FC2ブログ
プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
中華そば ひらくら@四谷三丁目 / 中華そば
中華そば ひらくら
中華そば

[訪問日]
2020年2月18日(火)

[評価]★★★☆☆

中華そば ひらくら -- 中華そば


今年1月にオープンしたばかりの「中華そば ひらくら」。


ついこの前まで「貝だしラーメン専門店 SALT AIR」という「灯花グループ」の
一店舗として営業していたのを、その店長がお店ごと譲り受ける形で独立。

「中華そば ひらくら」として、メニュー内容も一新してスタートしたのが
このお店。


もともとは、こちらは「灯花グループ」の1号店「塩つけ麺 灯花」として
営業していたお店。

その後、ここは、「塩つけ麺 灯花」 ⇒ 「吟醸煮干 灯花紅猿」 ⇒ 
「手打ち中華そば 麦の花」 ⇒ 「貝だしラーメン専門店 SALT AIR」
と創業店舗をコンセプトを変えてリニューアルしていってるんですね。



で、リニューアルしていった最後の「貝だしラーメン専門店 SALT AIR」の
店長だった方がお店を譲り受け独立したわけです。


ま、独立とはいいつつも、おそらく独立支援という形で「灯花グループ」の
一員ではあると思うのですが・・・



その独立した店長というのが、平倉佑樹さん。


もちろん、「灯花グループ」出身。



独立前の「SALT AIR」では、貝だしラーメンを提供していたのですが、
今回の独立にあたり、コンセプトを一新。


「いつでも・どこでも・誰にでも・美味しく食べてもらえる」

というのをコンセプトにメニューを考案。


結果、販売されることになったメニューは、昔ながらの「中華そば」。


これまで、「灯花グループ」として営業してきた店舗とは、やや違う赴きの
メニューですね。



楽しみです。





では、お店について。



お店は、先ほどら言っている通り、もともと「塩つけ麺 灯花」があった場所。

その後、何回もリニューアルしていますが、店舗自体はそのまま。


看板が変わっただけの建物。




場所は、四谷三丁目から歩いて3分程度の外苑東通り沿い。


席数は、わずか5席の極狭の店。


券売機は一番右にあるのですが、食券を購入したら、店外に出なければ、
左側の席には移動できないほど。



あいかわらずの狭さです。


ま、これは、変えられないし、これがココの店舗の良さ。



とにかく、店舗が狭いので、当然厨房も極狭。

なので、ワンオペ以外は考えられません。


平倉店主一人での切り盛り。




メニューは、先ほど言ったとおり、「中華そば」。


「昔懐かしの一杯」って感じです。



で、この「中華そば」一本で行くのかと思ってたのですが、なんと、
「味噌らーめん」もメニューの中にあって。


限定なのかとも思いつつ、でも、一応、レギュラーのようで。



つまりは、「中華そば」と「味噌らーめん」の2枚看板のようでして。



で、それぞれに「味玉」のバリエーションがあります。


他は、「ライス」、「メンマ」、「チャーシュー」の追加トッピング。

「ビール」に「ハイボール」といった全体的にシンプルな構成。



わかりやすいですね。



とりあえず、「中華そば」と「味噌らーめん」の2枚看板とはいっても、
やはり、もともとのコンセプト的には「中華そば」がイチオシなのかな?


そんなことを勝手に思って、迷うことなく「中華そば」をチョイス。



ま、「味噌らーめん」もそのうちいただければと思いますが。





ということで、「灯花」から独立した「中華そば ひらくら」の「中華そば」、
いただいてきました。



早速ですが、感想の方をレポしていきましょう!





まずは、見た目から。

中華そば ひらくら -- 中華そば

龍と双喜紋が描かれたオーソドックスな中華どんぶりで登場。

今まで同様にステンレスのトレーにのせられてますね。


どんぶりだけでなく、パッと見もオーソドックスな「中華そば」という感じで。

特に変化球的なものはなさそうです。





では、細かく。

中華そば ひらくら -- 中華そば_アップ

まずは、スープ。


若干濁り気味の清湯醤油スープ。

あまり濃い目の醤油という感じはないですね。


表面には、やや厚めの油層。


でも、サラサラの清湯で飲みやすそうです。



で、その中には、中細の縮れ麺。

ま、縮れ具合は、さほど強くなくウェーブ程度かな。


けっこうモッチリ感漂わせる麺です。



そして、トッピング。


かなり、シンプルです。


まずメインは、チャーシュー。


豚バラ肉の煮豚が3枚ものっています。

お得ですね。


で、やや細めのメンマ。


これに薬味の刻み青ネギ。



以上。


かなりシンプルです。


これで、ナルトでものったら、ホント「昔ながら」って感じです。





では、いただいてみましょう!



まずは、スープから一口。



豚骨をベースに煮干し出汁を合わせたスープ。

ただ、「永福町 大勝軒」とかの「豚骨煮干し」とは違いますね。


ほぼ、「豚骨」と「煮干し」の2つの素材がメイン構成となったスープ。

おそらく、これに他の乾物素材、野菜等も含まれているのでしょうけども、
あまり前面に出てきてはなく、感じるのは、「煮干し」と「豚骨」だけ。


さらにいえば、「煮干し」がスープを支配しているような感じも受けます。


正直言ってしまえば、スープの厚みはなく、深みもない。


でもって、カエシの主張も少ない。


じゃあ、スープの旨味で食べさせるのかというと、そこまでの旨味を
感じるわけでもない。


すごく懐かしく、優しく、丁寧に作られているんだけど、ちょっと物足りない。


正直な乾燥を言ってしまえば、そんな感じ。



美味しいのですが、爆発的な美味しさや感動はなかったですね。



ちょっと惜しいかな。



あくまでも個人的な感想で好みにもよりますので一概には言えませんが、
煮干しの臭みもちょっと気になりました。


胡椒が合うというか・・・

胡椒を入れて誤魔化さないと、僕的にはちょっと食べにくかったかな・・・


油のせいなのかしら?




そして、麺。



麺自体は、モチモチとした食感で美味しい。


啜り心地も抜群ですしね。


で、縮れた麺がしっかりとスープを絡めとるんですね。



でも、スープがあまり好みではなかったので、絡みが良い分、ややトーンダウン。



やっぱり惜しいですね。


麺が美味しいだけに、惜しい。




で、トッピング。



まずは、メインのチャーシュー。


薄味ですね。

柔らかさもほどほど。


3枚のっているのは嬉しいのですが、もう少し、チャーシューとしての
存在感が欲しかった。


メンマはコリコリとして、普通に美味しかった。


ネギもザクザクとして。





とりあえず、美味しく完食はしましたが、汁完とまではいかずでしたね。

おそらく、これからどんどんブラッシュアップしていくのでしょうけど、
今のままだったら、再訪はないかな。


個人的には、もっとスープの改良を望みますね。



やはり「灯花」からの独立ということで、それなりの看板を背負ってるので
期待が高まってしまうので、ハードルは高いです。


今後を楽しみにしたいですね。



それと、また「味噌らーめん」は未食なので、こちらも機会あれば
試してみたいですね。


「札幌スタイル」ということで、これは期待できそうです。



今後は、限定とかもやっていくようなので、そちらにも期待。




がんばって欲しいですね。





とりあえず、ご馳走様でした!

中華そば ひらくら

[データ]
●店名:中華そば ひらくら
●住所:東京都新宿区荒木町8-3 プチ藤ビル
●交通:丸ノ内線「四谷三丁目」より徒歩3分/都営新宿線「曙橋」より徒歩4分
●営業:[月・木~日]11:00~15:30・17:00~22:00/[火]11:00~15:30
●定休:水曜




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■醤油らーめん [ 東京/豚骨+煮干 ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント