FC2ブログ
プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
中華そば 成城青果@芦花公園 / 塩そば(並) + 肉丼
中華そば 成城青果
塩そば(並) + 肉丼

[訪問日]
2020年7月11日(土)

[評価]★★★★☆

中華そば 成城青果 -- 塩そば(並)
中華そば 成城青果 -- 塩そば_肉丼


6月にオープンしたばかりの「中華そば 成城青果」。

「青果」という八百屋のようなラーメン屋らしからぬ名前のせいか、
オープン時から話題に上がっている新店です。


僕も興味深々。

ご他聞に漏れずにお邪魔してきた次第で。




さて、この「成城青果」というお店。


実は、前身は、「MARUJI SECOND」という日本酒バーで、このバーの
業態変更のような形で、そのまま居抜きで入っているんですよね。



それもそのはず。


こちらの店主さん、前進である「MARUJI SECOND」や、そのメインブランドの
「やきとんまるじ」というお店のオーナー店主である誉田政貴さんなんです。


誉田さんは、2015年に芦花公園に「やきとんまるじ」を開業。


その後、2017年に「下高井戸店」、2018年に「MARUJI SECOND」を、
2019年に「つつじヶ丘店」をオープン、合計4店舗を展開するやり手の
経営者なんです。


まだお若いんですけどね。



ただ、この誉田さん、「やきとん」の店を経営していたり、「日本酒バー」を
経営していたりしてましたが、実は、ラーメン屋になりたかったようなんです。



「成城青果」のインスタグラムでのプロフィールでは、

「ぼくのゆめはラーメンやさん」

と誉田店主10歳の時の作文には書かれていたという紹介文もあって。


「やきとん」のお店をやりつつも、ラーメン店を開くのが夢で、
今回ようやく叶ったということなんでしょうね。


で、「やきとんまるじ」はスタッフに任せて、ご自身は、奥様と
二人三脚でラーメン店を経営というわけです。




さて、で、不思議なのが、この「成城青果」という屋号。



実は、これは、誉田さんの曽祖父が経営していた「青果卸」に
由来しているようなんです。


「やきとんまるじ」の芦花公園本店は、「成城青果」の並びの
3軒隣りにあるのですが、そこは、もともとは、「八百治」という
曽祖父が経営していた「青果卸」の売店だったのだそう。


なるほど、「やきとんまるじ」のマークが○の中に「治」と
書いているのは、その名残りというわけですね。




ま、何はともあれ、誉田さん、曽祖父の営んでいた「成城青果」
という屋号をもらい受け、子供の頃からの夢だった「ラーメン店」を
オープンさせてしまったわけです。




ところで、その誉田さん、ラーメンは独学なのでしょうか?

どこかで修行はしなかったのでしょうか?



ま、いろいろとネットでは、つぶやかれていたりしますが・・・


「ラーメンが柴崎亭のものそっくり」とかね。

つまり、「柴崎亭」で実は修行していたのではという・・・



実際のところはわかりません。



ただ、実は、「やきとんまるじ つつじヶ丘店」は、「柴崎亭」の
道路を挟んでほぼ真向かいのお隣さんなんですね。


まあ、誉田さんにしろ、「柴崎亭」の三郎店主にしろ、お互いの
お店の常連だった可能性はあります。


ま、そんなことから、もしかしたら、多少の手解きは受けていたのかも。


だから、ラーメンも似てしまった。



そんなことを想像するのも難しくないですよね。



これもあくまでも想像ですし、事実はわかりません。



わかりませんが、結果、美味しいラーメンが生まれたのであれば、
万々歳ということで。






さて、前置きが長くなりましたが、そんな「成城青果」。


なんとも便利な場所にあります。


京王線「芦花公園」から歩いて1分程度。

千歳通りというメインストリート沿いにあります。


歩道の上はアーケードになっていて傘要らず。

便利な場所です。



お店は、「MARUJI SECOND」の居抜き。

外装も暖簾や表札を変えただけの、そのまんま。


木の格子が外壁となった和風の洒落た外観です。



店内は、奥にまっすぐ伸びていて、右側に厨房があって、その前に
まっすぐなカウンター席が6席あります。


こじんまりした店内です。



先ほども言ったとおり、誉田さんご夫婦とアシスタントの男性3人営業。


とにかく、元気が良いです。

溌剌としていて、気持ちが良い。





で、メニュー。



メニューは、現在のところ、「塩そば」のみ。


「塩そば」の「並」、「中」、「特大」の麺量のバリエーション。

そして、「味玉」、「肉増し」の追加トッピング。


あとは、店主さんオススメのご飯もの「肉丼」。


そして、若干ディスカウントされた「塩そばと肉丼お得セット」。

「塩そばと追い丼のセット」もあります。



実際は、「醤油そば」、「濃厚煮干しそば」、「冷やしそば」なども
ラインナップされていて、メニューも完成しているようなのですが、
順次リリースしていく予定のようです。


とりあえず、7月いっぱいは「塩そば」のみ。


8月くらいに「醤油そば」も始める予定だとのことです。





さて、こうなってくると選択の余地はないですね。


「塩そば」を頼むしかありません。


で、この「塩そば」と同時に評判になっているのが、ご飯ものの「肉丼」。



これも頼まないわけにはいかないですかね。


セットで30円ですがお得になってますし。





ということで、話題の新店「中華そば 成城青果」の「塩そば」&「肉丼」、
いただいてきましたので、早速ですが、感想の方をレポしていきましょう!



まずは、見た目から。

中華そば 成城青果 -- 塩そば(並)

まず、ラーメンですが、白い受け皿にのせられ登場。

どんぶりは、真っ白な切立丼。


けっこう分厚い陶器ですね。


先ほども軽く触れましたが、確かに「柴崎亭」の丼顔に似た感じで。


とにかく、こういうビジュアルですから、美しいんです。





では、細かく見てみましょう。

中華そば 成城青果 -- 塩そば(並) + 肉丼セット

まずは、麺の方から。

中華そば 成城青果 -- 塩そば(並)_アップ

スープ。


透き通った黄金色のスープ。


なので、わかりづらいですが、けっこうな油層ですね。


で、この油から、香ばしい香りが漂ってくるんですよ。


とにかく、透き通ったスープで、丼の底まで見てきそうなくらい。



その中には、中細のストレート麺がキレイな麺線を整えて盛られています。



で、その上には、大判の低温調理した肩ロースのスライスチャーシュー。

けっこうスープが熱々なので、せっかくのピンクレアに熱が通っちゃったり。


その脇には、太い材木メンマが2本置かれ、薬味として、センターに白髪ネギ、
トップに三つ葉が置かれているようなビジュアルですね。



いろんな人の画像を見ると、トッピングの位置に法則はなく、一杯ごとに
違うランダムな盛り付けのようですね。


僕的には、ここは、しっかりと考えた方が良いと思うのですが・・・



ま、いずれにせよ、美しいビジュアルなのには変わりありません。




美味しそうです。




そして、もうひとつの話題になっている「肉丼」。

中華そば 成城青果 -- 塩そば_肉丼

こちらも美しい。


ビジュアルだけ見るなら、サイドメニューとしておくにはもったいない。

メインを飾ってもおかしくない見た目です。


一時期流行った「ローストビーフ丼」を想起させますね。


丸く持ったご飯の上にキレイに被せ盛られたピンクレアの肩ロース。


で、ラーメンと同じく、白髪ネギが盛られ、トップには三つ葉。


ただ、この下には、フライドオニオンが振り掛けられ、ソースも
かけられていますね。



で、どんぶりが、ハット形のどんぶりになっているのですが・・・


そのサイドの庇部分には、ソースが点点点と3箇所。

そして、山葵が添えられています。


この配置も、バラバラで法則はないようです。

これも作った方が良いような・・・



ま、それでも、これも美しいです。

食べるのがもったいなくなるくらい。





さて、では、いただいてみましょう!




まずは、スープから一口。




もう、レンゲでスープをすくう前から、顔を丼に近づけたときから
漂ってくる香ばしい魚介の香り。


一瞬、「焼き干し」も使ってるのかなと思われるくらい香ばしい。



そのスープを一口飲んで・・・


むっちゃくちゃ熱い・・・


これは気をつけないと火傷しますね。


気をつけながらもう一口。



ん~、やぱり香ばしいですね~。


スープの味よりも、この香りがすごう先行してくる。


これは、出汁の香りというよりは、香味油の香りなんでしょうね。



あくまでも想像ですが、この熱々度からすると、ベースに使ってる油は、
ラードやごま油(?)だと思うんですよね。


それに、煮干し、それと宗田鰹を熱して香り付けした香味油を
使ってるんじゃないかな。


煮干しを焼いた、そして、宗田鰹を焼いた感じの香ばしさが感じられる。



でも、この香りがパンチがあって良いんですね。



ファーストインプレッションの掴みはOKって感じで。




で、その香り高い熱々スープを口にすると・・・



煮干し、鰹節の豊かな風味が広がってきて。


そして、円やかな塩味も同時に広がってきて。


塩味と同時に甘味も感じるスープ。

魚介の出汁の旨味もたっぷりで。


ノンアニマルだと思いますが、分厚くて。




これは美味しいスープですね。



店内のポップによると、数種類の鰹節、羅臼昆布、厳選した煮干しを
ブレンドしているとのこと。


なるほど。


噂に違わない美味しさで。



ただ、どういう意図で熱々にしたのかはわかりませんが、熱々も良いけど、
塩ラーメンだし、温度変化による味の変化なども楽しめてもいいかなとは
思いましたけどね。


熱々だと、そうはいかない。



それと、美味しいのですが、やはり、香味油をたくさん使っているのか
ややオイリーに感じたのは僕だけでしょうか?


ちょっと口がべちゃべちゃしちゃったかな。




でも、とても美味しいですけどね。



レンゲが進みます。




そして、麺。


やや加水が低めなのか、しっかりとスープを吸い上げ、食感も
サクサクパッツンとしたもので、歯切れが良い。


噛んでいて心地良く美味しいですね。




メンマも、太い割りにはサクッとしていて食べやすい。


チャーシューも美味しい。

ジューシーで低温調理ならではな感じもする。


でも、スープ熱々なので、ピンクレアなしっとり感が食べるタイミングで
損なってしまうので、ちょっと惜しかったかな。


「肉増し」の場合は、それを考慮して別皿で提供されるようですが、
デフォはそうはいかないですからね。


薬味の白髪ネギ、三つ葉は、後半くどくなりがちな油分大目のスープを
しかりと洗い流してくれて良い仕事をしてくれてます。




とにかく熱々なので、一気にというワケには行かなかったですが、
それでも食べ始めたら美味しくて、あっという間に完飲完食して
しまいました。


個人的な好みにもよるのでしょうけど、細かいところでは、今後、
さらにブラッシュアップしていく余地はあるのかなとは思いましたね。



でも、もし独学で、このクオリティーは素晴らしいと思います!





そして、ラーメンと同じく評価が高く、実際に美味しいのが、これ。

中華そば 成城青果 -- 塩そば_肉丼

たしかに、サイドメニューにしておくにはもったいない顔をしています。



箸では食べにくいというツイッター投稿などを見た誉田さんは、肉丼用にも
スプン型のレンゲを準備してくれてました。


ですが、僕は、箸で十分。


ご飯の上にのせてあるピンクレアチャーシューで、そのままご飯を
巻くようにして食べたら、ちょっとしたお寿司のようで。


すごく食べやすかったです。


ジューシーな肉の味、甘辛いタレと香ばしいフライドオニオンが
混ざり合って最高のハーモニー。


チャーシューが6枚くらいのってましたから、その数だけの肉巻き寿司を
食べれた感じで。


で、途中、添えてある山葵をディップして食べれば、鼻に抜ける辛さが
たまらなく美味しくて。

三つ葉や白髪ネギも絡めて食べたら、もう最高でしょう!



最後に少しだけ残ったご飯は、さすがに箸では食べにくいので、
レンゲで掻きこみましたが。



たしかに、このクオリティーはメインメニュー並み。


大きなどんぶりで食べたいくらいです。





いや~美味しかった。


「塩そば」も「肉丼」もすごく美味しかった。


ま、個人的な意見で、いくつか課題があるのかなと思ったりもしました。

でも、ハイレベル。


このクオリティーでも、そんじょそこらのラーメン屋さんよりは美味い!


すばらしいです!




そして、実は、僕が1番素晴らしいと思ったのは、接客なんです。


とにかく溌剌としていて元気が良い。


「いらっしゃいませ!」

「ありがとうございました!」

この言葉が、こんなにも響いてくるのも珍しいです。



で、手が空いているときは、出口まで誉田さん夫妻が出てきて、
深くお辞儀をして挨拶をしてくれる。


中々ないです、ここまで気持ちの良い接客。



僕も、しっかりと2人にお辞儀をされ見送られて店を後にしました。


料理の味だけでは得られない、最高の気分になれますよね。




ぜひとも、今後ともポリシーを曲げないでほしいです。


そして、さらに美味しいラーメンを提供してほしいです。

リリースを控えているメニューたちもたくさんありますからね。




今後に大きな期待です!




ご馳走様でした!

中華そば 成城青果

[データ]
●店名:中華そば 成城青果
●住所:東京都世田谷区南烏山3-1-11
●交通:京王線「芦花公園」より徒歩1分
●営業:[月~水・金]11:00~15:00/[土・日・祝]11:00~15:00・17:00~21:00※スープが無くなり次第終了
●定休:木曜




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■塩らーめん [ 東京/魚介(清湯) ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント