FC2ブログ
プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
青島食堂 秋葉原店@秋葉原 / 青島ラーメン
青島食堂 秋葉原店
青島ラーメン

[訪問日]
2020年4月10日(金)

[評価]★★★★☆

青島食堂 秋葉原店 -- 青島ラーメン


秋葉原界隈では、最も人気のあるお店のひとつ「青島食堂 秋葉原店」。

とにかく毎日すごい行列で、それが途切れることがないほどの人気ぶり。


その「青島食堂 秋葉原店」に、なんと7年振りにお邪魔してきました。



以前にも、このブログで取り上げたことはあるのですが・・・

改めてお店の紹介も含めて取り上げてみたいと思います。




さて、「青島食堂」といえば・・・


一言でいえば、「長岡生姜醤油ラーメン」のお店。


しかも、「長岡生姜醤油ラーメン」発祥のお店です。



新潟には、「新潟5大ラーメン」というのがあるのはご存知だと思います。

・「新潟あっさり醤油ラーメン」
・「新潟濃厚味噌ラーメン」
・「三条カレーラーメン」
・「燕三条背脂煮干しラーメン」

そして、

・「長岡生姜醤油ラーメン」


この「長岡生姜醤油ラーメン」を最初に作ったのが「青島食堂」なんです。



今では、「長岡生姜醤油ラーメン」を看板にしたお店はたくさんあります。


でも、元祖は、ココだということですね。



もともとは、鶏ガラの匂いを消すために生姜を入れたのがキッカケだったそうで、
偶然の産物だったようです。




そんな「青島食堂」。


創業は、1963年。


現在、「青島食堂」は、「株式会社 青島食堂」という法人になっているのですが、
その代表取締役の関武司さんの叔父に当たる方が創業したらしいです。


「青島食堂」という屋号は、創業店主の出身地である新潟長岡の青島町に
由来するそうです。



創業の店舗は、長岡市の宮内駅前にある「宮内駅前店」。


その後、「曲新町店」、「曙店」、「宮内店」ができ、新潟市には、
「東堀店」、「司菜 南万代店」、「司菜 朱鷺メッセ店」の3店舗、
そして、東京には「秋葉原店」ができて現在に至るというわけです。


一応、本店は、「宮内駅前店」だそうですが、運営本部があるのは「曙店」。

製麺部があるのが「宮内店」なのだそうです。



全部で8店舗あるというわけですね。

ちなみに、新潟市内に「西堀店」、「けやき通り店」もあったのですが
閉店しています。


意外にも多い。



そして、自家製麺だったというのも初めて知って驚いています。



しっかりとした会社組織として運営されてるようです。




で、その中でも一番若く、人気の高いのが東京の「秋葉原店」でもあるんです。




「秋葉原店」は、2009年にオープン。

そして、すでに11年目という・・・。



11年目というのに、いまだに行列の絶えない人気店。


すばらしいです。


本来は、発祥の地である「長岡」まで食べに行きたいところですが、
同じ味を「秋葉原」で味わえるのですから、僕らはラッキーですね。




で、僕らがお世話になっている、その「秋葉原店」について。


オープンは、先ほど触れたとおり。



場所も、もちろん「秋葉原」。


駅から、歩いて6分程度。


昭和通りを渡って浅草橋方面に向かった路地裏にあります。



「青島食堂」といえば、トレードマークは「青の看板」。

青地に黒文字で屋号が記されています。


ちょっと読みにくいところもありますが、「青」が意外に目立つので
わかると思います。


店舗もテナントというか、ビルの1階部分というか・・・


角部屋なんですけども、いつも側面のシャッターが閉まっていて、
入口も半分はシャッターが閉まっているという、ちょっと変な
店構えをしています。


ま、一番の目印は行列かもしれないですが。




店内は、入ると左側に厨房があり、そこを囲うように逆L字型の
カウンター席が9席あります。


カウンター席の背後には、待ち席も用意されています。


外には長い行列。

やっと中に入ったと思っても、中にも待っている人がいるという・・・


でも、回転が速いので、そこまで待つことはないと思います。




そして、メニュー。


メニューは、ひとつだけ。


「青島ラーメン」という「生姜醤油ラーメン」のみ。


これに、バリエーションとして「青島チャーシュー」というのがあります。



あとは、追加トッピング対応でカスタマイズする仕様です。



で、「青島食堂」監修の「生姜醤油ラーメン味」の「柿の種」も
販売されています。


そして、「生ビール」。



以上、とてもシンプルな構成。



ま、「青島チャーシュー」もいわゆる「チャーシューメン」なので、
特殊なメニューの種類があるわけではないので、わかりやすいですね。


要は、「生姜醤油ラーメン」のみということ。



選ぶ余地はありません。


「青島チャーシュー」も人気なのですが、僕は、久しぶりなので、
デフォの「青島ラーメン」を食べることにしました。


なにしろ7年振りですからね。



味はしっかりと憶えていますけど、改めて、味を思い出さないと。





ということで、「青島食堂 秋葉原店」の「青島ラーメン」、久しぶりに
いただいてきました。



早速ですが、感想の方をレポしていくことにしましょう。





まずは、見た目。

青島食堂 秋葉原店 -- 青島ラーメン

オーソドックスな、龍と双喜紋の模様の入った中華どんぶりに盛られて
登場です。


相変わらずなのですが、決して美しいとはいえない盛り付け。


かなり大衆食堂チックな雰囲気で。

ま、それも「昭和」の雰囲気で良いんですけどね。




では、細かく。

青島食堂 秋葉原店 -- 青島ラーメン_アップ

まずは、スープ。


けっこう濃い目の醤油ブラウンをした清湯スープ。


表面には動物系の脂が張っていて、薬味のネギが散りばめられています。


その中には、やや黄色い中細のストレート麺。

若干ウェーブがかっていますね。


モッチリとした食感が想像できる麺です。

これが、自家製麺だったのは知りませんでした。


で、トッピング。

まず、メインは、チャーシュー。


スライス気味のチャーシューは、大きさがランダムなものが4枚。

これ、最初、ロース肉だとばかり思っていたのですが、なんと「腕肉」
なんだそうで。


なるほど、大きさがまばらなのはそのせいだったのかと納得。


で、それ以外には、メンマ、ナルト、そして、ほうれん草が盛られ、
海苔が1枚浮かんでいます。



見た目からは、「生姜醤油」というのは全くわからない、オーソドックスな
「中華そば」という雰囲気のビジュアル。


普通に美味しそうな丼顔をしていますよね。





では、いただきましょう!




まずは、スープを一口。



「生姜醤油」なんだけど・・・

ガツンと生姜が効いていて、「生姜全開」という・・・


そういうわけではない。


どちらかというと、濃密な鶏ガラ醤油に自然に生姜の風味が溶け込んでいる。


そういった感じの味わいなのが、ひとつの特徴かな。



なので、確かに「生姜醤油」なんだけど、すごく自然に飲める。



というのも、例えば、醤油ダレにおろし生姜を混ぜていたりして生姜の
風味を出しているわけではなく、鶏ガラでスープをとるのと一緒に
生姜も混ぜてスープをとっているから。


だから、ダイレクトに生姜を感じるのではなく、「生姜の出汁」の
スープなので、自然に溶け込んだ生姜風味なわけです。


もし、ガツンとした「生姜風味」を期待している人には物足りないかも。



でも、ナチュラルで美味しいですけどね。




で、醤油味がけっこう濃密。



チャーシューを煮込んだタレも使った醤油ダレ。


調味料も相まってか、舌にビリッとくるかのようなしょっぱさがある。



ただ、このしょっぱさがクセになる「しょっぱウマ~」な味わいで、
美味しいんですよね。


チャーシューの煮汁を混ぜることで、豚の自然な油分も染み出て、
しっかりとしたコクも味わえるし。



この中毒性のある「しょっぱウマ~」な生姜醤油スープは、常に行列を
作らせるに十分値する味ですね。


ホント、行列が絶えない理由がわかります。




そして、麺。



お恥ずかしいことに自家製麺ということお知らなかったのですが・・・


中細のストレート麺は、ツルッとした口当たり。


喉越しも良く、食感はモチッとして。



美味しい麺です。



この麺、全て、長岡市の「宮内店」がある製麺部で製麺されているそうです。

麺は、何日か寝かせ、しっかりと熟成させてから使っているそうで、
かなり麺にもこだわっているのだとか。




さらに、具材。


メインであるチャーシュー。


ずっと「ロース肉」だとばかり思っていたのですが、これが「腕肉」。


この「腕肉チャーシュー」、しっかりと煮込んであって、柔らかい!


やや薄めにスライスされているので、麺に絡めて食べるのも良いですし。



大きさは、まばらなのですが、デフォで4枚も入っているのは嬉しい。


このチャーシューにもこだわりを持っているだけに、「青島チャーシュー」が
人気メニューなのもわかりますよね。



今回、久しぶりだったのでデフォの「青島ラーメン」をいただきましたが、
この「青島チャーシュー」と迷いましたからね。



で、シャクシャクのメンマに柔らか茹でほうれん草。


これらも美味しい。



海苔も麺に絡めていただいて。




あっという間の完飲完食!


なんか、以前食べたときよりも美味しく感じたのは気のせいかしら。


得した気分ですね。




いつも近くには行くのですが、行列のすごさに圧倒され足が向かず、
かなりインターバルが空いてしまった「青島食堂」。


これからは、ちょくちょくお邪魔したいですね。



今回は、そんな気にさせてくれる美味しさでした。



で、次にお邪魔したときは、絶対に「青島チャーシュー」を食べたい。

すでに決めています。



そして、機会があれば、本場・長岡の「青島食堂 本店」にも行ってみたい。


ぜひ、チャンスを作りたいですね。




美味しかったです。




ご馳走様でした!

青島食堂 秋葉原店(青島ラーメン)

[データ]
●店名:青島食堂 秋葉原店
●住所:東京都千代田区神田佐久間町3-20-1
●交通:JR山手線・他各線「秋葉原」より徒歩6分
●営業:[月・水~日]11:00~18:00
●定休:火曜




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■醤油らーめん [ 新潟/鶏+豚骨(長岡系生姜らーめん) ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント