたま、前回の営業日に「つけめん」を何食か出したようなんですが、
今後はレギュラーに加わってくる可能性もあるとか・・・


そうなれば、自家製麺の良さを、もっとダイレクトに味わえるようになるだろうし、
楽しみですよね。




ぜひ、「つけめん」、食べにきたいです。





また時間を見つけてお邪魔したいと思います。




ご馳走様でした!

キング製麺_表札

キング製麺

[データ]
●店名:キング製麺
●住所:東京都北区王子本町1-14-1 高崎ビル 1F
●交通:JR京浜東北線「王子」より徒歩7分/南北線「王子」より徒歩7分/都電荒川線「王子駅前」より徒歩7分
●営業:[月~日]11:00~15:00
●定休:月ごとに休みが変動(ツイッターで告知)




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■白醤油らーめん [ 東京/煮干+魚介+貝 ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント