FC2ブログ
プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
麺や 七彩 八丁堀店@八丁堀 / トウキビの冷やし麺 + トウキビ飯(2020年9月7日(月)~13日(日)限定)
麺や 七彩 八丁堀店
トウキビの冷やし麺 + トウキビ飯(2020年9月7日(月)~13日(日)限定)

[訪問日]
2020年9月9日(水)

[評価]★★★★★

麺や 七彩 八丁堀店 -- トウキビの冷やし麺(2020年9月7日(月)~13日(日)限定)
麺や 七彩 八丁堀店 -- トウキビ飯(2020年9月7日(月)~13日(日)限定)


お馴染みの人気店「麺や 七彩 八丁堀店」。


今さらながら、最近、「七彩ブーム」な僕でして(笑)。


つい先日は、「七彩」発祥の地である都立家政の「食堂 七彩」にも
久しぶりにお邪魔しまして。


2食いただいちゃったのですが・・・
 ⇒ 「食堂 七彩 / 冷がけ中華そば」の記事
 ⇒ 「食堂 七彩 / 冷やし中華」の記事



今回は、「麺や 七彩 八丁堀店」です。


この「麺や 七彩 八丁堀店」もオープン時にお邪魔して以来です。

前回の訪問が2015年ですから、実に5年振りですね。



「麺や 七彩 八丁堀店」は、東京ラーメンストリートを卒業して、
移転する形でオープン。


そのまま本店機能もこちらに移すような形で営業されてます。



ま、「七彩」のいろいろ詳細は、先ほどのリンク先記事で触れてますので、
参照していただければと思うのですが。

一応、こちらです。
 ⇒ 「食堂 七彩 / 冷がけ中華そば」の記事



基本的なコンセプトは、都立家政の「食堂 七彩」も、八丁堀の
「麺や 七彩」も変わらず、「麺」が主役なわけですが・・・


そして、メインは、「喜多方らーめん」なのも同じなのですが、
細かいメニューは違いますね。




そこら辺も踏まえて、「麺や 七彩 八丁堀店」について。




まずは、アクセス。



場所は、日比谷線「八丁堀」から歩いて3分ほど。

「茅場町」からも5分程度です。


新大橋通りの八丁堀交差点を、東京駅方面に向かって歩くと
すぐ左手にあります。


割と大きな看板なので、すぐにわかるでしょう。



店内は、広々としてあいかわらず清潔感溢れる空間ですね。

ウェイティングスペースもあって、ゆったりできますし。


席は、ちょっと変則のL字っぽいカウンター席で、全部で13席あります。



昨今のコロナ禍、しっかりと厨房とカウンターの間にはビニールシート、
席の間にはアクリルの衝立を設置など、対策は万全です。




そして、メニュー。



基本は、「喜多方らーめん」と「つけ麺」の2種類です。


この2種類、それぞれ、味が「醤油」、「煮干」、「塩」の3種類が
あります。



さらに、「喜多方らーめん」の方は、「特製」、「肉」、「ネギ」、
「味玉」といったバリエーションも揃っています。


追加トッピングは、「味玉」と「ちゃーしゅー」のみ。



ご飯ものとしては、「白飯」、「玄米」、「ちゃーしゅー飯」、
「おにぎり(300円・400円)」があります。



いろいろとありますが、わかりやすい構成ですね。



そして、あとは、限定です。


今は、夏季限定として、「冷やし中華」、「江戸甘味噌の冷やし麺」、
「冷やし担々麺」があります。



さらに!


実は、これが今回の一番の目的なんですが・・・


この時期、つまり、夏の終わりに風物詩として登場するメニューが
あるんですね。


すでに、「八丁堀店」より以前から続いていて、今季で9年目となる
メニューなんですが・・・


それが、

「トウキビの冷やし麺」

というものなんです。



簡単に言ってしまえば、「とうもろこしを使った冷やし麺」のこと。



毎年、このメニューを提供しているのは知っていたのですが、なぜか
足が向かず未食のままでした。


ですが、今年はぜひ食べたいと思っていたところでの解禁。


今季は、9月7日(月)から13日(日)まで、各日100食という期間数量限定。


かなりの短期集中提供なので、逃すまいといそいそと訪問してきたわけで。



それと、もうひとつ。


この「トウキビ」を使ったご飯ものもあるんです。


それが、

「トウキビ飯」

です。




ぜひとも、この2つはセットでいただきたいところですね。




なので、狙いはただひとつ。


この「トウキビ」です。





ということで、9年目にして初となる「麺や 七彩」の「トウキビの冷やし麺」、
いただいてきましたので、早速ですが、感想の方をレポしていきましょう!





まずは、見た目から。

麺や 七彩 八丁堀店 -- トウキビの冷やし麺(2020年9月7日(月)~13日(日)限定)

白い受け皿、同じく白い、清潔そうなどんぶりに盛られての登場です。


そして、パッと見たその丼顔は・・・


まさに「とうもろこし」って感じで。


てか、それ以上でもそれ以下でもない、そのものって感じの顔。




では、一応、細かく見てみましょう。

麺や 七彩 八丁堀店 -- トウキビの冷やし麺(2020年9月7日(月)~13日(日)限定)_アップ

まずは、スープ。


すごいですよね、これ。


まるで、コーンスープって感じ。


見るからにトロミのある黄色い液体は、「トウキビ」を濾して作った
ペースト状のスープ。

油は・・・

使ってないようですね。


では、これが、「とうきび」100%のものなのか?


そうなると、ラーメンスープではないですし、ただのコーンスープに
なってしまいますからね。


そこはさすが違うようです。


それは、また後ほど。



とにかく、見た目は、コーンスープです。



で、トッピングものています。



センターに細切りにした豚肩ロースのチャーシュー。

そして、それに立てかけられるように四角に切り取られた「コーン」が
盛られています。


粒々コーンにしていないところが見た目的にも美しい。



で、全体には、ブラックペッパーが振りかけられています。



そして、このスープですから、全く見えませんが、中には、打ちたての
手打ち麺がしっかりと盛られています。




美味しそうですね。




さ、そして、今回は、ご飯メニューも主役級のもの。


こちらも見て行きましょう。

麺や 七彩 八丁堀店 -- トウキビ飯(2020年9月7日(月)~13日(日)限定)

パッと見は、ただのコーンクリームを乗せたご飯という感じ。



でも、これ、「ドリア」的な調理をしてあって、焼かれているんです。


この表面の黄色いのは、コーンだけではなく、「粉チーズ」がかけられ
一緒に焼かれています。


「麺や 七彩」の「粉チーズ」といえば、「パルミジャーノ・レッジャーノ」。

これが、たっぷりかけられ焼かれているんですね。


一緒に、チャーシューとコーンも焼かれています。


小振りの器でのご飯ですが、これも相当美味しそう。




楽しみです。




では、いただいてみましょう!




まずは、「トウキビの冷やし麺」のスープから一口。



トロトロの、ホント、コーンスープのようなトロミあるスープ。

そして、見た目だけではなく、口の中に含むと、とにかく広がるのは
コーンの甘味!


しかも、冷たく冷えていて濃厚。


コーンスープって、冷たくても美味しいんだなぁという単純な印象を
持ちつつも、すでにレンゲが止まらない。


とにかく甘味溢れる濃厚コーンの美味さに、すでにのめり込んでしまって。




いや~、美味しい!


これは、想像していた以上ですね!



このコーンは、岐阜県高山市高根町の日和田高原で育てられた「タカネコーン」
を使用しているとのこと。


このコーン、「幻のコーン」と呼ばれる平均糖度17%という、フルーツ並みの
甘さを持つコーンなんですね。



甘いはずです。





でも、この甘さは、この「タカネコーン」のせいだけではないようです。



というのも、このスープ、「コーン」を使ってはいても、「コーン100%」
ではありません。



しっかりとベースになっているスープがあるんです。




それが、「七彩」の「鶏魚介スープ」。


そして、タレには「塩ダレ」が使われているそうなんです。



例えばなんですが、茹でたとうもろこしを食べるときに、塩をかけて
食べたりしますよね。


そうすると、スイカとかもそうなんですが、しょっぱいというより、
塩をかけてるのに甘味が増してくるんです。



おそらく、それと同じことが、このスープの中でも起きてるのでは?



ベースに「塩味」をおくことで、「甘味を増す」効果が生まれる。


そんな感じなのかな?


勝手な想像ですけど。



ただ、「鶏魚介」の出汁が加わっていることで、単なるコーンスープ
ではなく、味に旨味やコクを与えてくれてるのは間違いないですね。


実際に、コーンの甘さと一緒に、魚介の風味が鼻を抜けるのを感じたし。




いや~、マジ美味いっすわ!




でもって、麺を中から引っ張り出して啜れば・・・


この濃厚なコーンのスープが麺に纏わりついて離れない。


啜るたびに濃厚コンーンスープも口に運ばれて。



麺を噛めば、打ち立て手打ち麺のコシが強く弾力性豊かな食感に
打ちのめされて・・・


なんとも喜多方チックな!


この麺は美味すぎだ!



麺の甘味とコーンの甘味のダブルパンチ!



しかも、振りかけられているブラックペッパーの辛味が時折かすめ、
それが良いアクセントになるんですよね。


一辺倒の味ではなくなる。



ヤバウマですね!




さらには、トッピングの細切りチャーシューも良い仕事。


チャーシューとしてももちろん柔らかく美味しい。

でも、やや濃い目に感じる味付けがしょっぱく、コーンの甘味を
より引き立ててくれる。


で、同時に、トッピングのコーンを食べれば、その甘味もものすごくて。



この「トウキビの冷やし麺」は、「麺が主役の七彩」にあって、
トッピングなど全てがコーンの引き立て役にまわっている珍しい
メニューなのかも。


ただ、「麺が主役」であるのも間違いないので、「ダブル主演」って感じ?




めちゃくちゃ美味いです。


完璧です!



ペロリとあっという間の完飲完食です。





そして、もうひとつのメイン、ご飯もの。


「トウキビ飯」。

麺や 七彩 八丁堀店 -- トウキビ飯(2020年9月7日(月)~13日(日)限定)

これも美味かった。



言い方を帰れば、「チーズコーンドリア」なわけですが、こんがり焼けた
チーズとコーンペースト。


これが、先ほどと同じように、チーズの持つ塩味がコーンの甘味を
引き立ててくれて、しかも焼いているので香ばしさも加わって。

一緒に焼かれたチャーシューや数粒のコーンも美味しい!


これは、サイドメニューとして、小さなサイズなんでしょうけど、
レギュラーサイズのメインメニューとしてもイケるのではないかと
思えるほどのクオリティー。



これも完璧な美味さです!





いや~、美味しかった!


正直、なぜこれまで食べてこなかったのかがマジ後悔させられるほど。

しかも、8年間も。



これは、まさに風物詩。


ラーメンファンであれば、夏の終わりには食べるべきメニューですね。



僕は、もうハマりました(笑)


なので、来年からは、必ず食べに来ることに決めました。




すでに来シーズンが楽しみです!




ご馳走様でした!

麺や 七彩 八丁堀店 -- トウキビの冷やし麺(2020年9月7日(月)~13日(日)限定)_セット_アップ

麺や 七彩 八丁堀店 -- トウキビの冷やし麺 + トウキビ飯(2020年9月7日(月)~13日(日)限定)_メニュー


さて、で、今回、「トウキビの冷やし麺」をいただいたのですが、実は、
もう一食、連食してきてるんですよね。



実は、「トウキビ」一択狙いと言っておきながら、こちらもマストに
していた今回。



それが、「冷やし中華」。


これも夏季限定で、「七彩」の名物ですね。




なので、こちらもレポしていきたいのですが、次回の記事にまわしたいと
思います。


ということで、次回は、「麺や 七彩」の続きで「冷やし中華」の記事です。

麺や 七彩 八丁堀店

[データ]
●店名:麺や 七彩 八丁堀店
●住所:東京都中央区八丁堀2-13-2
●交通:日比谷線「八丁堀」より徒歩3分/東西線「茅場町」より徒歩5分
●営業:[月~日]11:00~15:00・17:00~21:00
●定休:第3火曜




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■冷やしらーめん [ 東京/塩(鶏+魚介)(とうもろこし・創作系) ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
最新記事
リンク
最新コメント