FC2ブログ
プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
保谷大勝軒@保谷 / 中華そば
保谷大勝軒
中華そば

[訪問日]
2019年7月6日(土)

[評価]★★★★☆

保谷大勝軒 -- 中華そば


言わずと知れた名店「保谷大勝軒」。


「永福町大勝軒」の暖簾分け店なのも周知のことですが、その「永福系」でも、
頭一つ抜きん出るくらい人気のあるのが、この「保谷大勝軒」です。


しかも、創業年は不明なのですが、すでに、創業50年ほどにもなろうかという
超老舗であって、「永福町大勝軒」からの暖簾分け店としても最も古い
お店のひとつのはずです。

2011年には、保谷駅前の再開発に伴い、現在の場所に新たに店舗ビルを新築移転、
現在に至っているようです。


すでに、創業者のご主人はお亡くなりになっていて、その後は、ご主人の奥様が、
現在は、その娘夫婦がお店を切り盛りされているとのことです。



とても歴史のあるお店です。


それでいて、本家の「永福町大勝軒」に劣らずの人気で、行列の出来ない日は
ないくらいの繁盛店なのですからすごいですね。



そんな「保谷大勝軒」ではあるのですが、僕は、比較的に近所に住んでいながら、
また、お店の前を通ること数百回ともいえるほどなのに、まだ未訪門という・・・


そのうち行こうと、いつでも行けるだろうと思っていたら、結局訪問せずに
いたという結果でして・・・



そうこうしているうちに、さらに近所に「保谷大勝軒」からの暖簾分け店になる
「田無大勝軒」がオープンしまして・・・

これは、さらに近い場所だったので、迷わずお邪魔したのですが・・・
 ⇒ 「田無大勝軒 / 中華そば」の記事


で、久しぶりに「永福町系」の味を堪能して、

「これは、保谷も行かなければ・・・」

と思い。ようやくお邪魔したわけです。



実を言うと、僕がラーメンの食べ歩きを始めたのは、「永福町大勝軒」がキッカケで、
当時務めていた会社の上司に食べに連れて行かれて感動的に美味しかったのが
忘れられなかったからなんです。


なので、「永福町大勝軒系」というのは、僕にとって何かと因縁のあるお店でして。




ということで、「保谷大勝軒」、お邪魔してきました。



場所は、西武池袋線「保谷」のまん前。


ロータリーを挟んだ交差点角にあります。

歩いたら2分程度でしょう。


3階建ての大きなビルになっていて、店舗以外は何に使っているのかはわかりません。

ですが、建物側面に縦に大きく「保谷大勝軒」という文字が掲げられているので、
すぐにわかると思います。


店内は、L字のカウンター席が8席。

4人掛けテーブル席が2卓、6人掛けテーブル席が1卓と広々としています。


厨房は奥まっているので、ラーメンを作っているところは見えません。


おそらく、娘さんに当たる方だと思うのですが、その方がメインに配膳を
してくれています。




メニューは、「中華そば」が基本。


これをベースに、「中華そば(玉子入り)」、「チャシュウメン」、「ワンタンメン」、
「チャシュウワンタンメン」というバリエーションがあります。

「ワンタン」、「チャシュウワンタン」という麺なしもあります。


ちなみに、「チャーシュー」ではなく「チャシュウ」という表記だったので、
間違いではありませんので。


で、他に、玉子(生玉子・ゆで玉子)、メンマ、ネギという追加トッピングも
揃っています。



ま、基本は、あくまでも「中華そば」一本ということになりますね。



値段なんですが、「田無大勝軒」もそうだったんですが、本家の「永福町」と
比較すると、かなりリーズナブルな設定になっています。



で、僕が選んだのは、もちろん「中華そば」。


これが基本ですからね。



大体の味は想像つくのですが、これだけの人気店。

楽しみですよね。





ということで、ようやく初訪になった名店「保谷大勝軒」の「中華そば」、
いただいてきましたので、早速ですが、感想の方をレポしていきましょう!





まずは、ビジュアルから。

保谷大勝軒 -- 中華そば

「永福町系」は、とにかくいろんな面で本家を踏襲していますね。


ステンレスのトレーにのせられた名物「洗面器どんぶり」に盛られての登場は、
「永福町系」ならではです。


シンプルながらも、なぜか食欲をそそられる丼顔はさすがです。





では、細かく。

保谷大勝軒 -- 中華そば_アップ

まずは、スープ。


表面をカメリアラードで覆われたキレイな清湯醤油。

醤油の色が程良く透明なブラウンで、薬味のネギが散りばめられ美味しそう。



麺は、中細の縮れ麺。

デフォで2玉あるという大盛りサイズ。


キレイな麺線を整えるとか、そういうのではなく、ズッシリと無造作に盛られ、
その存在感が一際目立っています。

当然、草村商店謹製です。



で、トッピングもシンプルですが、丁寧に盛られています。


どんぶりの中央を中心にメンマ、ナルト、チャーシューと円を描くように。


チャーシューは、厚めの肩ロースで、しっとりとした雰囲気が伝わってくる
美味しそうなチャーシュー。

メンマもコリコリとしていそうで美味しそう。



全体的にシンプルで、まさに「永福町系」のビジュアルを踏襲したもの。

ま、細かいところは違いますが、基本は一緒ですね。





さ、では、いただいてみましょう!




まずは、スープから一口。



これ、気をつけていただかないと火傷します。


フーフー言いながらレンゲで一口・・・



アッツアツ!


そして、煮干しのしっかりとした風味と広がってきます。


それと同時に鯖節、鰹節などの節系の風味もしっかりと前面に出ていて、
煮干しとのバランスが最高に良い!


それでいて、ベースにある豚骨の動物系の旨味もしっかりしているので、
スープには厚みもあるし・・・



やっぱり美味しいですね!



キレのある醤油の味や香りも抜群だし。


飲めば飲むほどにじんわりと染みてくるスープがなんとも言えない。



さすがです!




そして、麺。



ツルモチッとした中細の縮れ麺は、スープとの相性抜群。


適度な縮れがしっかりとスープを持ち上げてくれ、啜るたびに旨味たっぷりの
スープを口に運んでくれます。


そして、何よりも、この量。


この量は、大盛りにする必要なしの満足行く量で、腹パン必至!


しかも、この量なんだけど、全然重くならずに、ペロリといけちゃうのが不思議。




チャーシューは、想像していたとおりしっとりとしたもので、ホロリと柔らかく、
マジ美味いチャーシュー!

これは、チャーシューメンにしたら最高なんだろうなぁ・・・



メンマもコリコリとして美味しいし。


ナルトはナルトです(笑)!




ホント、この「永福町系」の「中華そば」って、みんな「洗面器どんぶり」で、
めっちゃ量が多いのですが、食べ終わってみると、そんな量を感じさせないほど、
サラッと食べれちゃうんですよね。


ホント不思議。


食べる前は、スゲー量だなと思うのですが、食べてみるとペロリ。



今回も、気がついたら食べ終えてたという感じで。

あっという間の完飲完食でした。




いや~、美味しかった。



久しぶりに本家も食べたくなってきたな・・・


でも、考えてみたら、「永福町系」の暖簾分けされたお店でも、食べてないお店、
たくさんあるんですよね。


今度、改めて食べ歩いてみても面白いかもしれないですね。





そのときは、またレポします!





ご馳走様でした!

保谷大勝軒

保谷大勝軒

[データ]
●店名:保谷大勝軒
●住所:東京都練馬区南大泉3-31-18 
●交通:西武池袋線「保谷」より徒歩2分
●営業:[月~木]11:00~18:00/[土・祝]11:00~15:00・17:00~18:40
●定休:日曜・第三木曜




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■醤油らーめん [ 東京/豚骨+煮干 ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント