FC2ブログ
プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
麺処 秋もと@市が尾 / 鶏節と鰹とスダチの冷し醤油
麺処 秋もと
鶏節と鰹とスダチの冷し醤油

[訪問日]
2020年8月21日(金)

[評価]★★★★★

麺処 秋もと -- 鶏節と鰹とスダチの冷し醤油(夏季限定・2020)


「市が尾」の行列店「麺処 秋もと」。


僕が最も食べているラーメン店であり、ブログにも最も登場している
お店のうちのひとつです。


もし、「麺処 秋もと」についての詳細は、下のリンクの記事を参照していただければ、
お店について触れてますので、良かったらどうぞ。
 ⇒ 「麺処 秋もと」について書いてある記事はこちら





さて、そんな「麺処 秋もと」。



約1ヶ月半振りの登場です。



前回は、久しぶりに「鰹油そば」をいただいたので、記事アップしました。
 ⇒ 「麺処 秋もと / 鰹油そば」の記事


この記事でもお伝えしたのですが、昨今のコロナ禍で、中々遠方まで
ラーメンを食べに行くのも難しいのもあって訪問機会も極端に
減ってしまっていました。


秋もとさんでは、営業自粛に伴なって、テイクアウトの冷凍ラーメンを
「おうち DE 秋もと」と名打って販売。


これがかなり好評のようで、今でも店内食に加えて販売しています。


僕も自粛期間中は、秋本さんに特別に配送してもらって。



で、前回の「鰹油そば」。


実は、この「鰹油そば」も、本来は調理済みの持ち帰りようとして
用意されたものなんですよね。


でも、店内食もできるようにしていて。


実際、お土産としても持ち帰り用のものを買って帰ったんですけどね。




で、今回。



今回は、毎夏恒例の「冷やし醤油」です。



今年は、コロナの影響もあって、あまり限定は期待していなかったので、
「冷やし」もやらないのかなと諦めていたんです。



ですが、今回、久しぶりにお店にお邪魔したら、なんと店内告知だけで
「冷やし醤油」が、まさにその日から数量限定で始まってたんです。



これは食べるしかないですよね。


今回は、たまたまお邪魔したその日から数量限定なので、これを逃したら
食べれないかもしれなかったし。



なので、迷わず、「冷やし醤油」をチョイスです。




個人的に、「冷やしラーメン」の中では一番多く食べてるのが、
「麺処 秋もと」の「冷やし醤油」なので。




実は、この「麺処 秋もと」の「冷やし醤油」、毎年、微妙に名前に
変化があるんですよね。



2016年 ⇒ 「冷やし醤油らーめん」
2017年 ⇒ 「冷やし醤油ラーメン」
2018年 ⇒ 「鶏節と鰹の冷やし醤油」
2019年 ⇒ 「鶏節と鰹と酢橘の冷やし醤油」


こんな感じの変遷で。




で、今年は、


「鶏節と鰹とスダチの冷し醤油」


という。




ま、特に意味はないと思うのですけどね・・・


中身もほぼ同じですし。






ということで、「麺処 秋もと」の夏季限定「鶏節と鰹とスダチの冷し醤油」、
いただいてきましたので、早速ですが感想の方をレポしていきましょう!






まずは、見た目から。

麺処 秋もと -- 鶏節と鰹とスダチの冷し醤油(夏季限定・2020)

いつもの「秋もと」ロゴが入った多用丼で登場。



毎度のことながら豪勢な盛り付けで、しかもキレイですね。


基本的に昨年と同じ内容になってますね。




では、細かく見てみましょう。

麺処 秋もと -- 鶏節と鰹とスダチの冷し醤油(夏季限定・2020)_アップ

まずは、スープ。




いつもながらの鰹油が浮いた醤油スープ。

冷製スープでも鰹感たっぷりです。



そして、そのスープの中にはストレートの細麺。

しっかりと冷水で〆られていますね。



その麺の上には、豪勢なトッピングが。




まず、一番手前には、2種類のチャーシュー。


豚肩ロースの吊るし焼きチャーシュー。

そして、鶏ムネ肉の低温調理したチャーシュー。


どちらも小さくカットされて食べやすくなってます。



豚肩ロースの吊るし焼きは、昨年からフィーチャーしたトッピング。

今年も健在ですね。



で、これぞ「秋もと冷やし」のオリジナルトッピング。

「山芋の山葵漬け」です。


これが2切れのっています。



その下には、レギュラーメニューでも使われているメンマ。



で、その隣には、水菜。

水菜の上には、赤パプリカのピクルス。



そして、「秋もと冷やし」の代名詞とも言える「出汁氷」がのっています。




で、トップには、薬味の白髪ネギとスライスした紫玉ネギが。

スライスした酢橘も添えられていて。




豪勢ですね~。


そして、相変わらず美味しいそうです。





さあ、では、いただいてみることにしましょう!





まずは、スープから一口。



キンキンに冷えたスープ。


レンゲで口に含んでみると・・・



鶏と鰹の節の旨味溢れる醤油スープが一気に口の中に広がってきます。


そして、醤油のコクと旨味も同時に広がって。



いや、昨年にも増して美味しいですね。


めっちゃ美味いです!



相変わらずの美味しさに脱帽です。


こりゃもうのっけからレンゲがとまらないです。





麺は、冷水でしっかりと〆られていてツルシコ食感。


チュルチュルとした啜り心地にシコシコとした食感で歯応え抜群!





そして、トッピング。



まず、やはり、チャーシューが美味しいですね。


吊るし焼きは香ばしく、鶏ムネ肉はしっとり。

鶏ムネ肉は、調理法のせいなのか、以前よりも食感が良くなって。


どちらも味がしっかりしていて美味しいです。



で、この「冷やし醤油」のメインといってもおかしくない「山芋」。


これが「山葵」で漬けられているのでピリッとした辛みと清涼感が
最高に美味しいんです。

山芋ならではのヌメリも良いんですよね。



メンマはコリコリ。

パプリカのピクルスは酸味を与えてくれて。



トップの薬味はサッパリとしてシャキシャキ食感で良い口直しで。




そして、食べ進むうちに溶け出した出汁氷がさらに旨味を加速してくれて
最高に美味しいんです。




そして・・・


最後は、別皿提供されている「酢橘」を搾って。




あっという間の完飲完食。


デッドに汁完です!





いや~、相変わらずの美味しさに脱帽です。


やっぱり、この「冷やし醤油」を一杯でも食べないと夏は終われない。


今年は諦めてただけに食べれて良かったです。




できれば、「冷やし味噌」も食べたいですね。


去年は食べ逃しちゃってますしね。




期待してます!




ご馳走様でした!

麺処 秋もと(鶏節と鰹とスダチの冷し醤油(夏季限定・2020))

[データ]
●店名:麺処 秋もと
●住所:神奈川県横浜市青葉区市ヶ尾町1157-1 東急ドエル市ヶ尾アネックスビル 1F
●交通:東急田園都市線「市が尾」より徒歩2分
●営業:[火・水・金~日]11:30~15:00・18:00~21:00/[木]11:30~15:00(スープがなくなり次第終了)
●定休:月曜/木曜午後/第一・第三火曜




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■冷やしらーめん [ 東京/醤油(鶏+魚介) ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
最新記事
リンク
最新コメント