FC2ブログ
プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
中華ソバ ビリケン Homemade noodles BILLIKEN@浅草 / 中華ソバ
中華ソバ ビリケン Homemade noodles BILLIKEN
中華ソバ

[訪問日]
2019年8月29日(木)

[評価]★★★★☆

中華ソバ ビリケン -- 中華ソバ


蔵前の人気店「らーめん 改」の2号店となる「中華ソバ ビリケン」。



「らーめん 改」といえば・・・



貝出汁をメインにしたラーメンが看板の人気店。






それまで青梅の名店「いつ樹」や、その系列店で修行していた木場本幸治さんが
奥様とともに独立開業したお店。



夫婦で独立というのも珍しいですが・・・



というのも、奥様も「いつ樹」で働いていて、その修行時代に知り合い
結婚したのだとか。



なので、そのまま、夫婦で独立。
二人三脚で切り盛りしているのだそうです。






そのお二人が、今度は「鴨と鶏」をメインにした醤油ラーメンを看板にした
お店を出しました。



それが、今回お邪魔した「中華ソバ ビリケン」というわけです。






場所は、浅草。



浅草から歩いて3分程度の好立地。



「浅草通り」沿いで、まさに浅草のど真ん中、というか、入り口にあります。




お店は、木調の大きなテント代わりになっている看板に屋号が立体的に
掲げられているのが目印。

晴れた日などは。屋号が建物に映りこんで、ホント、立体的に見えて面白いです。



現在は、夜営業をやっていないのですが、始まったらライトアップすると
キレイかもしれないですね。




店内は、入ると、右側に厨房があり、そこを囲うようにL字型のカウンター席が
11席あります。


白い木の清潔感あるカウンターです。


そのカウンター内厨房で切り盛りするのは、木場本店主夫妻。





そして、メニュー。


基本は3種類。


「中華ソバ」、「冷し担担麺」、「鴨と鶏の油ソバ」の3つです。



で、それぞれにバリエーションがありまして。



まず、「中華ソバ」には、「味玉入り」、「鴨チャーシュー増」、「全部入り」
というバリエーション。


「担担麺」は、「味玉入り」、「パクチー増」、「味玉パクチー入り」という
バリエーション。

ちなみに、「担担麺」は、夏季か「冷やし」で、それ以外は温かいものになります。


そして、「鴨と鶏の油ソバ」は、「チャーシュー増」というバリエーションです。



で、限定もやってまして。


このときは、「冷製たっぷり薬味と本枯れ節のらーめん」という超魅力的な限定を
やってました・・・


かなり心揺さぶられましたが・・・




で、ご飯もの。


「鴨チャーシューご飯」、「鴨皮煮ブッカケご飯」、「マキシマムこいたまTKG」、
それに普通の「ライス」が揃ってます。


あとは、追加トッピング各種とビール、ソフトドリンク類ですね。




「鴨と鶏の醤油ラーメン」というコンセプトの割りには、「担担麺」があったりと、
けっこう複雑ですね。



限定も含めて魅力的なラインナップで。


迷わされますね。




ただ、ここはポリシー曲げずに、基本の一杯をということで「中華ソバ」を
チョイスしました。



他のメニューは追い追いということで。






ということで、「中華ソバ ビリケン」の「中華ソバ」、いただいてきましたので、
早速ですが、感想の方をレポしていきましょう!






まずは、見た目から。

中華ソバ ビリケン -- 中華ソバ

白のシンプルな切立丼で登場です。



薬味をはじめ、かなり盛りの良い内容で、デフォにしては豪華な印象。


お得感満載ですね。





では、細かく見てみましょう。

中華ソバ ビリケン -- 中華ソバ_アップ

まずは、スープ。




見た目、濃い味そうな色をした醤油清湯スープ。



表面には、鴨脂と思われる仕上げ油が張ってますね。



麺は、ちょっと見にくいですが、中細のストレート麺。



キレイに盛られています。




で、左側には、豪勢に鴨ロースのレアチャーシューがなんと3枚ものってます。


右側には、やや細めのメンマが数本、その脇にはほうれん草がおいてあります。


そして、トップには笹切りしたネギが山盛りで盛られていて、ピンクカイワレが
添えられています。



全体的に美しいフォルムで、食欲を掻き立てられますよね。





美味しそうです。





では、いただいてみましょう!





まずは、スープを一口。




一口目から「鴨」が炸裂。



「鴨と鶏」がコンセプトというだけあって、「鴨」のインパクトが強いです。


「仕上油」に「鴨脂」を使っているせいもあるのでしょうけど、「鴨」の出汁が
分厚く、深い濃厚な味を形成しています。


「鶏ガラ」とのバランスもちょうど良く旨味たっぷりですね。



醤油味も、甘味を帯びた鴨出汁を使ったスープらしい味で。




あっさりとして美味しいですね。





そして、麺。



麺は自家製の中細ストレート麺。


本店は、平打ち手揉み麺で、それとは全く違った嗜好になっていますが、どちらも
木場本店主の奥様が打ったもの。


そう、奥様は、製麺担当なんですね。



で、この麺が美味しい。



スルッとした口当たりで、噛むとホクホクとした食感が心地良い。


やや加水も低めなのか、しっかりと鴨出汁醤油のスープを吸い上げて、
絡みも絶妙で、相性抜群といった感じ。



美味しい麺です。





そして、具材。



メインの「鴨ロースチャーシュー」。


低温調理された「鴨肉」は、しっとりとしてジューシーで、鴨特有の臭みもなく
とても美味しく仕上がっています。


これがデフォで3枚とは豪華というか、贅沢ですね。


コスパが良いです。



メンマは、コリコリとした食感で歯応え十分。


ホウレン草もしっとり柔らかで良い口直しに。



大量のネギの薬味は、鴨の味でいっぱいになった口の中を洗い流してくれるよう。

さっぱりとしてよい仕事をしてくれてます。


カイワレももちろんです。





いや、これは美味しかったな。



「鴨」って、やはりクセがあるので、優劣や好みが分かれますが、こちらのは
良いところを抽出したって感じで、とても美味しい。


これなら、「鴨」が苦手な人でもOKなのでは?




美味しくて、一気食い。


あっという間の完飲完食でした!




先にも触れましたが、「鴨と鶏」なのに、なぜ、「担担麺」なのかは不明ですが、
もうひとつの「鴨と鶏の油ソバ」、これは美味しそうですよね。


「鴨」のクセが出ていなければ、絶対に美味しいはずです。



それと、「本枯れ」の限定も魅力的でしたね。


ま、限定は、間に合うかわからないですが、ぜひ、「鴨と鶏の油ソバ」は
試してみたいですね。





近いうちに時間を作って再訪したいと思います。



個人的に、本店の「らーめん 改」より好みかも。





美味しかったです。




ご馳走様でした!

中華ソバ ビリケン

[データ]
●店名:中華ソバ ビリケン
●住所:東京都台東区雷門2-4-1 岡安ビル 1F
●交通:銀座線・都営浅草線・東武伊勢崎線「浅草」より徒歩3分
●営業:[月・水~日]11:00~15:00
●定休:火曜




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■醤油らーめん [ 東京/鶏+鴨 ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント