FC2ブログ
プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
來々軒@東陽町 / タンギョー(タンメン餃子)
來々軒
タンギョー(タンメン餃子)

[訪問日]
2020年9月15日(火)

[評価]★★★★☆

來々軒 -- タンギョー


昭和34年創業の老舗「來々軒」。


こちらのお店、「タンギョー」発案のお店として有名なお店。



「タンギョー」というのは、「タンメン+餃子」のこと。


今では、錦糸町を本店に数店舗展開する「タンメンしゃきしゃき」や
東陽町を本店に数店舗展開する「東京タンメン トナリ」などでも、
この「タンギョー」というメニューをいただくことができますが、
全ては、この「來々軒」から始まったメニューなんです。


実際、「タンメンしゃきしゃき」や「トナリ」も、これをコピー
したわけですしね。



今回は、その元祖の「來々軒」にお邪魔してきました。



さて、この「來々軒」。


創業は、昭和34年。

創業者は、熊木さんという方。



この方が、東陽弁天アーケード通りに創業し、「タンギョー」を
考案したわけです。


ですが、体調不良のために、2007年暮れから休業に入り、数ヶ月後、
惜しまれつつ閉店してしまいました。



ですが、この「來々軒」に通っていた常連さんが、

「この味をなくしてはいけない」

ということで、


初代店主の熊木さんに

「お店を継ぎたいから味を教えてくれ」

とお願いして二代目としてお店を現在の場所に移して継いだのが
現在ある「來々軒」なんですね。



で、その二代目としてお店を継いだ常連さんというのが、荒張好衛さん。

そして、一緒にお店を切り盛りする奥さんの弘子さんと息子の悟さん。


初代の熊木さんは、

「家族経営をすること」

を条件に暖簾を譲ったのだとか。



こうして、二代目「來々軒」がオープンしたのが2009年のこと。


場所も現在の場所に移し、初代の頃と変わらず、「タンメン」と「餃子」の
お店として人気を博しているというわけです。



荒張店主、それまでは大企業に務めるサラリーマンだったのを脱サラして
大好きだったアジを守るべくお店を受け継いだわけですから、すごいです。


中々できないですよね。




そんな「來々軒」。



場所は、先ほどから出ている通り、東陽町にあります。


最寄り駅ですと、東西線の「東陽町」から歩いて4分ほど。

同じく「木場」からも4分程度。


ちょうど2駅の中間くらいの永代通り沿いにあります。



昔ながらの「町中華」的な佇まい。


タイル張りのマンションのテナントではありますが、白い看板に赤い暖簾、
とても親しみやすい佇まいで入りやすそうなお店です。




店内は、入ると奥に長く、入口付近には、両端の壁に向かった
カウンターテーブル3席のものが2つあります。


そして、奥は、左側に厨房があり、そこを囲うように逆L字型の
カウンター席が8席あります。


厨房では、数人のスタッフがオペレーションしていて、活気に溢れ、
これもまた「町中華」っぽさがあって懐かしい雰囲気ですね。




そして、メニュー。


基本メニューは、「タンメン」と「ラーメン」の2種類。


これに、「チャーシュー」のバリエーションがあるだけ。

「ラーメン」には、「ねぎ」のバリエーションもありますが。


そして、サイドメニューではあるのですが、このお店にとってはメイン
でもあるのが「餃子」。

これが、「焼き餃子3個」、「1人前」、「2人前」、「3人前」、「4人前」、
「5人前」まで盛りの種類があります。


さらに、これら基本メニューの頭にくるのが、なんといっても
セットメニューである「タンメン餃子」と「ラーメン餃子」です。


これらは、「タンメン」と「ラーメン」に「餃子1人前」がついた
セットメニューです。


特に、「タンメン餃子」が「タンギョー」と呼ばれる名物メニューで、
ほとんどの人がオーダーする人気メニュー。


先代から受け継いだメニューですね。



で、「町中華」っぽいといいつつも、これ以外は、「チャーシューご飯」、
「ライス」があるくらいで、メインは「タンメン」、「ラーメン」、
そして、「餃子」というのが、このお店のメニューです。


飲み物は、「ビール」、「ハイボール」、「ワイン」、「日本酒」、
「コーラ」、「オレンジジュース」なども揃っています。


あとは、お土産メニューも充実しています。



大体、こんな感じ。




で、僕は、もちろん狙いは定めてきましたので、迷うことなく一択です。



そう、「タンギョー」です。


他にも、このセットで提供するお店はありますが、ここが発祥ですから。


楽しみですね。





ということで、「來々軒」の名物「タンギョー」、いただいてきました。


早速ですが、感想の方をレポしていきましょう!





まずは、見た目から。

來々軒 -- タンギョー

「タンメン」の方が、やや早く提供されましたが、そこまで待たせず
「餃子」も追っかけ提供。

こんな感じのセットです。


いわゆる「町中華」の「タンメン」と「餃子」。


飾らないビジュアル。


これが美味しそうですよね。



さて、では、細かく見てみましょう。

來々軒 -- タンギョー_アップ


まずは、「タンメン」。

來々軒 -- タンメン

とてもオーソドックスです。


シンプルな中華どんぶりに盛られ、パッと見た感じも王道を行く
「タンメン」といった感じでして。


澄んだ塩スープに、たっぷり盛られた野菜。

もやし、にんじん、キャベツ、ニラ、そして、豚肉。


スタンダードな「タンメン」です。


野菜、肉、スープを中華鍋で茹で、そのまま麺に注ぐスタイル。

これこそ「タンメン」といった感じですよね。



麺は、太い平打ち縮れ麺。


主役ではないけど、野菜や麺とも相性の良さそうな麺です。



これは、「タンメン」単品でも美味しそうですね。




そして、セットの「餃子」。

來々軒 -- 餃子

これも「ザ・餃子」って感じ。


セット1人前で5個入りと、数的には少なめですが、1個が大きい。

鉄鍋で焼き上げた「餃子」は、焼き目こんがりで美味しそう。


見た感じ、皮は厚めでモチモチしていそう。

でも、焼き目がこんがりでカリカリしてそう。


これは美味そうな餃子ですね。




楽しみです!





では、いただきましょう!



と、いきたいところですが、その前に、実はこんなものがサービスで
提供されてまして。

來々軒 -- サービスタンメン野菜

「タンメン」にのせる「野菜」です。


これが、お通し感覚で、「サービス」で提供してくれるんです。


嬉しいですよね。

これに自家製ラー油などをかけて、まずはいただく。


程良い塩分にサクサクの野菜。



なんか、もう「タンメン」を味わっているような気分で。


最高ですね。




では、メインにいってみましょう。



まずは、「タンメン」のスープから。



熱々の湯気が立ち込める塩スープ。


ベースは、鶏ガラでしょう。


しっかりと旨味を感じられ、そこに、野菜の甘味がたっぷり。

キレのある塩味も加わって、王道「タンメン」のスープ。


こりゃ美味い!


塩と一緒に「白胡椒」も程良く効いていて美味いなぁ~。


じわじわ染みてくる。


細かいことは抜き、とにかく美味い。


飾らない味が最高です!



そして、たっぷり盛られた野菜をひとつまみ。


すでにサービス野菜で、その味は確認済みですが、改めてスープの
染み込んだ野菜をパクッと一口。


サクサクと歯が通る柔らかさ、

しっかりと染み込んだ塩スープの味がたまらないですね。


で、これに一緒に絡める麺がまた美味い。


太く縮れた平打ち麺。

手打ち風にも思われる麺は、やや短め。


これを野菜と一緒に頬張れば・・・


ウマウマ!


モチモチとした麺とサクサクとした野菜が口の中で渾然一体と。


誰が発案したか知りませんが、このコンビネーション、最高。



ホント、懐かしさが滲み出る美味しさで。


危うく、この「タンメン」だけで完食しちゃいそうになってしまって・・・




でも・・・



このメニューは、「タンメン」ではないのです。


セットの「餃子」があってこそ成立するもの。


その「餃子」もいただきましょう!



小皿に、醤油、お酢、ラー油を入れて、餃子タレを作って。


こんがり焼けた「餃子」をちょこんとつけてパクッと一口。



ヤバイ・・・


美味い!



まずは、タレの酸っぱ辛くしょっぱい味が舌を刺激しつつ。


こんがり焼けた皮がカリカリと、そして、肉厚な皮がモチッと。

中からは、熱々ジューシーな肉汁たっぷりの餡が染み出てきて。


めっちゃ美味い!


これも「タンメン」同様に「王道」です!


この美味さは、どんな凝った料理にも引けをとらない。



で、普通であれば、この酸っぱ辛くしょっぱいタレをつけた餃子には
白いご飯がベストマッチのはずなんですが・・・



ここでは、ご飯の代わりに「タンメン」なんです。



「タンメン」の野菜や麺、塩スープを食べながら、餃子も食べる。


白いご飯であれば、味のついてないところに餃子の味がタレとともに
染み込んで美味いわけですが・・・


こちらは、すでに「タンメン」として、ひとつ味が成立している。


なのに、「餃子」がマッチする。

不思議とマッチする。


ご飯の代わりに野菜に麺、塩スープを口に含みながら、「餃子」も
頬張っていただく。


これがめっちゃ美味い!



なぜこんなに合うのだろうと不思議になるくらい相性が良い。


ここにご飯も加われば、もっと最高なんでしょうけど、「タンメン餃子」
だけでも十分な美味しさを味わえる。


なぜ、ご飯抜きで「麺」と「餃子」のセットになったかは知りませんが、
この組み合わせを考えた「來々軒」初代店主さんは天才ですね。



マジ美味いです。



「餃子」を一口頬張っては、タンメンの野菜や麺を食べ、スープで
流し込む。


「タンメン」に「餃子」タレや「餃子」のエキスが混ざることでの
相乗効果での美味さ。




この交互の連続。


これを繰り返していたら、あっという間に完食です!

「タンメン」のスープも飲み干して汁完。



とても美味しかったです!


食べて正解でした!




以前、同じようなメニューコンセプトの「タンメンしゃきしゃき」に
お邪魔したことがあります。

こちらの梅本店主も、この「來々軒」に好きで通っていた一人。


「來々軒」をリスペクトしてオープンしたお店でもあるわけで。



ここでも「タンギョー」はあるのですが、以前お邪魔したときは
「タンメン」単品にしちゃったんですよね。

セットで食べるべきでした。


今度は、必ず。


それと、「東京タンメン トナリ」も同じようなコンセプト。

こちらは未訪。


なので、機会があればいってみたと思うのですが・・・

同じ東陽町ですしね。



ま、でも、近くに「來々軒」があるのであれば、こっちが優先
されちゃうのかな?


「トナリ」も行ってはみたいですが・・・




いずれにせよ、「來々軒」の「タンギョー」は美味かった。


また近くに行った際には、お邪魔したいと思います。




何というのかな・・・食事として満腹感味わえて最高です!




ご馳走様でした!

來々軒

[データ]
●店名:來々軒
●住所:東京都江東区東陽3-21-4 ライオンズマンション 1F
●交通:東西線「東陽町」より徒歩4分/東西線「東陽町」より徒歩4分
●営業:[月・火・木~日]10:30~15:00・17:00~20:00
●定休:水曜・第3木曜




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■たんめん [ 東京/塩(鶏) ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
最新記事
リンク
最新コメント