FC2ブログ
プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
中華そば 伊峡@神保町 / 半チャンラーメン
中華そば 伊峡
半チャンラーメン

[訪問日]
2019年7月8日(月)

[評価]★★★☆☆

中華そば 伊狭(新) -- 半チャンラーメン


神保町の超老舗「中華そば 伊峡」。

その「中華そば 伊峡」が、建物の老朽化に伴い閉店したのが4月27日。


そして、6月中旬に、場所も変え、新装オープンしました。


これは、昔からのファンとしては一度は行かないとと思い、お邪魔してきました。




さて、「中華そば 伊峡」なんですが・・・


ご存知の方も多いと思いますが、神保町界隈では「半チャンラーメン御三家」として、
「さぶちゃん」、「中華 成光」とともに人気を博してきた歴史あるお店です。


「さぶちゃん」は、残念なことに店主の木下三郎さんがご高齢のため営業できなくなり、
2017年10月を以って閉店。


「半チャンラーメン」の元祖といわれる「さぶちゃん」を除いた「伊峡」、「成光」の
2店が未だ奮闘しているというわけです。



そして、この「さぶちゃん」の木下三郎さんが修行した店こそが「伊峡」というのも
有名な話ですね。



ですが、「伊峡」も「さぶちゃん」もオープンしたのは1966年。

同じ年にオープンなのに、なぜ、修行できる?

そう思う方もいらっしゃるかと思いますので、そこら辺も含めて「伊峡」の
歴史を紐解いていってみたいと思います。




まず、「伊峡」がオープンしたのは、今も触れたとおり1966年。


店主は、沢木昭司さん。


この沢木さんが奥様と息子さんの3人で家族経営しているのが「伊峡」。



ただ、この沢木さんは、厳密にいうと「伊峡」の2代目の店主になります。


初代は、名前こそ知られていませんが、「ラーメン専門」ではなく「中華料理」として
「伊峡」を創業し、切り盛りしていたそう。

「伊峡」というのは、初代の出身地である長野県伊那市と国指定の名勝である天竜峡に
由来するものだとか。



で、この「中華料理」専門の「伊峡」で、「ラーメン担当」として働いていたのが沢木さん。

その沢木さんが、「中華料理」の「伊狭」の目の前にラーメン専門の「中華そば 伊峡」を
オープンしたのが1966年だというわけですね。


なので、当時は、「中華料理の伊峡」と「中華そばの伊狭」の2つが存在していたようです。


それが、平成元年に「伊峡」の初代店主がなくなったため、ラーメン専門の「伊峡」を
沢木さんが受け継いで、その後家族で切り盛りしてきたのが現在の「伊峡」なのだそうで。



ハイ、ここで、先ほどの「さぶちゃん」の木下三郎さんの修行先に関する答えなのですが、
木下さんは、「中華そば 伊峡」ではなく「中華料理」の「伊峡」の方で修行されていた
とうことなんですね。

それが、「伊峡」と同じくして「さぶちゃん」として独立、「半チャンラーメン」を
メニューとして提供し始めたというわけです。



そして、その「伊峡」も建物が老朽化して、このたび移転リニューアルするに
至ったというわけです。


「中華そば 伊峡」としても創業53年、その前の中華料理専門から考えたらさらにですから
相当歴史のあるお店ということになりますよね。



さて、そんなことで、新しく生まれ変わった「伊峡」。


今までの、昭和を感じさせるレトロ感たっぷりのお店とは違いキレイになりました。




お店は、同じく神保町。



今まであったお店から、靖国通りを渡って、三省堂の裏の「すずらん通り」から
入った路地にあります。


移転した「神保町二郎」のすぐそばです。



白い外装にトレードマークの赤い看板。


「伊峡」を知っている人ならすぐにわかると思う店舗ビジュアルです。




店内は、厨房を囲うようにL字型の赤いカウンター席が9席。

移転前より席数が少なくなってしまいましたが、ま、仕方がないでしょう。




そして、メニューは、これまでと変わりありません。


「ラーメン」、「ワンタン麺」、「タンメン」、「チャーシュー麺」、
「チャーシューワンタン麺」という麺類ラインナップ。


これに「ワンタン」があり、ご飯ものとしては、「ライス」、「半ライス」、
「野菜炒めライス」、「チャーハン」、「半チャーハン」、「半チャン野菜炒め」。


そして、名物の「半チャンラーメン」という構成です。



しかも、ビックリするのが、コスパ。


「ラーメン」が450円、「半チャンラーメン」が650円という破格の値段。

これでも数十円値上がりしたくらいですからね。



神保町という学生やサラリーマンが多い街ならではの設定ですね。


これを50年以上続けているわけですから凄いです。





で、僕が何を選んだかというと・・・



もちろん、「半チャンラーメン」です。


やはり、これを食べないと!





ということで、移転リニューアルした「伊峡」の名物「半チャンラーメン」、
いただいてきましたので、感想の方をレポしていきましょう!



久しぶり~!







それでは、まずはビジュアルから。

中華そば 伊狭(新) -- 半チャンラーメン

やはり、このセットですよね。

双喜文と雷文の模様が入った年季のあるどんぶりで登場。


ラーメンどんぶりも、チャーハンの八角形皿も同じ模様です。


昔懐かしの丼顔で、タイムスリップしたかのよう。



美味しそうですね。





では、細かく。

中華そば 伊狭(新) -- 半チャンラーメン_アップ

まずは、ラーメンから。

中華そば 伊狭(新) -- 半チャンラーメン_ラーメン

やや濃い目の茶色をした清湯醤油のスープ。


「ザ・東京ラーメン」といわんばかりの醤油スープで美味そう。



麺は、かん水バッチリの細縮れ麺。


今の時代のようにキレイな麺線とか気にしない無造作な盛り付け。

時代を感じさせて、これはこれで良いですね。



トッピングもシンプル。


メンマが数本。

豚モモ肉のチャーシューが一枚。

海苔が一枚。


薬味は、スープに少量散りばめられているくらいで。



相当シンプルですね。




でも、昔のラーメンってこんなもんでしょう。

十分です。




そして、半チャーハン。

中華そば 伊狭(新) -- 半チャンラーメン_半チャーハン

細かく刻んだチャーシュー。

そして、溶き卵。


いたって普通のチャーハンですが、美味しそうです。


この「普通のチャーハン」ってのがいいんですよね。






それではいただきましょう!




まずは、スープから一口。



いい意味で何の飾り気もない、鶏ガラ豚骨の動物系ベースの醤油味。


サラリとした口当たりの清湯スープは、昔懐かしの味。


いわゆる「東京ラーメン」!


細かく刻んだ薬味のネギが散りばめられ、スープに混ざって流れ込む。

サラッとした醤油味が、飲めば飲むほどにじんわりと染みてきて。



とても懐かしく美味しいですね。




麺は、これもまさに「東京ラーメン」ってな感じの細い縮れ麺で。


しっかりかん水を含んだ黄色い中華麺。

これも昔懐かしの「中華麺」で美味しい。


適度な縮れがスープをしっかりと持ち上げて。



チャーシューは、適度に肉感のあるモモ肉。

歯応えがしっかりとしていて、噛むほどに肉汁が染み出る美味さ。



メンマもコリコリとして美味しい。




やっぱり、飾らない懐かしい味ってのは、いつ食べても美味しいですね。




そして、この「東京ラーメン」と一緒にいただくチャーハンがまた格別。


パラパラと解れるご飯。

甘い溶き卵に香ばしいチャーシュー。


優しい中華の味は、チャーハンならでは。



このチャーハンとラーメンを交互にいただいて、スープも飲みつつ・・・


やっぱり、「半チャンラーメン」の醍醐味ですね。



特に変化球はいらない。

普通でかまわない。


むしろ、その方が良い。



そして、いつまでも、変わらぬ味を届けてほしい。


ひとつの文化ですよね。



冒頭でも書きましたが、「さぶちゃん」は残念ながら閉店。

もし、後継者がいれば・・・


そう思うとホント惜しい店を失いましたよね。



「伊峡」、ぜひ、家族経営の利を活かして次の世代へと引き継いでいってほしい。


そんなお店ですね。





美味しかったです。




ご馳走様でした。

中華そば 伊狭(新)

[データ]
●店名:中華そば 伊峡
●住所:東京都千代田区神田神保町1-17  
●交通:都営新宿線「神保町」より徒歩2分
●営業:[月~金]11:00~19:00/[土・祝]11:00~18:00
●定休:日曜




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■醤油らーめん [ 東京/鶏+豚骨 ]
Trackback:(0) | Comments:(2)
コメント

狭ではなく、峡ですね。
2019-07-10 水 07:55:02 | URL | 名無し #- [ 編集]

>名無しさん
変換ミスです。
修正しておきました。
ご指摘ありがとうございます。
2019-07-10 水 22:54:15 | URL | zucky #- [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント