FC2ブログ
プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
二代目 げんこつ屋 阿佐ヶ谷店@阿佐ヶ谷 / 香油らーめん
二代目 げんこつ屋 阿佐ヶ谷店
香油らーめん

[訪問日]
2019年9月24日(火)

[評価]★★★☆☆

二代目 げんこつ屋 阿佐ヶ谷店 -- 香油らーめん


1980年に新高円寺に開業した伝説の名店「名代らーめん げんこつ屋」。


ラーメンファンであれば知らない人はいないほどの名店です。


一世風靡しましたからね。

僕もよく食べに行きました。


僕がよく訪問したのは、新高円寺の本店。


今ほど路上駐車が厳しくなかったので、平気で停め食べにいってました。




その伝説の名店が、残念なことに2007年に閉店することに。


そして、店主の関川清さんは、病に倒れ他界。



名店「げんこつ屋」は名実ともになくなってしまったわけです。


とても残念でした。




ところが・・・


関川さんの長男である匤仁さんが父親の遺志を継ぎ、「ラーメン博物館」に
出店するというではないですか!


その名も、「二代目 げんこつ屋」。


こんな嬉しい話はありません。

僕も喜び勇んで「ラー博」に行きました。



で、約8年に渡り「ラーメン博物館」で営業してきた「二代目 げんこつ屋」も
今年の2月に卒業することに。


これでまた「げんこつ屋」を食べれることはなくなるのかと思っていたのが、
その卒業に先行する形で、なんと路面店として「二代目 げんこつ屋」を
成城学園前を昨年の12月にオープンしたのです。



「げんこつ屋」の大ファンだった僕は、当然のことながら訪問。



ま、この辺の「げんこつ屋」ストーリーは、この「二代目 げんこつ屋」に
お邪魔したときの記事に詳しく触れてますので、ぜひ、参照していただければと
思うのですが・・・
 ⇒ 「二代目 がんこつ屋 / げんこつ正油」の記事


で、その成城学園の「二代目 げんこつ屋」にお邪魔したときに二代目の
関川店主とお話していて話題にもあがっていたのが、「二代目 がんこつ屋」の
2号店オープンの話。


4月には、阿佐ヶ谷に2号店をオープンするということで。



それが、若干オープンが少し早まったようで。

そうして、オープンしたのが、今回お邪魔した「二代目 げんこつ屋 阿佐ヶ谷店」
というわけです。



オープンから約半年で、ようやく訪問。


本当は、もっと早くお邪魔したかったのですけどね。

ちょっと遅くなってしまいした。






さて、そんな「二代目 げんこつ屋 阿佐ヶ谷店」。



場所は、先ほども触れたとおり、阿佐ヶ谷。



阿佐ヶ谷といえば、初代「げんこつ屋」もあった縁の地。

場所も「げんこつ屋」があった場所と割りと近いです。



阿佐ヶ谷の駅からは、6分程度、「中杉通り」沿いにあります。


ピンクの淡い色に「1980年創業 江戸の味 げんこつ屋 二代目」と
書かれた大きな看板が掲げられているのですぐにわかると思います。

入口には、お馴染みの「げんこつマーク」の記された白い暖簾もかかってるし。



店内は、左奥に厨房。

そこを囲うように逆L字型のカウンター席が12席。

その背後には、2人掛けのテーブル席が2卓あります。


席には、木製のトレーがあらかじめセットされています。


成城学園前の本店とは、やや趣が違いますね。




そして、メニュー。


基本的にメニューは、本店と同じですね。


ただ、表記はちょっと違いますけどね。

こちらの阿佐ヶ谷の方が本来の表記だと思うのですが・・・


で、そのメニュー、基本は、「醤油」と「塩」の2種類の味に分かれていて、
それぞれ、「げんこつらーめん」、「わんたんめん」、「ちゃーしゅうめん」、
「豪快らーめん」、「香油らーめん」の5つがあります。


「豪快らーめん」は、本来、「塩」だけなんですけどね。



で、本店にはないメニューで、「ごまだれつけめん」というのがありました。


あとは、「自家製ぎょうざ」もありましたね。



ご飯ものは、「ごはん」と「ちゃーしゅうごはん」。



他、追加トッピング各種。

「追いまぐろ」という「げんこつ屋」ならではのトッピングが本店には
あったのですが、こちらにはないですね。


そして、ドリンク類というラインナップです。




で、成城学園前の本店の記事でも言いましたが、僕が「げんこつ屋」で
一番お気に入りだったメニューが「香油らーめん」。


なのですが、本店にお邪魔したときには、あえて、デフォの「げんこつ正油」を
いただきました。

本当は、「香油らーめん」を食べたかったのですが、久しぶりだったので、
基本のメニューをいただこうとかと思ってたもので。



ですが、今回は、デフォを食べなくてもいいかなと。

そして、僕の大好きな「香油らーめん」をチョイスしちゃいました。



「香油らーめん」、「ラー博」でも食べなかったので、何年振りになるのか。

てか、10数年振りかも。





ということで、「二代目 げんこつ屋 阿佐ヶ谷店」の「香油らーめん」、
いただいてきましたので、早速ですが、感想の方をレポしていきましょう!



久しぶりなので、楽しみです!






それでは、見た目から。

二代目 げんこつ屋 阿佐ヶ谷店 -- 香油らーめん

やや歪な形をした雲のような赤い模様をあしらった白いどんぶりで登場。

カウンターにはあらかじめ木製のトレーがセッティングされています。


「ん?」

「こんなビジュアルだったかな?」

と一瞬思わせられましたが、だんだん思い出してきました。


ただ、以前とは若干違うようですね。





では、細かく見てみましょう。

二代目 げんこつ屋 阿佐ヶ谷店 -- 香油らーめん_アップ

まずは、スープ。




半濁色の茶色い白湯スープ。

白湯としては濃厚なものとは違って、割とサラリとしたタイプのもの。

若干のトロミはありますが、そこまでのものではないです。



スープの表面には、細かく刻んだネギと万能ネギがたくさん散りばめられています。


そのスープの中には、表面がツルツルした多加水の中細麺。

モチモチ感が伝わってきますね。



そして、中央には豚バラチャーシューが3枚並んでいます。


その隣にはメンマがおかれ、その下には、半分にカットされた煮玉子が
さらに半分に櫛切りされのっています。

デフォで玉子が付いているのは嬉しいですよね。


で、どんぶりサイドには海苔が一枚。



さ、そして、このメニューが「香油らーめん」たる所以の「香油」が、
センターの3枚のチャーシューの上にたっぷりかけられています。



たしか、昔食べてたときは、チャーシューは角煮だったような気がしたんですけどね。



ま、いずれにせよ、チャーシューだとしても柔らかそうで角煮に劣らず美味しそう。


これでも良いかも。






では、いただいてみましょう!





まずは、スープから一口。



レンゲですくって・・・




ややトロミがかってはいるスープ、ただ、実際にはそんなことはなく、
白湯スープながら、サラリとした飲み口のスープです。


ま、予想していたとおりというか、昔もそういうスープだったんですよね。



鶏をメインにげんこつも加えた鶏豚骨の白湯スープ。

そこに「マグロ節」をメインとした和風出汁を加えてあります。


動物系のスープの旨味、コクの上に、「節系」の和出汁が加わって奥行きのある
美味しい味になっていますね。



醤油味も、しっかりと立っていて味がハッキリしています。



ベースになっている「げんこつらーめん」のスープも懐かしく美味しいですね。


とか何とかいって、成城でも食べたんですけどね。




さ、そして、そうこうしているうちに広がってくる「香油」の香り。


香ばしく、パンチのある「香油」が徐々に醤油スープの広がってきます。



この「香油」が美味い!



一体どうやって作っているのか。



どう考えてもニンニクを使っているのはわかるのですが、他にも、野菜、フルーツなど、
出来上がりからは想像がつかないような素材をたくさん使ってるんでしょうね。


それが、香ばしく豊かな風味をともなって口の中に広がっていって。



めっちゃ美味いですわ!



ホント、昔を思い出します。




で、こうなってくると、もうスープの味は、ほぼ「香油」に占拠されて。



美味い!





そして、麺。




麺は、多加水の中細ストレート麺。


麺の表面はツルツル、噛めばモチモチ食感で。


そして、啜るたびにスープと一緒に「香油」が纏わりついて口の中に入る込み、
麺を噛んでも「香油」が染み渡ってきて。



麺もモチモチして美味しいけど、「香油」の味が、さらに上を行きますね。




で、この「香油」がたっぷりかかった豚バラチャーシュー。



このチャーシューがトロットロで。


箸でつかむのがやっとなくらいに柔らかくトロけるよう。

ここに「香油」がたっぷりかかってるわけですから。


美味しくないわけがない。



以前は、確か「角煮」だったんですよね。


その「角煮」もホロホロに柔らかく、脂身さえも甘く美味しくて。

そこに「香油」がかかって。



正直、その「角煮」の方が格段に美味しいのですが、ま、このチャーシューも
けっこう美味しいので、ま、昔ほどではないですが、懐かしむことはできますね。

当時を思い出させてくれる美味しさはあります。


メンマもシャクシャク。


おでん玉子並みに茹で上げた煮玉子も美味しい。

黄身をスープに溶かして・・・




懐かしさに耽りながら麺を啜って、レンゲでスープをすくっていたら、いつの間にか完食。


美味しかった。


少なくとも、僕は好きですね。




やはり、「この味」は忘れられないですよ。


ホントよく食べに行きましたからね。




ま、今後、「二代目 げんこつ屋」がどんな展開をしていくのかはわかりません。



ですが、新しいことをやるにせよ、この味を守ることを忘れずにいてはほしいですね。

本当なら、多店舗展開はやめて一つの店舗に集中してほしいですけどね。



とにかく、味を損なうようなことはしてほしくないですね。



やっぱり大好きな「げんこつ屋」の味は継承してほしいです。


その上で、二代目ならでの味も作っていってほしいですね。



期待してます。





美味しかった。




ご馳走様でした!

二代目 げんこつ屋 阿佐ヶ谷店

[データ]
●店名:二代目 げんこつ屋 阿佐ヶ谷店
●住所:東京都杉並区阿佐谷北1-37-6
●交通:JR中央線「阿佐ヶ谷」より徒歩6分
●営業:[月~日]11:30~23:00
●定休:不定休(月に数回木曜店休の場合が多い)




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■醤油らーめん [ 東京/鶏+豚骨+魚介 ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント