FC2ブログ
プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
アンタイNOODLES@中神 / 中華そば
アンタイNOODLES
中華そば

[訪問日]
2019年8月9日(金)

[評価]★★★★☆

アンタイNOODLES -- 中華そば


昭島市の人気店「アンタイNOODLES」。


地元のお客さんを中心に安定した人気のお店です。



「ANTITHESIS FROM LOCAL」という理念のもとに営業しているお店なのですが、
屋号の「アンタイ」は、この「ANTI」からとったもののようですね。


「ローカルからのアンチテーゼ」・・・


あえて、ローカルな地でお店を開くという、店主さんの挑戦のような意味が
込められているんでしょうね。




で、その店主さん。


礒田祐樹さんという方。


修行先は公表していませんが、いくつもの都内の有名店を渡り歩き研鑽を積み、
満を持して独立し開いたのが、この「アンタイNOODLES」。



創業は、2014年。


まだまだ若いお店ですね。




場所は、JR青梅線の「中神」駅から歩いて1分。


駅にも近く便利な立地です。


ですが、JR青梅線、昭島市という、都心から離れた、多摩地区でも外れのほうの地。

便利ではあっても辺境ではあります。



まさに「ANTITHESIS FROM LOCAL」という、理念の通りですね。




お店は、白く塗られた木張りの外装に白い暖簾がかかった外観。


黒塗りの軒に黒の柱にガラスの引き戸。



全体的にモノトーンな感じでシックな雰囲気のお店です。




磯田店主は、ラーメン業界に入る前はアパレル業界にいたようで、そんなセンスを
感じさせるお店ですね。


ロゴデザインとか、見せの雰囲気とか・・・



「LOCAL」だけどアカ抜けた感じですよね。




お店の中は、入ると見せの左前方が厨房になっていて、そこを囲うように
逆L字型のカウンター席が9席あります。

カウンターも黒色で、やはりモノトーンで統一感が取れてますね。




メニューは、けっこう豊富です。


まず、基本は、「つけ麺」、「中華そば」、「塩中華そば」の3種類。



これに、「つけ麺」は、「辛」、「味玉入り」、「特製」の3種類の
バリエーションがあります。


「中華そば」、「塩中華そば」は、それぞれ、「味玉入り」、「チャーシュー」、
「ワンタン」、「特製」のバリエーションがあります。


で、こういったバリエーションメニュー以外にも、「濃厚中華そば」、
「生姜中華そば」があって、それぞれ、「特製」のバリエーションもあります。


それと、「あぶらそば」、「煮干のあぶらそば」もあって、「気まぐれ限定そば」
という限定もあります。


「気まぐれ限定」は、これまでに50種類以上の限定を創ってきています。


すごいですね。



で、ご飯ものは、「チャーシューごはん」、「チャーシューごはんDX」、
「たまごかけごはん」、「ごはん」、「カップ茶碗雑炊」などがあります。



そして、各種追加トッピングやおつまみ類。



ドリンクは、「ビール」、「ハイボール」、「サワー各種」、「ソフトドリンク」。




けっこう、豊富なメニュー構成ですね。




で、僕はというと・・・


一番の基本の「中華そば」をチョイス。


「つけ麺」と「中華そば」の2枚看板なので、「つけ麺」と迷ったのですが、
「中華そば」にしました。





ということで、「アンタイNOODLES」の「中華そば」、いただいてきましたので、
早速ですが、感想の方をレポしていきましょう!






では、まずは、見た目から。

アンタイNOODLES -- 中華そば

「アンタイNOODLES」のロゴの入ったどんぶりで出てくるのかな・・・

そう思っていたのですが、ステンレスのトレーにのせられ、白のシンプルな
どんぶりに盛られての登場。


けっこう濃い目の醤油ブラウンとやや厚めの油層が印象的で。


デフォにしては豪華な盛り付け内容で、なんかお得な感じですね。




では、細かく。

アンタイNOODLES -- 中華そば_アップ

スープは、濃い色をした醤油清湯。


表面には、顔を近づけただけで香ってくる「煮干し油」が厚めに張っています。



麺は、中細のストレート麺がキレイに畳まれて盛られています。



トッピングは、大判のチャーシューが2枚。

豚バラ、肩ロースの2種類がのってるのですが、どちらも「吊るし焼き」した
チャーシューのようです。


ただ、このチャーシュー、他の人のツイートやらレポやらを見ると、
普通の煮豚や低温調理したチャーシューだったりもするんですよね。

日によって違うんでしょうかね?



で、どんぶりの縁に沿って穂先メンマが一本。


サイドには海苔が一枚。



中央には、薬味の刻んだ紫玉ネギと三つ葉がのっています。



内容的には、シンプルですが、チャーシューが豪勢なので、すごく豪華に
見えますね。




とても美味しそうです。





では、いただいてみましょう!





まずは、スープから一口。




煮干し油を使っているだけあって、ファーストインプレッションは「煮干し」が
ガツンときますね。


煮干しの香りが鼻を抜け、口の中に広がっていきます。



スープ自体は、鶏豚と魚介を合わせたスープで、旨味たっぷり、コク深い味ですね。



醤油の香りが良く、清湯ながら濃厚な醤油を感じるスープ。



醤油は、多摩の名産である近藤醸造の「五郎兵醤油」をメインに使用しているようです。

旨味成分を多く含んだ醤油のようで、そのとおり、旨味、コクがたっぷり。



美味しいですね。





麺は、中細のストレート麺。


滑らかな啜り心地で、プリッとした食感が美味しい麺です。


この麺、小麦粉の段階で進藤を与えた波動粉を使用することで、小麦粉本来の
風味を強く感じられる麺なのだとか。




そして、トッピング。



まずは、メインのチャーシュー。


吊るし焼きの香ばしい香りが何ともいえないですね。

燻製とは違った燻香は、食べた後もしっかりと鼻腔にカロ意が残り、余韻を楽しめる。


もちろん、肉の旨味、噛み応えも抜群で最高ですね。



で、この吊るし焼きの良いところは、やはり、この香りがスープにも移ること。


スープのちょっとした味変にもなって、二度美味しさを味わうことができます。




煮干しインパクト⇒動物魚介に醤油の旨味とコク⇒吊るし焼きの燻香と移り行く味が
ものすごく美味しいですね。


味わい深いです。




サクサク穂先メンマも文句なし、ポリポリ紫玉ネギや三つ葉の香りも良い。




気づけば完飲完食。


あっという間にいただいてしまいました。




とても美味しかったです!



けっこうメニューが豊富だったので、「つけ麺」とか「生姜中華そば」とか、
あとは限定とか・・・


いろいろと食べてみたいメニューが多いですね。


ただ、限定を食べ出したらキリがなさそうですね。




とりあえず、レギュラーを食べるのが先決かな。



場所的に都内であっても遠いので、中々来れないですが、機会があれば、
他のメニューもいただいてみたいですね。





まずは、「中華そば」、美味しかったです。





ご馳走様でした!

アンタイNOODLES

[データ]
●店名:アンタイNOODLES
●住所:東京都昭島市朝日町1-3-14
●交通:JR青梅線「中神」より徒歩1分
●営業:[火~金]11:30~14:30・17:30~21:00/[土・日・祝]11:00~15:00
●定休:月曜




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■醤油らーめん [ 東京/鶏+豚骨+魚介 ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント