FC2ブログ
プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
中華そば うお青@万願寺 / 上中華 醤油
中華そば うお青
上中華 醤油

[訪問日]
2020年7月11日(土)

[評価]★★★★★

中華そば うお青 -- 上中華 醤油


2018年の11月にオープンした「中華そば うお青」。


オープン当初から評判が良く、行きたい行きたいと思っていながら、
行きそびれていた宿題店です。


いつの間にか2年半以上が経過して、ようやくの訪問です。



中々、足の向かない場所にありますからね~。





さて、そんな「中華そば うお青」。


冒頭で触れたとおり、創業は2018年。


もともとフレンチ料理人として働いていた川久保彰人さんが、
独学でラーメンの世界へと転身、開業させたお店です。


独学ということは、ラーメン店での修行経験はないということですね。



にもかかわらず、オープン直後から人気沸騰、行列店になってるわけで、
すごいですよね。



屋号の「うお青」というのは、川久保店主が「鯖」が好きだそうで、
その漢字にゆらいしているということです。



ということは・・・


そうです、魚介をふんだんに使った出汁感溢れるラーメンを
提供してくれるお店なんですね。




冒頭で、中々足を運びにくい場所と言いましたが、場所は、
「多摩モノレール」の「万願寺」という駅にあります。

「万願寺」から歩いて5分程度のところ。


国道20号線日野バイパスからちょっと路地を入ったところにある
住宅街のど真ん中にあります。

ちょうど「土方歳三記念館」の並びの裏手にあります。


テナントビルの1階に入っているのですが、大きめな小豆色の
暖簾が目印ですね。


立て看板も出ているのでおそらくわかるでしょう。



ちなみに、20号沿いに2台分の専用駐車場もあるので便利です。





店内は、入ると左側に厨房があって、そこを囲うようにして
逆L字型7席があります。


ただし、現在はコロナ禍、間引きして5席での営業になっています。

消毒液もしっかり設置してあって、コロナ対策もしっかりと
とられていますね。


店内には、待ち席も配置してあります。


無理すればテーブル席も置けなくはないスペースになっていて、
割りと広々贅沢に使っています。



切り盛りは、基本、川久保店主のワンオペ。

アシスタントで女性の方が入られてるときもあります。





さあ、そして、肝心のメニューです。


メニューは、シンプル・・・なのかなぁと思ったのですが、実は、
そうでもないんですね。


というのも、簡単に説明すると・・・

「上中華」、「淡麗中華」、「中華」という3種類があるのですが、
普通であれば、「上中華」は、「中華」あるいは「淡麗中華」の
「特製」のように考えると思います。

いわゆるバリエーションですよね。


ですが、このお店の場合、「上中華」、「かけ中華」、「淡麗中華」、
「中華」は、全く別物のメニューなのだそうです。

スープも、カエシも、具も違うのだそうで。


なので、僕のいつもの「特製」ではなく、基本のメニューを
とか言って、「中華」を頼んだりすると失敗するわけです。



一応、これを踏まえたうえで。



で、メニューは、「上中華」、「かけ中華」、「淡麗中華」、「中華」
の4種類があります。


このそれぞれに「醤油」と「塩」があります。

ただ、「上中華」は、「海塩」になってます。



実は、ついこの6月までは、「海塩」ではなく「白醤油」だったのが、
7月からリニューアルしたようです。


ただ、川久保店主によると、年末くらいには、また「白醤油」を
やりたいとおっしゃってましたが。



で、さらに、「煮干しの日」というのがありまして。


この日は、「上煮干し」、「淡麗煮干し中華」の「醤油」と「塩」が
あります。

この「煮干しの日」は、特に曜日が決まってるわけではなく、
SNSで発信さあれるそうなので要チェックですね。



もちとん、限定メニューもあります。


これもSNSチェックですね。



あと、ご飯もの。


ご飯ものは、「ツナ玉海苔丼」というのが新メニューで発売されていて、
その他は、日替わりご飯として、「温玉のっけご飯」、「豚と温玉丼」
というのがあります。

もちろん、普通の「ご飯」もあります。


あとは、「瓶ビール」ですね。




で、メニュー冒頭の話に戻りますが、普段であれば、僕は、「中華」、
あるいは「淡麗中華」なんかをチョイスしてしまうのですが、
今回は、失敗せずに「上中華」をしっかりと選びました。


味は、「醤油」。



実は、川久保店主、まだまだ自分のラーメンは未完成と思ってるらしく、
同じ「上中華」でも、これまで何回もブラッシュアップされているようで、
昔の「上中華」を食べることはできません。


常に通っていた人でなければ食べられなかった味。


ですから、僕も遅れての初訪なので、「今の味」しかいただけない。


ま、仕方ないですね。


でも、間違いなく進化しているはずなので、「今の味」を楽しむ、
これに尽きますね。





ということで、2年半越での初訪「中華そば うお青」の「上中華」、
これを「醤油」でいただいてきました。


早速ですが、感想の方をレポしていきましょう!





まずは、見た目から。

中華そば うお青 -- 上中華 醤油

オーソドックスな白い切立丼に盛られての登場です。


丁寧な盛り付けで、川久保店主の仕事へのこだわりを感じさせる顔。

これを見ただけで美味しさが伝わってきます。



これは楽しみです。





では、細かく。

中華そば うお青 -- 上中華 醤油_アップ

まずは、スープ。


キレイな醤油ブラウンをした清湯醤油スープですね。

油分は、さほど厚くはなくちょうど良さそうな感じです。


で、このスープには、まさに旨味成分がたっぷり詰まっているかのような
若干の粉状のものが浮いていて。


これは、旨味たっぷりでヤバそうな予感です。




このスープの中には、全粒粉入りの中細平打ち麺が、キレイに
麺線を整えられて盛られています。


加水はやや低めで、歯切れが良さそうな麺です。



そして、センターに並べられたトッピング。


まず、1番手前から。


鶏モモ肉のチャーシューですね。

しっかりと炙られていてこんがり。

見るからに香ばしさが伝わってきます。


これが2枚のってます。



で、その上部。


ここには、低温調理したピンクレアな豚肩ロースのチャーシュー。

ジューシーで美味そう。


歯の食い込み、歯応えが楽しみなチャーシューです。


これも2枚のってます。



さらに、上部には味玉がひとつ。



で、チャーシューの上には、ブラックペッパーが振り返られていて、
刻んだアーリーレッドが丁寧にのせられ、脇には、これまた丁寧に
カイワレがのせられています。


どんぶりサイドには海苔が一枚刺さっていて。



美しい。


そして、美味しそうな丼顔です。



これは、間違いなさそうですね。





では、いただいてみるとしましょう!




まずは、スープから一口。




うおっ!



これは、なんと!



一口目から広がるこの出汁感は何?


すごい出汁感なんですけど!



醤油味とか、魚介の旨味と、鶏の厚みとか・・・


そんなことよりも、「出汁感」が一気に口の中に広がってくるんです。


当然、その出汁というのは魚介からくるものなんですけど。



鯖節、うるめ節などを中心に使っているようなんですが、「節感」
というよりも、それらから抽出された旨味成分たっぷりの「出汁」
がすごいんです!


ベースには、鶏の丸鶏も使っているようですが、あくまでもサポート。

中心は、魚介から滲み出た「和出汁」。


何の嫌味もなく、ホント、旨味だけが抽出された感じで、
じわじわと広がってくる優しく美味しい出汁だけが舌を
刺激してきて。



これ、特に醤油味でなくても、この「出汁感」だけでスープを
飲めちゃうんじゃないかというくらい。



ものすごい美味いんですけど!



油も、サバ油か何かを使ってるんでしょうかね。


風味が心地良いです。

オイリーではないので、バランスが良い。




で、さらにこれにキレのある醤油味が広がるわけですから。


カエシの醤油には、イワシを発行させて作った「よしる醤油」
というのが使われているそうで。

これ、魚醤とは違うのかな?


と思ったら、やはり魚醤ですね。


このカエシにも魚介の旨味が詰まっているわけです。



この醤油味で、美味さがまたまた倍増です!



レンゲが止まらんです。




そして、麺。



麺は、加水低めの歯切れの良い麺。


サクサクパツッとした食感は、食べていて心地良い。

喉越しも抜群ですし、啜り心地も良い。


しっかりと旨味たっぷりのスープも吸い上げてくれるし。



美味いなぁ~!




で、具材。


これも贅沢ですよね。


2種チャーシューが2枚ずつ。



まずは、鶏モモ肉のチャーシュー。


しっかりと炙ったモモ肉は、中身は柔らかくしっとりサクッとして、
表面は、こんがり香ばしくて。


この香ばしさがスープにも移って最高!




でもって、もうひとつの豚肩ロース。


これが低温調理したピンクレアなチャーシュー。


しっとりとした肉感がたまらないです。


噛むと食い込む歯応えがクイッと柔らかく美味い!


味もジューシーで間違いないし!



で、上にかかっているブラックペッパーもアクセントになって。



美味い!


豚も鶏 こんなに美味くて2枚ずつとは、なて贅沢なんでしょう!



で、半熟とろ~り黄身の味玉。

甘味抜群で最高ですね。



カイワレの自然な辛味の良い箸休めになるし、ポリポリとした
食感の刻んだアーリーレッドがまた美味いんです!

僕の大好物。


最高の薬味ですよね。



海苔もしっかりとしたトッピング。


麺に絡めてスルッといただいて。





いや~、美味かった。



最高に美味かった。




なんで、2年半も放置しておいたのでしょう。


後悔先に立たずとはこのことで。



オープン当初は、今とは、また別のメニュー構成。


どんどんブラッシュアップして今のメニューになったわけですが、
全てを知りたかった。


現在のも美味しいですが、食べ逃したのはかなり悔やまれますね。



ま、仕方がない。


でも、今後はぜひ、食べ逃さないようにチェックしておかないと。

あ、別の限定はいいんですけどね。




美味しいレギュラーを逃したくないです。




とりあえずは、今の味で「上中華 海塩」、これをいただかないと!


そして、「淡麗中華」、「中華」とかも味比べじゃないですけど、
食べて比べてみたいですね。



車で30~40分。


ま、行けなくはないかな。


がんばって再訪して、いろんな味を試してみたいです。




完璧な美味しさでした!



ご馳走様でした!

中華そば うお青

[データ]
●店名:中華そば うお青
●住所:東京都日野市石田2-9-1 アイビル 1F
●交通:多摩モノレール「万願寺」より徒歩5分
●営業:[火~土]11:00~売り切れまで
●定休:月曜・日曜




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■醤油らーめん [ 東京/鶏+魚介 ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント