FC2ブログ
プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
ラーメンの店 ホープ軒 環七丸山店@野方 / ラーメン
ラーメンの店 ホープ軒 環七丸山店
ラーメン

[訪問日]
2019年11月8日(金)

[評価]★★★☆☆

ラーメンの店 ホープ軒 環七丸山店 -- ラーメン


ご存知、超老舗の「ラーメンの店 ホープ軒」。


食べたことのある人もない人も含め、知らない人はいないくらい有名な
超老舗であることは間違いないでしょう。



もともとのスタートは屋台。


有名な話ですが、吉祥寺にある「ホープ軒本舗」の創業者である難波二三男さんが
103台の屋台を貸し出し営業していたものを借り受け始めたのがきっかけ。


正確には、難波さんの屋台を借りる前にも自身の屋台で営業していたことも
あるそうなのですが・・・


それを含め屋台を始めたのが、1960年(昭和35年)のこと。



創業したのは、牛久保英昭さん。


優に80歳は超えてるにもかかわらず、今もなお現役でお店に立ってるのだからすごい。


この牛久保さんが営業していた屋台で「香月」の穴見勝喜さん、「弁慶」の西川総一さん、
「土佐っ子」の名前はわからないけど創業者の方などがアルバイトをしていたのは、
有名な話ですよね。


で、牛久保さんが、屋台を卒業し、千駄ヶ谷に今の「ホープ軒」を構えるとき、
穴見さんや西川さんは自分の屋台で独立していって、その後、お店を開くことに
なるわけですが・・・



その千駄ヶ谷に実店舗としての「ラーメンの店 ホープ軒」。

これをオープンしたのが1975年(昭和50年)のこと。



そこから約45年、ラーメン一筋で衰えることなく今なお隆盛を極めているのですから
すごいとしか言いようがないですよね。


しかも、千駄ヶ谷の1店舗だけで、15年近く人気を博していたわけですから。



そんな「ホープ軒」が1989年(平成元年)になって、唯一、支店として
オープンしたのが「ラーメンの店 ホープ軒 古川橋店」。


港区の南麻布、高輪の方ですね。

ここだけに支店を置き、2店舗のみで営業してきました。


「古川橋店」は支店として常連客をたくさん持ち、高輪界隈では人気店として
定着していたのですが・・・


2019年(令和元年)6月、残念ながら閉店することに。



その理由は、建物の老朽化。

そういわれてますが、確かに老朽化していたせいなんですけど、実際のところは、
台風の影響で、建物のサイドの外壁を持ってかれちゃったせいなんだそうで。


なので、閉店を余儀なくされちゃったというわけです。


平成元年にオープンして令和元年にクローズするという・・・


一時代を駆け抜けた感じですね。




でも、ただの閉店ではなく、スタッフもそのままに移転リニューアルという形で閉店。



そして、オープンしたのが、今回の「ラーメンの店 ホープ軒 環七丸山店」なんです。



環七通りといえば、以前は、ラーメン激戦区としても有名な通り。


現在でも、その名残りで競合犇く場所ではあります。



なんか、また環七のラーメンが再燃しそうな感じですよね。




で、その「ホープ軒 環七丸山店」。




場所は、まさに屋号のとおりで、環七通り沿い、新青梅街道との交差点の
丸山陸橋のすぐ近くです。



最寄り駅でいうと、西武新宿線の「野方」が近いですね。


歩いても3分ほどで行ける立地。



すぐ近くには、「野方ホープ 本店」や「十八番(おはこ)」などもあったり、
環七沿いではないですが、野方駅方面には、「味噌麺処 花道」があったり、
かなり激戦ではありますよね。


そこにあえて乗り込むとは、勇気のあることで。




店舗は、真黄色の外壁に赤のテント。


千駄ヶ谷の本店とテントの色こそ違いますが、黄色をベースとしたカラーで
とても目立つ店舗になっています。


環七を車で走っていれば、すぐに目にとまる外観です。


昔よりも駐車規制が厳しくなってるので、路駐して一杯というようにも
中々いかないですが、何しろ、今時珍しい24時間営業ですから、やはり、
深夜のタクシーなどには人気が出るんでしょうね。




店は、横に広がった店内で。


真正面に厨房があり、そこを囲うように逆L字型のカウンター席が12席ほど。

ただ、場合によっては椅子が増やせそうなので、もうちょっと入るかも。


にしても、カウンターの背後は狭く、一旦外に出てから回った方が良いくらい。


券売機も、本店同様に店外にあります。




メニューは、これも本店と同じく、潔く「ラーメン」のみ。


あとは、それのバリエーション。

「チャーシュー」、「モヤシ」、「メンマ」、「ワンタン」、「ネギ」。


あとは、追加トッピングで、「ゆで玉子」、「味付玉子」、「ワンタン」。


ご飯は、「小ライス」のみ。

ドリンクは、「缶ビール」。



とてもわかりやすいメニュー構成ですね。



で、当然のことながら、「ラーメン」は。背脂チャッチャの豚骨醤油です。




どれを頼んでもトッピングバリエーションのみなので基本は同じ味ですが、
僕は、当然のことながらデフォで。


基本の「ラーメン」をチョイスです。




千駄ヶ谷は良くお邪魔したので、なんか懐かしいですね。



おそらく変わらずの味なんでしょうけど、久しぶりに楽しみです。





ということで、環七通り移転してきた「ホープ軒 環七丸山店」の「ラーメン」、
いただいてきましたので、早速ですが、感想の方をレポしていきましょう。




まずは、見た目から。

ラーメンの店 ホープ軒 環七丸山店 -- ラーメン

本店の真っ白などんぶりとは違い、雷文模様の入ったどんぶりで登場。


ご覧のとおりのたっぷり背脂で、昔と変わらないビジュアルですよね。


平ざるで巧みに麺上げされ盛り付けられた麺。

まさに熟練の技。


背脂は、上からかけるのではなく、スープを入れる前にどんぶりの底に
あらかじめ沈めておく調理法。


で、浮いてきて表面を覆ってしまうほどの量の背脂が使われてるわけです。



濃厚そうですね。


基本的にシンプルな盛り付け。

なんの奇をてらうものでもないオーソドックスな背脂チャッチャなわけですが・・・




とりあえず、細かく見てみましょう。

ラーメンの店 ホープ軒 環七丸山店 -- ラーメン_アップ

まず、スープ。



先ほどから触れてるとおり、たっぷりの背脂で覆われています。


で、その下にあるスープは、白濁と乳化した豚骨スープ。

あまり、カエシの色合いが表面には出ていなく、豚骨色が強いですね。



そして、その中には、太い角切りの麺がたっぷり盛られています。


そう、千駄ヶ谷系のホープ軒の麺は太麺なんですよね。

これがひとつの特徴でもあって。



で、その上には、たっぷりの茹でもやし。


数本のメンマが添えられていて、三枚の豚バラロールのチャーシューが
置かれています。




さて、お気づきかと思いますが、このラーメンには、薬味のネギがないんです。



そう、昔から千駄ヶ谷系のホープ軒は、薬味のネギはセルフで盛るように
なってるんです。


これです。

ラーメンの店 ホープ軒 環七丸山店 -- ラーメン_薬味ネギ

セルフで好きなだけ盛っていいんです。

ネギ好きにはたまらないですね。



で、ネギを盛った丼顔がこれ。

ラーメンの店 ホープ軒 環七丸山店 -- ラーメン(ネギあり)

やっぱり、ネギがあった方がしっくりきますよね。




さ、このギトギトした背脂たっぷりの豚骨醤油。


これが美味いんですよね。





では、いただいてみましょう!





まずは、スープから一口。




大量の背脂の甘味、そして、乳化し白濁とした豚骨スープの濃厚な旨味。


それでいてクドさは感じない飲みやすいスープ。



これですよこれ!


昔良く食べた「千駄ヶ谷ホープ軒」の味です。



ま、豚骨臭くないといえば嘘になりますが、そこがまた食欲をそそられる。

イイですね~。



しっかりと醤油のキレも感じますし。



ただ、僕が知っている「千駄ヶ谷ホープ軒」は、もっと醤油のキレが
あったような気もするんですけどね。


今回のは、カエシが弱いかな・・・

その分、豚骨の味が強くて。


気のせいかな?



ま、それでも美味しいですけどね。




そして、シャキシャキのもやし。


このもやしと絡めて食べる麺がまた美味い!



元祖である「ホープ軒本舗」とは違い、太麺なんですよね。


もともとは、伸びにくいようにという配慮から太麺にしたのだそうですが、
この太麺がコシがあって、モチモチで美味しい。


しっかりと背脂を纏い、豚骨醤油のスープを持ち上げてくれ美味いです!


食べ応えがありますよね。



クタクタになったメンマも絡め、もやしも絡め、夢中で麺を啜る。




そして、贅沢に3枚ものった豚バラロールのチャーシュー。


これも程良い柔らかさで美味しい。

もっとホロホロでも良いんですけどね。


ま、でも、この感じも好き。




なんだかんだと、ワシワシ、ワシワシ食べて、あっという間の完食。


久しぶりに食べた「ホープ軒」の味。



懐かしさ半分の美味しさ。


いつまで経っても変わらない味は、すばらしいですね。


屋台から数えて約60年。

こんな長い間愛されているのもわかります。



今回は、移転リニューアルした「環七丸山店」へお邪魔したわけですが、
千駄ヶ谷本店では牛久保さんも厨房に立たれているし、息子さんも
後を継ぐべくがんばってるみたいだし。



まだまだ、歴史は続きそうですね。




久しぶりに千駄ヶ谷も食べたくなってきた。



オリンピックが始まったら、おそらく大混雑になるだろうし、そうなる前に
一度食べに行こうかな・・・


今や、3階まであって、しっかり座席もありますが、やっぱり、基本は1階で
立って食べるスタイルが良い。



立ち食いのホープ軒。


近々行ってみようと思います。





美味しかった。




ご馳走様でした!

ラーメンの店 ホープ軒 環七丸山店(ラーメン)

[データ]
●店名:ラーメンの店 ホープ軒 環七丸山店
●住所:東京都中野区野方4-22-4
●交通:西武新宿線「野方」より徒歩3分
●営業:[月~日]24時間営業
●定休:無休




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■豚骨醤油らーめん [ 東京/背脂豚骨 ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント