プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
池麺 KING KONG@池袋 / キング中華そば(全部盛り)
池麺 KING KONG
キング中華そば(全部盛り)

[訪問日]
2013年7月18日(木)

[評価]★★☆☆☆

池麺 KING KONG -- キング中華そば(全部盛り)


池袋東口から明治通りを王子方面に進んだ
豊島市役所の脇の路地にあるお店。

このお店、あの「東池袋大勝軒」のセカンドブランドとして、
2代目当主・飯野氏が開いたお店なんです。


メニューは、「つけめん」と「中華そば」の2枚看板。


人気があるのは「つけめん」。

というのも、ここの「つけめん」、普通のつけめんとはちょっと違う、
「濃厚魚介つけめん」なんです。

どう違うかというと・・・

それは、「つけめん」を食べたときにお話します。


なぜなら、今回、僕が食べたのは「中華そば」の方なもので・・・。


さて、ということで、今回、僕が注文したのは、
「中華そば」の中でもトッピング全部盛りの「キング中華そば」というもの。

池麺 KING KONG -- キング中華そば(全部盛り)

この「中華そば」、写真を見てのとおり、
トッピングが別皿に盛られて出てくるんです。

キレイな盛り付けですね。


味のほうは、「昭和の懐かしい中華そば」という感じ。

もともとのコンセプトも、「大勝軒」の山岸氏が子供の頃に食べた
昭和30年代の味を復刻するというものだったようです。


特に突出した味ではないですが、安心感のある味です。


スープは、鶏がらベースに煮干しなどの魚介を合わせたもの。

特にクセなく味わえるものでしたが、個人的には、もう少し動物系の
主張が欲しかったかなという気がします。

おそらく、「東池袋大勝軒」のセカンドブランドということと、
「昭和の味」ということで、かなり期待して食べてしまったため、
満足度に欠けてしまったのかもしれません。


麺は、中太のストレート麺で、コシがあって美味しかったです。


トッピングは、ご覧の通り豪勢なもの。

中華そば自体にデフォルトで、バラのチャーシューが2枚、海苔、メンマ、
ナルトが入っているのですが、それに加えて、この別皿のものですから。

チャーシューは、かなりやわらかく煮込まれていて
ホロッととろける感じが何ともいえないチャーシューでした。

ちょっと味が薄めだったような気がしないでもないですが。

味玉は、ジェル状の黄身が絶品の美味しさでしたね。


それと、卓上には備え付けの「フルーツビネガー」、「カレーパウダー」が置いてあり、
お好みで入れて味の変化を楽しむことができます。

どちらか迷ったのですが、カレーパウダーを投入して食べてみました。


説明にも書いてありましたが、スープカレーのような感じで、
これはこれで美味しかったですね。


フルーツビネガーも捨てがたかったんですが、2つ入れたら
味がグジャグジャに鳴りそうだったんでやめておきました。


という感じで、「中華そば」は、「懐かしさ」を追求しながらも
新しい試みも忘れない店主の心意気を感じた一杯でした。


ただ、全体的に、無難な味といったのが正直な感想です。


今回は、「中華そば」を食べましたが、おそらく、2枚看板といえど、
やはり、「売り」は「つけめん」なのでしょう。

かなりオリジナリティーある「つけ麺」のようなので、
それを食べるのを楽しみにしています。


それと、ちょっと気になったのが、「フルーツビネガー」と「トッピングの別皿」
という2つのサービス。


「つけ麺 道」に似てるんですよね。


「つけ麺 道」といえば、山岸氏の孫弟子の長濱氏のお店。

常に行列が絶えず、山岸氏に「参った」と唸らせるほどの
「つけ麺」を提供することで有名なお店です。

この「つけ麺 道」がオープンした、ちょうど1年後に、
この「池麺 KING KONG」がオープンしています。


よもやそんなことはないとはないと思いますが、
2代目当主として、「甥弟子?」なんて言い方あるのかな?
とにかく、自分よりも若い山岸氏の弟子に対する対抗心から
似たようなサービスを提供しているのでは思ってしまったのは僕だけでしょうか?

カレーパウダーにしても「東池袋大勝軒」には、
名物として「カレーラーメン」というのもありますし。


オリジナルの追求といいながら、二番煎じになってやしないかと
危惧してしまうのは余計なお世話でしょうか?



今度食べようとしている「つけめん」。

これは、「トロフルつけめん」という、フルーツジャムをつけ汁に加えたのが
特徴になっている「つけめん」です。


おそらく、こちらで本領発揮してくれると思うのですが、
一体どんな味なのか、期待したいですね。

池麺 KING KONG

[データ]
●店名:池麺 KING KONG
●住所:東京都豊島区東池袋1-32-2 小泉ビル 1F
●交通:JR山手線・他各線「池袋」より徒歩5分
●営業:[月~金]11:00~23:00(スープなくなり次第終了)/[土・日]11:00~22:00
●定休:不定休



【今回の記事は面白かったですか?】

▼面白かった方
 ⇒ 下記リンクから応援クリックをお願いします。
 
 ラーメンブログランキング



【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■醤油らーめん [ 東京/鶏+魚介 ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック