FC2ブログ
プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
麺屋 鈴春@本郷三丁目 / 醤油らーめん
麺屋 鈴春
醤油らーめん

[訪問日]
2020年9月16日(水)

[評価]★★★☆☆

麺屋 鈴春 -- 醤油らーめん


今月オープンしたばかりの話題の新店「麺屋 鈴春」。


早速訪問してきました。



何が話題かって・・・


店主さんの出身店が、あの名店だから・・・





てなことで、「麺屋 鈴春」。


早速、紹介していきましょう。




まず、店主さん。


店主さんは、あの名店「麺屋 一燈」で修行され、かなりの重要なポストを
任されていた方のようです。



鈴木勝明さんという方なんですが、いろいろとネット情報を見てみると、
「麺屋 一燈」の幹部クラスの方だった方のようですね。


その鈴木さんの独立開業店ですから、話題にならないわけないですね。



僕は、そこまで「麺屋 一燈」に通っていたわけではないので、
この方のことは存じ上げないですが・・・



ま、「麺屋 一燈」からの独立店ということではありますが、お店が、
「豚骨 一燈」の跡地であるということなどから見ても、いわゆる、
傘下の系列店として見た方が良いのかもしれないですね。




さて、で、場所なんですが、今、「豚骨 一燈」の跡地と言いましたが、
本郷三丁目にありました「豚骨 一燈 本郷店」の居抜き跡地です。


ですから、最寄は、同じく「本郷三丁目」。

歩いて3分ほどのところです。


ちょうど、「壱岐坂通り」を上りきって「国道17号」にぶつかる
手前にあります。


「御茶ノ水」からも10分もかからずに歩けますから悪い立地ではないですね。



大きく「麺屋 鈴春」の看板が出ていますので、すぐにわかります。





で、店内。



店内は、入ると右奥に厨房があって、そこを囲うようなL字型カウンターが
7席あります。


そして、入って左側にはスペースがあって、3人掛けテーブル席が2卓、
1人掛けテーブル席が1卓あります。


割りとゆったりとできる空間ですね。




そして、メニュー。



メニューは、基本は2種類。


「醤油らーめん」と「塩らーめん」の2つです。

で、これに「味玉」、「特製」、「チャーシュー」のバリエーションが
揃えられています。


そして、「つけ麺」も「醤油」と「塩」があるのですが、これについては、
「限定」扱いになっているようですね。


ご飯ものは、「鶏挽肉丼」、「ロース生姜丼」、「ライス」が揃っています。


あとは、追加トッピング各種とドリンク類です。



ちょっと気になったのが、今後展開して行くのでしょうけども、金曜限定の
販売で「ブタジマくん」というのを用意しているようですね。

おそらく「G系」でしょう。


展開としては楽しみですね。



ま、基本としては、「鶏」をメインに「醤油」と「塩」を2枚看板にした
「ラーメン」が主力のようです。



いわゆる「鶏と水」的なメニューコンセプトなんでしょうかね。



この辺は、けっこう出尽くした感もあるので、今更ってな気もしなくも
ないですが、どうなんでしょうか。




ま、でも、美味しければ問題ないですけどね。




さて、こんなメニュー構成なわけですが、割りと「つけ麺」オーダーが
多そうでしたが、僕は最初から決め打ち。


一番の基本となるであろう「醤油らーめん」です。


「塩」も2枚看板としては魅力的でしたが、まずは「醤油」でしょう!





ということで、鳴り物入りの新店「麺屋 鈴春」の「醤油らーめん」、
いただいてきましたので、早速ですが、感想の方をレポしていきましょう!





まずは、見た目から。

麺屋 鈴春 -- 醤油らーめん

受け皿にのせられ、白いシンプルな反高台丼に盛られての登場です。



パッと見なんですが、まさに「鶏と水」なビジュアルで。


厚い鶏油の油層が、ラーメンの味を物語っていますね。



ま、美味しいのは間違いないでしょう。





では、細かく。

麺屋 鈴春 -- 醤油らーめん_アップ

まずは、スープ。


割りとキレの良さそうな醤油ブラウン。

濃くも薄くもない感じで、程良い醤油感を味わえそうな感じです。


表面には、けっこう厚めな鶏油の油層。


造るのを見ていたら、スープを注ぐ前に「鶏油」をどんぶりに入れ、
仕上げ油としても「鶏油」をグルッと一回ししてるので、けっこうな量です。


ま、個人的に「鶏油」の甘味は好きなのでオッケーですが。




で、麺。


麺は、ストレートの中細麺。

割りとキレイに揃えられて盛られてますね。


加水は低め、食感はきっと歯切れ良くて気持ち良いでしょう。




そして、トッピング。



トッピングは、いたってシンプルです。


メインは、2種類のチャーシュー。



豚肩ロースの低温調理レアチャーシュー。


加えて、小さめですが、鶏ムネ肉の低温調理チャーシュー。

小振りですが、厚みがありますね。



で、長い穂先メンマがグルッとどんぶりの縁をなぞるように2本。


トップには、カイワレが十数本のせられています。



ネギとかはのらないんですね。




とてもシンプルな構成のビジュアルです。



ま、普通に美味しそうですよね。


てか、先ほども言いましたが、美味しいのは間違いないでしょう!





では、いただいてみましょう!




まずは、スープから一口。



ん~、けっこうな鶏の旨味ですね~。


分厚い。


くどさなどは少しも感じない鶏の旨味を上手に抽出したスープ。

コクもありますし、良いですね~。


名古屋コーチンの丸鶏がメインのようですね。



そして、予想していた通り、鶏油の甘味がこれでもかというほど襲ってきて、
「鶏感」に溢れかえっています。



そして、キレのある醤油。


飲むほどに醤油感が増してきて、余韻を楽しめますね。




美味しいです!




で、このスープを絡めとるストレート中細麺。


しなやかで適度なシコシコ感。

なめらかな啜り心地も中々です。


噛めば、サクッと噛み切れる歯切れの良さ。


低加水なので、しっかりとスープも吸い上げてくれて。



美味しい麺です。




そして、トッピング。



まず、メインの2種チャーシュー。



どこの銘柄豚かはわかりませんが、肩ロースは、脂身は甘味を帯びて
赤身部分はしっかりとした肉感を味わえる。

やや硬いかなという印象も否めないですが、美味しいチャーシューです。


鶏のムネ肉は、しっかりとソミュール液に浸して調理してあり、
程良い塩味が良いですね。

シコシコとした歯応えもレア感があって美味しいです。



どちらのチャーシューも秀逸です。




穂先メンマは、しっかりと味付けされ、サクサクとした食感で
麺と絡めれば最高の相性を生み出しますね。



で、カイワレ。

自然な辛味と爽やかさで、薬味として良いのですが、ちょっと
これだけだと寂しいですね。

やっぱり、刻みネギが欲しかったかな。




ま、でも、基本的には、大好きな「鶏と水」な味。


スルスル、ペロリと完飲完食です。



美味しかったです。




ただ・・・



最初にも言いましたが、この手のラーメンは、やはり、出尽くした感が
ありますよね。


美味しければ問題ないんですけど、新鮮さには欠けますよね。


一時期の「豚骨魚介」の「マタオマ」感を感じずにはいられないかな。


魚介も合わせて、深みを与えてもらった方が、さらに美味しくいただける
気がしたのは正直ありました。


あと、豚も入れるとか。




今、この時期にこのコンセプトのラーメンで新店というのは厳しそう。


「麺屋 一燈」の重鎮の独立店といえど、苦戦しそうな気がしないでも・・・




ま、でも、金曜の「ブタジマくん」も楽しみですし、いじれにせよ、
実力者のお店ですから、今後、ブラッシュアップを重ねて、さらに
美味しいラーメンを食べさせてくれるのは間違いないでしょう。




楽しみにしています。



とりあえず、時間を見つけて、「塩らーめん」もいただかないと。





ご馳走様でした!

麺屋 鈴春

[データ]
●店名:麺屋 鈴春
●住所:東京都文京区本郷2-26-1 福重ビル 1F
●交通:丸ノ内線・都営大江戸線「本郷三丁目」より徒歩3分
●営業:[月~金]11:00~15:00・18:00~20:00/[土]11:00~15:00
●定休:日曜




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■醤油らーめん [ 東京/鶏(清湯) ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント