FC2ブログ
プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
麺処 あす花@水道橋 / らーめん
麺処 あす花
らーめん

[訪問日]
2020年8月29日(土)

[評価]★★★★★

麺処 あす花(水道橋) -- らーめん(30回目・ラスト)


さて、ここ何回か閉店までカウントダウンということで取り上げてきた
「麺処 あす花」ですが・・・



8月29日(土)。


ついに閉店してしまいました。



こういうのをホントに惜しまれながらというのだろうなぁという思いが
込み上げてきて、なんともやるせない気持ちでいっぱいで。



でも、閉店してしまいました。





若き美人店主の明日香さんが1人切り盛りしてきた「麺処 あす花」。



元々、2016年の5月19日、新橋の居酒屋「東京酒場 一八屋台」の昼間を
間借りして営業するスタイルで開業。

麺処 あす花

それが、間借りしていた居酒屋の閉店とともに、2018年3月いっぱいで
やむなく閉店となってしまいました。


ただ、そのまま閉店ということではなく、これを機に独立開業を考え、
新たなスタートを切るべく物件探し。



で、最初は、両国にオープンするはずが、その話が急遽白紙に。


改めて、水道橋に物件を見つけ、そこにオープンすることに。



その間、約1ヶ月半、2018年の5月16日、水道橋で独立店舗として
移転オープンすることになったわけです。

麺処 あす花(水道橋)_オープン


この新店舗オープンが決定すると、「あす花」の常連20数名と
店主の明日香さんを交え、金町の「金町製麺」でオープンお祝いの
パーティーを開催したりもして・・・



ここまで深い関わりを持つことになるとは思ってもみなかったことで。






そんな「麺処 あす花」なんですが、僕がその存在を知ったのは、
当然のことながら、新橋でのオープンのとき。



ラーメンブロガーの記事で知りました。



「若い美人店主が一人切り盛りしている店があるらしい」

そんな程度で、いつか行ってみたいと思っていたのですが、昼営業のみ。


それも、昼の2時間しか営業していないとてもハードルの高いお店でした。


なので、中々チャンスが巡ってこなかったんですね。




それで、そのまま訪問しないままになっていたのですが・・・


あるときラーメン仲間の一人Hさんに、

「白い割烹着を着た美人店主のお店で居酒屋営業がある」

「一緒に行きませんか?」


そういうお誘いがありまして。



それが、2017年3月のこと。


お店がオープンしてからすでに8ヶ月近く経ってからのことです。



ちょうど「麺処 あす花」では、2017年の2月から月末に3組入れ替え制で
「居酒屋営業」をスタートさせてたんですね。

で、この居酒屋営業では、毎回、その日限りの「限定」がいただける。


そんな特別な営業が「居酒屋営業」。



それの第2回目の開催へのお誘いだったんです。

らーめん居酒屋 あす花_暖簾

こういうお店があることは知っていたので、誘われた瞬間に仕舞ってあった
記憶が蘇り・・・


二つ返事で、


「行きます!」



そして、そこから「麺処 あす花」との縁がスタートしたんですね。



まさか、その後、約3年半も続くとは思っていませんでしたが。




そこから、昼の営業にもお邪魔しつつ、毎月の居酒屋営業にも
欠席することなくお邪魔して。



新橋の間借り営業が終了してしまうときに、一番悲しかったのが、
「居酒屋営業」の終了でしたかね。



水道橋に移転してくれたのは、僕にとっては立地的に今までより
訪問しやすくなったので、すごく嬉しかったのですが・・・


お店の構造上、新橋のときのように居酒屋営業がやりにくい環境に
なってしまっていて。



それでも、水道橋に移転して翌月には、いろいろと知恵を絞って、
毎月の居酒屋営業復活。



新橋での居酒屋営業14回開催。

水道橋での居酒屋営業22回開催。


このうち、新橋の第2回から14回まで無欠席。

水道橋では、第3回が家庭の事情で欠席、それ以外の21回は
全て出席するというほぼパーフェクト。


欠席した第3回も限定ラーメンだけは翌日に特別に食べさせてもらい、
結果的に居酒屋営業で出されたラーメンは、新橋の第1回のもの以外は
全て食べているという・・・



もちろん、居酒屋以外の通常営業も、水道橋移転後は通いやすくなったので、
ほぼ週イチでお邪魔するくらい通ったほど。



で、この水道橋でも22回続いた居酒屋営業も、コロナ禍の影響を
もろくらってしまい、2020年4月から開催自粛。


そのまま、開催再開ができなくなってしまったわけです。





この水道橋での営業の間にもいろいろなことがありました。



その一番印象深いのが、yahoo特別企画で毎年開催されている
「最強の次世代ラーメン決定戦!」にエントリー。


エントリー作品は、「貝出汁白醤油らーめん」。

これです。

麺処 あす花(水道橋) -- 貝出汁白醤油らーめん(限定)


これは美味かった。



通算すると、17回食べたかな。

おそらく1番食べてると思う・・・



そして、この「貝出汁白醤油らーめん」が、なんと優勝したんです。

あす花優勝


翌年にはカップ麺化したんですよね。


このカップ麺もたくさん食べたな・・・

15個以上は食べたと思う。


実は、最初に明日香さんに1個だけサンプルをもらって・・・

あす花カップ麺サンプル

そのあとに、箱買い・・・(笑)

あす花カップ麺箱買い


とにかく、常連がみんな団結して応援しましたからね。



これが印象深かったですよね。



優勝した年の11月には、またまた「金町製麺」で優勝祝賀会を
やったりもしましたし。




とにかく、お店と店主と常連たちが結束した稀に見るお店だったのが
「麺処 あす花」というお店だったんです。





それがね。


おめでたい理由だとしても閉店してしまうというのは、常連たちにとって
心にポッカリ穴が空いてしまうようなもので。




ま、明日香さんが結婚したときには、

「いずれ近い将来、この日が来ることはわかっていたのですが」


やはり寂しいですね。





そして、お店の閉店が発表され、9月30日を予定(この日付は未発表)
していたのですが・・・

物件引渡しの関係で、8月で閉めなければならなくなってしまって。



急遽閉店が1ヶ月前倒しに。




そして、8月29日(土)、ついに閉店してしまったわけです。





ということで、その最終営業日、当然のこと、僕もお邪魔してきました。


29日は土曜日だったのですが、この週は、月曜から毎日、全ての営業に
お邪魔しました。


パーフェクトです。



最後ですからね。


とにかく、訪問したかった。




そして、最終日。


この日は、11時から17時までの営業。

普段よりも2時間延長しての営業。



僕も14時半くらいにお邪魔して、そのままラストまで。


来たいけれども来れない常連さん。

でも、がんばって来てくれ集まった常連たちで門出を見送り。



無事、最高額の売り上げをもって最終営業を終了。


閉店となったわけでして。



みなさん、これが最後ということで店内連食の応酬。


僕が、無理にお願いして頼んでいた「つけめん」をみんなもオーダー。

その美味しさに舌鼓を打って。



僕も、この日を前にいろんなわがままオーダーをして、しっかりと
「あす花」の味を楽しんできましたからね。




で、最終日のオーダーはというと・・・


この日に食べるメニューは決めていました。



やはり、最後は、一番ベーシックな「あす花」基本の味。


それを食べようと・・・




つまり、デフォの「らーめん」。


これを最後にどうしても食べたくて。



一番最初に「あす花」で食べたメニューですからね。

やはり、最後はこれで〆たいと。





ということで、「麺処 あす花」、最終営業日、基本の「らーめん」を
いただいてきました。




これが最後の「麺処 あす花」のブログ記事になります。


かなり、前置きというか、思い出話が長くなりましたが、最後の
「麺処 あす花」のレポをしていきましょう!






では、まず見た目から。

麺処 あす花(水道橋) -- らーめん(30回目・ラスト)

いつもの花柄模様の多用丼で登場。

この女性らしいどんぶりが、まさに女性店主を象徴していて
すごくコンセプチュアルな印象を受けたのを憶えてますね。


そして、いつものシンプルなお顔。




一応、細かく。

麺処 あす花(水道橋) -- らーめん(30回目・ラスト)_アップ

程良い茶色の醤油清湯。

サラサラ感満載で、油層も厚くなく、あっさりといただけそうなのが
とても良いですよね。


よくよく見たら、新橋時代よりも見た感じが変わったかも。



麺は、ストレートの細麺。

しなやかさが伝わってくる麺です。



トッピングは、シンプル。


まずメインは、豚バラロール。

最後は、けっこう大判ですね。


メンマは、穂先メンマがどんぶりに沿って、グルッと一周。


で、ほうれん草が添えてあって、海苔が一枚。


薬味には刻みネギ。



まさに、目指したところの「最高の普通のらーめん」を
現したかのような丼顔で。



このシンプルさが好きだったんですよね。





では、最後の一杯、いただきましょう!




まずは、スープから。



じんわりと染み渡るスープ。


鶏をベースに鰹節、煮干し、昆布などの乾物系魚介を合わせた
あっさりしたスープ。

ここに、7種類の醤油をブレンドしたカエシが加わり、あっさりしつつも
飲み進めるほどにコクが増してくる王道の清湯醤油を味わえる。


ホッと一息つける、安心できる美味しさ。



繰り返しになりますが、まさに「最高の普通のらーめん」。


毎日でも食べられる美味しさがあります。



ただ、もう食べることはできないのですが・・・




そして、麺。



スルスルと啜り心地抜群の麺。

しなやかで、噛めばサクッとした歯切れの良い食感。


加水低めの麺は、しっかりとスープを吸い上げてくれ相性抜群。




トッピングは、メインの豚バラロールが美味い。


ホロホロタイプではないですが、程良い肉感を感じられる食感で、
やわらかくジューシーで美味しい。



穂先メンマはサクサク。


ほうれん草も良い箸休めで美味しい。



ザクザクの刻みネギも麺と一緒に啜れば、最高のトッピング。


海苔もスープに浸して・・・




美味しかった。



ホント、食べてるときも食べ終わったときもホッとできる一杯。

特別に凝ったことをしているわけではないけど美味しくいただける、
「最高の普通のらーめん」。



最後に美味しくいただきました。



「あす花」のラーメンは、全部で138杯食べました。


その中でも、やはり、この「らーめん」の比率が高く、今回で
ちょうど30杯目。


一番食べたのが、この「らーめん」だったと思います。




その「らーめん」、最後に食べれて良かった。


というか、この「らーめん」こそ、最後に食べたかった。



選んで正解です。




そして、もう食べられなくなりますが、しっかりとこの味を
記憶しておくことにしましょう。




もし、将来、「麺処 あす花」が復活して、この「らーめん」を
再び食べることができるのなら、そのときまで一時封印。


復活してくれたら嬉しいですけどね。




ま、厳しいかな。




とりあえず、寂しくはなるけど、今回の閉店は、前向きな閉店。


新たな門出を祝う閉店なので、笑って見送りたいですね。





4年3ヶ月、美味しいラーメンをありがとうございました。


そして、ラーメンだけでなく、多くの人と知り合うきっかけを
作ってくれたお店として、ホントに感謝しています。




お疲れ様でした!

麺処 あす花(水道橋)(らーめん(30回目・ラスト))

麺処 あす花(水道橋)(らーめん(30回目・ラスト))

麺処 あす花(水道橋)(らーめん(30回目・ラスト))

麺処 あす花(水道橋)(らーめん(30回目・ラスト))

麺処 あす花(水道橋)(らーめん(30回目・ラスト))

麺処 あす花(水道橋)(らーめん(30回目・ラスト))

麺処 あす花(水道橋)(らーめん(30回目・ラスト))

[データ]
●店名:麺処 あす花
●住所:東京都千代田区西神田2-5-8
●営業:閉店




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■醤油らーめん [ 東京/鶏+魚介 ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
最新記事
リンク
最新コメント