FC2ブログ
プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
八咫烏@九段下 / 完全感覚PorkGinger ~生姜焼き、お椀 ok rock、茶~(限定)
八咫烏
完全感覚PorkGinger ~生姜焼き、お椀 ok rock、茶~(限定)

[訪問日]
2020年2月20日(木)

[評価]★★★★★

八咫烏 -- 完全感覚PorkGinger ~生姜焼き、お椀 ok rock、茶~(限定)_セット


九段下の行列店「八咫烏」。


僕のブログでは、すでに常連の「八咫烏」。

結構な確率で登場しています。



なので、すでに、ご承知のこととは思いますが、「八咫烏」について一応・・・


元々は、調布市仙川にある「魔女のカレー」というカレー屋を営んでいた居山勢さんが、
独学でラーメンも作り出し、カレーとともに二毛作営業をしていたことに端を発します。


それが、カレー屋はスタッフに任せ、居山さんは、ラーメン屋に専念し、「八咫烏」を
オープンしてしまったというのが「八咫烏」というお店。


詳しくは、以前取り上げた記事を参照していただければと思いまが・・・
 ⇒ 「八咫烏 / ラーメン 黒」の記事






さて、そんな「八咫烏」。



約1週間、8日のインターバルでの登場ですね。


先週は、「八咫烏式」とは言ってませんが、「八咫烏」ならではの
「G系ラーメン」を提供してくれました。
 ⇒ 「八咫烏 / ニンニク入れますか? 和牛の塩野郎」の記事


たしかに「G系」。

でも、それを超越した、上品で凝りまくった、らしからぬ「G系」。


とても、美味しかったです。





で、今回。



今回も「八咫烏カラー」全開というか、「居山カラー」全開というか・・・



近頃、富に多いような気がするのですが・・・

居山さんの「音楽大好き」カラーが全開のメニュータイトル。


例えば、最近だと・・・

「追憶のマーボードーフ」 ← 「追憶のマーメイド(THE YELLOW MONKEY)」
「八咫烏 和麺 vol.4 SP ~winter fall~」 ← 「winter fall(L'Arc~en~Ciel)」
「黒い羊」 ← 「黒い羊(欅坂46)」
「青椒肉絲って書けない?」 ← 「欅って書けない?(欅坂TV番組)」
「ビーフテグタンラーメン アジアの角を曲がる。」 ← 「角を曲がる(平手友梨奈)」
「八咫烏式和麺 vol.2 夏の大三角形」 ← 「夏の大三角形(NICO Touches the Walls)」

とかね。


曲のタイトルだったり、番組タイトルだったり、音楽やアーティストが
関係しているものが由来となっているメニュータイトルばかり。


ものすごいパロディー。


てか、この語呂合わせのセンスの良さ。



ものすごい楽しんで作ってますよね。




これ、一体、メニューありきなのか、曲タイトルありきなのか。


ちょっと居山さんに聞いてみたら、最初に「曲タイトル」からパロって
「メニュータイトル」を決めちゃうそうです。


で、それに合わせて、メニューの中身を構築していくそうで。



もちろん、メニューの中身の構想が全くない状態ではないと思うのですが、
見事に語呂合わせでパロってるんですよね。



見ていても、次に何が来るのか楽しみなくらい。





そして、今回、また新しいのが登場したんですね。




それが、今回の


「完全感覚PorkGinger」


なんです。




これは、「完全感覚Dreamer/ONE OK ROCK」から来てるもの。


ホント、上手い具合にハマリます!




で、結果、タイトルだけでなく、表現したい「味」や「料理」と
マッチングするのだから凄いですよね。



今回も、まさにそれ。


「完全感覚Dreamer」ならぬ「完全感覚PorkGinger」なわけですが、
完全に新感覚の生姜焼き(PorkGinger)を提示してくれてますからね。




このインスピレーション、まさに、天才!



センス抜群ですよ!





ということで、そのセンス抜群「八咫烏」の「完全感覚PorkGinger」、
いただいてきましたので、早速ですが、感想の方をレポしていきましょう。






では、まずは見た目から。


メニュータイトルのサブにも書かれていますが、今回も先出しのお茶があります。

そして、お椀物。


で、メインという流れ。



とりあえず、セットで見てみましょう。

八咫烏 -- 完全感覚PorkGinger ~生姜焼き、お椀 ok rock、茶~(限定)_セット

段々と、この3点セットが通常化してきているような・・・

考えるのも作るのも大変ですよね。


麺ものだけでも、相当な創作能力が必要とされているのに。

八咫烏 -- 完全感覚PorkGinger ~生姜焼き、お椀 ok rock、茶~(限定)_セットアップ



では、まずは、順を追って。


先出しのお茶。



いつもと同じく切子のグラスに注がれて登場。

八咫烏 -- 完全感覚PorkGinger ~生姜焼き、お椀 ok rock、茶~(限定)_生姜黒烏龍茶

これが、メインに合わせたペアリングなのか、「生姜入り黒烏龍茶」だそうで。


しかも、この「黒烏龍茶」、自家製だそうです。




で、次に登場したのが、お椀物。

「椀 ok rock」です。

八咫烏 -- 完全感覚PorkGinger ~生姜焼き、お椀 ok rock、茶~(限定)_椀物蓋あり

蓋をとると・・・

八咫烏 -- 完全感覚PorkGinger ~生姜焼き、お椀 ok rock、茶~(限定)_蓋なし

パッと見、味噌汁のようですね。


菜の花、それと見えにくいですが、輪切りにした茄子、ねめこも
入っています。




さあ、そして、メインですね。

八咫烏 -- 完全感覚PorkGinger ~生姜焼き、お椀 ok rock、茶~(限定)_麺

いつになく豪勢な盛り付けです。


でも、八咫烏にしてみれば、シンプルな方だと思いますけどね。



そして、当然なのですが、見た目は全く「生姜焼き」には見えません。

てか、生姜焼きに見えたら、ラーメンじゃないし・・・(笑)



ただ、これがね、いろんなマジックにかけられちゃうんですよ。






では、細かく見てみましょう!

八咫烏 -- 完全感覚PorkGinger ~生姜焼き、お椀 ok rock、茶~(限定)_麺_アップ

ラーメンとはいいつつも、これもいつもながらなんですが、和え麺に近い感じ。



まず、器の底には、黄土色のすり流しがしかれていますね。

居山さん、お得意の盛り付けです。



このすり流しは・・・

あとで言いましょ。



で、このすり流しの上に、中太の平打ち麺がこんもりと山になって盛られています。

この麺、いつものことながら、あらかじめタレで和えられていますね。


おそらく、この麺だけで食べてもイケちゃうパターンでしょう。




そして、その上には、具材。



まず、麺の上に盛られているのは、ちょっと見えにくいですが、千切りした
キャベツのようなもの。

ま、見た目、千切りキャベツなんですが、これ、しっかりと味がつけられた
「コールスロー」になってるんです。



で、その上には、ごっそりと盛られたローストポーク。

中身はレアなピンク色したローストポークのスライスが何枚も盛られています。


その上からは、生姜醤油のタレでしょうか、かけられています。



さらに、今回の具材の中では、ローストポークと並んでヒットだった
「タルタルトースト」。

詳しくは、あとで言いますが、「和洋折衷」したオリジナルトーストなんです。


これが、1/4カット立てかけられています。



サイドには、トロリと黄身が零れ落ちんばかりの半熟味玉がパッカンと。




で、トップには、薬味となる笹切りした白ネギと九条ネギ。

そして、刻み生姜が盛られています。



豪勢ではありますが、やはり、八咫烏にしてはシンプルな内容。


ただ、ひとつひとつは凝ってるんですよね。




めっちゃ美味しそうです!






では、いただいてみるとしましょう!



まずは、先出しのお茶から。


自家製の「黒烏龍茶」。

そこに生姜フレーバーが。


なんともさっぱり爽やかな風味のお茶で。

烏龍茶なんだけど、ちょっとしたハーブ感も感じられて美味しい。


これは、八咫烏の茶師・ツルちゃんの仕事かな?


「PorkGinger」の入口としてベストなペアリングですね。




で、次にお椀物。




これが、また秀逸で。



先ほども言いましたが、パッと見は味噌汁なんですよね。


ただ、紹介によると「菜の花の和風ミネストローネ」ということで。



でも、味噌汁にしか見えない。



とりあえず、いただいてみましょう。



一口飲んでみると・・・


ん~、しっかりとお出汁の効いた味噌汁って感じ。


お出汁は浅利、そこに、酒粕、京の白味噌を合わせているようですね。


美味しい味噌汁・・・と思った瞬間、なんと、飲み進むほどにトマトの
酸味ある味がじわじわと感じてきて。


味噌のトマトのマッチングが、なんとも見事な「ミネストローネ」へと
化学反応を起こしていって。



味噌の味がするんだけど、トマトの風味も感じられ、結果、ミネストローネ。



なんとも不思議な、まさに「和風ミネストローネ」です。


菜の花も茄子も柔らかで、なめこはツルンと!



いやいや、美味しいですわ!




でも、先出しのお茶と椀物で満足していてはいけません。



まだ、メインがあるのですから。




では、メインをいただいてみましょう!



一体、どんなマジックがかけられているのやら。





まずは、あらかじめタレで和えられた麺を引っ張り出してきて一口。



なるほど、すでに、この状態で生姜の味が全体を包んでいるようで・・・


この麺、たまり醤油ををベースにしてしょうがを効かせて、そこに
自家製のマヨネーズを混ぜたタレで和えてあるんです。



「生姜醤油マヨ」ってことですよね。


これは、すでにこれだけで美味いでしょ!


最高の相性ですからね。



麺だけでイケちゃいます。




で、さらに、この「生姜醤油マヨ」を纏った麺を、下に敷かれたすり流しとも
混ぜ合わせていただいてみます。



すると・・・


「生姜醤油マヨ」で、ある程度塩っ気を帯びた麺が、今度は、すり流しの
甘味を加えてきて、さらに美味しい味に。


この擦り流し、新玉ねぎを飴色になるまで炒め、すり流しにしたもの。

このやや茶色がかった色合いは、飴色玉ねぎの自然な色だったんですね。


で、この飴色新玉ねぎの甘いこと!


この甘さと「生姜醤油マヨ」の意外なまでのマッチングにビックリ!



さらに美味しさが加速していきます。



すでに、生姜の風味が醤油、マヨネーズの味が口の中に広がっていって、
「生姜焼き」へと変貌しつつあるところにダメ押しです。


タレのかかった「ローストポーク」を絡めて食べてみる・・・



もう、完全!


完璧に「生姜焼き」へと変化していって・・・



あらまあ、不思議というかなんというか。



和え麺なんだけど、「生姜焼き」という不思議な味わい、食感。



ある意味、新感覚の生姜焼きというか・・・


「生姜焼き」という料理をご飯のおかずとしてではなく、麺との組み合わせで、
新しい感覚の料理へと昇華させたのが、この「完全感覚PorkGinger」。



そんな感じがします。




いや、美味いです!




そして、さらに秀逸ともいえるのが、これに生キャベツを千切りにした
ほぼサラダに近いコールスロー。


このコールスローの味付けがすばらしいマッチングで。



「生姜焼き」には、キャベツはつきものではあるのですが、ただキャベツを
のせるのではなく、「水晶文旦」で味付けをすることで、「生姜焼き」のくどさを
和らげる仕事までさせちゃっているし。


なんとも爽やかな味なんです。


「生姜焼き」の濃い味と、爽やかなコールスロー。


最高ですね。




そして、もう1つ秀逸なものが、この料理の中にはあるんです。



それが、「タルタルトースト」。


勝手にそうネーミングしちゃいましたが、あの立てかけられていた
白いピザトーストみたいなヤツですね。


これが、めっちゃ美味いんです。



最初、食べたとき、カリカリとした食感がオニオンにも感じさせ、
なんとなくピザトーストのような感覚になったのですが・・・



実は、全然違っていて、「タルタルトースト」だったんです。



食パンにタルタルソースを塗り、表面をチーズで覆って焼いているのですが、
ただ、このチーズとタルタルだけだと「洋」の味だけになってしまうので、
ここに「和」を加えるためにあるものを混ぜてるんです。


それが、「漬物」。

「たくあん」です。


タルタルとチーズの間にたくあんを挟んで焼いているんです。



あの玉ねぎを思わせた食感はたくあんだったんですね。


タルタルの独特の酸味、チーズの甘味、たくあんの塩味。

それそれが混ざってオリジナルな味に。



これは、美味かったなぁ・・・


まるまる1枚を朝食で食べたいくらい。




ま、一番すごいのは、こういう変化球料理を、上手にマッチングさせちゃうところ。

そこに非凡さを感じますよね。




もう、そんなことを考えながら、本当は、考えるより感じて食べた方が
良いのでしょうけど・・・


考えながら食べてると、あっという間に食べ終えちゃうんですよ。



居山さんのラーメン、けっこう麺量多いと思うんですけど、そんなこと
感じさせないくらいペロリとイケちゃう。



美味かったです。



今思えば、「タルタルトースト」、最後まで残しておいて、残った
すり流しにディップしながら食べるのも良かったかも。






それにしても、いつもながらに美味かった。



毎回、驚かされてばかりですが、まだ今年も始まったばかりですからね。


これから先、どんなのが出てくるのか。




曲タイトルとのパロディーとかも含め、楽しみばかりですね。





いや~、美味かった。




ご馳走様でした。



次回も楽しみにしています!

八咫烏 -- 完全感覚PorkGinger ~生姜焼き、お椀 ok rock、茶~(限定)_メニュー

八咫烏(完全感覚PorkGinger ~生姜焼き、お椀 ok rock、茶~(限定))

[データ]
●店名:八咫烏
●住所:東京都千代田区九段北1-9-2 中西ビル 1F
●交通:東西線・半蔵門線・都営新宿線「九段下」より徒歩2分
●営業:[月~土]11:00~15:00・18:00~21:00[土]11:00~15:00
●定休:日曜・祝日




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■汁なし麺 [ 東京/和えめん(創作麺・生姜焼き味) ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント