FC2ブログ
プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
近江熟成醤油ラーメン 十二分屋 早稲田店@西早稲田 / 十二分屋そば
近江熟成醤油ラーメン 十二分屋 早稲田店
十二分屋そば

[訪問日]
2020年10月1日(木)

[評価]★★★☆☆

近江塾生醤油ラーメン 十二分屋 早稲田店 -- 十二分屋そば


滋賀県を中心に展開している「近江熟成醤油ラーメン 十二分屋」。


屋号の通り、「近江熟成醤油」を使った「醤油ラーメン」をメインにした
専門色の強いお店です。


冒頭に書きましたが、これまで滋賀県中心に展開してきたのですが、
2018年についに東京に進出。

その1号店となったのが「早稲田店」。


いつもお店の前を通り過ぎては気になっていたのですが、中々機会がなく
今回ようやくお邪魔して来ました。


オープンから2年以上経っちゃいましたからね。


その間に、東京2号店が蒲田にもできちゃったり。



ま、とりあえず、1号店の「早稲田店」からでしょう。





では、「近江熟成醤油ラーメン 十二分屋」。


創業は、2013年。

滋賀県の彦根市に「近江熟成醤油ラーメン 十二分屋 彦根店」をオープン。

こちらが、本店というわけですね。


その後、滋賀県を中心に6店舗まで拡大し、2018年に東京進出。

「早稲田店」、「蒲田店」と2店オープンし、グループ店としても
千葉県勝田台に「京都本格熟成醤油ラーメン 虎太郎」をオープン、
あれよあれよという間に大きく成長してきたお店です。


この「十二分屋」を創業し、経営しているのが、店主でもあり、
オーナーでもある宮川澄人さん。


この宮川さん、もともと「大成食品」が運営するラーメン塾である
「鳥居式らーめん塾」出身なのだそうで。

16期生だそうです。


まだまだお若い方のようですが、かなりのやり手ですね。


宮川さん、出身が滋賀県彦根市ということもあり、地元で創業。

地元の食材としての「近江熟成醤油」を使った醤油ラーメン専門店
として開業したわけです。

そして、5年間、地元に根付いて展開していたのですが、満を持して
都内に進出してきたという・・・



冒頭でも触れましたが、その1号店が「早稲田店」というわけです。




その「早稲田店」に、今回、お邪魔してきたわけですが・・・


こちらを紹介していきましょう。



まずはアクセス。


最寄は、副都心線の「西早稲田」。

歩いて6分程度。


駅徒歩でいえば、都電荒川線「面影橋」の方がやや近いのですが、
都電荒川線に乗り換えること自体が面倒ですからね。

「西早稲田」が一番良いでしょう。


他、「早稲田」、「高田馬場」からも十分徒歩圏内です。



わかりやすく言えば、「つけ麺 麦の香(旧・らぁ麺 やまぐち)」の
数軒となり、「現・らぁ麺 やまぐち」の斜向かいです。


早稲田通り沿いですね。



縦長の店構えで大きな看板が出ているのですぐにわかるでしょう。



店内は、奥に長く、右側に厨房。

そこを囲うようなL字型のカウンター席が8席。

カウンター後方に、2人掛けテーブル席1卓、1人掛けテーブル席が
1卓あります。


カウンターは、かなり狭いです。




そして、メニュー。


メニューは、先ほどから言っているとおり「近江熟成醤油」を
使った醤油ラーメンがベースとはなっているのですが、けっこう
多岐にわたっています。

そして、店舗によって、名称や種類なども若干異なっているようですね。


で、早稲田店はというと。


なんと、14種類ものメニューがあるんです。

まず、一番の看板メニューといって良いのが、屋号を冠した「十二分屋そば」。

そして、この次に来るのが、「近江ブラック」、「濃口熟成醤油ラーメン 原点」。


まずは、この3つが、「近江熟成醤油」というメインコンセプトに沿った
スリートップメニューといえるでしょう。


で、これ以外に、「近江鶏白湯醤油」、「近江鶏白湯塩」、「濃厚辛えびラーメン」、
「宗田鰹節そば」、「近江熟成味噌ラーメン」、「鶏とハマグリのラーメン」、
「KOHAKU」、「近江つけめん」、「辛海老つけめん」、「白ごまつけめん」、
「油そば」というのがあります。


これの「油そば」以外の全てのメニューには、「特製」、「味玉」という
バリエーションも揃っています。



さらにご飯もの。

「焼めし」、「豚丼」、「十二分屋丼」、「ライス」があります。


サイドメニューには、「餃子」、「唐揚げ」などもあります。



また、これらご飯ものやサイドメニューを組み合わせたランチセットも
提供しています。


あとは、追加トッピングにドリンク類といった構成ですね。



かなり豊富です。



もともと、「近江熟成醤油」というコンセプトもありつつ、他にも

「十二分に心を込めて、十二分に喜んでもらい、十二分に満足してもらう」
「だから、看板メニューは無い、すべてのラーメンに全力を注ぐ」

というコンセプトもあり、それが屋号の由来でもあって、そういうことから
これだけ豊富なメニューラインナップになっているようです。



ちょっと目移りしちゃうし、本当のコンセプトである「近江熟成醤油」が
ぼやけちゃってる気がしないでもないですが・・・



ま、人によっては種類豊富な方が嬉しい人もいるでしょうし良いのかな。




で、僕はというと、これだけ豊富だと、何が基本かというのもわかりにくく、
やはり、屋号を冠したメニューをチョイスするしかないかなと。


なので、選んだのは「十二分屋そば」。



もう、これしかないでしょうね。




ということで、ようやく初訪の「近江熟成醤油ラーメン 十二分屋」、
その東京1号店「早稲田店」で「十二分屋そば」をいただいてきました。


早速ですが、感想の方をレポしていきましょう!






まずは、見た目から。

近江塾生醤油ラーメン 十二分屋 早稲田店 -- 十二分屋そば

「十二分屋」という屋号が印字されたどんぶりで登場。


やや、雑な盛り付けのようにも思えますが、具材の内容上、仕方なし?


ただ、デフォにしてみたら、かなりゴージャスな内容でもありますね。

これはお得感満載かも。





では、細かく。

近江塾生醤油ラーメン 十二分屋 早稲田店 -- 十二分屋そば_アップ

まずは、スープ。


やや淡い色をした淡麗醤油スープ。

琥珀色という表現が合うかもしれないですね。


こちらのお店は、「近江醤油」使用ということで、醤油が売りでもあるので、
楽しみではあるのですが。


表面には、細かい背脂も浮いていて、しっかりとコクも楽しめそうです。



そして、麺。


麺は、けっこう色白でしなやかストレートの細麺。


加水は低そうですね。


しなやかですが、食感的には歯切れが良さそうな印象も。

ちょっとゴージャスな具材に隠れて見えにくくなってますけどね。



そして、具材。



まず、手前には、太くて長い穂先メンマが2本、どんぶりの縁に沿って
おかれています。


けっこう存在感のある穂先メンマですね。



で、どんぶり上部には、豚肩ロースのスライスチャーシューが3枚。

薄めではありますが、一枚が大判で、それが3枚は嬉しいですね。



そして、中央には、たっぷり過ぎるほどの九条ネギの刻んだもの。

薬味にしてはかなり多いですね。



すごくゴージャスに思えたのですが、具材の中身的には以上。

とても酒類はシンプル。


でも、ひとつひとつが大きく豪快な印象を受けます。



ここら辺が大味な感じで盛り付けも雑に見えちゃってる理由かな?






では、いただいてみましょう!




まずは、スープから一口。




スープのメインは、鶏。


しっかりと芳醇な旨味を感じられる鶏が主体のスープのようです。

ただ、「鶏と水」というわけではなく、しっかり魚介も合わせられていて。


その魚介は、言われるまで気づかなかったのですが、なんと「蛤」。


あまり、貝の印象はなく、乾物系の魚介で風味を出しているのかなと
思っていたのですが、「蛤」が入ってたんですね。


と、言ってしまうくらい、「蛤」は感じなかったわけですが・・・


どちらかというと、「鶏」の主張の方が強いかな。



全体的な、スープの旨味は薄めかなといった印象。


でも、あっさりとして美味しいのは確かですね。




やはり、スープよりもメインは「醤油」なのか。



屋号に「近江熟成醤油」と謳ってるくらいですからね。



実際に使っているのは、滋賀県彦根市水谷醤油醸造場の本醸造しょうゆ、
「生地なり」を使用しているようで。


キレもあるのですが、独特の円やかさを感じる味わい。

想像してたよりも薄口で、醤油が「売り」であるにしては、醤油の
インパクトには欠けるような気もしましたね。


良く言えば、「上品」な味わい?



でも、醤油を売りにするのであれば、もっと「醤油」のインパクトが
ガツンと来るものであってほしかったかな。



ま、それでも美味しいですけどね。



スープに浮いた背脂の甘味も加わって、より円やかに感じて。




で、このスープを纏うストレートの細麺。


けっこう歯切れの良い麺は、しなやかな印象なのですが、プチッと
噛み切れるような歯応えで。


色白な麺は、スープを吸い込み絡み抜群。



中々美味しい。





そして、トッピング。



やたらと太く長い穂先メンマ。


個人的に穂先メンマは好きなので文句なしですが、この大きさは
やや食べにくいかな。


しかも2本ですからね。



おつまみとして独立していたらどんなに良かったかと思わせる感じ?


モノ自体は美味しいですね。



ま、何よりも、トッピング群の中では、チャーシューが一番だったかな?


やや薄めのスライスチャーシューですが、かなりの大判のものが3枚。


豚肩ロースの低温調理したもので柔らか。



薄いので麺と絡めながらも食べれるし、美味しい。


とにかく、大きいのでとてもゴージャスな感じ。


薄めのでしたが、この大きさであれば、逆に薄いくらいの方が
厚切りのものよりも食べやすいの良かったのかも。



薬味というよりも、ほぼトッピング化している大量の刻み九条ネギは、
ザクザクとした食感で、独特の甘味もあって中々。


でも、多すぎかも(笑)

切り方が違っていても良いかなという印象も。




やや想像していたものと違った印象の一杯でしたが、それでも、
しっかりと完食。


汁完とまでは行きませんでしたが、美味しくいただきました。



ただ、やっぱり、「醤油」を売りにしている割りに、「醤油」の
インパクトが薄かったのが残念かな。


僕が食べたのは、屋号を冠したメニューだったので、おそらくこれが
一番醤油を主張したラーメンだったと思うのですが・・・


それとも、他のメニューの方が良かったのかな?



であれば、他のもぜひ試してみたいところですが・・・

にしても、メニューが多すぎるので目移りしちゃいます。




ま、場所柄、良く通るので、機会があればまたお邪魔してみようと
思います。





ご馳走様でした!

近江塾生醤油ラーメン 十二分屋 早稲田店

[データ]
●店名:近江熟成醤油ラーメン 十二分屋 早稲田店
●住所:東京都新宿区西早稲田2-10-15 松村ビル 1F
●交通:副都心線「西早稲田」より徒歩6分/東西線「早稲田」より徒歩10分/JR山手線「高田馬場」より徒歩11分/都電荒川線「面影橋」より徒歩5分
●営業:[月・水~日]11:00~21:00
●定休:火曜




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■醤油らーめん [ 東京/鶏+貝 ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
最新記事
リンク
最新コメント