FC2ブログ
プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
麺屋 藤むら@王子 / 中華そば
麺屋 藤むら
中華そば

[訪問日]
2019年12月10日(火)

[評価]★★★★☆

麺屋 藤むら -- 中華そば


11月にオープンしたばかりの新店「麺屋 藤むら」。


オープンから約1ヶ月経ちましたが、そろそろ落ち着いたかなと訪問。



というのも、こちらの店主さん、「麺処 ほん田」の系列店「麺処 夏海」で
修行されていた方で話題になっていたので。


いわば、本田さんの孫弟子のようなものですからね。


実際に、「ほん田」の公式ブログでもオープンの告知がされてましたし。



そんなことで話題になっていたわけです。



であれば、僕もということで訪問してきた次第で。





さて、「麺屋 藤むら」。



たった今触れましたが、店主さんは「麺処 夏海」の出身。


木村さんという方。




実は僕、「麺処 夏海」は中々機会がなく未訪なんですね。

なので、木村さんもお会いしたことのない方。


でも、「夏海」に通っていた方にとっては知った顔のようで。




で、このお店、あとでメニューは紹介しますが・・・


基本コンセプトは、「鶏と鮪」だということで。



「鮪」といっても節とかではなく鮮魚系。


なんか、面白そうですよね。





さて、で、お店の場所。



お店は、王子にあります。


「王子」駅から歩いて3分ほどの立地。

権現坂沿いにあります。



近くには、「キング製麺」などがありますね。



お店は、坂の途中なので、一段高くなったところにあります。


黒のしっかりしたテントに「麺屋 藤むら」と屋号が白文字で記され、
木製の引き戸、白い暖簾に白い提灯と、見ればすぐにわかる佇まいです。



店内は広々。


入ると、奥に広い厨房があって、その手前にサーブスペースがあり、
そこを囲うように凹字型の広々としたカウンター席が広がっています。

席数は、全部で13席。

ただ、現在のところ10席で稼動しているようですが。


とにかく、広いカウンターで清潔感もあり最高ですね。




そして、メニュー。


基本は、4種類。


「中華そば」、「白湯煮干しそば」、「数量限定そば」、「濃厚つけ麺」、
この4種類です。

ですが、「数量限定そば」、「濃厚つけ麺」はまだ準備中のようでして、
「中華そば」、「白湯煮干しそば」のみの提供になっています。



このベーシックメニューに、「特製」、「味玉」のバリエーションがつきます。

で、「数量限定そば」がありつつも、他にも「限定」を考えているようで、
限定AからFまでの券売機ボタンが準備されてました。


ご飯ものは、「ライス」、「小ライス」、「卵かけご飯」、「どんぶりA」、
「どんぶりB」というのがあります。

「どんぶりA」、「どんぶりB」というのは、日替わりどんぶりのようですね。

この日は、「まかない肉飯」でした。


あとは、追加トッピング各種。


ドリンク類は、「瓶ビール」、「日本酒」、「ハイボール」、「レモンサワー」、
「黒烏龍茶」、「コーラ」など。

お酒類も充実しているので、けっこう常連さんがつきそうな感じですね。



と、まあ、こんな構成です。





で、僕はというと・・・



ま、コンセプトである「鶏と鮪」を一番感じれるであろう基本の「中華そば」。

もう、これ一択です。


迷わずチョイス。


まずは、コンセプトである味を味合わないとね。


楽しみですね~。





ということで、「麺屋 藤むら」、「鶏と鮪」をコンセプトにした「中華そば」、
いただいてきましたので、早速ですが、感想の方をレポしていきましょう!





まずは、見た目から。

麺屋 藤むら -- 中華そば

やや小振りの白い切立ち丼、同じく白い受け皿にのせられての登場です。


シンプルな内容ですが、キレイに盛り付けされた丼顔は、美味しさを
予感させてくれます。




では、細かく見てみましょう。

麺屋 藤むら -- 中華そば_アップ

まずは、スープ。


けっこうな濃い色合いの清湯醤油スープ。


そこまでオイリーさは感じさせないものの、表面には油がキラキラと光っていて。

醤油の濃厚さがうかがえるスープです。



麺は、中細のストレート麺。


丁寧に折りたたまれて盛られていて美しい。



加水は低めだろうか、歯応えの良さそうな麺に思えますね。




具材は、オーソドックスな内容。



まずは、メインのチャーシュー。


こちらは、2種類。

鶏ムネ肉の低温調理チャーシューと豚肩ロースの低温調理レアチャーシュー。


最近、このパターンが多いので、目新しさはないものの、キレイに
盛られているので、ビジュアルとしてはオッケーですよね。


そして、やや太目のメンマが2本。


サイドには、海苔が一枚という内容。


で、トップには、刻んだ九条ネギが薬味として盛られています。

この薬味、オープンした直後は、紫玉ネギの刻んだものと三つ葉だった
みたいなんですけどね。


どうやら、早くもマイナーチェンジしているようです。



さてさて、シンプルでキレイにまとまった丼顔。



美味しそうです。





では、早速いただいてみましょう!





まずは、スープから一口。




けっこう濃厚な醤油でしね。


清湯ではあるのですが、飲み口がサラリとしつつも濃厚な感じ。

甘味、塩味、酸味などがバランス良く合わさった濃密な醤油味です。


決してしょっぱいわけではないです。



そして、スープ自体・・・


これが、鶏をメインにしているようなのですが、それと同時に「魚」を
強く感じますね。。


例えば、節系や煮干しなどといった乾物の「魚介」とは違っていて、
まさに「魚」を感じ取ることができます。



もともと、このお店のラーメンのコンセプトが「鶏と鮪」といっていたように、
その「魚」というのが、「鮪」の風味なんですよね。


カウンターにあったポップの解説によると、丸鶏、ガラ、もみじ、手羽先を
メインにしたものに、三崎まぐろのアラ、豚、羅臼昆布、椎茸、節、野菜を
ブレンドしてスープをとっているようです。


なるほど・・・


鮪を感じるわけですね。


しかも、けっこう前面に押し出されている感があります。

ベースになっているのは、明らかに「鶏」なわけで、鶏の旨味を感じつつも
鮪の旨味も前面に出てきている印象。


そんな味です。


しかも、ほんのりと感じる節と煮干し。


野菜の風味もしっかりと出ていますね。



おそらく、煮干しは、油に鶏油と煮干し油を使っているようなので、それが
煮干し感を出しているのだと思います。


それと、鮪の味が前面に出てきているのはスープのせいだけではなさそうです。

カエシに、「鮪の魚醤」を使っているようで、それがより「鮪感」を演出
しているんでしょうね。


で、醤油も数種類の醤油をブレンド、さらに塩、しろたまりなどもブレンド、
濃密な醤油の味が感じられるのは、そのせいでしょう。



すごく個性的。




いや、これは、美味しいです!



何が一番美味しいかって、「鶏と鮪」のバランスが嫌味がなくて良いんです。

鮮魚特有の魚臭さを微塵も感じさせないバランスは素晴らしいです。


しっかりと乾物や野菜ともバランスが取れてるし。




レンゲが止まりません!





そして、麺。



麺は、中細のストレート麺。


やや加水は低めなんでしょうか。



パッツンとまではいかないまでもサクッとした歯応えで良い食感。

全体的にホクホクした感じで、食べやすいです。


啜り心地もスルッと良く、美味しい麺ですね。




そして、具材。


まずは、2種類のチャーシュー。


てか、これがほぼメインで、あとはメンマくらいのシンプルなものなんですが。



このチャーシューも良くできています。


鶏ムネ肉のチャーシューは、ほんのりと塩味を感じさせるしっとりとした
低温調理チャーシューで。

サクッと歯が食い込む歯応えも良いです。


豚肩ロースのチャーシュー。

こちらも低温調理されたレアチャーシュー。


ジューシーで柔らかく美味しかったのですが、やや噛みちぎるのが
大変だったところも・・・

ま、場所によるんでしょうけどね。


でも、全体的には、食べやすく美味しいチャーシューでした。



そして、メンマ。


メンマは、シャクシャクとした食感で、割りとオーソドックスなメンマ。

個人的には穂先メンマが好きなのせいもありますが、穂先メンマの方が
良かったような気もしたり・・・


ま、でも、無難な味ではありました。




で、薬味。


最初は、紫玉ネギの刻んだものと三つ葉だったようなんですが・・・

なんで九条ネギに変えたんでしょうかね。


僕は、紫玉ネギと三つ葉で良かったような気もするんですけどね。


紫玉ネギの甘味や辛味、食感もすごく合うような・・・

三つ葉なんかも香り付けにもってこいのような気がしたんですけど。


そっちもぜひ食べてみたかったかな。



でも、いろいろと考えてマイナーチェンジしてるんでしょうから、より良く
なっているのだということを期待したいです。



海苔も麺に絡めて美味しくいただいて。




あっという間に完飲完食。

やや量が少なめだったような気もしますが、十分満足できる量でした。



美味しかった。




今は、「中華そば」と「白湯煮干しそば」しかないですが、今後予定している
「数量限定そば」や「濃厚つけ麺」も楽しみですね。


でも、個人的には「中華そば」のブラッシュアップしていったものを
今後も試していきたい気がしますが・・・


きっとどんどん美味しくなっていくんでしょうね。




とても楽しみです。



また機会を見つけてお邪魔したいと思ってます。





ご馳走様でした!

麺屋 藤むら

[データ]
●店名:麺屋 藤むら
●住所:東京都北区王子本町1-1-22 権現坂ビル 1F  
●交通:JR京浜東北線「王子」より徒歩3分/南北線「王子」より徒歩3分/都電荒川線「王子駅前」より徒歩3分
●営業:[火~土]11:30~14:30・18:00~21:30/[日]11:30~15:00
●定休:月曜




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■醤油らーめん [ 東京/鶏+鮮魚(鮪) ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント