FC2ブログ
プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki@新小岩 / 鴨出汁つけそば
鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki
鴨出汁つけそば

[訪問日]
2020年3月20日(金)

[評価]★★★★☆

鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki -- 鴨出汁つけそば


今年の1月にオープンしたばかりの新店「鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki」。


こちらのお店、昨年末に閉店した「麺屋 一燈」グループの「つけ麺 一燈」の
店舗をそのまま譲り受ける形で開店したお店。


というのも、今回の「麺屋yoshiki」の店主さんは、「麺屋 一燈」グループで
2017年末に閉店した「煮干し中華そば 一燈」を経て、「つけ麺 一燈」の
店長を任され、その「つけ麺 一燈」の閉店と同時に卒業した安部義貴さん。


安部さんは、「煮干し中華そば 一燈」勤務時代に「鴨」を使った限定の
「カモーンシリーズ」というのを販売していたのですが、それを引っさげての
今回の独立。


僕は、「カモーンシリーズ」は一回も食べたことがないのですが・・・


「カモーンシリーズ」は、「煮干し中華そば 一燈」時代に1号から7号、
「つけ麺 一燈」時代に8号、そして、2号の復刻版と周年限定がありました。


その中の、カモーン2号とカモーン7号、8号をそのままメニューとして、
新たに「カモーン新作」をメインにした形でのオープンなわけです。



なので、鴨がメインなので、屋号は、「鴨出汁中華蕎麦」。

そして、「yoshiki」というのは、ご自信のお名前と大好きな「X JAPAN」の
YOSHIKIからとったダブルミーニングになっています。




そんな「鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki」。



冒頭でも言いましたが、「つけ麺 一燈」の店舗をそのまま譲り受けての
独立開業なので、場所は、「つけ麺 一燈」があった場所。


そのまま居抜きです。



なので、最寄り駅は、JR総武線の「新小岩」。


歩いて3分程度の好立地。

グループの本店である「麺屋 一燈」と同じ通り沿い、すぐ近くです。



これまでは、「つけ麺 一燈」の屋号の看板が掲げられていたのが、
そこには「鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki」という看板が掲げられています。


暖簾も、白とネイビーで波のようなデザインが施され、白文字で小さく
屋号が記されたものになっています。


瓦張りの軒が特徴的なので、「つけ麺 一燈」を知らなかった人でも
すぐにわかるでしょう。



店内も、居抜きなので、そのまま。



入ると、右側に厨房があり、その前にストレートのカウンターが
8席分伸びています。



やや古風な雰囲気の木調の内装で落ち着く空間ですね。



そして、メニュー。


これも先ほどから触れていますが、「カモーンシリーズ」を受け継ぐ形。


ただ、日によってメニュー内容が異なっていて、やや複雑です。



まず、提供されているメニューですが・・・


具体的にいいますと、


カモーン2号だった「鴨白湯和えつけそば」。

カモーン7号だった「鴨出汁醤油そば」。

カモーン8号だった「鴨出汁塩そば」。


そして、「カモーン新作」である「鴨出汁つけそば」。


それと、数量限定の「鴨と三大地鶏の塩そば」。


これらで構成されています。



ただ、先ほども言いましたが、これが曜日によって提供が異なります。



まず、月曜日。


月曜日は、昼夜ともに「鴨白湯和えつけそば」の提供。



そして、これ以外は、まず、メインとなるメニューが「鴨出汁つけそば」。

これは、月曜以外は連日提供されます。


で、日曜、火曜、水曜が「鴨出汁塩そば」。

金曜、土曜が「鴨出汁醤油そば」。


さらに、月曜以外は全ての曜日で「鴨と三大地鶏の塩そば」が
数量限定で提供される仕組みになっています。



で、それぞれ、「特製」のバリエーションがあります。



ご飯ものは、「炙り鴨チャーシュー丼」、「鴨ひき肉丼」、「ライス」
などがあります。


それと、追加トッピング各種とドリンク類。




けっこう複雑です。



ただ、メインレギュラーである「鴨出汁つけそば」は常にあるので、まずは、
ここを狙っていくのが良いのかと。




で、ちなみに、このメニューは、3月のメニュー構成ですので、月が替わると、
限定メニューなどが変わってくる可能性もあるので、これについては、
お店のツイッターなどでの告知を気にしておくしかないですね。



ま、こんな複雑なメニュー構成ですが、共通しているのは「鴨」。


なので、まずは、メインである「鴨出汁つけそば」をいただきつつ、
もし、気に入れば、順番にメニュー制覇していくしかないですね。



僕も、初めてなので、当然のことながら「鴨出汁つけそば」をチョイス。


まずは、ここからですよね。




「鴨」は調理の仕方によって、どうしてもクセが出てしまう難しい食材。


これだけ「鴨」をメインに持ってくるというのは、自信の表れ。




楽しみですよね。





ということで、「鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki」の「鴨出汁つけそば」、
いただいてきましたので、早速ですが、感想の方をレポしていきましょう!





まずは、見た目から。

鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki -- 鴨出汁つけそば

黒いトレーにのせられての登場。


「麺」、「つけ汁」、「トッピング」が別皿に盛られた3皿構成。

シンプルかつキレイですね。


特に「トッピング」が別皿なので、すごくシンプルに見えます。




では、細かく見てみましょう。

鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki -- 鴨出汁つけそば_アップ

まずは、麺から。

鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki -- 鴨出汁つけそば_麺

キレイな麺線です。


しかも、麺が太い平打ち麺。

切刃8番ということで、かなりの太さですね。


この太い平打ち麺がキレイに流線型を描いています。


で、この麺が、ピンク色した出汁に浸かっているんですね。


この出汁、鴨、海老、浅利の出汁のようです。


このままで食べても美味しそうですね。



で、トッピング別皿ですので、麺と出汁以外は何もなし。




そして、つけ汁。

鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki -- 鴨出汁つけそば_つけ汁

これも、つけ汁のみ。


薄い茶濁色のつけ汁。


白湯なのはわかるのですが、そこまでの濃厚さは感じないですね。

中濃といった感じです。


表面には、鴨脂が張っています。




で、トッピング皿。

鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki -- 鴨出汁つけそば_トッピング

まず、メインは、鴨チャーシューでしょう。

これが一枚。


これに鴨の挽肉も添えられています。


で、青菜に穂先メンマに薬味の刻みネギ。


味変用にカットレモンも添えられています。


トッピングが別皿なのが、いろいろな食べ方を自由に楽しんでもらいたい
という配慮からのこと。



嬉しい配慮ですね。




美味しそうです。



楽しみ。






では、いただいてみましょう!





まずは、つけ汁にはつけずに麺をそのままいただいてみます。



切刃8番ですからね。

けっこうな太さです。


スルスルと啜るというよりは、出汁につけながら口の中に押し込むように。


まずは、鴨の風味がフワリと広がってきて。

ほんのりと海老の香ばしさ、浅利の風味も追いかけるように。


贅沢な出汁汁ですね。


あっさりとしつつもしっかりと出汁が効いているので、このままでも
十分いただけちゃいます。


確か別売りトッピングで「塩」というのがあったと思うのですが、
「塩」があったら、この「出汁」だけで一杯いただけちゃいそうですね。


というのも、麺の美味しさもあるから。


太く歯応えのある麺。

コシが強くハリがあって。


しかも、モッチリ。


加水率が41%もあるらしく、モッチリ感もハンパないです。



美味しい。


これは、つけ汁に潜らせるのが楽しみになります。



では、つけ汁につけていただいてみましょう!



まずは、一掴みつけ汁に潜らせて・・・



すでに出汁の旨味を纏った麺。


これに鴨白湯のややトロミ感じる汁がさらに纏って。


ズズッと啜ると、鴨の風味が鼻を抜けて香りが広がって。



濃厚すぎず、中濃なので、白湯の濃さも感じつつもサラリとして、
そして、醤油の程良い塩味も広がって!



いや、これは、美味い!


鴨のクセも感じず、旨味のみを抽出した鴨つけ汁。


さすが、「鴨」を看板にするだけのことはありますね。



さきほど、トッピングが別皿なのは、自由な食べ方をしてもらうための
店主の配慮だと言いましたが・・・


それはそれでそうかもしれないですが、実は、「かけ」でも美味いという
自信の表れでもあるのではと思ってしまいます。


実際に、トッピングがなくても出汁に浸かった美味しい麺と
鴨の旨味たっぷりのつけ汁さえあれば美味しくいただけます。


トッピングは、あくまでも付属という感じ。



でも、鴨チャーシューは、やはり秀逸。

臭みもなく美味しいです。


サクサク穂先メンマも青菜も美味い。



麺を啜っては、トッピングを摘んで。


交互にいただく。




で、後半はカットレモンを絞ってさっぱりといただく。




これは最後まで箸が止まらない。



一気に完食です。




美味しかった~。



そして、〆には、麺の入っていた出汁をつけ汁に入れてスープ割り。

鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki -- 鴨出汁つけそば_スープ割り

海老、浅利の出汁も加わって旨味たっぷり。


さらには、卓上に置いてあるポットには魚介出汁の温かい割りスープも。



最後は、この温かスープでも割っていただいてフィニッシュ!




いや~、美味しかった!




なるほど、連日行列なのもわかりますよね。



ちなみに、書き忘れましたけど、昼営業は、朝九時に行けば開店時の
整理券を、夜営業は17時に行けば整理券がもらえるシステムにもなっています。


これは、ぜひ、再訪して、別のメニューも狙いたいところですね。



鴨は大好きですし、ぜひとも、「鴨出汁醤油そば」か「鴨出汁塩そば」を
いただいてみたいです。




美味しかった。




ご馳走様でした!

鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki(鴨出汁つけそば)

[データ]
●店名:鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki
●住所:東京都葛飾区東新小岩1-3-7
●交通:JR総武線「新小岩」より徒歩3分
●営業:[月・火・金~日]11:00~15:00・18:00~21:00/[水]11:00~15:00
●定休:木曜




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■つけめん(醤油) [ 東京/鴨(白湯) ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント