FC2ブログ
プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
八咫烏@九段下 / 豚キムチ -MY FIRST STORY-(限定)
八咫烏
豚キムチ -MY FIRST STORY-(限定)

[訪問日]
2020年10月23日(金)

[評価]★★★★☆

八咫烏 -- 豚キムチ -MY FIRST STORY-(限定)


九段下の行列店「八咫烏」。


僕のブログでは、すでに常連の「八咫烏」。

結構な確率で登場しています。



なので、すでに、ご承知のこととは思いますが、「八咫烏」について一応・・・


元々は、調布市仙川にある「魔女のカレー」というカレー屋を営んでいた居山勢さんが、
独学でラーメンも作り出し、カレーとともに二毛作営業をしていたことに端を発します。


それが、カレー屋はスタッフに任せ、居山さんは、ラーメン屋に専念し、「八咫烏」を
オープンしてしまったというのが「八咫烏」というお店。


詳しくは、以前取り上げた記事を参照していただければと思いまが・・・
 ⇒ 「八咫烏 / ラーメン 黒」の記事






さて、そんな「八咫烏」。



先週、久しぶりに「限定メニュー」をいたふだきに行って、ブログへも
久しぶりに登場しました。


ここのところ仕事やら生活環境やらの事情で中々お邪魔できなかったので。


ですが、先週、大好きな「中華シリーズ」の新限定が登場ということで、
なんとしても食べたいとスケジュール調整をして。
 ⇒ 「八咫烏 / ホイコーロー」の記事 


で、いただいてきたわけですが、久しぶりの「八咫烏限定」・・・


やっぱり美味いなと。

そんなことを思いつつ、今週もなんとか時間を作ってお邪魔してきたわけで。


今後もね、出来る限り調整したいと思うのですが、中々ね。



でも、今回は調整できたので、新しい限定をいただきに。




で、今回の限定はというと・・・


「豚キムチ」・・・



前回が「中華シリーズ」だったのに、今回は「韓国」ですか?


またまた引き出し引っ張り出してきてって感じで(笑)



しかも、またまたサブタイトル登場で。


「豚キムチ -MY FIRST STORY-」


という。



この「MY FIRST STORY」・・・

たしかにこういうバンドもありますし、それをパロッたのかなと思いつつ、
でも、実は、「MY FIRST STORY」というのは、「IYAMA's FIRST STORY」
だったりして・・・


というのも、この日バックで流れていた音楽は、なんと実は元アーティスト
としてデビュー経験もある居山店主のデビューアルバムだったりして。


「THE DIRTYDUCK REVOLUTION」というハードロックバンドの「破壊」
というアルバム。



ちょっとビックリでした。


居山さん、やるなぁ~!




ちょっと話逸れましたが、そんなサブタイトルがついた今回の限定。


またまた前回に引き続いてベジポタスープを使ったものらしく。

一体どうやって、「豚キムチ」に創作アレンジするのか。


そこも見所味わい所であったり。




楽しみですね。





ということで、2週連続「八咫烏」の限定「豚キムチ MY FIRST STORY-」、
いただいてきました。



早速ですが、感想の方をレポしていきましょう!





まずは、見た目。

八咫烏 -- 豚キムチ -MY FIRST STORY-(限定)

今回もまた芸術的センス溢れるビジュアルで。

見た感じは、全く「豚キムチ」を感じさせない丼顔。


でも、食べると「ソレ」というのが居山ワールド。


今回は、どういう仕掛けなのか。



楽しみですね。





では、細かく見てみましょう。

八咫烏 -- 豚キムチ -MY FIRST STORY-(限定)_アップ

まず、スープ。


これは、前回に引き続いてのベジポタスープ。


かなりのドロ系です。


豚とたっぷりの野菜を煮込んだ、まさに「ベジポタ」。


スープに「豚」を仕込んでいるところにも仕掛けがありそう。



で、その中には、中太のストレート麺。


モッチリタイプの麺で、ベジポタスープやトッピングに隠れて見えませんが、
当然のことながらキレイな麺線を整えられて盛られています。



そして、トッピング。


まず、パッと見た印象で、トップの「赤と白」のコントラストが美しい。


これが何かというと、豚バラチャーシューと紅芯大根のスライスを
交互に重ねて盛ってあるんですね。


で、この紅芯大根なんですが、食べてみるとわかるんですが、しっかりと
「カクテキ」になっているんです。


そして、この下には、なんともっと違うものが隠れてるんです。


ちょっとだけお見せすると・・・

八咫烏 -- 豚キムチ -MY FIRST STORY-(限定)_キムチ

そうです。

キムチです。


白菜、人参、ニラを使ったキムチ。

キャベツ、穂先メンマと使ったキムチ。


こんな数種類のキムチが隠されてるんですね。



やはり仕掛けがありましたね。



で、スープの表面にはオイルがグルッと回しかけられていて。



パッと見た感じは、シンプルで何もないような丼顔ですが、いろいろと
仕掛けが隠されているんです。



ある意味凝ったビジュアル盛り付けで。



芸術的ですね。




では、このいろんな仕掛けが味にどういう影響を及ぼしてるのか。





いただてみましょう!




まずは、スープを一口いただいてみましょう!




と、その前に、今週の食前茶があるんです。

八咫烏 -- 豚キムチ -MY FIRST STORY-(限定)_ライチ烏龍茶

今回は、「ライチ烏龍茶」ということで。


ややフルーティーなさっぱり烏龍茶。

食前で飲んでしまいましたけど、食べながら飲んでも良いですね。



で、もちろん、スタッフのツルちゃん担当の食前茶なんですが、
実は、このお茶、ツルちゃんが自分で茶葉を配合してるそうなんです。


僕はてっきり、こういうお茶の葉が存在するのかと思ってたんで。



中々やりますね。





さ、では、メインメニューに戻って、スープから。



けっこうなドロ系スープです。


一瞬ざらつく舌触り。

そして、濃厚な味わいが広がるベジポタスープ。


背脂、イベリコ豚をじっくりと煮込んだスープに、人参、玉ネギ、
白菜などを煮込んスープを合わせたダブルスープ。


こりゃ濃厚ですわ。



で、実は、スープを飲んだときに、豚の旨味と野菜の甘味と一緒に
ちょっとだけ酸味も感じたんですよね。

これ、キムチの酸味かなとも思ったのですが、どうやら野菜と一緒に
ラズベリーも煮込んでいるらしく、これが地味に味に出てきてたのかなと
思ったりもして。


味わい深いベジポタスープで美味しいです。


ま、とにかく濃厚です。




で、こういうスープですから、麺との絡みは言うまでもないですよね。


めっちゃ絡みます。


中太のストレート麺。

特別な麺というわけではないのですが、モチモチ食感たっぷりで、
とにかくスープと絡むので、麺とスープを一緒に食べてる感覚。


美味いですね。




さあ、そして、今回のメインとも言えるトッピング。



最終的には、このトッピングと麺とスープが混ざり合って、「豚キムチ」が
完成するわけですが、まずは、このトッピングがどんなものなのか。


一番トップにのってる「紅芯大根」と「豚バラチャーシュー」。


「紅芯大根」は一瞬「紫蘇漬け」なのかなとも思ったのですが、これ、
「カクテキ」になってるんですよね。

まさに「キムチ」の酸味です。


それに、しっとり旨味たっぷりの「豚バラ肉」。

これ、ゴマ油とニンニクでコンフィしたものらしく美味いんです。


すでに、ここで「豚」と「カクテキ」で「豚キムチ」が成立してるんですが、
これだけではないんですね。


そう、この下に隠れた数種類の「キムチ」たち。


これが、程良い辛味とけっこうな酸味でキムチ感たっぷり。

これだけでご飯をいただきたい気分になってしまいます。


この酸味辛味溢れるキムチが合わさると、さらに「豚キムチ」感が
出てきて、美味さにブーストがかかるってなもんで。



で、たしかに、このトッピングを切り取っても確かに「豚キムチ」
ではあるのですが、すばらしいのはそこじゃないんですね。


このトッピングの「豚キムチ」、そして、和えて酸味を加え、豚の
旨味もたっぷり詰まった「ベジポタスープ」。

これに絡める麺。



これらをしっかり混ぜ合わせて食べたときに、トータルで「豚キムチ」を
感じさせてくれるのがすごいんですよね。



そう「豚キムチ麺」なわけです。

ラーメンであること、麺料理であることが大前提にあっての美味しさ。



素晴らしいですね。



いや実に美味しかった。


こういう形で「豚キムチ」を味わえるとは思えなかった。



もちろんあっという間の完飲完食です。



そして、実は、このメインメニューをいただく前にまたまた居山さんの
ご厚意で2つもサイドメニューをいただいちゃったんです。



ひとつは、「皿ワンタン」。

八咫烏 -- 豚キムチ -MY FIRST STORY-(限定)_皿ワンタン


もうひとつは、「特製ビビンバ」。

八咫烏 -- 豚キムチ -MY FIRST STORY-(限定)_特製ビビンバ



なんか毎度のことながら申し訳ないというか、ありがたいというか。


「皿ワンタン」なんか、モチプリ食感のワンタンが4つ。

ピリ辛甘酸っぱいタレがかかって最高に美味しい。


「特製ビビンバ」も、大根ナムルには玉ネギなんかも入っていて、
肉は、もしかして「イベリコ豚」?、そう思われる美味しい肉で、
当然のことながらしっかりと混ぜ合わせてめっちゃ美味しくいただいて。


僕、焼肉では、ほぼ絶対「ビビンバ」で〆るほど「ビビンバ好き」なので、
めちゃ美味かったし、ホントありがとうです!




てなこと、サイドメニュー含め、美味しく「豚キムチ」いただきました。


ぜひとも「韓国シリーズ」もいろいろとやってほしいですね。




過去を振り返ってみると、「ビーフテグタンラーメン アジアの角を曲がる。」
みたいな韓国よりの限定もありましたし。
 ⇒ 「八咫烏 / ビーフテグタンラーメン アジアの角を曲がる。」の記事


ぜひ、シリーズ化してほしいです。




さて、次回は何が飛び出すやら。


次もなんとかスケジュール調整してお邪魔したいですね。



がんばります!





ご馳走様でした!

八咫烏 -- 豚キムチ -MY FIRST STORY-(限定)_メニュー

八咫烏(豚キムチ -MY FIRST STORY-(限定))

[データ]
●店名:八咫烏
●住所:東京都千代田区九段北1-9-2 中西ビル 1F
●交通:東西線・半蔵門線・都営新宿線「九段下」より徒歩2分
●営業:[月~土]11:00~15:00・18:00~21:00[土]11:00~15:00
●定休:日曜・祝日




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■醤油らーめん [ 東京/豚+ベジポタ(創作系・キムチ味) ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
最新記事
リンク
最新コメント