FC2ブログ
プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
㐂九家@小作 / 純鶏そば
㐂九家
純鶏そば

[訪問日]
2019年7月31日(水)

[評価]★★★★☆

㐂久家 -- 純鶏そば


東京、青梅市の今寺というところにある「㐂九家」。


前々から行きたいと思っていた積年の宿題店です。

ようやく訪問です。



2017年の暮れ近くだったと思うのですが、この「㐂九家」の2号店だとは知らず、
うっかり先に訪問してしまった「㐂九八~garage~」。


2号店は、埼玉県にありながらも、青梅よりも行きやすいというのですから、
いくら東京都といっても、中々不便なところにあるのをおわかりいただけるかと。



そんなことで、本来であれば、本店である「㐂九家」に訪問してから、2号店の
「㐂九八~garage~」にお邪魔すべきところが逆になってしまったわけでして。


そのときの記事がこちら。
 ⇒ 「㐂九八~garage~ / 生姜中華そば」の記事



で、そのときに、「㐂九家」については、詳しく解説させていただいてるので、
ぜひとも、上記リンク先を参照していただければと思うのですが・・・




ま、一応、ざっくりと説明しておくと・・・


「㐂九家」というお店は、旅館や日本料理店で和食の修業をされていた、
青梅市内で仕出し弁当屋の「竹朋」というお店を経営されている大野喜久さんが
趣味だったラーメンの食べ歩きがが高じて開いたお店。


オープンは、2012年。


その後、2016年、所沢の航空公園に2号店となる「㐂九八~garage~」をオープン。



で、今年に入って、3号店となる「拉麺 イチバノナカ」をオープン。

このお店は、その名のとおり「所沢総合食品地方卸売市場」の敷地内にあります。


交通便はあまりよろしくないですが、車であれば関越自動車道「所沢IC」の
すぐ近くなので、便利といえば便利ですが・・・

ここも、近々行ってみたいと思っているのですが・・・



こんな感じで、現在、3店舗を運営しているのが「㐂九家」なわけです。





で、その本店の「㐂九家」にやっと来れた・・・


遠かった・・・





てなことで、本題。



この「㐂九家」。




先ほども触れましたが、2012年にオープン。


もっとキャリアがありそうですが、意外に若い。




場所が正直、とても不便なところ。



最寄り駅は、JR青梅線の「小作」という駅なのですが・・・

ちょっと歩くのはキツイかな。


歩いたら、30分近く歩くことになると思います。



でも、バスが通っていて、「小作」から「西東京バス・河辺北口行き」に乗車、
「今寺」バス停で下車、そこから歩いて3分ほど。


ま、どう考えても車が便利。


お店の前には、駐車スペースが4台分ありますし、もし、近隣のコインパークに
とめた場合には100円キャッシュバックしてくれるというからありがたい。


どう考えても車が良いですね。




で、お店は、大きな黄色地に緑で、

「生姜 煮干し ねぎ」

と書かれた看板が大きく出ていますので、それが目印。


すでに年季の入った暖簾をくぐると、横に店内は伸びています。



左前が厨房。


その前にストレートのカウンター席が8席。

その後方に、4人掛けテーブル席が3卓あります。



このお店も余裕のある使い方で広々してますね。



そして、スタッフは、みなさん女性ばかり。


パート募集も女性ばかり募集してて。



そういうコンセプトなの?

ちょっとそこはわからないですが、けっこう威勢のいい女性ばかりで。



元気が出るお店ですね。





そして、メニュー。



ここのメニューは、ちょっと複雑です。



何が複雑かというと・・・


曜日によってメニューが違うから。



3種類に分かれます。


まず、平日メニュー。

これが、月曜定休なので、火曜から木曜までの3日間のメニュー。


ま、これが基本メニューと考えれば良いでしょう。



この平日メニューが4種類あります。


「純鶏そば」、「昔ながらの生姜醤油中華そば」、「しらすと山椒の冷やしまぜそば」、
「THE 煮干そば」の4つ。

これに追加トッピングが各種。


ご飯ものとして「しらす飯」、「豚めし」、「ライス」があります。



それと、新レギュラーとして「納豆つけ麺」というのも加わっていたようです。



これが平日メニュー。


これだけ見ると、割りとシンプルでわかりやすいですよね。




ですが、これが金曜になるとガラリと変わるんです。


金曜は、「ジャンキーFriday」といって全く違うメニューが出てきます。

「生姜どっさり背脂まぜそば」、「背脂舞い散るあっさり和風そば」、
「昔ながらっぽくない中華そば」というラインナップで。


ガラッと変わりましたね。



で、土曜、日曜、祝日は、毎週違う限定メニューの日。


旬の食材を使って、これまでに300種類以上の限定ラーメンを提供してきているそう。

ビックリです。


毎週違うので、ツイッター、フェイスブック、ブログなどで随時チェックしてないと
食べ逃すことになるわけです。



もうこれは常連さん相手の曜日ですね。




僕みたいな人は、極たまにしかこれないので、平日メニューが一番。


というか、平日のレギュラーメニューを食べずにいきなり限定というのは、ねぇ~。




なので、あえて、平日を狙って訪問しました。



そして、食べるのも決め打ち。


本当は、以前、「㐂九八~garage~」で食べた「生姜中華そば」の醤油を食べようかとも
思っていたのですが、直前で変更しました。



もともとあったメニューらしい「純鶏そば」。

これをチョイス。



まずは、原点を探りに。






ということで、ようやく本店にたどり着いた「㐂九家」の「純鶏そば」、
いただいてきましたので、早速ですが、感想の方をレポしていきましょう!






まずは、見た目です。

㐂久家 -- 純鶏そば

大きなブルーの唐草模様が描かれた「和」などんぶりで登場。


雰囲気からいっても「和」を感じさせるものですね。



キレイな盛り付けで美味しそうです。






では、細かく。

㐂久家 -- 純鶏そば_アップ

まずは、スープ。



スープは、清湯とも白湯ともいいがたい、半濁色のスープで。


濃厚な清湯?

薄めの白湯?


どっちともとれますね。



でも、表面には鶏油がキラキラしていて、鶏の旨味が濃厚そうな印象です。

ただ、トロミがあるようなスープではなく、サラサラな感じ。


美味しそうですね。




麺は、喜多方ラーメンもびっくりの手打ち風の手揉み平打ち麺。


見るからにモッチリとして、コシも強そうで、この麺は間違いなさそう。




そして、具材。


これが充実。



中央に肉が集まっていて。


3種類の肉がのってます。



まず、一番下になっているのが、大きめな豚肩ロースを二つ折りにして。

その上には、大きな鶏のモモ肉の煮たヤツ。


で、その上に鶏そぼろ。


特に鶏モモ肉が豪快ですごい・・・



で、そこに寄り添うようにメンマが2本。



薬味の万能ネギがのって、全体には三つ葉が散りばめられています。





これは、美味しそうです!





では、いただいてみましょう!





まずは、スープから一口。




とてもサラサラな飲み口。


このサラサラ感だけとったら、目を瞑ってみたら、間違いなく清湯だと思うかも。


だけど、この濃厚な鶏の旨味を味わってしまったら、

「もしかして、白湯?」

みたいな・・・


なんか複雑な味。


ただ、上質な鶏の旨味が広がり、甘味さえも感じるスープは、雑実がなく美味い!


鶏臭さもないし、くどさも皆無。



まさにメニュー名のとおり「純鶏そば」って感じ。



塩味もカドがなく穏やかでマイルドで。


ジワジワと染みてくる感じで。




いや~、これは美味しいスープだ。





そして、麺。



この麺もかなりの逸品。


本当に喜多方麺かと思えるような麺で。


ピロピロでモッチモチ。


啜ると、スープを撥ねながら口の中に滑り込む麺は、まるで生きてるかのよう。



噛めば、相当なコシの強さで噛み応えがすごい。



この麺は美味いな~。




さあ、そして、具材。


問題のお肉たち。



まずは、豚肩ロース。


しっとり柔らかく、上品な味わいで。

麺と絡めて食べれば最高!


そぼろも、崩れすぎず、あり程度かたまりで肉として食べれるので食べやすい。

といいつつも、そぼろなので、崩れたの分はスープと一緒にレンゲで。


で、問題の鶏のモモ肉。


これは豪快だ。


この豪快さに負けそうになりながら、箸で肉を裂いてみると・・・

驚くほどの柔らかさで裂けるモモ肉。


なんて柔らかさ。


肉汁たっぷり、肉の旨味たっぷりで、ヤバイぞ。


面白いように肉が裂けていくので、すごく食べやすいし。


このモモ肉はヤバイな。



一つ難点は、皮が柔らかすぎて個人的に好みでなかったことかな。

皮だけ炙ってパリッとしてたら、もっと最高だったんだけど。


そうすると味が変わっちゃうのかな?




でも、めちゃくちゃ美味しいのには変わりない。


最高のモモ肉!




スープを飲んで、麺を啜って、肉にかぶりついて・・・


三つ葉の清涼感も良かった・・・



気づけば完飲完食。


あっという間でした。




個人的に、「鶏そば」って、特に魚介が入っていないヤツは、「塩」よりも
「醤油」の方が好きなんですが、これは美味かったな。


「純」というだけある。


鶏の良いところを存分に楽しめた「鶏そば」でした。





さて、これで、「純鶏そば」を食べたので、次回は、「生姜」かな。


中々来れる機会も少ないけど、次は「生姜」を食べたいな。


限定も興味あるけど、そこにたどり着くにはかなり時間がかかりそう。



まずは、美味しいレギュラーを攻めてからでないとね。





とても美味しかったです。




ご馳走様でした!

㐂久家

㐂久家

[データ]
●店名:㐂九家
●住所:東京都青梅市今寺5-18-49
●交通:JR青梅線「小作」より徒歩23分/西東京バス河辺北口行き乗車「今寺」バス停下車徒歩3分
●営業:[火~金]11:30~14:30/[土・日・祝]11:00~15:00
●定休:月曜




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■塩らーめん [ 東京/鶏(白湯) ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント