FC2ブログ
プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
くじら食堂 nonowa東小金井店@東小金井 / 魯肉麺(限定)
くじら食堂 nonowa東小金井店
魯肉麺(限定)

[訪問日]
2019年11月14日(木)

[評価]★★★★☆

くじら食堂 nonowa東小金井店 -- 魯肉麺(限定)


ご存知、名店「くじら食堂」。


僕のブログでは、すでにお馴染みのお店。



店主である下村浩介さんが、都立家政の名店「麺や 七彩」で3年の修行を経て
2013年の9月に独立して開いたお店。



こちらのブログ記事で、改めて「くじら食堂」について触れてますので、
よかったら参照してみてください。
 ⇒ 「くじら食堂 nonowa東小金井店 / 特製醤油 + 国産豚ジャンボ焼売」の記事







さて、そんなくじら食堂。



約2週間振りの登場ですね。



ここのところ、下村さんのお弟子さん作の限定麺が続いてますね。
前回、前々回、前々々回ともに、新しく店長になった石井店長力作の
限定麺でした。
 ⇒ 「くじら食堂 nonowa東小金井店 / 生姜(細麺) + キーマカレー(限定)」の記事
 ⇒ 「くじら食堂 nonowa東小金井店 / 油そば + キーマカレー(ルー単品)」の記事
 ⇒ 「くじら食堂 nonowa東小金井店 / 鶏白湯(限定) + 追い飯」の記事

どれも最高に美味しかったです。


さすが下村さんのお弟子さんって感じですね。



そして、今回も下村さんのお弟子さん作の限定麺です。



今回は、新しく入ったスタッフの方のようなんですが・・・


岩波くんというお弟子さんの作品のようです。



実のところ、石井くん、関塚くんのもともとのお弟子さん以外は、
名前を知らなかったり・・・

なので、岩波くんが、どの人だかわからないんですよね。



今度紹介してもらおう。


ま、それは置いておいて、今回は、その岩波くん作の限定。



その限定が


「魯肉麺」


というもの。



これ、「ルーロー麺」と読みます。




台湾の屋台の名物料理で「魯肉飯」というのがあります。

豚バラ肉を醤油や香辛料で煮込んで細かく刻み、ご飯の上にかけたもので、
人気の料理のようなんですよね。


今回の「魯肉麺」は、それの「麺バージョン」ということなのでしょうか?



下村さんのツイッターでの事前告知では、「東坡肉麺」となっていたのですが、
どっちなんでしょうかね。

あ、ちなみに、こちらは「トンポーロー麺」と読みます。


こちらは、台湾料理というよりは、列記とした中華料理で、要は、
皮付きの豚バラ肉の角煮をトッピングした麺料理のこと。



どっちなんでしょうね。



ま、食べてみればわかること。





ということで、「くじら食堂」、お弟子さん作の限定「魯肉麺(ルーロー麺)」、
いただいてきましたので、早速ですが、感想の方をレポしていきましょう!





まずは、見た目から。

くじら食堂 nonowa東小金井店 -- 魯肉麺(限定)

いつもの花柄模様のどんぶりで登場。


中々のインパクトのビジュアルです。

これは、麺料理でもあるけど、これだけをおかずとして食べてみたい、
そんな印象を抱かせる見た目ですね。



では、細かく見てみましょう。

くじら食堂 nonowa東小金井店 -- 魯肉麺(限定)_アップ

まず、スープ。


基本的には、鶏ガラ醤油の清湯スープなんでしょうけど・・・


それ以上に、上からのせられた「豚バラ角煮」の餡かけが、その油分とが、
分厚く表面を覆っていて醤油スープ以上の濃厚な色合いをしています。


これは、かなりの油層ですね。


角煮を作って出た自然なラードでしょうね。

相当な油の量です。


それとともに、たっぷりの餡かけがスープを覆っています。



で、これとともに、角煮とはいいつつも大きく厚めにカットされた
豚バラ肉といった感じです。


見るからにトロトロな感じで、相当な柔らかさを想像させます。


それが、ドカンと3枚も!



ついでなので、トッピングから先に見ていっちゃいますが・・・


これ以外に半熟味玉が1/2個デフォでのってます。


そして、小松菜が。



トッピングは、この3種類のみ。



シンプルですね。


でも、それで十分なくらいの豪華さです。




そして、本来、くじら食堂では主役である麺が豚バラ肉の下に隠れ、
スープの中に鎮座しています。


この麺が、普段の手揉み麺とは違い、加水も割りと高そうな中細の縮れ麺。


くじら食堂にしては珍しい麺ですね。




ま、とにかく、インパクト大です。



で、この見た目からいったら、むしろ「東坡肉麺」という感じですね。




美味しそうです!





では、いただいてみるとしましょう!




まずは、スープから一口。



レンゲですくおうとしたのですが・・・


表面を覆っている油と餡かけで中々スープ自体がすくえない。


油と餡が混ざった醤油スープを一緒にすくって一口飲むと・・・



ラードと餡が混ざり合った甘口の味の醤油スープがじわ~っと。


スープは、基本、鶏ガラの醤油スープなわけですが、豚の旨味も加わり、
シンプルだけど複雑な味。


塩味はやや弱めですが、濃厚な餡かけの味が広がり美味しいです。



そして、その味よりも八角や香辛料の風味が口の中いっぱいに広がり、
その風味の方が勝っている感じです。


この味付けからいうと、「東坡肉麺」というより「魯肉麺」という感じがして。




面白いですね。




で、何よりも、この風味や味に包まれた「豚バラ肉」。


これが、ヤバイくらいに美味しい!



箸で掴むのがやっとなくらいにトロトロに柔らかく、ちょっと力を入れると
切れてしまうくらい。


脂身もとろ~りと柔らかくて溶け出しそう。


赤味部分もホロホロで口の中で解れて溶け出す感じ。



餡かけの甘い醤油味もすばらしく美味しいし・・・


これは贅沢。



あまりにも肉が美味しかったので、ついつい麺に中々たどり着けなくて。


ようやく麺を摘み上げて啜ってみると・・・

チュルチュルとした啜り心地で中々美味しい。


やや柔めな食感で、昔よく中華食堂で食べた「タンメン」とかで食べたような、
そんな感じの印象の麺。


今回は、肉が美味しすぎて、麺が主役のくじら食堂が、どちらかというと、
肉が主役になってしまった感じ。



ま、それだけ肉が美味しかったということですね。



シャキシャキの小松菜も良い箸休めになって良い仕事。


デフォでのった半熟味玉は言わずもがな。




美味しく、あっという間に完食でした!




先ほども言いましたが、今回は、「豚バラ肉」の勝利ですね。


この肉が美味すぎました。




ところで、この限定麺、「東坡肉麺」だったのか「魯肉麺」だったのか。



あえていえば、「東坡肉麺」でもあり「魯肉麺」でもある、双方の
良いところをクロスオーバーさせた感じですかね。



この豚バラ肉、角煮という形態としては、「東坡肉麺」。


八角などを使った味付けからいうと「魯肉麺」。



そんな感じですね。




ややオイリーだったかなとは思いますが、それでも美味しかったです。


お弟子さんの岩波くん、次もまた美味しい限定を期待したいですね。




ご馳走様でした!

くじら食堂 nonowa東小金井店 -- 魯肉麺(限定)_メニュー

くじら食堂 nonowa東小金井店(魯肉麺(限定))

[データ]
●店名:くじら食堂 nonowa東小金井店
●住所:東京都小金井市梶野町5-1-1 nonowa東小金井
●交通:JR中央線「東小金井」より徒歩1分
●営業:[月~土]11:00~15:00・17:00~25:00/[日・祝]11:00~15:00・17:00~24:00
●定休:無休




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■その他 [ 東京/魯肉麺 ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント