FC2ブログ
プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
八咫烏@九段下 / 岩中豚の喜多方ラーメン + 岩中豚の月見おこわ(3rd year Anniversary/DAY1 BLACKPARADE ~Alternative 喜多方醤油~)
八咫烏
岩中豚の喜多方ラーメン + 岩中豚の月見おこわ
(3rd year Anniversary/DAY1 BLACKPARADE ~Alternative 喜多方醤油~)

[訪問日]
2019年8月3日(土)

[評価]★★★★★

八咫烏 -- 岩中豚の喜多方ラーメン
八咫烏 -- 岩中豚の月見おこわ


九段下の行列店「八咫烏」。


僕のブログでは、すでに常連の「八咫烏」。

結構な確立で登場しています。



なので、すでに、ご承知のこととは思いますが、「八咫烏」について一応・・・


元々は、調布市仙川にある「魔女のカレー」というカレー屋を営んでいた居山勢さんが、
独学でラーメンも作り出し、カレーとともに二毛作営業をしていたことに端を発します。


それが、カレー屋はスタッフに任せ、居山さんは、ラーメン屋に専念し、「八咫烏」を
オープンしてしまったというのが「八咫烏」というお店。


詳しくは、以前取り上げた記事を参照していただければと思いまが・・・
 ⇒ 「八咫烏 / ラーメン 黒」の記事






さて、今回の「八咫烏」。


今回は、お祭りです。


なんのお祭りかって・・・

「八咫烏」3周年の周年祭です。




2016年に創業した「八咫烏」。


オープン当初、面白そうなお店ができたということで訪問したのですが、
そこからしばらくご無沙汰することになりまして・・・


で、約1年半くらい訪問しなかったのですが、2018年の頭に訪問してからというもの、
ハマッてしまいまして・・・



そしたらもう、そこから抜け出せなくなって通い続けているわけです。


気づいたら、3周年を迎えているという・・・




なんともめでたい。


これは訪問しないわけにはいかない。

マストなイベント。



前々から、楽しみにしていてスケジュールを空けておきました。





ということで、今回は、「八咫烏 3rd year Anniverrsary」です。




「八咫烏」といえば、何といっても看板メニューは「黒」と「白」。

つまり、「醤油」と「塩」ですよね。


「金」というメニューも増えましたが、やはり、「黒」と「白」です。



なので、毎年、周年祭は、「黒」と「白」の2種類のラーメンが提供されます。

しかも、2日間に渡って。



今年も、同じです。


「DAY1」と「DAY2」に分かれ、それぞれテーマを設けての限定麺提供。

そこには、店主・居山さんの趣味趣向なども織り込まれ、エンタテインメント性が
豊かなイベントになっているんですよね。




で、今回の3周年は、これ。

八咫烏 -- 3周年祭ポスター

このポスターを見れば、何をパロッてるかわかる人はすぐにわかると思います。


「NO! CHEMICAL ROMANCE」

「無化調」とのダブルミーニングで。


さらに、イベント初日は、「黒の日」。

で、タイトルは、「BLACKPARADE」。


2日目の「白の日」。

こっちは、「WHITE DAY DREAM」。



もう、居山さんの趣向丸出しって感じですね。



なんか、心から楽しんでいるのが伝わってきて、こっちまで嬉しくなっちゃいます。





そんなことで、この周年イベントに参加してきました。





まずは、初日の「DAY1 BLACKPARADE」。


この初日は、「BLACKPARADE」となっていますが、さらに

「~Alternative 喜多方醤油~」

というサブタイトルもついていまして・・・


まさに、「黒の日」(醤油の日)という感じですね。



しかも、今回は、大変な助っ人も参加してくれてます。


なんと、「自家製麺 from 池袋・麺屋 六感堂」という・・・



もう、いろんな面で、昨年を上回るパワーで仕掛けてきたイベント。




楽しみです。




今回は、11時オープンなのですが、9時30分から整理券配布ということで、
一巡目では食べたかったので、整理券配布に合わせて早くから並んで・・・

とりあえず、頭の方の番号をもらえたので、予定通り。



オープンになるまで時間を潰し、いざ、イベント会場の「八咫烏」へ。





「DAY1 BLACKPARADE ~Alternative 喜多方醤油~」とタイトルされた初日。



メニューは、一体・・・



「喜多方ラーメン」モチーフで、「醤油味」なんだろうというのは
想像できたのですが・・・



今回のメニューは、こんな感じで。

八咫烏 -- 岩中豚の喜多方ラーメン_メニュー

まず、メインのラーメン。

これが、


「岩中豚の喜多方ラーメン」


そして、サイドメニューとして、

「岩中豚の月見おこわ」
「岩中豚のスモーキーチャーシュー増し」

ということでして。



僕は、とりあえず、メインの「岩中豚の喜多方ラーメン」とご飯ものである
「岩中豚の月見おこわ」の2品をいただくことに。



「喜多方ラーメン」は、僕も大好き。


その「喜多方」を「八咫烏」が、居山さんが料理したらどうなるのか・・・


「Alternative」とタイトルしてるだけあって、かなりイッちゃってるんだろうな・・・




楽しみです!





ということで、「八咫烏」の3周年記念ラーメン「岩中豚の喜多方ラーメン」、
そして、「岩中豚の月見おこわ」、いただいてきましたので、早速ですが、
感想の方をレポしていきましょう!






まずは、見た目から。

八咫烏 -- 岩中豚の喜多方ラーメン

いつもの真っ白などんぶりに盛られての登場。


「八咫烏」にしては、シンプルに盛り付けてるなぁという印象で。

ただ、シンプルなんですが、その中身は濃いんですよね。


「喜多方ラーメン」ということですけど、やはり、頭には「八咫烏式」と
つけたほうが良さそうなオリジナルな感じで、これは楽しみです。





では、細かく見てみましょう。

八咫烏 -- 岩中豚の喜多方ラーメン_アップ

まず、スープ。



けっこう濃い色をした醤油清湯。

まさに「ブラック」といった感じのスープです。


やや厚めの層の油は、「八咫烏」らしくて良いですね。




で、その中にどっしりと鎮座するのは、「麺屋 六感堂」謹製の自家製麺。


「喜多方」というと、やはり、その定義は、「麺」なわけで、そうなってくると、
この麺は、かなり重要な位置を占めています。


そんな重要な麺。



「喜多方」ほど平打ちではないですが、太く縮れた麺は、プリプリとした食感、
コシの強そうな雰囲気を醸し出していて、見るからに美味しそうな麺です。



そして、ここからが「八咫烏」の真骨頂。


トッピングです。



まず、ドッカリと横たわっているのが大きなチャーシュー2枚。


これが、メニュータイトルにもなっている岩手の高級ブランド豚「岩中豚」なんですね。


部位としては、どこでしょう・・・

「肩ロース」かな?


しっとりとしたピンク色したレアチャーシュー。

低温調理を施しているのでしょうけど、肉の周囲はこんがり。


しかも、燻香も漂い・・・


一体、どうやって作ってるんだ?


そんな感じの手の込んだチャーシュー。



ま、ここら辺の種明かしは後ほど。



で、その脇には、ワンタンが2個盛られています。


このワンタンも見た目は普通のワンタンなのですが、普通じゃないのです。


海老ワンタン?


いいえ、違います!


これも後ほど。


どんぶりの縁に沿って置かれているのは、穂先メンマ。

これも、普通の穂先メンマとは違いそう・・・



そして、トップには、小松菜に刻みネギ。


何気なく盛られてますが、この小松菜と刻みネギも「普通」じゃないんです。

しっかりと「お料理」されているんです。



で、その上には、アマランサスの葉が置かれています。




彩り的にもキレイですし、相変わらず、さすがのセンスですよね。


早速、目でやられました。





これはヤバそうです。





それでは、いただいてみることにしましょう!




まずは、スープから一口。



まず、口に広がってくるのは、やや香ばしい印象の鰹の風味。

これは、オイルで感じる風味でしょう。



それに続いて広がってくるのが、鶏の旨味と本枯れ節の上品な風味。


これがジワ~ッと広かってきます。



そして、そのじんわりくる出汁に合わせている醤油が濃厚。


さらには、香りも良い!



この濃厚な醤油、一口飲んでみて、また、色合いからも「溜まり醤油」を使ってるのは
想像できるのですが、ただ、それだけではなく、実は、想像を超えるものでして。


居山店主の説明によると・・・


カエシには、日本一しょうゆの「溜まり醤油」を使っているのですが、これに、
ヒガシマル醤油の「うすくち醤油」もブレンドしているようで。


「溜まり」の濃厚な味の影には、「うすくち」がしっかりとサポートしている。


言われなければわからないし、でも、舌は、「美味しい」という感覚で、
この細かな仕込をしっかりと感じ取っている。


しかも、ここに「ホワイトバルサミコ酢」や「日本酒」もブレンドしている。



ホント、凝りまくったカエシ。




香り高く、濃厚で深い醤油味を味わえるわけです。



いや、めっちゃ美味いスープですわ!




すでに、普通の「喜多方ラーメン」ではなく「居山ワールド」に引き込まれている。


さすがの独創性です。





そして、麺。



「喜多方」を彷彿させる太く縮れた麺。


喜多方よりは平打ち感がないのですが、「喜多方」をモチーフにしているのは間違いない。



で、この麺が、すごい美味しい・・・



まず、コシの強さ。


これがハンパなく、歯応え、噛み応えが抜群なんですよね。



そして、プリップリで!



啜るとスープを纏いつつ、スープを跳ね飛ばしながら口の中に滑り込む。



噛むと麺の美味しさとスープの味が一体となって。



いやいや、美味しい!



これは、ナイスコラボですね。


普段、「八咫烏」出使っている麺では味わえない美味しさかも。




そして、具材。



メニュータイトルにもなっている「岩中豚」のチャーシュー。


この美味さといったら・・・


ちょっとヤバイですね。



スープに浸かることで、やや脂が柔らかくなり、しっとりとしたレアな肉感とともに
口の中に溶け込む肉。


ジューシーで、柔らかく・・・



しかも、香ばしさもあり、燻製のような香りもする。




美味い!




一体、これは、燻製チャーシューなのか?


でも、レアチャーだし・・・




その答えは・・・


これまた居山さんの説明によると・・・



なんと・・・


酒粕と塩麹と岩塩と生姜を練り上げたものを桜チップで燻製して、これを
肉に練りこんで低温調理して凍結させ高温のオーブンで焼いたそうで・・・



なんと手の込んだチャーシューですこと。



これを聞くと、燻製っぽく、しかもレアで香ばしくもありってのがわかりますね。


ただ何も聞かずに食べると燻製チャーシューなのかなぁで終わっちゃいますが、
すごいチャーシューなんです!




美味いはずですわ・・・




そして、ワンタン。



この一見して普通のワンタンなのですが、食べてみると・・・


なんと、エビなどではなく、カニなんですね!



ちょっとビックリ。


ここで、カニが登場するとは思ってなかったので。



「カニワンタン」だったんですよ。

鶏の挽肉と合わせてあるようで、肉の旨味とカニの風味が広がって、プリプリで
メチャクチャ美味しいワンタンで!


鶏挽肉に卵白メレンゲ、ズワイガニ、大根おろしを入れたワンタンのようです!



逸品!


これだけでメニューとして出せちゃうくらいのクオリティー。



いや、美味過ぎですわ。





ただ・・・


これだけで終わらないんですね。



まずは、「穂先メンマ」。


このメンマ、直火焼きしあるんです。

なので、食感、香りが普通のメンマとは違う。

独特で美味しい!

メンマじゃないみたい!



そして、「小松菜と刻みネギ」。


これ、何気なく「小松菜と刻みネギ」だなぁと思って食べるとビックリしちゃいます。


ただの漬物でも薬味でもないのです。



小松菜は出汁で炊いてあるもので、ネギは、青柚子のおろしを纏わせているものなので、
清涼感をともなった刻みネギなんです。


ここまでやるか!

ってレベルの内容で。




これは、もはや「喜多方ラーメン」の域を超えてますよね。


完璧な「八咫烏式」になっている。



「喜多方ラーメン」の概念をぶち破るもの。


まさに「オルタナティブな喜多方ラーメン」です!





めちゃくちゃ美味しい!



息つくまもなく一気食いです!


当然のことながら汁完。

完飲完食です!





そして!



今回は、周年ということもあって、普段は頼まないご飯ものも頼みました。



それが、これ。

八咫烏 -- 岩中豚の月見おこわ

「岩中豚の月見おこわ」。



ここでも「岩中豚」がフィーチャリングされてますね。



チャーハンのように半球状に盛られたおこわの中央には、オレンジ色した
濃厚そうな卵黄がのせられていて。



細かくカットされた「岩中豚」と一緒に炊き込まれた「おこわ」。


しっかりと味が染みて、餅米がもっちりと歯に食い込んで美味い!


卵黄をとろ~り崩して混ぜ合わせれば甘味が増して、言うことなし!



レンゲで一気にガツガツを平らげてしまいました。



これは、どんぶりサイズで食べたい一品ですね。




あ~美味しかった。




「岩中豚の喜多方ラーメン」も「岩中豚の月見おこわ」も非の付け所のない美味さ。


完璧でしたね。



周年に相応しい素晴らしい「作品」でした。





さあ、そして、周年祭は、まだ2日目もあります。


2日目は、

「DAY2 WHITE DAY DREAM ~Brandnew salt noodle society~」。


これもまたすごいんでしょうね。



もちろん、お邪魔します。



ま、今日の「黒」の完成度からしたら、「白」も間違いないでしょうね。



楽しみです!





とりあえず、「黒」、最高でした!




ご馳走様でした!

八咫烏(3周年)

八咫烏(3周年祭)

[データ]
●店名:八咫烏
●住所:東京都千代田区九段北1-9-2 中西ビル 1F
●交通:東西線・半蔵門線・都営新宿線「九段下」より徒歩2分
●営業:[月~土]11:00~22:00(14:00~17:00の間2時間くらい閉めることあり)・[土・祝]11:00~17:00
●定休:日曜




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■醤油らーめん [ 東京/鶏+豚+魚介(創作・喜多方風) ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント