FC2ブログ
プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
湯河原 飯田商店 ららぽーと沼津店@沼津 / 醤油らぁ麺 + プレミアムしゅうまい
湯河原 飯田商店 ららぽーと沼津店
醤油らぁ麺 + プレミアムしゅうまい

[訪問日]
2020年1月18日(土)

[評価]★★★★★

湯河原 飯田商店 ららぽーと沼津店 -- 醤油らぁ麺
湯河原 飯田商店 ららぽーと沼津店 -- プレミアムしゅうまい


ご存知、湯河原の名店「らぁ麺屋 飯田商店」。


もはや全国区。

知らない人は少ないのではと思われるほどの超有名店です。



その「飯田商店」が、昨年、メニューを一新。

5月26日をもって、それまでの「鶏と水」をメインとしたメニューを終了。

一旦店を閉め、6月16日に新たなメニューを引っ提げてリニューアルしました。




それとほぼ同時に発表になったのが、10月にオープン予定の「ららぽーと沼津」の
フードコートへの出店です。



これまでの飯田商店のメニューとも、6月にリニューアルしたメニューとも違う
新たなメニューを「湯河原 飯田商店」という新しいブランドを掲げての
新規出店です。



今回は、その「ららぽーと沼津」に出店した「湯河原 飯田商店」に訪問。

新しいメニューをいただいてきました。




実は・・・


今回、「ららぽーと沼津」の「湯河原 飯田商店」にお邪魔したわけですが・・・

その前に湯河原の本店で一新したメニュー、そちらをいただいてないんですよね。


順番的には、本店のリニューアルしたメニューをいただいてからというのが
本当なんでしょうけど、先に沼津に来ちゃいました。



ま、近いうちに本店の方にもお邪魔しないといけないのですが、何しろ、
ハードルが高すぎて中々お邪魔できない。



でも、がんばってお邪魔しないといけないですね。





さて、ということで、「湯河原 飯田商店」。



場所は、静岡県沼津にあります。

そのまんまですね。


JR東海道線かJR御殿場線の「沼津」が最寄り駅です。


ただ、最寄駅といっても歩いたら、おそらく1時間はかかってしまうでしょう。



そんな立地に「ららぽーと沼津」はあります。


でも、安心してください。


「ららぽーと沼津」行きのバス、あるいは、「ららぽーと沼津」経由の
路線バスが何本も出ていますので、それに乗って行けば15分くらいで
着きます。



で、「湯河原 飯田商店」は、この「ららぽーと沼津」の3階のフードコート
「NUMAZU GRAND DINING」の中にあります。

湯河原 飯田商店 ららぽーと沼津店(NUMAZU GRAND DINING)

このフードコート、全席数が約1100席もある巨大フードコートで、
17店舗も出店しているというからビックリです。


この中に、「湯河原 飯田商店」はあります。


両隣りには「博多 一風堂」、「麺や 庄の」といった人気ラーメン店があり、
競合犇くといった感じの並びです。



ただ、そんな競合店をものともせずに一際大きな行列を作っているのは、
想像に難しくないと思います。

こんな感じで、フードコートの外にも行列プラカードが設置されてるくらい。

湯河原 飯田商店 ららぽーと沼津店(NUMAZU GRAND DINING)_待ちプラカード

フードコートで60分待ちって、普通ならありえないですよね。



ただ、僕がお邪魔したときは、当日は霙混じりの雨という天候の関係と
ほぼオープンと同時に入ったので、割りとスムーズに順番が回ってきました。

湯河原 飯田商店 ららぽーと沼津店

その後は、どんどん行列が伸びていってましたからね。


ラッキーでした。




で、メニュー。


このメニューが、この「ららぽーと沼津」の「湯河原 飯田商店」でしか
味わうことのできないオリジナルメニューなんですね。

本店でも味わえないんです。


それだけでも訪問する価値がありますよね。



そのメニューなんですが・・・



なんとも潔いメニューでして・・・



ラーメンは、「醤油らぁ麺」と「醤油チャーシュー麺」の2つだけ。

これに、「プレミアムしゅうまい」という、これもここだけでしかいただけない
それこそプレミアムなサイドメニューもあるんです。

湯河原 飯田商店 ららぽーと沼津店(NUMAZU GRAND DINING)

もうこうなったらラーメンは二者択一ですし。


せっかくですから、「プレミアムしゅうまい」もいただかないと、沼津まで
来た意味がないですからね。



そんなことで、僕は、「醤油らぁ麺」と「プレミアムしゅうまい」を
いただくことにしました。



この「醤油らぁ麺」は、これまでの「飯田商店」の「醤油らぁ麺」には
なかった味の構成になってるものでして。


それと、「プレミアムしゅうまい」も日によって使う豚が違うようで、
いずれにしろ高級ブランド豚を使用した「しゅうまい」になっているようです。




これは、楽しみです。




ということで、「湯河原 飯田商店 ららぽーと沼津店」の「醤油らぁ麺」と
「プレミアムしゅうまい」、いただいてきました。



早速ですが、感想の方をレポしていくことにしましょう!






まずは、見た目からです。

湯河原 飯田商店 ららぽーと沼津店 -- 醤油らぁ麺 + プレミアムしゅうまい_セット

とりあえず、「醤油らぁ麺」と「プレミアムしゅうまい」をセットで。


そして、「醤油らぁ麺」。

湯河原 飯田商店 ららぽーと沼津店 -- 醤油らぁ麺

「湯河原 飯田商店」という屋号のロゴをあしらったどんぶり。

釣り鐘を逆さにしたような形状の普段から本店でも使っているの同じような
形状のどんぶりに盛られての登場ですね。


いたってシンプルな丼顔で。


ただ、それが美味しそうなんですよね。

湯河原 飯田商店 ららぽーと沼津店 -- 醤油らぁ麺 + プレミアムしゅうまい_セット_アップ

では、細かく。

湯河原 飯田商店 ららぽーと沼津店 -- 醤油らぁ麺_アップ

まずは、スープ。


表面に鶏油が煌く澄んだ醤油清湯スープ。

キレイな醤油ブラウンで見るからに美味しそう。


中には、飯田商店のシルキーで滑らかなな長い細麺がキレイに折りたたまれて
盛られています。


そして、トッピングには、豚肩ロースのチャーシューが2枚。

これが、ドンと鎮座しています。


で、脇には数本のメンマ。


薬味には、ネギなどは使わずに数本の三つ葉がのせられているだけ。


以上。



「かけラーメン」ではないですが、いたってシンプルな内容で。

でも、これだけでも食べさせちゃう美味さがあるわけですから。


これで十分なんです。



さて、そして、サイドメニューで頼んだ「プレミアムしゅうまい」。

湯河原 飯田商店 ららぽーと沼津店 -- プレミアムしゅうまい

大きさとしては、ま、標準なサイズでしょうか。


薄い皮に包まれたたっぷりの豚肉。


この日は、2種類の豚がミックスして使われてました。

「TOKYO X」と「霧島高原純粋黒豚」の2つです。


これ、今の本店のチャーシューやスープにも使われているブランド豚ですね。


これは間違いなく美味しいでしょうね。


見るからにジューシーそうで。



楽しみです!




では、いただいてみるとしましょう!




まずは、スープを一口。



じんわりと染みてきますね~。


僕の知っている「飯田商店」の味とは、まるで違う。


本店のリニューアルした味とも違うようなんですが、元々の「飯田商店」の
「鶏と水」の「醤油らぁ麺」とも全く違います。



というのも、この「湯河原 飯田商店」の「醤油らぁ麺」は、「鶏」に加え、
「魚介」も合わせたスープなんです。


そりゃあ違いますよね。


「飯田商店」の「醤油らぁ麺」で「魚介」を使ったものは食べた経験が
ないですからね。



鶏の旨味、コクとともに、食べ進むにしたがって広がってくる魚介の風味。


すごく「飯田商店」の「醤油らぁ麺」としては新鮮な味です。



そして、新鮮な上に、めちゃくちゃ美味しい!


今の本店の「鶏豚」の「醤油らぁ麺」も同じように美味しいのでしょうけど、
やはり、「鶏と水」の、あの衝撃的な美味さは記憶に残ってますからね。

なので、新しい味となると、ちょっと身構えてしまうところがあったり。



でも、「鶏魚介」でもめちゃくちゃ美味しいことが、まさに今証明されました。



ただ、正直に言うと、めちゃくちゃ美味しいのですが・・・


なんて言うんでしょうかね、この味なら、「飯田商店」でなくても
食べられる味なのでは?


そう思ったのも事実。



なのですが、実は、そこがひとつのコンセプトでもあったりして。


まんまと術中にハマッた僕なわけですが・・・




つまりは、どんなに名店の「飯田商店」であっても、出店しているのは
フードコートであるには違いありません。


つまりは、いわゆるラーメンオタクやラーメン好きの人だけではなく、
普通にショッピングに来ているファミリー層であったり、いろんな客層が
この「湯河原 飯田商店」のラーメンを食べるわけです。


なので、あえて、「普通っぽさ」を作り出しているわけです。



実は、このバランス感がすばらしくて、この絶妙な匙加減で、ラヲタも
満足させつつ、一般客層にも広く受け入れられる味に仕上げている。


これがすごいんですよね。




とはいいつつも、一杯のラーメンにかけるこだわりは全く変わりません。


それは使っている食材を見ればわかりますよね。



「鶏」には、「黒さつま鶏黒王」、「比内地鶏」といった銘柄を使ったり、
「魚介」にも、「天然羅臼昆布」、枕崎産の「枯節」、「鯖節」、「宗田節」、
瀬戸内の「白口煮干し」を使ったりとこだわり抜いています。

使っている「醤油」ももちろん、「自家製麺」もです。



そこは、やはり、普通のフードコートでは食べれないようなレベルまで上げ、
ただ、そこを超えすぎずに調整しているのがすごいんです。


だから、もしかしたら、ラーメンを食べなれてる人からしたら、欲求不満が
残るかもしれないですが、普通の人からしたら、ビックリするほど美味しい
普通以上のラーメンを食べられるわけです。



「フードコート以上専門店未満」を美味く演出しているわけです。



さすがの一杯だと思います。




とはいいつつも、やはり「飯田商店」なんで、美味すぎですけどね。




「鶏」の旨味とコク、「魚介」の風味。

「鶏」の味が美味いなあと思っていたら、「魚介」が顔を出してきて。


そのバランスが絶妙で、グイグイ引き込まれていく。




醤油のキレも抜群だし、シルキーな麺も喉越し良くて最高だし。


素朴なトッピングのメンマにチャーシューも絶品。



言うことなしです!



ホント、気づけば、どんぶりを抱えてデッド飲み。


当然、汁完。


あっという間の完飲完食です。





そして、サイドとはいっても、メインメニューに劣らない「しゅうまい」。


「プレミアム」の名に恥じない美味さがそこにはあります。


使われている「TOKYO X」、「霧島高原純粋黒豚」といった高級ブランド豚。


もちろん、そのせいもあるのでしょうけど、ジューシーで肉汁たっぷりの
肉餡は、しっかりと味付けもされていて、これだけでも食べる価値ある逸品。


フードコートなだけにお酒がないのが残念なくらい。



めちゃくちゃ美味しい「しゅうまい」でした。





ということで、「飯田商店」にとって、初めての支店、しかも、フードコート
への出店ということで、どんな味を味合わせてくれるのかと思ってましたが、
やはり、さすがの一言ですよね。


ちょっとかわいそうなくらい両隣りのラーメン屋さんにはお客さんが流れず、
「飯田商店」にひたすら長い行列ができるのもわかります。


フードコートでこういった光景は見られないですよね。




今は、メニューは絞ってますが、「新メニューに乞うご期待」という
触れ書きもあるので、新しいメニューも登場するのかも。


そうしたら、またお邪魔しましょうかね。



いかんせん、遠いので、そう簡単には来られません。


期間限定出店とは言いつつも、数年はやるでしょうし、その間に新メニューを
いただきにお邪魔するかもしれません。



その前に、本店に行かないといけません。





ま、とにかく美味しかったです。



雪の中来た甲斐がありました。





ご馳走様でした!

湯河原 飯田商店 ららぽーと沼津店(NUMAZU GRAND DINING)

[データ]
●店名:湯河原 飯田商店 ららぽーと沼津店
●住所:静岡県沼津市東椎路字東荒301番地3 ららぽーと沼津内
●交通:JR東海道線・御殿場線「沼津」よりバス「ららぽーと沼津行き」他「ららぽーと沼津経由」で『ららぽーと沼津』下車、徒歩20秒
●営業:[月~日]10:0~21:00
●定休:ららぽーと沼津定休日に準ずる




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■醤油らーめん [ 東京/鶏+魚介 ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント