FC2ブログ
プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
中華そば ムタヒロ 拝島駅店@拝島 / 醤油鶏そば
中華そば ムタヒロ 拝島駅店
醤油鶏そば

[訪問日]
2018年11月9日(土)

[評価]★★★★☆

中華そば ムタヒロ 拝島駅店 -- 醤油鶏そば


西東京を代表する人気店「ムタヒロ」。


これまでは、国分寺を拠点にした店舗展開を中心だったのが、関西に進出、
そして、海外にも進出を果たし、今や企業としても大きく成長したムタヒロ。


もはや、「西東京を代表する」という形容では収まらないほどです。




いまだ勢い止まずといった感じですね。




そんなムタヒログループ。


展開している店舗展開は、大きく2系統に分かれます。



簡単に言えば、コンセプトを変えた店舗展開。

あくまでも、支店として、創業当初の「中華そば ムタヒロ」と同内容、
あるいは、2号店にあたる「鶏そば ムタヒロ」と同内容のお店の展開。


この2つに分かれます。


一応、おさらいすると・・・

オリジナル店舗は、

「中華そば ムタヒロ」(煮干しそば)(本店)
「鶏そば ムタヒロ」(鶏そば)(2号店)
「まぜまぜ ムタヒロ」(まぜそば)(3号店)
「串あげ ムタヒロ」(串揚げ居酒屋)(4号店)
「味噌中華そば ムタヒロ」(味噌中華そば)(6号店)
「肉中華そば ムタヒロ」(青森煮干しそば)(8号店)
「ラーメン ブタヒロ」(二郎系)(10号店)

これらの店舗は、それぞれコンセプトを変えて出店しているお店。


そして、創業当初のメニュー内容を踏襲した支店として、

「中華そば ムタヒロ 大阪福島店」(5号店)
「中華そば ムタヒロ 堺東店」(9号店)
「中華そば ムタヒロ 錦糸町店」(12号店)

もともと、創業当初の「中華そば ムタヒロ」は、「鶏そば ムタヒロ」の「鶏そば」、
「まぜまぜ ムタヒロ」の「まぜそば」を含んだメニューで展開していたのですが、
それを店舗ごとに分けたのがキッカケで多店舗展開が始まったんですね。


で、海外店舗は、「鶏そば ムタヒロ」の支店として、

「鶏そば ムタヒロ 韓国ソウル店」(7号店)
「鶏そば ムタヒロ ベトナムホーチミン店」(11号店)


こんな感じになってます。

カッコ書きで○号店と書いてますが、一応参考まで書いてるだけで、
実際に○号店といっていたのは、「4号店」までですね。




そして、ついに13号店となる店舗をオープンしました。


あ、でも、「おでん ムタヒロ」を含めると14号店になるのかな?



ということは、国内外合わせて14店舗。

創業から8年でこの数は相当なものです。



躍進振りが伺えますね。




ただ、残念なことに、僕の大好きだった3号店の「まぜまぜ ムタヒロ」が、
10月31日をもって閉店しちゃったんですよね。

で、10号店の「ラーメン ブタヒロ」と統合という・・・



ちょっと悲しい話ではあるのですが、メニューは「ラーメン ブタヒロ」で
継承していくとのことなので、ま、いいか。




なので、やっぱり、店舗数としては、国内外合わせて13店舗か・・・



○号店でいえば、14号店で間違いないですよね。




で、その14号店となるのが、前回のムタヒロの記事でも軽く触れていました
「中華そば ムタヒロ 拝島駅店」なんです。


この拝島駅店。


その屋号からもわかるとおり、「拝島駅構内」にあるんです。


ムタヒロ初の「駅中店」。


しかも、ムタヒロ史上最大規模の店舗という・・・



これが、11月1日にオープンしたんです。




拝島って、すごく遠いのかなと思っていたのですが、意外に近く、自宅の最寄りから
20分ほどで行けちゃう場所でした。


であれば、早速ということでお邪魔してきたわけです。





ということで、今回は、「中華そば ムタヒロ 拝島駅店」の記事です。





では、早速。



お店は、西武拝島線の「拝島」駅構内。


改札を抜けると真正面にあるんです。


歩いて10秒かからないほどの距離。

これは凄まじく恵まれた立地ですね。



ムタヒロ特有のポップな色使いをした看板やら外装やらではあるのですが、
これまでの店舗とは違って、ややスタイリッシュな印象も受ける店舗外観に
なっていますね。



店内に入ると、券売機は、なんとタッチパネル式。

これまでのムタヒロでは考えられなかったもので。


しかも、PASMOが使えちゃったり・・・




店内もめちゃくちゃ広いです。




まず、右側に厨房が伸びていて、そこを囲うようにL字型のカウンターがあります。


カウンターは、途中、厨房の入口を挟んだ2つに分かれていて、9席、3席の12席の
カウンター席になっています。


で、その背後には、壁に向かった4席分のカウンター席が2つあります。


さらに、奥に進むと、4人掛けテーブル席が2卓、2人掛けテーブル席が1卓あります。


合計30席!

こんなに広いムタヒロは見たことないですよね。



しかも、駅中ということで、常に満席状態。

活気に溢れてます。





そして、肝心のメニュー。



このメニューなんですが、当初、「中華そば ムタヒロ」ということで、
創業当初の「煮干しそば」と「鶏そば」をメインとしたラインナップという
話を聞いていたのですが、ちょっと違ってました。


基本的には、2号店の「鶏そば ムタヒロ」のメニューを踏襲した内容で
営業していくようです。



具体的には・・・


「醤油鶏そば」、「塩鶏そば」、「醤油つけそば」、「塩つけそば」の4種類。

で、バリエーションとして「味玉」、「特製」が用意されていて。


あとは、ご飯ものとしては、「ごはん」、「チャーシュー丼」。


追加トッピングももちろん各種あります。


で、替え玉。



ドリンクは、「瓶ビール」、「レモンサワー」、「コーラ」があります。

「ビール」は「ルービー」とは呼ばないんですね(笑)


「鶏そば」の方も「ガハハ」、「ダハハ」がついてないし。


ま、2号店もリニューアルしてからは、つかなくなってましたが。




と、こんな感じの構成になってます。



今後、この拝島駅店でも限定とかをやっていくのかはわかりませんが、
その可能性はありますよね。




で、今回。




まずは、一番のベーシックな部分からいただいていこうかと思いまして。


以前、2号店がリニューアルしたとき、味が以前とガラリと変わったのですが、
そのリニューアルされた味が踏襲されているのかな?


そんなことも楽しみにしつつ、今回は、「醤油鶏そば」をいただくことに。



連食も良かったのですが、混み合っていたので、案外近いとわかった拝島なので、
またいただきにくれば良いかなと、「塩鶏そば」は次回に回すことに。




さぁ、これまでになく大きなムタヒロ。


おそらく、この店舗には、かなり力を注いでるであろうことが伺えます。



それだけに楽しみです。






ということで、14店舗目となる「中華そば ムタヒロ 拝島駅店」の「醤油鶏そば」、
いただいてきましたので、早速ですが、感想の方をレポしていきましょう!




まずは、見た目から。

中華そば ムタヒロ 拝島駅店 -- 醤油鶏そば

2号店とは形は同じですが、ロゴは入っていないシンプルで、サイド面は、
ムタヒロらしくカラフルなどんぶりで登場。

しっかり受け皿にのせられてますね。


丼顔も基本的には、2号店の新しい鶏そばを踏襲していますね。

ただ、若干違いますが・・・




では、細かく見てみましょう。

中華そば ムタヒロ 拝島駅店 -- 醤油鶏そば_アップ

まず、スープ。



スープは、相変わらずの琥珀色したキレイな醤油清湯。


表面には、かなり厚めの油層ができていますね。

もちろん、「鶏油」です。


やや黄色がかった色合いが、鶏油を物語っていますね。



色合い的にも醤油のブラウンとキレイな形で彩っていますね。



同時に、細かく刻んだネギが大量に表面を覆っています。





そして、麺。



麺も、おそらく2号店と同じものかと思われます。


中細の平打ち麺。

麺には全粒粉が練りこまれていますね。


啜り心地の良さそうな麺です。




次に、トッピング。



まずは、メインのチャーシュー。



豚肩ロースの低温調理したレアチャーシューが一枚と、同じく低温調理した
鶏ムネ肉のチャーシューが一枚、計二枚のっています。

豚は、けっこう大判ですね。


基本的に、このチャーシューの組み合わせは、昔から変わらずですね。



でもって、これも定番の穂先メンマ。


これが、どんぶりの縁を囲うように置かれています。



で、加えて「鶏そぼろ」も。

これも変わらずです。



トップには、大きな三つ葉が一本。

キレイに葉っぱを三枚広げて置かれています。




で、リニューアルした2号店の「鶏そば」と唯一違うのが、「海苔」。


2号店のは「海苔」がなくなってたんですよね。


でも、拝島駅店では、「海苔」が復活してました。



キレイな盛り付けです。


さすが、牟田さんが厨房に立って盛り付けるとキレイになりますからね。


基本的に牟田さんは盛り付けにはうるさいですから。




さすがです。


美しい。




こういう美しい盛り付けは、食欲を掻き立てられます。


美味しそうです!






では、いただいてみるとしましょう!





まずは、スープから。




食べる前に想像していたとおりですね。


けっこう、鶏油が占める味の割合が大きいです。

甘く濃厚な、そして、コクのある鶏油の味わいが広がってきます。


さらに、同時に、鶏の旨味が加わり、鶏出汁全開って感じですね。


そして、香りの良い醤油の味がじんわりと広がっていって・・・



鶏油の甘味とコク、鶏の旨味、醤油ダレの香り良く程良い塩味、これが
バランス良く合わさっていて・・・




美味しいです!



リニューアルした2号店の味を、さらにブラッシュアップした感じの味ですかね!



もし、2号店と同じ素材を使っているのなら、この鶏油は岡山産の「吉備高原どり」
なのかもしれないですね。



けっこう濃厚な鶏感を味わえる鶏油です。



スープを飲むと、細かく刻んだネギも一緒に流れ込み、時折シャキッとした
感覚もあって、これも良いですね~。




これは、レンゲが止まりません。





そして、麺。



麺は、全粒粉の入った中細の平打ち麺。


ツルツルとした喉越しで啜り心地が抜群ですね。



そして、何よりも小麦の香りが良い。


スープとの絡みも抜群ですね。


麺を啜ると、鶏油とスープ、そして、細かなネギが一緒に絡んできて美味い!



噛めば、サクッとした感じの歯応えで、好食感で!




さらに、トッピングも秀逸。


しっとりとしたレア感も楽しめる豚肩ロースのチャーシュー。

やや薄めのカットだったので、麺と絡めても食べれるし良いですね。


鶏ムネ肉のチャーシューも同じくしっとり。

ほんのりと感じる塩味、歯にサクッと食い込む食感。


どちらのチャーシューも美味しい!



で、僕の好きな穂先メンマ。


長くサクサクで、鶏油も絡んで、ゴマ油の香りも良く美味しい。



そして、ムタヒロの鶏そばで好きなのは、「鶏そぼろ」。


これが、鶏の旨味をブースとするとともに、パラパラとスープに溶け込み、
麺にも絡んできて美味しいんですよね。



三つ葉も良い香りで。



さらに、僕が好きなのは、これ。

中華そば ムタヒロ 拝島駅店 -- 醤油鶏そば_柚子胡椒

薬味の「柚子胡椒」。


これは、お好みで、「柚子胡椒」と「おろし生姜」が選べるんです。


以前は、最初にどちらにするか聞かれてたのですが、この拝島駅店では、
欲しい人だけがコールする形態になってました。



僕は、美味しいのを知ってるので、当然、コール。


で、絶対に柚子胡椒。



この柚子胡椒を加えた後の香りの良いピリッとしたスープが美味しいんですよね。


もう、後半はこれに尽きる。



このちょっとした味変とともに、一気に汁完。


あっという間の完飲完食です!




美味しかったです!




ムタヒロ、一番の大型店、当然、ムタさんもヒロさんも力入ってますよね。


厨房には、ムタさん。

ホールには、ヒロさん。


やはり、この2人が揃ったムタヒロは良いですわ。



お店が大きくなっても、この2人が揃うと昔を思い出すし、活気があって良い。


しばらくは、この2人揃っての営業が続くかもしれないので、ぜひ、その間に
訪問することをオススメしますね。


僕も、近々、再訪するつもりです。

2人がいるうちに。



その後は、「まぜまぜ ムタヒロ」の店長だったイッチーが責任者になるのかな?



とりあえず、場所も良いので、繁盛するのを願ってます。


楽しみですね。





ちなみに、すでに、次の出店も決まってまして。


それが、我が地元、花小金井にできるんですね。

「鶏そば ムタヒロ 花小金井店」だそうです。


15店舗目かぁ~。

すごいな・・・



自宅近くとなれば、行く機会も増えるでしょうね。

これも楽しみ!





とりあえず、拝島駅店の「鶏そば」。


美味しかったです!




ご馳走様でした!

中華そば ムタヒロ 拝島駅店

[データ]
●店名:中華そば ムタヒロ 拝島駅店
●住所:東京都昭島市美堀町5-21-2
●交通:西武拝島線「拝島」より徒歩10秒
●営業:[月~日]11:00~23:00
●定休:無休




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■醤油らーめん [ 東京/鶏(清湯) ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント