FC2ブログ
プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
八咫烏@九段下 / よだれ鶏のトマトロロつけ麺(限定)
八咫烏
よだれ鶏のトマトロロつけ麺(限定)

[訪問日]
2019年11月27日(水)

[評価]★★★★★

八咫烏 -- よだれ鶏のトマトロロつけ麺(限定)


九段下の行列店「八咫烏」。


僕のブログでは、すでに常連の「八咫烏」。

結構な確立で登場しています。



なので、すでに、ご承知のこととは思いますが、「八咫烏」について一応・・・


元々は、調布市仙川にある「魔女のカレー」というカレー屋を営んでいた居山勢さんが、
独学でラーメンも作り出し、カレーとともに二毛作営業をしていたことに端を発します。


それが、カレー屋はスタッフに任せ、居山さんは、ラーメン屋に専念し、「八咫烏」を
オープンしてしまったというのが「八咫烏」というお店。


詳しくは、以前取り上げた記事を参照していただければと思いまが・・・
 ⇒ 「八咫烏 / ラーメン 黒」の記事






さて、そんな「八咫烏」。


2回連続での登場です。



前回いただいた、今年ラストとなる新作限定「Burn ~鴨と赤みそ~」の記事でも
お伝えしましたが・・・
 ⇒ 「八咫烏 / Burn ~鴨と赤みそ~」の記事



いよいよ、八咫烏ファンであれば楽しみな年末企画「YoY」がスタートしました。


「YoY」とは、1年を通して提供された八咫烏の限定の中からツイッター投票で
順位を決めアンコール販売される企画のことです。



ま、正確には、まだ投票中なので、スタートはしていないのですが・・・




ただ、その前哨戦となる企画で、昨年の「YoY」で第一位になった限定を
復刻販売してくれることになったんです。


ま、実質、「YoY」がスタートしたようなもんですよね。




その限定が、


「よだれ鶏のトマトロロつけ麺」


なんです。   




この「よだれ鶏のトマトロロつけ麺」、昨年の「YoY」第一位の限定なわけですが、
最初に提供されたのは4月だったと思います。


で、「YoY」一位になって12月にも再販されたのですが・・・




実は僕、どちらの機会でも食べ逃しているんです。



なんでなんだろう・・・


今考えると不思議なんですが、一回も食べてないんですよね。

居山さんに言ったらビックリされたくらいですから。



なので、今回は、食べ逃すわけにはいかないですし、というよりも、まさか
三度提供してくれるとは思ってなかったので、こんなラッキーなことはないわけで。




当然のことなのですが、喜び勇んで食べに行ってきました。






ということで、今回は、「YoY2019」の前哨戦で、三度目の提供となる大人気限定
「よだれ鶏のトマトロロつけ麺」をいただいてきました。


もう楽しみで!



では、早速ですが、感想の方をレポしていきたいと思います。






まずは、見た目から。

八咫烏 -- よだれ鶏のトマトロロつけ麺(限定)

いつもながらのビジュアルで。



八咫烏のつけ麺で共通していえることは、つけ麺でありながら、麺だけで
「まぜそば」として成立しちゃっているということ。

なので、「つけ汁」の存在を忘れちゃうこともあるし、忘れなければ、
二度美味しさを味わえるのが、八咫烏のつけ麺なんです。



今回も、そんな感じの顔をしていますよね。



豪勢過ぎます。





では、細かく見てみましょう。

八咫烏 -- よだれ鶏のトマトロロつけ麺(限定)_アップ

まずは、麺の方から。

八咫烏 -- よだれ鶏のトマトロロつけ麺(限定)_麺

すごいです・・・


何度も言っちゃいますが、この麺だけで一品成立してます。



まず、器の下のほうに敷かれているピンクとも淡いオレンジともいえる
トロトロのタレ。


これが「トマトロロ」なんですね。


色合いからしても、トロミ具合からしても「トマト×とろろ」というのが
想像できるタレでして。


ま、これだけで美味しいのがわかっちゃいますよね。




で、その上には、中太の平打ち麺がキレイに盛られています。


この麺、これも八咫烏では多いのですが、あらかじめ何かのタレで
和えられているんですよね。


今回のは、醤油で和えた麺が盛られています。



そして、その麺の山に立てかけられるように盛られているのが「鶏」。


2種類の「鶏」がおかれています。



どちらも分厚くカットしてあって、これだけで贅沢なほど。



まずひとつが、「鶏ムネ肉」。

これが、タタキにされていて、回りはしっとりと火が通っていて、中は、もろレア。


居山さんの得意な調理法ですね。



で、もう一つが、「鶏モモ肉」。

こちらは、しっかりと火が通っていますね。



どちらも美味しそうです。

で、実は、トッピングといえるのは、この「鶏」だけなんです。


ま、「よだれ鶏」といってるくらいですから、これがメインなのは当然。

居山さんにしては珍しいです。



でも、この「鶏」だけで十分なのは、見ればわかるでしょうし、食べれば、
もっとよくわかる。



で、この鶏の上には、薬味のカイワレと白ネギの笹切りしたものがたっぷり。


さらにトップに苺が1/2個のっています。

これ、ただの苺ではなさそうなんですが、どうやって調理してるんでしょう。



そして、とろ~り半熟味玉。


これは、デフォではのっていないものなのかな?



またまたご厚意でいただいちゃったのかしら・・・


いつもありがとうございます!




てか、実は、これ以外にも、「鶏」を一皿サービスでいただいちゃってるんです。

八咫烏 -- よだれ鶏のトマトロロつけ麺(限定)_よだれ鶏増し

ホント、いつもありがとうございます!



そして、最後に、グルッと一周、ラー油が回しかけられていて。




辛味、酸味、甘味、いろんな味が楽しめそうなビジュアルですね。





そして、つけ汁。

八咫烏 -- よだれ鶏のトマトロロつけ麺(限定)_つけ汁

こちらはシンプル極まりないもので。



黄金色した清湯。


表面に張った鶏油がキラキラとしてキレイ。


スープは、鶏出汁をメインとした塩味でしょう。



半月型のレモンスライスが浮かべられていて、スッキリとした味が
想像できますね。




麺の方とは対照的で、面白い組み合わせ。


いろんな味を楽しめそうです。





いや~、いつもながら美しい!


そして、それだけではない美味しそうな雰囲気を醸し出しまくってます!






では、早速いただいてみることにしましょう!





まずは、よだれ鶏とトマトロロの「まぜそば」から。




麺を引っ張り出して、しっかり「トマトロロ」のタレに絡ませてズズッと!



麺に下味で絡ませた醤油味がベースとなり、それに絡むトマトソースととろろ。


これが、塩味、酸味、甘味とが一体となって口の中に飛び込んできて
一気に広がっていく。


さらには、ラー油の辛味と、なんと花椒の痺れまでもが加わって。

花椒はトマトロロのタレに含まれていたようで・・・


これが、最高のアクセントになってめちゃくちゃ美味い!



これは、トッピングなしの麺だけでもいけちゃうでしょ!


特に、辛味と痺れが最高!



「よだれ鶏」自体、僕は食べた経験がないのですが・・・


やはり、花椒、ラー油などが入った辛いタレに鶏肉をつけて食べる四川料理で、
まさに、この「痺れと辛さ」は必須の味のようで。


しかも、この「痺れと辛さ」に居山さんオリジナルの「トマトととろろ」が
加わって独特の味へと昇華させているわけですからね。




いや~、美味い!



よくもまあ、この「イタリアン」や「和」や「中華」を見事にミックス
させるもんですね。



さすがです!




で、まだ、肝心の「鶏肉」を食べてないのですが・・・



この「オリジナルよだれ鶏のタレ」に鶏肉をつけて食べたら・・・



美味しくないわけがない!



めっちゃ美味い!




レアなムネ肉のたたきにモモ肉。

違う食感の2種類の鶏肉を、この最高の「タレ」でいただけるなんて・・・



トッピングは、この2種の鶏肉のみで、まさにオッケー!


これだけで成立しちゃうだけのパワーがある。




すごいなぁ~。


これを2回も食べ逃していたとは、僕もバカものです(笑)




麺もモチモチで、カイワレやネギと絡めてもさっぱりとして美味いし。



半熟とろ~り味玉は言わずもがな。

ただ、「よだれ鶏パワー」には適わないけど・・・




もう、どんどん箸が進んで止まらなくなってしまって・・・


そして、みなさんが陥るミスを僕も犯してしまうところでした・・・




そう、これ、「つけ麺」なんです。



それすら忘れさせてしまうほど、「まぜそば」として美味しいわけですが。


でも、せっかくつけ汁があるんですから、しっかり潜らせて食べないと。



ひとつまみ麺を摘んで、スープに潜らせて・・・



ん~、これも美味い!


どっちかっていうと、つけ汁に浸けることにより「味変」的な・・・



鶏鰹出汁の塩清湯。


あっさりと、そして、飲むとホッとする美味しさ。


ポカンと浮いた半月レモンスライスから染み出る酸味も効いて、スッキリ!


当然、つけ汁につけたものも美味しいのですが、もともとの「まぜそば」としての
インパクトが強すぎて・・・



つけ汁に浸けて食べるも、やはり、まぜそばとしてガッツリいただいて、
〆のスープのような感覚でいただいちゃいました。


でも、それが、じわ~っと染みて美味い。



この〆のスープとしての役割でも十分なくらい。





で、忘れちゃいけないんだけど、麺の上にのっていた「苺」が良い仕事を
していたんですよね。


「痺れと辛さ」の中、良い中和剤的な役割で。


甘く美味しい!




こういう、ちょっとした味をサラリと加えちゃうところもセンスですよね。


やっぱ、さすがです!






いや~、美味かった~。




何度も言っちゃいますが、これを食べ逃していた僕は、バカでした。


しかも二度ですからね。



そういう意味では、三度目の正直で今回食べれてホント良かったです。


これ食べ逃してたら、ヤバかったですわ。





良かった良かった(笑)





さあ、そして、次は、「YoY」本番ですね。



一体、何が選ばれるのか。


楽しみですよね。




食べ逃さないように気をつけないと!





とりあえず、「よだれ鶏のトマトロロつけ麺」、最高でした!




今回もご馳走様でした!

八咫烏 -- よだれ鶏のトマトロロつけ麺(限定)_メニュー

八咫烏

[データ]
●店名:八咫烏
●住所:東京都千代田区九段北1-9-2 中西ビル 1F
●交通:東西線・半蔵門線・都営新宿線「九段下」より徒歩2分
●営業:[月~土]11:00~15:00・18:00~21:00[土]11:00~15:00
●定休:日曜・祝日




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■まぜつけめん [ 東京/塩(鶏+鰹清湯)(よだれ鶏+トマト+とろろ)(創作系) ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント