FC2ブログ
プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
八咫烏@九段下 / 松茸香る高知赤牛の塩ラーメン + 特製焼肉ご飯 + 鬼牛(3rd year Anniversary/DAY2 WHITE DAY DREAM ~Brandnew salt noodle society~)
八咫烏
松茸香る高知赤牛の塩ラーメン + 特製焼肉ご飯 + 鬼牛
(3rd year Anniversary/DAY2 WHITE DAY DREAM ~Brandnew salt noodle society~)

[訪問日]
2019年8月4日(日)

[評価]★★★★★

八咫烏 -- 松茸香る高知赤牛の塩ラーメン
八咫烏 -- 特製焼肉ご飯
八咫烏 -- 鬼牛


九段下の行列店「八咫烏」。


僕のブログでは、すでに常連の「八咫烏」。




今回は、2日間に渡って開催されている「3rd year Anniversary」、3周年祭です。


今回のイベントがどんな形で開催されているのか・・・


すでに、初日のイベントを終えていて、そのレポをしているので、イベント形式も、
そちらを参照していただければわかると思います。
 ⇒ 「八咫烏 / 岩中豚の喜多方ラーメン + 岩中豚の月見おこわ」の記事



ま、簡単にいっちゃえば、2日間に渡って、


「DAY1 BLACKPARADE ~Alternative 喜多方醤油~」

「DAY2 WHITE DAY DREAM ~Brandnew salt noodle society~」


という内容で、限定麺を提供してくれているわけでして。




で、初日のレポについても先ほどの記事に書かれてあるのですが・・・



まあ、とにかく、すごいのが出てきましたよ。


まさに「居山ワールド」って感じで。




そして、2日目に当たる今回。



今回もすごそうですよ。




今回の2日目は、「DAY2 WHITE DAY DREAM」。


そして、サブタイトルが、

「Brandnew salt noodle society」

という・・・


まさに、「白の日」(塩の日)という感じです。




そして、2日目も強力な助っ人が参加してくれてます。


今回は、「自家製麺 from 王子・キング製麺」。



「らぁめん 小池」、「中華蕎麦 にし乃」、「キング製麺」のグループ。


最近、開業した「キング製麺」で、初めて自家製麺にトライしているんですよね。



僕も一度いただきましたが、美味しい麺を打ってくれます。




なので、これも楽しみの一つです。






さて、今回も、11時オープンなのですが、9時30分から整理券配布。


2日目も、整理券配布に合わせて早くから並んで・・・今日も良い順番を
ゲットできましたぜ!





てなことで、「八咫烏」の周年祭2日目スタートです。



さて、2日目なのですが、「DAY2 WHITE DAY DREAM ~Brandnew salt noodle society~」
とタイトルされているわけですが、今回は、一体どんなメニューなのでしょうか・・・




てことで、2日目のメニューです。


2日目のメニューは、こんな感じになっています。

写真

まず、メインのラーメン。

これが、


「松茸香る高知赤牛の塩ラーメン」


そして、サイドメニューとして、

「特製焼肉ご飯」
「鬼牛」

ということでして。



「松茸と牛」・・・


なんて贅沢な食材でしょう。


こんなラーメンいただいちゃっていいのかしら。




そして、ラーメンはもちろん、気になるのがサイドメニューの「鬼牛」なるもの。


「鬼牛」・・・


「おにうし」、「おにぎゅう」・・・

一体どう読むのか・・・


ただ、このネーミングインパクトからして、ただならぬ気配を感じますよね。



これは、また普段はサイドをあまり頼まない僕を誘惑するに十分な要素でして。



そんなことで、珍しく、今回は、フルコースでいただくことに。



「松茸香る高知赤牛の塩ラーメン」


そして、サイドメニューとして、

「特製焼肉ご飯」
「鬼牛」


これは、すごいことになりそうだぞ。




楽しみですね!





ということで、「八咫烏」の3周年記念2日目「松茸香る高知赤牛の塩ラーメン」、
そして、「特製焼肉ご飯」、「鬼牛」をいただいてきましたので、早速ですが、
感想の方をレポしていきましょう!






まずは、見た目から。

八咫烏 -- 松茸香る高知赤牛の塩ラーメン

今日も初日と同じ白いどんぶりでの登場です。


なのですが・・・


今日のは、初日のものと比べると、かなりカラフルで。


ものすごい色鮮やかなラーメンです。




これは面白そうです。





では、細かく見てみましょう。

八咫烏 -- 松茸香る高知赤牛の塩ラーメン_アップ

まずは、スープ。


スープは、他のものの色合いから、あまり目立たないですが、透き通った
黄金色した塩清湯スープ。


これ、普通の盛り付けでの「塩ラーメン」なら、間違いなく底まで透き通って
丸見え状態ですね。




さあ、そして、このラーメンの鮮やかさの一番の要因になっているであろう麺。


なんてカラフルなんでしょう。



黄色と、その中にところどころ混ざっているピンクの麺。


黄色とピンクの2色混合麺。

こんなの見たことないです・・・



これが、「キング製麺」謹製の自家製麺なんですね。

すごいのを作ってきてくれましたね。



タイプとしては、細平打ちストレート麺ですね。


これ、どんな味がするんでしょう・・・



楽しみ!




そして、具材。


これがまた鮮やか。



この鮮やかさの一番の原因は、ピンク色したレア牛チャーシューですね。


これが、「高知赤牛」なのでしょう。


ピンクレアな牛チャーシューが折りたたまれて、2枚ものっています。


その脇には、太いメンマが2本。



で、チャーシューとメンマの間には、スライスした焼き松茸。


薬味には、紅芯大根を千切りしたものと三つ葉。



トップには、酢橘をスライスしたものが添えられています。



黄色、ピンク、グリーン、ベージュ、白・・・


とにかくキレイなラーメンですね。





では、一体、味はどんな感じなので・・・




早速、いただいてみましょう!





まずは、スープを一口。




うわっ!


何、これ!




一口目から、すごいインパクトなんですけど・・・



一口、スープを口に含んだ瞬間に広がる牛の旨味と甘味。


それとともに鼻を抜けていく松茸の上品な香り。



こんなのあっていいの?


これがラーメンのスープ?



美味すぎてどう表現していいかわからない。



もうとにかく、「牛と松茸」に口の中が支配されちゃった感じ。




このスープにまたピッタリのシャープな塩味。



牛の旨味と松茸の香りとともに、突き刺さるように僕の舌を攻撃してきます。




これは美味すぎる。


こんな「牛のスープ」のラーメンは初めてだな。




これまた、居山さんの説明によると・・・


牛をベースに牛蒡やセロリなどの香味野菜を入れて炊き上げたスープに
和出汁を合わせたものだそうで。



で、そこにフランスの最高級塩と白醤油をベースに乾物で仕上げたカエシを
合わせているのだそう。



オイルは、高知赤牛の牛脂にオリーブオイルを合わせてmにんにく生姜で
香りづけしているのだとか・・・



しかし、いつも思うのですが、これだけのいろいろな行程から得られる味を
想像できちゃってるところがすごいですよね。


何をどれだけ合わせれば、こういう味になるという・・・



この発想がすごい。



神の舌持ってじゃね~の?
居山さん・・・(笑)




ま、とにかく、いろんな隠し味がされているのですが、やはり、牛と松茸の
インパクトがすごい。


これは食べた人じゃないとわからない美味さですね。




ホント、これは、普段から和食から何から食べ歩いて研究してインプットしてる
居山さんならではの傑作かもしれないですね。




感動すら覚える味です!






で、この極上スープに合わせる麺。



黄色とピンクの麺。


どうやったら、この色になるのかはわからないですが、とにかく、色から来る
インパクトがすごい。



でも、この麺、色だけじゃないんです。



食べると、歯切れが良く、コシもあって美味しい麺なんです。


見た目のインパクトだけじゃないんです。



啜ってもスルスルッとした啜り心地で、最高ですね。



スープともしっかり絡まって。




いや、美味い!





さ、そして、お待ちかねの居山さんのお料理トッピング。


これが、またすごいですよ。




まず、メインからいっちゃいましょうか。


この真っピンクな牛のレアチャーシュー。


これこそ、メニュータイトルにもなっている「高知赤牛」。



このチャーシューがマジヤバイ・・・


とにかく、肉の旨味がハンパない。

霜降りの脂身も甘く、噛めばしっとりとして、肉本来の美味しさに溢れています。


これ、チャーシュー?

高級な牛刺しじゃないの?


そんな風に思わせられるほど。



これまた居山さんの説明によると・・・


肉には、あえて味を入れずに低音調理。

そのあと、白醤油、山椒、トマト味噌で作ったソミュール液に漬け込むんですが、
あえて、中までは味を染み込ませず、周りにだけ纏わせ、高温のオーブンで
焼き上げたのだそうです。



なるほど・・・


だから、肉本来の味がしっかりと味わうことができて、かつ、周りに味付けしてるので、
スープとの相性が良いんですね。


いや、この牛チャーシューは絶品ですわ!



そして、太いメンマ。


これもただのメンマじゃないんです。


松茸が香るメンマなんです。

食感はメンマ、だけど、香りは松茸。


不思議な味です。




で、スライスされた松茸。


もう、これだけで十分です。


本物の松茸が入ってなくても、十分、松茸を味わってますから。





紅芯大根の千切りも三つ葉もサッパリとして最高の仕事。


酢橘もサッパリ清涼感をもたらしてくれて・・・






いや~、激ウマ感動もののラーメンだな、これは!



比較するのもナンセンスだけど・・・


初日の「岩中豚の喜多方ラーメン」を軽く超えちゃったかもしれません。



どっちも美味しいんだけど、この「松茸香る高知赤牛の塩ラーメン」には
適わないかも・・・




それほど美味しかった。



もう必至に食べちゃいました。


レンゲ不要。

どんぶり抱えてデッド飲み。


当然のことながらの完飲完食です。



ヤバかった・・・





さあ、そして、今回は、フルコース。


ラーメンだけではありません。




まずは、ご飯もの。

八咫烏 -- 特製焼肉ご飯

「特製焼肉ご飯」。



もうこれが美味しくないわけがない。


バラのスライスの焼肉にもやしのナムル。

で、シャキシャキ小松菜。


これをご飯と一緒に食べたら美味いに決まってる。


これもどんぶりで食べたいレベル。



ガツガツ掻き込んで食べちゃいましたよ。





さらに、もう一つ。


これが、実は、今回の隠れた逸品でして。

八咫烏 -- 鬼牛

その名も

「鬼牛」。


簡単に言っちゃえば、「牛のバラ肉の角煮」です。



なのですが、そんじょそこらの牛肉とは違う・・・


居山さんいわく、

トロトロになる一歩手前まで煮込んでいるそうで・・・



なので、トロトロではないんです。


しっかりと肉感があって、歯応えもあって。



とにかく、肉を食べたときの肉汁、そして、牛の香りがすごい。


食べるとじわ~っと。

噛みしめるたびに広がる旨味。



これはそう簡単に食べられるシロモノではないですね。



これまた居山さんいわく、

「銀座の和食店で食べたら1000円以上するよ」


そのくらいのもの。



これ、サイドメニューじゃなくて、メインにできますから。


メイン料理ですよ。



まさに「鬼牛」。


この名前の通りのすごさでした。




いや、美味かったな、この牛肉。


この「鬼牛」、限定30食だったんで、最初の方に並んだ人しか食べれなかった。


ラッキーでした。


早起きして並んで良かった・・・(笑)





と、まあ、こんな感じでフルコースでいただいて・・・


もう腹パンですよ。



1日分の食事をしちゃったって感じ。


大満足です。






さて、これで、とりあえずの3周年祭の2DAYSは終了。




なのですが・・・


実は、今年は、3日目、4日目もあるんですよね。


なんと3日目は、「King's parade 男祭り」。

4日目は、「Queen's parade 女祭り」。


こういう、男女別限定の営業があるんですよね。


これで、全ての周年祭が終了となるわけです。





僕は、残念ながら「King's parade 男祭り」は行けないので、「2DAYS」で
周年祭は終了です。



でも、十二分に満足できる内容でした。


これだけの料理の仕込み、ホント、大変だったと思います。



居山さん、スタッフのみなさん、お疲れ様でした。


そして、美味しいラーメン、料理をありがとうございました。



めちゃくちゃ美味しかったです!




また4周年が今から楽しみですね。



それより、普段の限定も楽しみにしています。




ご馳走様でした!

八咫烏 -- 3周年祭ポスター

八咫烏(3周年)

八咫烏(3周年祭)

[データ]
●店名:八咫烏
●住所:東京都千代田区九段北1-9-2 中西ビル 1F
●交通:東西線・半蔵門線・都営新宿線「九段下」より徒歩2分
●営業:[月~土]11:00~22:00(14:00~17:00の間2時間くらい閉めることあり)・[土・祝]11:00~17:00
●定休:日曜




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■塩らーめん [ 東京/牛+きのこ ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント