FC2ブログ
プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
鶏そば うえ原@地下鉄成増 / 淡麗鶏そば
鶏そば うえ原
淡麗鶏そば

[訪問日]
2019年6月3日(月)

[評価]★★★☆☆

鶏そば うえ原 -- 淡麗鶏そば


5月にオープンしたばかりの新店「鶏そば うえ原」。


あまりツイッター上とかでは賑わいを見せているお店ではないのですが、
良く通る場所でもあるので、ちょっと寄ってみました。



こちらの店主さん、上原一恭さんという方なのですが、某有名店で修行され
独立された方のようです。

特に出身店は明かしていませんが、祝い花に「G麺7」からのお花があったり、
もしかしたら関係してるのかもしれないですね。


屋号に「鶏そば」とあるように、「鶏そば」のバリエーションメニューで
構成した鶏そば専門店です。


店主の上原さん、かなり贖罪にはこだわっているようで、オープン前から
お店で使う食材の生産地などを訪れたりとすごく熱心な方のようですね。




さて、こちらのお店。



場所は、「成増」にあります。


最寄駅は「地下鉄成増」。

歩いて2分ほどです。


東武東上線の「成増」からも歩いて4分ほど、「なりますスキップ村商店街」の
ど真ん中に位置する最高の立地です。


ちょうど、川越街道と成増駅を結ぶ商店街が「なりますスキップ村商店街」。

車で来ても、パーキングさえ確保すれば便利ですね。



「成増」といえば、名店「べんてん」があったり、同じ商店街にも「武蔵家」などの
ライバル店が軒を連ねるプチ激戦区でもあります。



お店は、木調の和風情漂う佇まい。

大きな白地に黒文字で屋号が書かれているのでわかりやすいです。



店内は、広々。


奥に伸びていて、向かって左側に長い厨房があり、そこを囲うように逆L字の
カウンター席が12席あります。


奥の方の席は取り払われていて商品受け渡し口になっていますが、そこも
席に使えば、あと2~3席は作れますね。



カウンターも広々としていて気持ちの良い店内です。




メニューは、基本は3種類。


「淡麗鶏そば」、「芳醇鶏そば」、「白湯鶏そば」の3つ。

これに、「味玉」、「チャーシュー」のトッピングバリエーションがそれぞれに
準備されています。


各種追加トッピングももちろん、「盛り合わせチャーシュー」などの
チャーシューメニューが充実しています。


こちらのお店、「スチームコンベクションオーブン」を取り入れてチャーシューを
調理していたり、かなりチャーシューにはこだわっているようです。



また、現在は販売されてませんが、「つけそば」、「限定そば」なども
予定されているようですね。


ご飯ものも「卵かけご飯」、「おにくご飯」などが予定されているようです。




ま、屋号のとおり、まさに「鶏そば」をメインにした専門店ですね。


ちなみに、先に触れておきますが、「淡麗」と「芳醇」の違いは何かというと・・・

どうやら「香味油」の違いだけのようですね。


あとは、同じようです。


一瞬、「淡麗」と「芳醇」の違いに戸惑いますよね。


ま、「白湯」は当然わかりますが。




さて、で、僕はというと・・・



もちろん一番の基本のメニューを。


事前情報から、一番「鶏」を味わえそうなのは「淡麗鶏そば」。

お店としても、これが一番の看板メニューなのでは?





ということで、オープンしたばかりの「鶏そば うえ原」の「淡麗鶏そば」、
いただいてきましたので、早速ですが、感想の方をレポしていきましょう!





まずは、見た目から。

鶏そば うえ原 -- 淡麗鶏そば

口径が広く、だけど、丼縁のツバが広いだけで中身は入らないタイプの
洒落たどんぶりで登場。


このどんぶり形状だと、スープ量が少ないので、食べ終わる頃には、
スープの大半がなくなってる場合が多いんですよね。


ま、それはとりあえず良いとして・・・


パッと見た感じは、いわゆるネオクラシックな感じの醤油ラーメンで。


ただ、いろいろ個性をまじえた感じは見受けられる丼顔で。



楽しみですね。





では、細かく。

鶏そば うえ原 -- 淡麗鶏そば_アップ

まず、スープ。


しっかりと表面には鶏油が張られたネオクラシックな醤油鶏そばのスープ。


色は、けっこう濃い目の醤油ブラウン。

かなりブラックに近いような色合いが特徴的ですね。


キレイな淡麗スープです。

名前のとおりですね。




で、麺はというと・・・



中細のストレート麺。


決してキレイとは言えない盛り付けの麺。


ある程度、麺線を整えようとしている努力の跡は見られますが、ちょっと惜しい。


ま、でも丁寧に仕事はされてますね。



全粒粉入りの麺で、美味しそうですよ。




そして、トッピング。



このトッピングが、中々個性的で。


メンマなどの定番ものはのっていません。




メインは、肩ロースのローストチャーシュー。


低温調理しているのでしょうけど、レア感は多少残っているのですが、
けっこう火が通っている感じがしますよね。


提供毎に炙ってるからかな?



で、このチャーシューの両サイドを固めてるのが、あまり見かけない具材。


向かって左側には、スナップエンドウが2本。

右側には、ミョウガが置かれています。


ミョウガは使われる場合は多いですが、ここまで大胆に切ったものを
薬味以上の扱いでのせているのは珍しいかな。


個人的にミョウガは味も香りも大好きなので全然オッケーですが・・・



で、センターには、刻んだ九条ネギが盛られています。




中々個性的な盛り付け内容で美味しそうですね。


スナップエンドウ、ミョウガが楽しみです。





では、いただいてみることにしましょう!




まずは、スープから一口。




けっこう分厚いスープですね~!


旨味とコクがいっぱいで!


かなり鶏出汁が濃く出ていて、清湯ながらも濃厚な鶏感です。

けっこう贅沢に鶏を使っていそうな印象。


お店の壁に貼られている説明書きを見ると・・・


鶏には、日本三大地鶏の「名古屋コーチン」と「フランス原産赤鶏」を使用、
たっぷりと鶏出汁をとっているようです。


「フランス原産赤鶏」はわからないですが、「名古屋コーチン」のスープは、
濃厚で、旨味とコクがたっぷりで美味しいですからね。



で、このたっぷりの鶏出汁スープには、厚めに鶏油が張られていて、
もうダメ押し的な鶏感です。



そして、この分厚い鶏の旨味たっぷりのスープは良かったのですが・・・


ただ、これに合わせている醤油が濃厚すぎるのか・・・


かなりしょっぱい・・・


どういう配分にしているかはわからないですけど、相当なしょっぱさ。



塩っ気の強いものは大好きな僕なので、個人的にはオッケーなのですが、
一般的には濃いかもしれないですね。


ブラックペッパーをかけたら、鶏出汁濃厚な「富山ブラック」のような・・・

そんな印象の醤油の濃さです。



醤油は立派な醤油を使っているんですけどね。


「弓削田醤油」に「キッコーゴ醤油」。

どちらも良く知られた銘柄です。


ですが、肝心なのは銘柄ではなく、どう配分してカエシを作るか。

当然、しっかりと作られてるんでしょうけど、単純に返しの量が多いのかな?



これは、一般的には味が濃すぎますね。


せっかくの銘柄鶏を使った鶏スープが台無しになってしまいます。




惜しいですね~。


僕は、グイグイいっちゃいましたけど・・・(笑)





そして、麺。



全粒粉が入った中細ストレートの麺。


ツルッとした喉越しで心地良い。

ホクホクとした感じの歯応えで、中々の食感。


めんじたいは美味しいと思うのですが、やはり、醤油を吸ってますよね。





そして、トッピング。



スナップエンドウ、ミョウガが良い仕事していますね。


特に、この味の濃さのせいか、スナップエンドウがものすごく良い箸休めに。

サクッとした食感も良いですし・・・


これはナイストッピングですね。



ミョウガは、香りで一役も二役も買ってる感じ。

本当なら、これだけの量のミョウガを入れたら、スープの香りの邪魔をして、
あまりよろしくないとは思うんですけどね。

もうチョイ少ないほうが本当は・・・


でも、醤油の濃さが先行して気にならなかったり。

逆に醤油の濃さを誤魔化してくれて良かったり・・・


とにかく、良い仕事してます。



九条ネギも同じかな?


本来の九条ネギの甘さが損なわれているような気もするし・・・



難しいなぁ・・・




で、最後にチャーシュー。


「スチームコンベクションオーブン」を使って焼いた肩ロース。


かなりチャーシューに力を入れているようなので期待していたのですが・・・



やっぱり見た目というのは正しいのでしょうか・・・


あまりレア感を見て取れなかったのですが、その通りでして。


焼きすぎなのかどうかはわかりませんが、しっとりさはなく、やや硬め、
ジューシーさもあまりなく、ちょっと期待はずれだったかな?


ま、それでも、香ばしくて良かったんですけどね。



実は、このチャーシューにまぶしてある粉のようなものが気になってしまって。


ハーブ系なのか何かわかりませんが、スースーするようなものが
まぶしてあるんですよね。

僕の舌がおかしいのかな?


これがチャーシューに合わなくて・・・


ブラックペッパーとかの香辛料ではないはず。


結局食べた感じでは全くわからなかったので、スタッフの人に聞いてみたら、

「企業秘密なので教えられません」

って・・・


いや、別にレシピをパクろうとかそういうのではなく、やめたほうが良いと
思ったので、聞いたまでなんですけどね・・・



ま、良いですけど。


個人的には、もっとシンプルにローストした方が美味しいと思うんですけどね。





ま、とりあえず、味は濃かったのですが、僕は、濃いのが好きなんで、
なんだかんだと完飲完食しちゃいましたが・・・


それよりも、食べはしましたが、チャーシューの余韻がイマイチで・・・



せっかく良い銘柄の食材を使っているのに、惜しいですよね。


今後、どんどんブラッシュアップしていって美味しくなっていくことを
期待したいと思いますが・・・


そういうためにも、

「企業秘密」

とかいう姿勢やめたほうがいいと思いますけどね。


客の素直な意見を取り入れるためにもね。




ま、なんども言いますが、惜しかったです。




今後に期待したいと思います。



ご馳走様でした!

鶏そば-うえ原(淡麗鶏そば)

[データ]
●店名:鶏そば うえ原
●住所:東京都板橋区成増2-17-19 高野ビル1F
●交通:有楽町線・副都心線「地下鉄成増」より徒歩2分/東武東上線「成増」より徒歩4分
●営業:[月・水~金]11:00~15:00・18:00~22:00/[土]11:00~15:00・18:00~21:00/[日]11:00~19:00 ※売り切れ次第終了
●定休:火曜




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■醤油らーめん [ 東京/鶏(清湯) ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント