FC2ブログ
プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
らーめん処 くろ助@新高円寺 / 醤油ラーメン
らーめん処 くろ助
醤油ラーメン

[訪問日]
2019年12月3日(火)

[評価]★★★★☆

らーめん処 くろ助 -- 醤油ラーメン


先月オープンしたばかりの話題の新店。



こちらのお店、何が話題って、店主さんの経歴が輝かしい。


「麺や 庄の ラゾーナ川崎店」の店長、蔦の大西店主がプロデュースしていた
「2本麺料理 さくら」の店長を歴任していたばかりか、阿佐ヶ谷の人気店
「らぁ麺 いしばし」を立ち上げのときから手伝っていたという・・・

もう、百戦錬磨の麺職人の方が店主さんなんです。



その店主さんが、小島久仁さんという方。


お店に行ってみて、

「あ~、何度かおみかけしたことある!」

ってな感じで、ホント、いろんなお店で腕を振るっていた方。



そんな方が満を持して独立オープンしたお店ですから、話題にならない
わけがないですよね。



そんなわけで、僕の遅まきながらお邪魔した次第で。





さて、そんな「らーめん処 くろ助」。



場所は、新高円寺から歩いて5分。


青梅街道沿いにあります。



「らーめん処 くろ助」と木製の看板に黒く屋号が大きく刻まれているので、
すぐにわかると思います。

その脇には、同じように「麺と酒」とも書かれていて・・・


入口の赤提灯にも同じように「麺と酒」と書かれていて。



どうやら、夜は、お酒も楽しめるお店にしていくようで。




お店に入ると、奥に長い造りで、厨房は一番奥にあります。

その厨房から、サーブスペースが伸びていて、その前にカウンター席が
通路を挟んで4席×4席あります。


シックな暖かみのある木製カウンターで落ち着きそうな雰囲気。


カウンター後方には、4人掛けのテーブル席が2卓あったのですが、しばらくは
カウンターのみでの営業のようです。



いや、このカウンターは、落ち着いて飲むには良い雰囲気。

「麺と酒」がピッタリはまりそうなお店です。



このときは、たまたまだったのか、小島店主ワンオペでの営業でしたね。

この構造だと、忙しいときワンオペは大変そう。




そして、メニュー。



基本は2種類のみ。


「醤油ラーメン」と「塩ラーメン」。

これにバリエーションとして、それぞれ「特製」があります。


これ以外は、各種追加トッピングでお好み対応。



ご飯ものは、「チャーシュー丼」、「白飯」の大小があるだけ。

サイドメニューで「餃子」がありましたね。



あとは、お酒。


「生ビール」が中と小。

それと「瓶ビール」。


「サワー類各種」と「日本酒」や「梅酒」も置いてます。

ちなみに「サワー」は、「ウーロン」、「緑茶」、「レモン」、「ライム」。


もちろん、「ソフトドリンク」も。



さすが、「麺と酒」というだけあって、お酒は充実してますね。




と、まあ、こんな感じの構成です。




で、僕は、お酒を飲みに来たわけではないので、しっかりとラーメンを
いただきます。



まずは、基本の「醤油ラーメン」でしょうね。


「特製」ではなくデフォでいただきましょう。





ということで、「らーめん処 くろ助」の「醤油ラーメン」、いただいてきましたので、
早速ですが、感想の方をレポしていきましょう!





まずは、見た目からです。

らーめん処 くろ助 -- 醤油ラーメン

「らーめん処 くろ助」と屋号がデザインされた和風な雰囲気のどんぶりで登場。


キレイに盛り付けられていますね。


シンプルだけど、地味に豪勢だったり。


美味しそうです。




では、細かく。

らーめん処 くろ助 -- 醤油ラーメン_アップ

まずは、スープ。



けっこう濃い色の醤油清湯ですね。

ブラックとまではいかないですが、醤油の味が濃そうな印象のスープです。


表面には、適度な油層が張っていていて、油っぽくはない「和」を
感じさせるスープです。



で、その中には、中細のストレート麺がキレイに折りたたまれて盛られています。

加水は低めなのかな?


見た感じからもサクッとした食感が想像できますね。



そして、トッピング。


まず、メインとなるのが、チャーシュー2種。


低温調理されピンク色をした豚肩ロースのレアチャーシュー。

それと、しっかりと火が通って柔らかそうな豚バラロールの煮豚。


どちらも美味しそう。



で、メンマは、細切りタイプのメンマ。

コリコリしていそうですね。



薬味には、刻みネギとカイワレ大根。


どんぶりサイドに海苔が一枚と。



こんな感じの布陣です。



ま、オーソドックスでシンプルではありますが、それでも、チャーシューが
2種類入っていたり、充実した内容で美味しそうです。





では、いただいてみるとしましょう!




まずは、スープから一口。




けっこう独特の味わい・・・


ベースになっているのは、鶏豚に魚介を合わせた、いわゆる「鶏豚魚介スープ」。


なのですが・・・


これに、大量の「香味野菜」を合わせているようで。


鶏豚魚介の旨味やコクがベースにしっかりあるのですが、それ以上に
「香味野菜」の主張が前面に出たチューニングで、けっこう独特な味わい。


最初、「貝」が入ってるのかな?

とか思ったりもして、けっこう複雑な味の構成になっています。



でも、この「香味野菜」の風味が個性的で美味しい。



醤油もやや甘めで円やか。


とても優しい味がしますね。


この醤油は小島店主出身地の下総醤油がメインだそうです。



で、この醤油ダレと鶏豚魚介、そして香味野菜の風味が一体となって
とても美味しいんです。



油には、鶏油を使った香味油が使われているようですが、そこまで鶏油感を
感じさせないオリジナルな香味油になっていて、これも独特ですね。


この油も、良い役割を果たしているようです。




そして、麺。



これが想像していたとおり、サクッとした歯応えで、歯切れが良く美味しい。


加水は低めなので、しっかりとスープを吸い上げてくれて、相性抜群ですね。



啜り心地、喉越しも最高ですし。



美味しい麺です。




で、トッピング。


まず、メインのチャーシュー。



これは美味かった。



まずは、レアピンクチャーシュー。


しっとりとレア感抜群、噛むと歯に食い込む肉感がたまらない。

しっかりとジューシーさも損なわずに美味しくいただける。


もうひとつの豚バラロール。

これがまた秀逸。


ホロリと解れる柔らかさが最高!

麺と絡めて食べたら言うことなしですね!



メンマも細くてコリコリ。

食感が楽しめて、この手のメンマは個人的に好きですね。



ザクザクの刻みネギ、自然な辛味がピリッと爽やかなカイワレ。

良い箸休めになります。



海苔もスープに浸して、麺に絡めて・・・





いや~、美味しかった!


けっこう後を引くスープで、レンゲが止まらず、結局汁完。

あっという間の完飲完食でした。





さすが、百選練磨、いろんなところで腕を振るってただけのことがある
小島店主の作るラーメンですね。


今は、「醤油ラーメン」と「塩ラーメン」だけですけど、今後は他の
メニューとかも考えてるんでしょうかね。


例えば、「限定」とかも。




立地的に、中々お酒を飲みには来れないですけど、時間を見つけて
「塩ラーメン」は食べに来たいですね。


それと、今後の新しいメニューなども。




楽しみなお店ですね。



とりあえずは、「醤油ラーメン」、美味しかった。




ご馳走様でした!

らーめん処 くろ助

[データ]
●店名:らーめん処 くろ助
●住所:東京都杉並区梅里2-24-13 民団杉並支部ビル 1F
●交通:丸ノ内線「新高円寺」より徒歩5分
●営業:[月~日]11:30~14:00・18:00~25:00
●定休:不定休




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■醤油らーめん [ 東京/鶏+豚+魚介(清湯) ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント