FC2ブログ
プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
らぁ麺 やまぐち@西早稲田 / 地鶏と山椒の冷やしらーめん(夏季限定)
らぁ麺 やまぐち
地鶏と山椒の冷やしらーめん(夏季限定)

[訪問日]
2019年8月27日(火)

[評価]★★★★★

らぁ麺 やまぐち -- 地鶏と山椒の冷やしらーめん(2019年夏季限定)


西早稲田の名店「らぁ麺 やまぐち」。


ミシュランガイド東京のビブグルマンに2015年以降4年連続で選出されている
名店中の名店。


その「らぁ麺 やまぐち」が、設備の老朽化や建物構造上の不具合などが原因で移転。


もう間もなく1年が経ちます。。


早いものです。



移転リニューアルして、メニューなどもやや変化がありましたので、
そこら辺のことやお店のことについては、前回の記事に詳細を書いてますので、
ぜひ参考にしてみてください。
 ⇒ 「らぁ麺 やまぐち / 鶏そば」の記事



移転してから、まだ数回しかお邪魔していなく、今回で4回目。


なんか最近は、山口店主もほぼ店頭に立ってらっしゃるので安心して訪問、
ラーメンも美味しくいただけますよね。





で、今回はというと・・・



実は、これまで、何度もトライしていたのに食べることができなかった「冷やし」。


これをいただきにいってきました。



「らぁ麺 やまぐち」の夏季限定の「冷やし」は定評があるのですが、実は、
まだ1度もいただいたことがないんです。



というのも、けっこうハードルが高いんです。



1日に提供される杯数に限りがあるので、あっという間に売り切れに
なってしまうんですよね。


そんなことで、僕は、いつも間に合わず。

結局食べれたことがないんです。



なので、今年こそはと思いトライしているのですが、今年もすでに4回も
振られておりまして・・・


3回は売り切れ、1回は材料がないためその日は販売しないということで。


もう残念で残念で。


こうまで振られると何が何でも食べたくなります。



そんなことで、今回は、事前に販売しているかどうか、まだ残ってるかどうか、
これを電話で調べた上でお邪魔しました。



おかげさまで、ようやく「らぁ麺 やまぐち」の評判の「冷やし」に
ありつくことができたわけでして・・・





で、毎年違う「冷やし」を提供してくれてるのですが、今年の「冷やし」は、

「地鶏と山椒の冷やしらーめん」

ということでして。



どうやら、「山椒」をテーマにした「冷やし」のようで。



「らぁ麺 やまぐち」のハイクオリティーの「鶏そば」をベースにしている
「山椒」の効いた「冷やし」。





楽しみですよね!





ということで、「らぁ麺 やまぐち」の夏季限定「地鶏と山椒の冷やしらーめん」、
いただいてきましたので、早速ですが、感想の方をレポしていきたいと思います。






まずは、ビジュアルから。

らぁ麺 やまぐち -- 地鶏と山椒の冷やしらーめん(2019年夏季限定)

白の清潔感溢れるどんぶりに盛られて登場。


レギュラーを盛り付けているどんぶりと同じなのかなと思いましたが、違うようで、
やや丸みを帯びたすこしだけ大きいサイズのどんぶりですね。


丼顔は・・・


美しいです。

見るからに暑さが吹っ飛ぶような清涼感のある丼顔で。



これは間違いなさそうですね。





では、細かく。

らぁ麺 やまぐち -- 地鶏と山椒の冷やしらーめん(2019年夏季限定)1_アップ

まずは、スープ。


表面に波紋を作った油がキラキラと輝くスープ。

醤油の色は、やや淡い感じで、スッキリとした「冷やし」を想像させてくれます。


パッと見は、サラサラした感じを受ける清湯ですが、若干のとろみはあるようです。


ま、地鶏出汁のスープで、「冷やし」ともなれば当然ですよね。




そして、麺。


麺は、おそらくレギュラーのものと同じでしょう。


中細のストレート麺がキレイに麺線を整えて盛られています。

ただ、見た目上はわからないですが、冷水でしっかりと〆られていて、
食感が良さそうです!




そして、具材。



まず、メインは、手前に盛られているチャーシュー。


なんと「鴨ロース」のレアチャーシューが贅沢に3枚ものせられています。



メンマ等はなく、中央に、白髪ネギ、細切りにした茗荷、カイワレなどの薬味が
たっぷりと盛られています。


で、その上には、縦に半分にカットされたオクラが立てかけられていて。

このオクラも、ただの生のオクラではなく味付けがされているようです。


で、全体的には、山椒が振りかけられています。

鴨チャーシューの上にも、山椒の粒が数個のせられていて。



かなり、山椒のインパクトが強そうな感じですね。




ま、それにしてもキレイです。


こういう美しい盛り付けは、食欲を掻き立てられますよね。






では、早速ですが、いただいてみましょう!






まずは、スープから一口。




ん~、初っ端から山椒の香りが炸裂ですね。


しかも、ピリッと辛味や痺れが先行するものとは違って、フルーティな感じが。

これは、「ぶどう山椒」ですね。


基本、使われているのは「ぶどう山椒」のようです。


後から、ちょいピリな痺れは感じるものの、優先されるのはフルーティな香り。


これが、鼻にふわりと香ってきて良い感じです。



しかも、スープに使われているオイル。


これも「山椒オイル」のようなんですよね。


山口店主に直接聞いてみたところ、ゴマ油に山椒で香り付けをして、それに
オリーブオイルを混ぜて作った「山椒オイル」のようです。



振りかけられた山椒だけでなく、この「山椒オイル」の支配力が強いですね。



香り豊かで美味しいです。




しかも、ベースになっているのは、「地鶏」と「昆布」の出汁。


旨味たっぷりの鶏スープも味わいながら、山椒の香りも感じて。



いや~、美味しいなぁ~!




ちなみに、普通の山椒には「飛騨山椒」、ぶどう山椒には「和歌山産」のもの。

ぶどう山椒といえば、和歌山が名産ですからね。




香りもちょいシビも最高です!





そして、麺。



よく冷水で〆られた中細麺。


ツルツルシコシコの麺は、啜れば、山椒の香りが一緒になってついてきて、
鶏と昆布の旨味たっぷりの冷たいスープも絡めとって・・・


喉越しといい、食感といい、最高ですね。




具材も最高!



低温調理した鴨ロースチャーシューは、鴨の嫌味や臭みは皆無。


柔らかく弾力性もあってめっちゃ美味い!

これが3枚とは贅沢ですわ~!


ジューシーだし最高ですね!




薬味の白髪ネギ、茗荷、カイワレも清涼感たっぷりだし。


茗荷の鼻に抜けていく香りが最高ですね。


オクラもサクサクと美味しい。

オクラ独特の青臭さもなく、鰹の出汁かなんかに浸けてるのかな?


すごく美味しい。


さっぱりしてる。



鴨の上にのった粒のぶどう山椒も、食べているうちに何気にプチッと
アクセントになって美味しいですしね。







いや~、念願の「冷やし」。



申し分ないですわ!




冷たくて食べやすいことをいいことに、一気食い。

箸もレンゲも止まることはありませんでした。


あっという間に、完飲完食。




今年は食べれて良かった~!



これは、なんとか毎年欠かさずに食べるようにしないといけないという
使命感に駆られていますよ。




できれば、今年ももう一回くらい食べたいですが・・・





とにかく美味しかった。




さすが山口さんですね。





ご馳走様でした!

らぁ麺 やまぐち -- 地鶏と山椒の冷やしらーめん(2019年夏季限定)

らぁ麺 やまぐち(地鶏と山椒の冷やしらーめん(2019年夏季限定))

[データ]
●店名:らぁ麺 やまぐち
●住所:東京都新宿区西早稲田3-13-4 1F
●交通:副都心線「西早稲田」より徒歩6分/東西線「早稲田」より徒歩10分/JR山手線「高田馬場」より徒歩11分/都電荒川線「面影橋」より徒歩5分
●営業:[火~日]11:30~15:00・17:30~21:00
●定休:月曜(祝日の場合翌日に振り替え)




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■冷やしらーめん [ 東京/醤油(鶏) ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント