FC2ブログ
プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
八咫烏@九段下 / 八咫烏式和出汁昆布水つけ麺(限定)
八咫烏
八咫烏式和出汁昆布水つけ麺(限定)

[訪問日]
2019年6月21日(金)

[評価]★★★★★

八咫烏 -- 八咫烏式和出汁昆布水つけ麺(限定)


九段下の行列店「八咫烏」。


僕のブログでは、すでに常連の「八咫烏」。

結構な確立で登場しています。



なので、すでに、ご承知のこととは思いますが、「八咫烏」について一応・・・


元々は、調布市仙川にある「魔女のカレー」というカレー屋を営んでいた居山勢さんが、
独学でラーメンも作り出し、カレーとともに二毛作営業をしていたことに端を発します。


それが、カレー屋はスタッフに任せ、居山さんは、ラーメン屋に専念し、「八咫烏」を
オープンしてしまったというのが「八咫烏」というお店。


詳しくは、以前取り上げた記事を参照していただければと思いまが・・・
 ⇒ 「八咫烏 / ラーメン 黒」の記事





さて、今回の「八咫烏」。


8日振りの登場です。


もちろん「限定」です。



前回は、そろそろ季節柄ということもあって、美味しいつけ麺を提供してくれました。
 ⇒ 「八咫烏 / 冷製ズワイガニとじゅん菜の和風ビシソワーズつけ麺」の記事



これまた、凝りに凝った内容で絶品つけ麺だったのですが・・・



今回もまた懲りに凝ったつけ麺の登場です。




今回は、「昆布水つけ麺」。


この「昆布水つけ麺」、昨年は、どこもかしこも「昆布水つけ麺」って感じで、
ものすごく流行りましたね。


ま、その流行具合は、今年も続いているわけですが。



みなさん、美味しい「昆布水つけ麺」を提供してくれて満足しっぱなし
だったわけなんですが・・・




で、今回は、その「昆布水つけ麺」を八咫烏で提供してくれるということで。


ま、想像がつくとは思いますが、八咫烏が、居山さんが作るということは、
普通の「昆布水つけ麺」に終わるわけがないですよね・・・




そのメニュー名が

「八咫烏式和出汁昆布水つけ麺」

という・・・



やはりね、「八咫烏式」がついてますよね。


これだけで、普通の「昆布水つけ麺」じゃないことは明らかです。



居山さんならではの仕掛けが詰め込まれた創作性豊かな「昆布水つけ麺」
になることは必至ですね。




もう、楽しみでなりませんでした。






ということで、「八咫烏」の限定「八咫烏式和出汁昆布水つけ麺」を
いただいてきましたので、感想の方をレポしていきましょう!






まずは、ビジュアルから。

八咫烏 -- 八咫烏式和出汁昆布水つけ麺(限定)

もう、パッと見のビジュアルからして普通でないことが明らかですよね。

器が3つもありますし・・・


ものすごい豪勢です。


こりゃ楽しみだ。




では、細かく。

八咫烏 -- 八咫烏式和出汁昆布水つけ麺(限定)_アップ

まずは、麺から。

八咫烏 -- 八咫烏式和出汁昆布水つけ麺(限定)_麺

白いどんぶりというよりは皿に盛られての登場です。


麺は、前回の「ズワイガニ」のときと同じく、細麺と太平打ち麺の2種混合麺。

どちらも全粒粉入りの麺。


これが、たっぷりの昆布水に浸かっています。



で、麺の上には、細切りのガゴメ昆布が盛られ、さらに上には、鰹節のように
薄く削られたピンク色のものが・・・

これが「かまぼこ節」というものだそうで。

ピンク色で白い部分もあり彩的にキレイです。


さらには、グリーンの九条ネギが盛られ。



すでに、この麺だけで、よくある「昆布水つけ麺」とは様子が違いますよね。




でもって、いつものように味玉ご厚意、ありがとうございます。





そして、つけ汁。

八咫烏 -- 八咫烏式和出汁昆布水つけ麺(限定)_つけ汁

キレイな清湯醤油の鶏の旨味が全開といった印象のつけ汁が注がれています。


表面にはたっぷりの鶏油が張られていてキラキラと輝いていて。



で、中には、ワンタンがひとつ入っています。


つけ汁にワンタンが入ってるあたり、「八咫烏」っぽいですね。


そして、山椒の葉のような小さな葉っぱが浮いています。




さらに。


普通は、この2皿で終わるところ、八咫烏は違います。


もうひとつお皿がつきます。

八咫烏 -- 八咫烏式和出汁昆布水つけ麺(限定)_チャーシュー

チャーシューとメンマが別皿でついてきます。


豚のローストチャーシュー2枚と低温調理した鶏ムネチャーシューが1枚。


で、そこには、穂先メンマが添えてあります。

このメンマも、味付けが普通とは違うんですよね。


で、端っこには「塩」が盛られていて。


さらに、ここに八咫烏オリジナルのレンゲマジック。

レンゲには、「スーパーフルーツトマト」のおひたしがのっていて、
そこにミョウガと紫蘇と新玉ねぎが添えてあります。




ものすごい凝ってますね。


普通の「昆布水つけ麺」だったら、麺につけ汁。


それにトッピングにチャーシューとメンマがあるくらいですよね。



ここらへんの仕掛けや凝り方が「八咫烏」なんですよね。



いつもながら、わかってはいるのですが、驚かされます。



そして、美味しそうです!





では、いただいてみることにしましょう。





なんか、いろんな食べ方、楽しみ方ができそうですね。





まずは、昆布水の旨味を味わいながら麺だけをいただいてみましょうか。



では、麺だけを箸で摘んで一口。



う~ん、美味い!


昆布の旨味がじわ~っと広がってきて。

同時に、枯れ節の風味も合わさった上品な味。


麺は、ツルツルな麺肌。

小麦の香りを楽しみながらいただけますね。


ガゴメ昆布の細切りも麺に絡まって昆布の旨味がさらに増して。



その上、トップに盛られたピンク色の「かまぼこ節」。


これが独特の旨味で。


かまぼこ自体が魚介が原料だけあって、磯の香りもほんのりと香る味わい。

食感もかまぼこを想像すると全然違うもので、言われなければかまぼこととは
気がつかないような感じで。


初めて味わうものです。


この「かまぼこ節」、山口県の郷土料理として有名らしいですね。



初体験。


美味しいです。



そんな「かまぼこ節」も絡んでいただく麺。



これだけ美味しいですね。




で、楽しみ方はこれだけではありません。


この麺に別皿に盛られている「塩」をつけて食べてみる。



良い塩梅の塩味が加わり、これまた美味い!


麺をちょちょんとつけて食べても、指で摘んで、ちょこっと振りかけて食べても
どちらでも美味しい。



この「塩」、白だけでなくピンクも混じった色合いで。

どうやら「ワイン塩」というものらしく、塩にワインの旨味と香りを
混ぜた塩のようです。


たしかに香り豊かな塩で美味しい。


普通の塩よりもまた旨味が増した味で、麺を楽しめますね。




さらにさらに。



ここで、普通の食べ方ができる(笑)



今度は、麺をつけ汁に潜らせて食べてみましょう!



ま、これが、美味しくないわけがない。


鶏の分厚い旨味と醤油の香り、鶏油の甘味が加わり、鉄板な美味さ。


ただ、このつけ汁、基本は博多地鶏と名古屋コーチンを使った「水と鶏」の
旨味全開のつけ汁なんですが・・・


カエシには一工夫も二工夫もしてあって。



そのため、香り、旨味の厚さがハンパない。



昆布水だけでも、ワイン塩をつけも、どちらも美味しいのですが、
やはり、つけ汁に潜らせると別格ですね。


この食べ方がやはり美味い。



しかも、このつけ汁につけて食べる食べ方にも、さらに工夫がされていて。


それがワンタン。


このワンタン、「キノコのワンタン」なんです。

三種のキノコを使ったワンタンのようで。


なので、途中で、このワンタンをつけ汁の中で崩すと・・・


中でキノコのエキスが滲み出て、さらに旨味が増して美味い!



鶏出汁全開の醤油つけ汁にキノコの香りに旨味。


さらなる楽しみ方が待ってたわけで。



こりゃ美味いなぁ・・・



いろんな楽しみ方ができる。



これぞ、「八咫烏式」ですよね。


ここまで凝った「昆布水つけ麺」は初めてです。




当然、別皿の豚のローストチャーシュー、鶏ムネのチャーシュー絶品。


肉だけで食べても美味しいし、つけ汁につけて麺と絡めても美味しいし。



そして、穂先メンマも、味付けが独特で。

わさびで和えてあるんですね。


ほんのりとした辛味も加わり、サクッとした食感で良いアクセントで。



レンゲマジックも八咫烏ならでは。


「スーパーフルーツトマト」は、まさにその名のとおりで、甘くて美味しい。


一緒に添えてあるものは、ミョウガと紫蘇と新玉ねぎ。

これを凍らせたものを自然解凍させてあるもの。


ミョウガ、紫蘇の香りが漂い美味しい!



味変というよりは、ちょっとした口直しとしても美味しい。





いや~、めっちゃくちゃ美味しかった。


かなり複雑でしたけど・・・(笑)

そこが居山流の美味しさ、おもてなし。



さすがです!




そして、毎度のことながら、お気遣いいただいてありがとうございます。


サイドメニューで提供していた、これをサービスしていただいちゃいました。

八咫烏 -- 鴨とひじきの炊き込みご飯(限定)

「鴨とひじきの炊き込みご飯」です。


これが、また美味い!


ひじきの甘味と鴨の旨味。

ご飯にしっかりと染み込んでいて美味すぎ!


残ったつけ汁をスープ代わりにレンゲですくいながら、一気に掻き込んで完食!




いや~、美味しかった!




期待通りの「八咫烏」ならではの「昆布水つけ麺」に大満足です!




そういえば、今回、もうひとつ限定メニューがあったんですよね。


「甲斐路軍鶏の鶏油そば」。



これもめちゃくちゃ美味しそう・・・


いや、絶対に美味いはず。




もし限定期間中に間に合ったら、絶対に食べにいこう!


間に合うといいなぁ・・・





とにかく、「八咫烏式和出汁昆布水つけ麺」、最高に美味しかった!





ご馳走様でした!

八咫烏 -- 八咫烏式和出汁昆布水つけ麺(限定)_メニュー

八咫烏

[データ]
●店名:八咫烏
●住所:東京都千代田区九段北1-9-2 中西ビル 1F
●交通:東西線・半蔵門線・都営新宿線「九段下」より徒歩2分
●営業:[月~土]11:00~22:00(14:00~17:00の間2時間くらい閉めることあり)・[土・祝]11:00~17:00
●定休:日曜




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■つけめん(醤油) [ 東京/鶏 ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント