FC2ブログ
プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
真鯛らーめん 麺魚 神保町店@神保町 / 真鯛らーめん(スモーク真鯛)
真鯛らーめん 麺魚 神保町店
真鯛らーめん(スモーク真鯛)

[訪問日]
2020年4月2日(木)

[評価]★★★★☆

真鯛らーめん 麺魚 神保町店 -- 真鯛らーめん(スモーク真鯛)


ご存知、鮮魚ラーメンの人気店「真鯛らーめん 麺魚」。


2016年に錦糸町にオープン、鮮魚ラーメン界に旋風を巻き起こして以来、
その勢いとどまること知らずといった感じで。


あまりに人気がありすぎて、キャパが足りなくなり、2017年には、
20m先の近所に移転するくらい。


で、そのもともと「麺魚」があったところには、「鴨」をコンセプトに
2号店というかセカンドブランドというか「中華そば 満鶏軒」をオープン。


これが、2018年。


さらに、翌年の2019年には、「錦糸町パルコ」のフードコート内に
3号店となる「真鯛らーめん 麺魚 錦糸町パルコ店」をオープン。


ホント、「飛ぶ鳥落とす勢い」とはこのことですよね。




にもかかわらず、未だに「麺魚」に未訪という僕・・・。


2号店の「満鶏軒」には何回かお邪魔してるんですけどね。
 ⇒ 「中華そば 満鶏軒 / 鴨中華そば(塩)」の記事
 ⇒ 「中華そば 満鶏軒 / 鴨中華そば(醤油)」の記事



で、そうこうしているうちに、それまで、錦糸町界隈をメインに
展開してきた「麺魚グループ」。


いよいよ墨田区外に進出してきたんです。



それが、今回の「真鯛らーめん 麺魚 神保町店」というわけです。


ホント、いよいよ多店舗展開開始といった感じでしょうか。



神保町という、僕が良く行き来している街にオープンしたとあれば、
さすがにお邪魔しないわけにはいきません。


ようやく「麺魚」デビューとなったわけでして。



オープンしたのが、3月ですから、「麺魚」が創業してから丸4年、
5年目にして初めて訪問ということになりますね。


やっとです。




ということで、今回は、「真鯛らーめん 麺魚 神保町店」です。




店主さんは、もちろん、橋本友則さん。

今では、「株式会社 麺魚」という法人にしていて、代表に就かれている
橋本社長ですね。


橋本さんは、かなりいろいろなキャリアを積んでこられてる方。


詳しいことは、先ほどのリンク先記事で触れてるので、参照してもらえれば
と思うのですが・・・




で、今回、オープンした「真鯛らーめん 麺魚 神保町店」。


まさに、神保町のど真ん中。


「神保町」から歩いて2分程度、靖国通り沿いという最高の立地です。



お店は、お馴染みの黒地に凹凸のある金色の筆文字で屋号が記された
看板が掲げられているので、すぐにわかると思います。


目立ちますから。



ラーメン店、うどん店等、いくつも入れ替わっている店舗の跡地。

そのまま居抜きで入ってるようですね。



やや間口が狭い、奥に長い店舗です。


厨房が一番奥にあって、そこへ向かう長細いスペースに壁に向かって
カウンターが伸びています。


ここには8席あるのですが、奥には、反対側の壁に向かったカウンター席
3席もあります。


ちょっと狭めではありますが、十分なキャパ。


カウンターも広々していて、清潔感もあって良いですね。



ただ、お店の構造上、お店の方とのコミュニケーションがとりずらいのが
残念ですけど・・・。




さて、そして、肝心のメニュー。



僕は、まだ、錦糸町の本店にお邪魔したことがないのですが、どうやら、
メニューが若干違うようですね。


もちろん、メインとなるメニュー「真鯛らーめん」は変わらずです。

ただ、トッピングが違ったり、「神保町店」でしか食べられないメニューも
あったりと、本店との差別化を計っているようです。



では、詳細を。



まず、基本は、カテゴリーとして3種類。


「らーめん」、「つけ麺」、「油そば」の3つがあります。


で、この3つの種類の中で、さらに味が3つに分かれています。


まずは、本店と同じく「真鯛らーめん」、「真鯛つけ麺」、「鯛油そば」。

この3つ変わらずです。


バリエーションも、「特製」、「味玉」、「真鯛ほぐし」、「雑炊セット」
といった具合で本店と同じです。

ただし、「鯛油そば」は、「特製」のみのバリエーションですが。



そして、「神保町店」には、これ以外に「神保町店」でしか食べられない
2種類の味があるんですね。


それが、「サーモンらーめん」と「帆立らーめん」の2つです。

もちろん、「サーモンつけ麺」、「サーモン油そば」、「帆立つけ麺」、
「帆立油そば」もあります。


バリエーションも「真鯛」と同じ内容です。


「ほぐし」は、当然ですが、「サーモンほぐし」と「帆立ほぐし」に
なっています。



この2つが、神保町オリジナルとして提供されています。


ただ、「帆立」は、実は、3月までは「甘えび」だったんですよね。


もしかしたら、このメニューは期間限定で入れ替わっていくのかもしれなく、
「帆立」もレギュラーではないのかもしれません。



そして、もうひとつ、本店と違う点。


トッピングが選べるんです。


通常であれば、トッピングは、「スモーク焼豚」がのります。


ですが、これが、それぞれ、「スモーク真鯛」、「スモークサーモン」、
「スモーク帆立」のどちらかから選択できるようになってるんです。


さらに、今後、「醤油味」のスープも提供予定だとか。



かなり本店とは違うメニュー構成になってますよね。



本店は、本店らしく「真鯛」に特化している。

スープも「塩」だけ。


しかも、「濃厚」がある。


本店っぽさがあって良いですね。



そして、各種追加トッピングに、単品での「雑炊丼」や「ご飯(ひとめぼれ)」
が用意されています。


ドリンクは、ビールのみで、ソフトドリンクはないです。




ザッとこんな感じの構成です。



かなり豊富なメニューですね。


目移りしちゃいそうです。




ただ、僕の場合、本店、錦糸町パルコ店通して、「麺魚」は初なので、
やはり最初にいただくのは「真鯛らーめん」にしたいなと決めてました。


でも、トッピングだけは、神保町店オリジナルの「スモーク真鯛」にして。


「焼豚」の方は、やはり本店で最初にいただいてみたいかなと・・・

近い将来お邪魔するつもりなので。


それと、神保町店オリジナルのメニューも後からいただくことが
できますからね。



なので、僕が選んだのは、「真鯛らーめん」の「スモーク真鯛」。




初めての「麺魚」。



楽しみですね。





ということで、「真鯛らーめん 麺魚 神保町店」の「真鯛らーめん」、
いただいてきました!



早速ですが、感想の方をレポしていきましょう!





まずは、見た目から。

真鯛らーめん 麺魚 神保町店 -- 真鯛らーめん(スモーク真鯛)

お馴染みの「麺魚」のロゴマークがデザインされた多用丼で登場です。


「麺魚」は初めてなので、お馴染みというのもおかしいのですが、「満鶏軒」が
これの「鶏バージョン」のロゴだったんで。

初めてな気がしない・・・(笑)



で、その丼顔は、とてもシンプルな内容で、良い感じです。


ものすごい湯気が立ち上っていて、熱々って感じです。





では、細かく。

真鯛らーめん 麺魚 神保町店 -- 真鯛らーめん(スモーク真鯛)_アップ

まずは、スープ。


白濁としてスープ。


清湯とも白湯ともとれそうな、ちょうど中間くらいのスープ。

濃厚そうにも見えますが、サラサラ感もあって飲み口が良さそうです。


真鯛100%のスープだそうです。



麺は、全粒粉入りの細麺。


加水はやや低めな感じで、サクサクとした食感が想像できます。

喉越しも良さそう。



そして、トッピング。


まずは、メイン。

これは、「スモーク焼豚」と「スモーク真鯛」から選んだもの。


2切れのってるんですが、「真鯛」をスモークした上に、皮を炙っているよう。

こんがりと焦げ目がついていて香ばしさが伝わってきます。


で、この「スモーク真鯛」の下には、炙った「真鯛のほぐし身」も
隠れているんです。


上には、薬味として「柚子ペースト」が添えられています。


これ以外は、小松菜が盛られているだけ。


かなりシンプルにまとめてますね。



これで、十分ということでしょうね。


自身のほどが窺えます。



とにかく、香ばしい香りが立ち込めていて美味しそうです。





早速いただいてみましょう!




まずは、スープから一口。



ん~!


鯛全開ですね!


まさに、「真鯛らーめん」。


真鯛の旨味が凝縮されていて、これでもかというほど真鯛を感じます。


見た目の白濁としたスープから、濃厚そうにも見えたのですが・・・


飲み口スッキリ。

とてもサラサラなんです。


塩味も角がなく穏やかで、鯛の素材の味が伝わってくるようなチューニング。



で、なによりも、すでに最初の方から感じ取れる香ばしさですよね。


これが、けっこうスープにも移っていて、すでに全体を支配してる感じ。


でも、この香ばしさが良くて、印象としては「焼き魚」を食べてるような
錯覚を覚える味なんですよね。



いや、これは美味しい!



初めて味わう「鯛」のラーメンかも。


けっこう後を引くスープで、レンゲが止まりません。



ただ・・・


この香ばしさの影に隠れて消えているはずの鮮魚の生臭ささが、時々ですが
鼻腔を掠めていくんですよね。

でも、すぐに、香ばしさで掻き消されるので問題ないのですが、スープ自体は、
鮮魚のマイナスポイントを消しきれてないのかもしれません。


ただ、それを払拭するためなのか、香ばしさを出して工夫しているのが
功を奏していて美味しくなってますよね。




そして、麺。



全粒粉入りの細麺は、予想していた通りのサクッとした食感。


食べていて心地良いですね。


スルスルッとした喉越しも良いですし。


真鯛の旨味たっぷりのスープをしっかりと吸い上げて美味しい麺です!




で、トッピング。


スモークした真鯛。



一言。

これは、美味いです。



心地良い燻香と炙った皮の香ばしさ。


ソフトな食感の鯛の身。

サクッとした皮。


おそらく「焼豚」も美味しいのでしょうけど、これにして正解。


ちょっと贅沢なトッピングですね。



で、その下に潜っている「真鯛のほぐし身」。


これも香ばしくて美味しいんです。


これは、麺とも絡めて食べれるし最高ですね。



さらに、シャキッとした小松菜でさっぱりと口直し。

さらにさらに、柚子ペーストを混ぜれば、清涼感も加わって。



鮮魚のクセをなくそうというトッピング、薬味構成が素晴らしい。



で、これに加え、お好みで薬味を追加することもできるんです。


「わさび」、「柚子胡椒」、「生姜」。

希望する人は、スタッフに声をかければもらえるんです。


希望すれば、3つとももらえるのですが、全部混ぜると味がわからなく
なっちゃいそうなので、大好きな「柚子胡椒」だけもらいました。

真鯛らーめん 麺魚 神保町店 -- 真鯛らーめん(スモーク真鯛)_柚子胡椒

で、最後の方に、この柚子胡椒も混ぜて・・・


清涼感とともに、独特の辛味も加わって最高ですね。

良い味変になります。



真鯛の旨味に始まって、香ばしい香り、柚子の清涼感、お好み薬味で
味変という、しっかり段階を経て美味しい味を提供してくれる。



美味しかったです。



あっという間に完飲完食です。

あとで後悔したのですが、これ、雑炊はマストなのかも。


ま、でも基本のラーメンをいただければ満足ですが。




これは、これまでお邪魔してなかった錦糸町の本店。


ますます行かなければいけなくなりましたね。



「真鯛」に特化している分、本店の方が美味しいような・・・


それは思い込み?



でも、行かなければ!


楽しみが増えました。




神保町でも、「真鯛」以外のメニューもいただきたいですしね。



神保町であれば、お邪魔する機会も多くなりそう。


今後も楽しみです!





ご馳走様でした!

真鯛らーめん 麺魚 神保町店(真鯛らーめん(スモーク真鯛))

[データ]
●店名:真鯛らーめん 麺魚 神保町店
●住所:東京都千代田区神田神保町2-2-38 小林ビル 1F
●交通:都営新宿線・半蔵門線「神保町」より徒歩2分
●営業:[月~日]11:00~22:00
●定休:無休




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■塩らーめん [ 東京/魚介(鮮魚・清湯) ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント