FC2ブログ
プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
麺処 あす花@水道橋 / 冷たいしおつけめん
麺処 あす花
冷たいしおつけめん

[訪問日]
2020年8月17日(月)

[評価]★★★★★

麺処 あす花(水道橋) -- 冷たいしおつけめん


「麺処 あす花」、ラストスパート!



若き美人店主の明日香さんが1人切り盛りしてきた「麺処 あす花」。



元々は、新橋の居酒屋の昼間を間借りして営業していたのが、一昨年の5月に
水道橋に独立店舗として移転オープンしました。


その後も、女手ひとつでがんばって営業してきました。



毎月、第四木曜、金曜のみ「居酒屋 あす花」として、新橋時代から続けてる
「居酒屋営業」を開催。


一体、何回開催したでしょう。



僕は、初回と水道橋に移ってからの途中一回を欠席しただけで、ほぼコンプ。




通常営業も、大体週イチくらいではお邪魔していたので、もしかしたら、
一番「あす花」のラーメンを食べているかもしれないくらいです。




そんな「あす花」・・・


前回の「あす花」の記事でもお伝えしましたが、8月29日をもって
閉店することに・・・



理由は、明日香さん出産のため。


とてもおめでたいこと。


とはいえ、お店がなくなるのは寂しい。



残り2週間と、カウントダウンに入り始めると、その寂しさも増して。




そうなれば、通うしかない。


そう思い、常連の端くれとしてラストスパートの「あす花」通いです。




そして、今回もわがままなオーダーを。




前回もそうでしたが、新橋時代に1ヶ月間だけ限定で出していた幻のメニュー
「つけめん」、今回もそれをオーダーしました。



この新橋時代、実は、数種類の「つけめん」を出していたんですね。


「つけめん」
「冷たいつけめん」
「赤いつけめん」


この3種類。


まさか、こんなに出していたとは・・・

正直、これは知らなかった。



ネットで検索していたら出てきたんですよね。



実は、明日香さん本人もうろ覚えな感じで(笑)



でも、実際に出してたんですね。




で、こんなに出していたと知ったからには、食べたくなるのは
仕方がないですよね。


特に、僕みたいなわがままな人間は(笑)




そんなことで、わがままオーダーをあらかじめ明日香さんにオファー。


快く引き受けてくれたので、お言葉に甘えてオーダーしちゃった
わけでして。




で、この日は、「冷たいつけめん」を食べたかったので、
それをオーダーしました。



僕の中では、「つけめん」、いわゆる醤油味の「つけめん」。


それの冷たいバージョンを想像していまして。



実際に、新橋時代は、醤油味の「冷たいつけめん」を提供
していたようでして。





ですが、明日香さんもうろ覚えの状態。



僕が、「冷たいつけめん」を食べたいといって出してくれたのが、
なんと、夏季限定で出している「冷たいしおらーめん」を「つけめん」に
アレンジしたものだったのです。



なんとも嬉しい誤算で。


あの名作「冷たいしおらーめん」の「つけめん」バージョンなんて
考えも及ばなかったので、そんなのが食べられるのはラッキー
ってなもんでして。




ということで、今回は、


「冷たいしおつけめん」


になったわけです。



まさかね。



これをやってもらえるとは思ってなかったので、ホント、嬉しい誤算。


わがまま言って良かった~!





ということで、「麺処 あす花」、わがまま限定「冷たいしおつけめん」、
いただいてきましたので、感想の方をレポしていきたいと思います。




「あす花」、閉店まであとわずか。


ラストスパートの食べまくりです!




それでは!






まずは、見た目から。

麺処 あす花(水道橋) -- 冷たいしおつけめん

前回の「つけめん」と同様に、赤い花柄模様の入った「あす花どんぶり」の
大小セットに盛られての登場です。

この大小セット、良いですよね。


そして、パッと見る限り、つけ汁が、なんとも「冷たいしおらーめん」を
小さく凝縮したような印象で。


ちょっと見ただけでも美味しいのがわかってしまうという・・・



これは、楽しみだな。





では、細かく見てみましょう。

麺処 あす花(水道橋) -- 冷たいしおつけめん_アップ

まずは、麺から。

麺処 あす花(水道橋) -- 冷たいしおつけめん_麺

これは説明するまでもないですね。


盛られているのは麺のみ。


あす花のストレートの細麺。



ビシッと冷水で〆られた麺。


前回の「つけ麺」よりも麺の量が多いです。



というのも、前回は、130gでオーダーしたのですが、新橋時代の
デフォが260gの2玉だったようでして。

逆に半玉オーダーを受けていたくらいのようでして。



であればと、今回はデフォの260gでオーダーしたのです。


なので、麺の量が前回よりも多い。



とはいいつつも、つけ麺って食べれちゃうんですよね。



これもペロリでしょうね!





で、つけ汁。

麺処 あす花(水道橋) -- 冷たいしおつけめん_つけ汁

まさにミニチュア「冷たいしおらーめん」って感じ。


細部は、もちろん違います。

でも、印象が似てますよね。



まずは、スープなんですが、まさにあの「冷たいしおらーめん」の
ややトロミがかった鶏魚貝の清湯スープ。


表面には宗田鰹を合わせた煮干し油が張っていて。


で、やや赤身がかっているのですが・・・


これは、つけ麺用に「甘辛酢」を用意してくれてるので、それのせいで
やや色が違って見えるようですね。



このスープの中には、「冷たいしおらーめん」にトッピングされている
鶏チャーシューをブロック状に小さくカットしたものがゴロゴロ。


で、長い穂先メンマも入っていて。



そして、何より特徴的な清涼感溢れる薬味が「冷たいしおらーめん」と
ほぼ同じなんですよね。



まず、千切りのきゅうりが盛られていて、笹切りしたネギをはじめ、
数種のネギが薬味の中心になっています。

ここに、大葉、茗荷が合わせられているんですね。



このきゅうりを含めた薬味たちが、実は、この「冷たいしおらーめん」
にとっては重要な役割でして、それがそのまま踏襲されていて。


もう、これだけで間違いないなって感じなんですけどね。






では、いただくことにしましょう!





まずは、麺をひとつまみ箸でつまんで・・・



ちょこんとつけ汁に浸けてスルスルッと一口。




あ~、「冷たいしおらーめん」と同じ香りが鼻を抜けていく。


香ばしい煮干しの香り。


麺を啜ると、よりその香りが抜けていって。

そして啜り終わり、麺を噛みしめ、絡みついたスープの味を
味わうころには、円やかな塩味、そして、鶏魚貝の風味も
口の中に広がってきって。


つけ麺にしている分、幾分塩味がシャープになっていますが、
そこがまた美味いんですよね。


とろみのあるスープにやや濃い目になった塩味。


キンキンに冷たく、この濃さを調和してくれる。




で、この良く冷水で〆られた細麺がまた美味い!



シコシコな食感で紙応え抜群。


最高です!





いや、美味いなぁ~!





どんどんと箸が進んで、260gの麺が見る見るうちに減っていきますよ。




チャーシューも、つけ麺用に細かくカットしてくれてるので食べやすい。

しっとり、周りは香ばしく美味しい!


麺と絡めたら最高ですね!



穂先メンマもサクサクと良い食感で。




そして何よりも薬味たちが絶妙の役割なんです!



まず、食感を存分に楽しめ、サッパリ感を演出してくれるきゅうり。


これが麺のシコシコと相性が良い!



ザクザクの数種ネギも抜群の相性ですね。




そして、形や食感よりも「香り」で魅了してくれるのが茗荷と大葉。


この2つが麺を啜るたんびに鼻を抜けていって得もいわぬ清涼感で。



これがあるだけでどれだけ味が変わるだろうと思えるほどの仕事。



美味すぎです。





そして、食べ進んでいくと次第に広がっていくのが甘辛酢の「甘辛酸」。


そこまで酸っぱくはなく、適度に酸味があって、それがじわりと
スープの中に広がっていって、すごく爽やか。


茗荷や大葉とは違った清涼感をもたらしてくれますね。



で、どんどんその味の強みが増していくのが辛味。


少量のはずなんですが、どんどんじわりと辛さ広がっていって。



これが食欲を促進するんだな。




煮干しの香ばしい香りから始まって、鶏魚貝の旨味、円やかだけど
やや濃い目の塩味。


これに具材の美味さ、薬味の美味さが加わり、甘辛酢で、味も
どんどん変化していく。


その全てを受け止めてくれるシコシコの細麺。



いや、良くできていますね。



ホント、美味いです。


「冷たいしおらーめん」を「つけめん」バージョンに即興で作ったとは
思えないクオリティーの高さ。




完璧ですね。




あっという間に完食です。



つけ汁、冷たいので、特に割らずにそのまま汁完しちゃいました!





いや、それにしても・・・


これは、もっと早くに気づいて「わがままオーダー」しておくんだった。



美味すぎた・・・




でも、最後に食べれて良かったですわ。




ま、まだ終わったわけではないですけどね。




まだ未食のものがありますから。


「あす花」閉店まで、わがまま言い続けますよ。




もうすでにいろいろとオーダー済みですので、近々にいただいてきます。



楽しみですな~。



それに、「アレ」も食べたいな。

改めてリクエストしないと。




いや~、あす花閉店まで2週間をきってますが、これは連日忙しい。


この2週間は「あす花漬け」になりそうです。




ま、ラストですから。


美味しいのをたくさんいただきましょう!




まだまだ「あす花ラストスパート」は続きますよ!




ご馳走様でした!

麺処 あす花(水道橋)

[データ]
●店名:麺処 あす花
●住所:東京都千代田区西神田2-5-8
●交通:JR総武線「水道橋」より徒歩5分/都営新宿線・他各線「神保町」より徒歩5分
●営業:[月・火・木~土]11:30~15:00/[水]11:30~15:00・18:00~21:00
●定休:日曜・祝日・第1・3土曜




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■冷やしつけめん [ 東京/塩(鶏+魚介+貝) ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
最新記事
リンク
最新コメント