FC2ブログ
プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
麺処 ほん田@東十条 / 豚骨魚介らーめん
麺処 ほん田
豚骨魚介らーめん

[訪問日]
2020年3月9日(月)

[評価]★★★★★

麺処 ほん田 -- 豚骨魚介らーめん


言わずと知れた名店「麺処 ほん田」。


若き天才ラーメン職人である店主・本田裕樹さんが、21歳という若さで
2008年に開業して以来、その人気とどまることを知りません。



すでに、系列店としても、赤羽の「麺処 夏海」、十条の「雨ニモマケズ」、
要町の「麺処 篠はら」などがあり、プロデュース店としても、戸塚安行、
新三郷、新越谷などの「麺処 景虎」、国分寺の「担担麺 紅麗」があります。


「担担麺 紅麗」は、キッチンカー「担担混麺 紅麗」としても出店しています。



そんな「麺処 ほん田」、つい先日、12周年を迎えました。



で、開業12周年を迎えた2020年。


ついに、東十条を離れ秋葉原に移転することになったわけで。




すでに、東十条での営業終了までカウントダウンに入ってきていて。



食べこぼしのないように、つい数日前にもお邪魔したばかりです。
 ⇒ 「麺処 ほん田 / 手揉み中華蕎麦 塩(細ストレート麺)」の記事



普段、そこまで通っていたわけでもないのに、なくなるとなると通い始める。



なんか「にわか」ですが、ま、仕方がありません。


食べておきたいのですから。




そんなことで、中3日のインターバルでの登場です。




で、今回は、「豚骨魚介らーめん」。


もともと「麺屋こうじグループ」出身の本田さん。

どちらかというと、この「豚魚」の方が系統としては本来あるべき
姿だったのかもしれません。


にもかかわらず、清湯の淡麗ラーメンが看板として人気が出ていったわけで。



でも、修行先を継承する「豚魚」も美味しいんです。





てなことで、今回は、「豚骨魚介らーめん」の食べ納めということで、
いただいてきましたので、早速ですが、感想の方をレポしていきましょう!





まずは、見た目から。

麺処 ほん田 -- 豚骨魚介らーめん

いつもの青い唐草模様の絵柄でデザインされたどんぶりで登場。


毎度のことながらキレイに盛り付けられています。


細かいところは違いますが、トッピング等の盛り付けは、ベーシックなものは
「てもちゅう」と似てはいるんですよね。


大きく違う要素といえば、「麺」、「スープ」ですね。





では、細かく見てみましょう。

麺処 ほん田 -- 豚骨魚介らーめん_アップ

まずは、スープ。



若干のトロミを感じさせる茶濁色のスープ。


とても濃厚そうです。

油分は少なめですね。



で、その中に鎮座しているのが、中太のストレート麺。

やはり、この系統のメニューであれば、太めの麺が相性いいですから。


しっかりとした弾力性とコシを兼ね備えたような麺。


食べ応えがありそうです。




そして、具材。



まずは、チャーシュー。


これは、他のメニューと同じですね。


デフォであれば、豚肩ロースの低温調理したレアチャーシューが1枚。

で、豚バラ肉の吊るし焼きチャーシューが1枚。


この2枚は、どのメニューで食べても美味しいですからね。

間違いないでしょうね。


そして、薬味には、刻み玉ネギと万能ネギ。

この刻み玉ネギが良い仕事をしてくれるんです。


さらに、チャーシューの上には、味変用の「辛味ダレ」がのっています。


で、いつものように、レンゲの上には海苔が1枚。



余計なものは削ぎ落とされたシンプルな盛り付け。

それでいて、美しい丼顔。


食欲を掻き立てられます。





それではいただきましょう!




まずは、スープから一口。



ややトロミを帯びた茶濁色の豚骨魚介スープ。


豚骨の旨味と魚介の風味が、バランス良く合わせられたスープ。

どちらが突出するでもなく、両方のよいところが引き出されたスープは、
絶品としか言いようがありません。


しかも、濃厚であるにもかかわらず、飲み口はサラッとしていて飲みやすい。


濃厚でもくどくないからとても引きが強い。



これはレンゲが止まらんですよね。


グイグイいっちゃいます。




そして、このスープが、しっかりと麺と絡み合う。


ツルッとした麺肌の中太ストレート麺。

啜り心地はもちろんのこと、ハリがあって、コシが強く、モッチリとした
弾力性もたっぷりとある。


この食べ応えのある麺は最高です。


噛めば噛むほどに、麺の甘味が豚骨魚介の旨味溢れるスープと一体となって、
僕の口の中を占拠していきます。




美味すぎです!




トッピングのチャーシューは言わずもがな。



肩ロースのレアチャーシューは、しっとりと歯に絡まってきて。

歯が食い込むように噛み切れる柔らかさ。


吊るし焼きは、香ばしく、独特の燻香がたまりません。


香りが移ったスープを飲んでも、香りが口の中に残ったまま啜る麺も、
どちらも味が一体化して最高の美味さ。



ヤバイですね。



で、僕が好きなのは、刻み玉ネギ。


八王子ラーメンよろしく盛られた刻み玉ネギが、ポリポリ食感で、自然な辛味が
豚骨魚介のスープにものすごくマッチする。


刻みネギでは、このマッチングは出せないベストな組み合わせ。


最高ですね。



そして、最後まで、混ぜずに残しておいた「辛味ダレ」。


これを混ぜれば、少量ですが、ピリッとした辛味が広がり最高の味変に。

口の中が洗われるようで、もともとそこまでくどくない豚骨魚介スープですが、
さらにダメ押しで口直しをしてくれます。




いや~、美味い!



さすがの美味しさに、箸もレンゲも止まることなく、最後はデッド飲み。

当然の完飲完食です。



完璧な美味しさでした!





さ、ということで、もう東十条終了までカウントダウンに入っていますが、
具体的にいつまでの営業なのかはわかりません。


まだ食べたいものがある。




食べられるかな?



ギリギリまでトライしたいと思います。


日に日に行列がすごくなっていってるようで怖いですが・・・



ま、仕方ないですね。


皆さん同じ気持ちでしょうから。




とりあえず、次は、「豚骨魚介つけ麺」が食べれたら良いかな。





がんばります!





ご馳走様でした!

麺処 ほん田
※この店舗外観写真は、一昨年訪問時に撮影したものです。

[データ]
●店名:麺処 ほん田
●住所:東京都北区東十条1-22-6
●交通:JR京浜東北線「東十条」より徒歩5分
●営業:[月・木]11:30~16:00/[火・金~日]11:30~15:00・18:30~22:00
●定休:水曜




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■醤油らーめん [ 東京/豚骨+魚介 ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント