FC2ブログ
プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
workshopコラボ~豚骨対決~「清湯チーム」@Tombo(吉祥寺) / 塩の豚ソバプレミアム(2019年7月15日(月)workshopコラボ~豚骨対決~限定)
workshopコラボ~豚骨対決~「清湯チーム」
塩の豚ソバプレミアム(2019年7月15日(月)workshopコラボ~豚骨対決~限定)

[訪問日]
2019年7月15日(月)

[評価]★★★★★

workshopコラボ~豚骨対決~「清湯チーム」@Tombo(吉祥寺) -- 塩の豚ソバプレミアム(workshopコラボ~豚骨対決~限定)


さて、今回は、前回に引き続き「workshopコラボ~豚骨対決~」です。


「workshop」とは何ぞやということについては、前回の記事を参照していただくとして。
  ⇒ 「workshopコラボ~豚骨対決~「白湯チーム」 / スモーク豚骨パイタン麺」の記事



今回の「workshopコラボ」のイベントは、テーマが「豚骨」。



「豚骨」をテーマにコラボラーメンを提供してくれるというもの。



しかも、今回は、「workshop」メンバー10店舗が2チームに分かれて2種類の
ラーメンを提供し対決するという・・・



ズバリ、「豚骨対決イベント」なわけです。



5店舗ずつがそれぞれ、「清湯チーム」と「白湯チーム」に分かれて

「豚骨清湯vs豚骨白湯」

で、対決するという内容なわけですが・・・




前回の記事では、まず「白湯チーム」のレポをしたわけです。


記事は、上記リンクと同じこちらなんですが・・・
 ⇒ 「workshopコラボ~豚骨対決~「白湯チーム」 / スモーク豚骨パイタン麺」の記事
 


まずは、くじら食堂で行われた「白湯チーム」に行ってきました。


記事を参照してもらえればわかると思いますが、ここでは、ビックリするような
ホント、心に残るラーメンを提供していただきました。



とても美味しかったです。




で、「白湯チーム」を食べ終えたら、当然、「清湯チーム」ですよね。


というわけで、「清湯チーム」のラーメンが提供されている「Tombo」へと移動してきました。



「豚骨清湯チーム」は、

Tombo@吉祥寺
町田汁場しおらーめん 進化@町田
中華そば しば田@仙川
白河手打ち中華そば 一番いちばん@町田
RAMEN GOTTSU@練馬

という布陣。



この5店舗で「清湯豚骨ラーメン」を提供してくれます。




で、この「清湯豚骨」、一体どんなものを出してくれるのかというと・・・




メニューは、


「塩の豚ソバプレミアム」


というもの。



食数は、限定150食。

「白湯」より50食少ないですね。


お店のキャパの関係かな?




で、事前情報によると・・・


「清湯チーム」は、ブランド豚「下田さん家の豚」を全面フィーチャーしたものらしく・・・



「下田さん家の豚」は、三元豚なんですが、良質なお肉をいただけることでも有名な
美味しいブランド豚です。



これをじっくり炊いてスープをとったものらしく・・・




ちょっと、こっちもヤバそうですよね。




「白湯チーム」とは違って、かなり正統派な感じもします。



とにかく、こっちも楽しみ!





ということで、「workshop」の「豚骨清湯チーム」のフィーチャリング「下田さん家の豚」
豚骨ラーメン「塩の豚ソバプレミアム」、いただいてきました。


なので、早速ですが、感想の方をレポしていきましょう!






それでは!



まずは、ビジュアルから。

workshopコラボ~豚骨対決~「清湯チーム」@Tombo(吉祥寺) -- 塩の豚ソバプレミアム(workshopコラボ~豚骨対決~限定)

普段、「Tombo」で使われている真っ白などんぶりに盛られ、ステンレスの
丸いトレーにのせられ登場です。


一見するところシンプルなのですが、とても豪華な内容で!


まさに「白湯チーム」とは真逆の魅力満載のラーメンですね。



こちらも美味しそうです!





では、細かく。

workshopコラボ~豚骨対決~「清湯チーム」@Tombo(吉祥寺) -- 塩の豚ソバプレミアム(workshopコラボ~豚骨対決~限定)_アップ

まずは、スープ。



黄金色に輝く透明な清湯塩スープ。

表面の油がキラキラと輝いて美しいです。


澄んだスープの加減が、程良い塩味をもたらしてくれそうで・・・




で、その中に盛られている麺。


これがストレートの細麺。

しなやかシルキーな印象の麺は、見るからに喉越しが良さそうで、

「早く啜りたい~!」

ってなことを思わせる麺。


美味そうです。




そして、具材。


この具材が、シンプルだけど豪華なすごいヤツでして。


何がシンプルかというと・・・


のっているのは、豚肉と薬味のネギだけ。

この2種類の具材だけで、メンマもなけりゃ、海苔もナルトも野菜も
何ものっていません。



そういう意味ではシンプル。


ただ、この豚肉がすごい・・・



まず、チャーシューだけで、部位が違う3種類のチャーシューがのってます。


センターにフォッサマグナのようにどんぶりを二分するくらいの大きさで
横たわっている大きく長い「豚バラチャーシュー」。


そして、その下部には、折り重なるように、低温調理された「豚肩ロース」と
「豚モモ肉」がのっています。


どれもが美味しそうなお肉で。

これも「下田さん家の豚」なのかな?



で、さらに上の方に行くと、「豚のそぼろ」が、ディッシャーで丸く盛られ、
肉団子のようにのっかっています。



そして、中央には、たっぷりの刻み青ネギ。



シンプルだけど豪華な意味がわかっていただけたでしょうか?




ちょっと贅沢な感じもするトッピングですね。



「清湯」で豚の重たさは感じなさそうですが、「豚尽くし」な内容で。



ヤバそうですね。






では、いただいてみましょう!




まずはスープから一口。




いや、すごいな、この豚の旨味とコク。


清湯とは思えないくらいの厚みのある旨味が口の中に広がってきて。


一気に、口の中を「豚」に支配されてしまいました・・・



そういうと、まるで、獣の臭気に包まれてしまったかのような感じですが、
強烈に「豚」を感じるのですが、獣臭というものは皆無。


むしろ、「豚の良い香り」が鼻を抜けていって、とても優しい。



当然、味は、旨味やコクだけでなく、動物系由来の甘味もしっかりと感じ、
それに加えて、良い塩梅の塩味が広がってきて最高のバランス。




こりゃ美味いな!



スープを飲んだだけで、美味しい豚肉を食べたかのような錯覚を起こす美味さ。


これはのっけからレンゲが止まらない・・・


美味すぎ!




しかも、この美味しいスープをしなやかなストレートの細麺が絡めとってくれ。



しなやかシルキーな麺は、麺肌優しく、口当たりが良い。

喉越しもスルリと気持ちが良い。


あ~、この麺は、くじら食堂の麺とはまた違った美味しさ。


繊細さを感じて美味しい。


そこまで加水は低くないのか、食感も細いながらモチッとした感じで。



美味しい麺ですね~!





さあ、そして、主役ともいえるトッピングのチャーシューたち。



一番大きな「豚バラ肉」。

これが、柔らかくとろけるような美味しさ。

ホロホロと解れる柔らかさとは違うのですが、ソフトで柔らか。


ジューシーで肉汁溢れ、甘く美味しい上質なお肉なんです。



美味い!



そして、低温調理の「肩ロース肉」。


ややレア感も残っているしっとりとした「肩ロース」は、適度な脂身の甘さ、
肉感の残る肉の味が残った、これまた上質な豚肉。


贅沢だ。



さらには、赤耳のある「豚モモ肉」。

周囲が赤く染まった「モモ肉」。


食感といい、一番肉っぽさが残っているものの、それでも柔らかく、
歯が食い込み肉を食っているという感じの食感がたまらない美味さ。


当然の高級感。



全部が美味しい豚肉。


これは、メンマなんて必要ないですわ。

これだけの存在感と味なんですからね。



美味すぎチャーシューたちです!




そして、忘れてはならないのが「豚そぼろ」。



実は、これが隠れたヒット作でして・・・



崩れるともったいないので、意識的に崩さないように後に残してたのですが、
これが残しておいて正解でして!


この「豚そぼろ」、ただのお肉ではないんです。


なんと鰹出汁の味付けがされていて、そぼろを崩していくと、それまでスープを
支配していた「豚」の中に、サッパリとした「鰹感」が広がってくるんです。



いや~、最後の最後に味変アイテムとは!



この「豚そぼろ」で、さらに旨味の広がったスープ。


スープの底へと沈んだそぼろをレンゲですくいながらスープと一緒に飲んで、
麺を啜っては、麺に絡んだそぼろを食べて・・・


ダブルの美味しさになっていて最高!



最後に粋な仕掛けをしてくれてました!




豚の旨味だけでもレンゲが止まらなかったのに、こんな味変までされたら、
もうたまらんでしょう!



麺を啜っては、スープを飲んでの連続。

一気に完飲完食でした!





いや~、美味しかった!



豚の、しかも塩味での清湯。


中々、こんな美味しいのはいただけません。


贅沢な味でした!






さて、というわけで、「workshop」の「豚骨対決」。


ものすごい対決になりましたね。




こりゃ勝負の優劣をつけるのは難しいな。


どちらも甲乙つけがたい美味しさで。


そして、どちらも感動を呼ぶような心に残る一杯でした。



完璧でした!




今回の「workshop」は、約1年半強振りだったわけですが、年イチくらいで
定期的にやってもらえると、僕らも楽しみが増えて良いですね。


こういうイベントなら、いくらでも参加したいです。




次はいつになるのかわかりませんが、楽しみにしていたいと思います。



両チーム10店舗の店主の方々。


美味しいラーメンをありがとうございました!



めちゃくちゃ美味しかったです!




ご馳走様でした!

workshopコラボ~豚骨対決~「清湯チーム」@Tombo(吉祥寺) -- 塩の豚ソバプレミアム(workshopコラボ~豚骨対決~限定)_看板

workshopコラボ~豚骨対決~「清湯チーム」@Tombo(吉祥寺)(塩の豚ソバプレミアム(workshopコラボ~豚骨対決~限定))

workshopコラボ~豚骨対決~「清湯チーム」@Tombo(吉祥寺)(塩の豚ソバプレミアム(workshopコラボ~豚骨対決~限定))

[データ]
●イベント:workshopコラボ~豚骨対決~
●開催場所:Tombo 「清湯チーム」
●住所:東京都武蔵野市吉祥寺南町4-16-12 リトハイム101号
●交通:JR中央線「吉祥寺」より徒歩13分/京王井の頭線「井の頭公園」より徒歩8分
●開催日:2019年7月15日(月)
●時間:11:00~(150食)売り切れまで




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■塩らーめん [ 東京/豚骨(清湯) ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント