FC2ブログ
プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
ラーメン専門店 ザボン 神保町店@神保町 / ザボンラーメン(醤油)
ラーメン専門店 ザボン 神保町店
ザボンラーメン(醤油)

[訪問日]
2019年10月10日(木)

[評価]★★★☆☆

ラーメン専門店 ザボン 神保町店 -- ザボンラーメン(醤油)


1978年に創業の超老舗「ラーメン専門店 ザボン」。


創業者である石野哲朗さんが、自身の地元である鹿児島のラーメンの味を
広めたく新宿の歌舞伎町に開業したお店。


鹿児島にある「ざぼん」という同名のラーメン店からとったであろう
「ザボン」という屋号。

東京発の鹿児島ラーメンとして、80年代~90年代と隆盛を極めました。



最盛期でどのくらいの店舗があったのか・・・

けっこうあったと思います。



ただ、どんどんお店の数も減っていき、「高円寺店」、「新宿歌舞伎町店」、
「六本木店」、「海老名SA店」くらいに減っていきました。


それも、「高円寺店」が閉店し、「新宿歌舞伎町店」も2016年に閉店、
ついには、先月、立ち退きのため「六本木店」も閉店を余儀なくされました。


そして、ついに「ザボン」は都内から消え、「海老名SA店」のみに・・・


「六本木店」や「新宿歌舞伎町店」には若い頃良く食べに行ったんですけどね~。



ちょっと寂しい気も。



そんなことを思っていたのですが、「六本木店」の閉店とほぼ日にちを同じくして
なんと「神保町店」がオープンするということで。



都内から「ザボン」が消えてしまうと思っていたので、これは嬉しい話で。



そんなこともあり、懐かしさのあまり、ついつい訪問してしまいました。





ということで、今回は「ラーメン専門店 ザボン 神保町」です。





まず、お店の場所。



都営新宿線「神保町」から歩いて3分という立地。


元「ラーメン二郎 神保町」、現在は「立川マシマシ」のある場所の真向かい、
「用心棒」の斜向かいにあります。


立地的には最高の場所ですね。



昼間は、あまり目立たないですが、夜になるとけっこう目立つ屋号が
ネオンになった看板が目印。




店内は、右側に厨房があり奥に伸びています。


そこを囲うようにL字型のカウンター席が8席、その背後に壁に面した
カウンター席が5席の、計13席があります。




そして、メニュー。



おそらく昔から変わっていないと思われるメニュー構成で。


まず、基本となるのは、「ザボンラーメン」。

これが、「醤油」と「味噌」から味を選べます。


そして、これのバリエーションメニューとして、「青ネギラーメン」、
「チャーシューメン」、「たまごラーメン」というのが揃っています。


ご飯ものは、「ごはん」のみ。


そして、追加トッピング各種とおつまみ系。


ドリンク類は、「生ビール」、「ハイボール」、「ウーロンハイ」などの酒類、
「コーラ」が置いてあります。




たしか、「青ネギラーメン」が人気で、僕も良く食べていましたね。



ただ、今回は、デフォを久しぶりに食べてみようと思い、「ザボンラーメン」の
醤油味をチョイスしてみました。


昔懐かしの「ザボンラーメン」。

楽しみです。





ということで、「ラーメン専門店 ザボン 神保町店」の「ザボンラーメン(醤油)」、
いただいてきましたので、早速ですが、感想の方をレポしていきましょう!




まずは、見た目から。

ラーメン専門店 ザボン 神保町店 -- ザボンラーメン(醤油)

昔からずっと変わらない受け皿にのった、青で葉っぱのような模様が
描かれたどんぶりで登場です。


「鹿児島ラーメン」というのは、定義が難しいようですが、基本的に豚骨で、
それぞれのお店が個性を出し合っているところがむしろ特徴のようで、
そういう意味では、「ザボンラーメン」も中々個性豊かな内容で面白いです。


どんぶりもそうですが、中身も昔から変わらないお顔をしていて。


ホント、懐かしいです。





では、細かく見てみましょう。

ラーメン専門店 ザボン 神保町店 -- ザボンラーメン(醤油)_アップ

まずは、スープ。


表面に背脂がたっぷりと浮いた茶濁色の鶏豚骨白湯スープ。

鶏豚骨白湯ではあるのですが、見た目も、割りとサラリとした感じで、
しつこさは全く感じられないですね。


ややトロミは感じますが、それ以上にサラリとした印象。


色合い的にも、カエシの醤油の主張が強い印象です。




で、麺。


麺は、ストレートの中細麺。


加水は低めで、歯切れが良さそうですね。

サクサクといけそうです。




そして、具材。


具材は、たっぷりです。



まず、中央にたっぷりのもやしとキャベツの湯がいたものが山盛りになっています。


その上には、これまたたっぷりの刻んだ万能ネギが振りかけられています。

さらにその上には、揚げネギがたっぷりとかけられていて。


その野菜の山に、立てかけられるようにバラチャーシューが4枚。

周りを炙ってから煮込むという手法をとった昔から変わらないチャーシュー。


これが4枚は嬉しいですね。



そして、昔から変わらぬ丼顔に、つい顔がほころんでしまいます。



美味しそう。





では、いただいてみましょう!




まずは、スープから一口。




クリーミーで、ややトロミを感じはするものの、やはりサラリとした飲み口。


とても馴染みやすく美味しいスープです。



鶏豚骨の旨味やコクもしっかりと出ているし、野菜の味もしっかりとしていて、
深みのあるスープですね。


そして、醤油のキレが良い。


九州のラーメンってどちらかというと、カエシよりも「豚骨スープの濃厚さ」が
メインになってきそうですが、これは違うんですよね。


しっかりとカエシが立っている。


幾分しょっぱく感じなくもないですが、僕は好きですね。



背脂の甘みと調和されて美味しい。


さらには、揚げネギの香ばしさが混ざり合ってきて。




意外にレンゲが止まりません(笑)




そして、麺。



麺は、サクッとした歯応えで、噛み応えが良い食感。


スルスルッとした啜り心地も最高で、しっかりとコシもあり美味しい。



麺を啜ると、スープと一緒に纏ってくる揚げネギが最高ですね。


香ばしくグイグイと食欲を掻き立てられます。




そして、具材。



キャベツももやしもシャキシャキ!

刻んだ万能ネギや揚げネギとともに、麺と一緒に口に頬張って。


食感を楽しみながら、スープとの絡みも楽しんで良いですね~。


サラリとはいいつつも鶏豚骨白湯。

飽きが来なくもないところで、この野菜たちが良い口直しに。



そして、チャーシュー。


昔から、まず、油で焼いてから煮込むという製法をとっていて、これが
香ばしくも、トロトロで美味しい。

好きなんですよね、このチャーシュー。


これが4枚は嬉しいすよね。





いや~、美味しかった。


懐かしさに浸りながら、一気に完食。


今となっては、もっと美味しいラーメンがたくさん出てきてしまったので、
すっかりと影を潜めてしまってますが、昔は、賑わってたんですよね。


店舗数は少なくなったといえ、存在し続けてるのは凄いし、美味しい証拠。



まだまだなくならずにいてほしいですね。




ちなみに、先日、立川のアレアレアにある「ラーメンスクエア」内にも
「ザボン 立川店」がオープンしたそうで。


こちらも機会があればお邪魔してみたいですね。


「ラースク」、久しく行ってないですし。



ま、それよりも「神保町店」の方が行きやすいから、そっち未食の「味噌」を
食べる方が早いかな。



いずれにしろ、まだ「ザボン」を食べれるのは嬉しい。



たまに食べに行こうと思います。




美味しかった。



ご馳走様でした!

ラーメン専門店 ザボン 神保町店(ザボンラーメン(醤油))

[データ]
●店名:ラーメン専門店 ザボン 神保町店
●住所:東京都千代田区神田神保町2-10-18
●交通:都営新宿線「神保町」より徒歩3分
●営業:[月~日]11:00~23:00
●定休:無休




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■豚骨らーめん [ 鹿児島/鶏+豚骨 ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント