FC2ブログ
プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
麺処 秋もと@市が尾 / 味噌(鶏豚白湯×手揉み太麺)(冬季「味噌の日」限定)
麺処 秋もと
味噌(鶏豚白湯×手揉み太麺)(冬季「味噌の日」限定)

[訪問日]
2020年10月28日(水)

[評価]★★★★★

麺処 秋もと -- 味噌(2020冬季限定)


「市が尾」の行列店「麺処 秋もと」。


僕が最も食べているラーメン店であり、ブログにも最も登場している
お店のうちのひとつです。


もし、「麺処 秋もと」についての詳細は、下のリンクの記事を参照していただければ、
お店について触れてますので、良かったらどうぞ。
 ⇒ 「麺処 秋もと」について書いてある記事はこちら





さて、そんな「麺処 秋もと」。



約1ヶ月振りの登場です。


前回は、この記事をアップしました。
 ⇒ 「麺処 秋もと / 秋刀魚と酢橘の醤油つけ麺」の記事


「麺処 秋もと」の秋の風物詩ですね。

今年は、秋刀魚が不良なので、もしかしたら食べれないかなとも
思っていたので、とりあえずは、恒例の「このつけ麺」が食べれて
良かったなと思っていたのですが・・・


それも束の間、もうひとつの「麺処 秋もと」の風物詩がやってまいりました。


もう、これは、風物詩というよりは、「準レギュラー」といっても
過言ではないくらい「麺処 秋もと」の「看板限定メニュー」になってます。



そうです。


「冬季限定」の「味噌」がスタートしたんです。


毎週水曜日と隔週日曜日に暖簾を「オレンジ」に変え、「味噌」のみを
提供する、いわゆる「味噌の日」。


もう、冬の定番中の定番ですよね。


「麺処 秋もと」は、「味噌ラーメン専門店」ではないですし、冬季のみの
季節限定メニューなので、あまりメディア等では取り上げられないですが、
これで専門店を開いたら人気爆発間違いなしというくらいのクオリティーの
「味噌ラーメン」を提供してくれるんです。

季節限定といっても、ほぼ半年間やってるんですけどね。



ですから、「冬」はこの「味噌」を食べなければいけないのです。



今年は、コロナ禍の影響もあってか、スタートがやや遅れたのかな?

それでも25日の日曜日にはスタートしたから、大体例年通りなのかな?



これまでは、死ぬほど食べまくっていた「秋もと味噌」ですが、
ここ最近はあまり食べれてなく、去年なんかは、ほぼ終わりかけの頃に
食べに行ったり・・・


なので、今年は、がんばって早めに行こうという心づもりでいました。



最近は、毎回、ちょっとしたアレンジを加えてお客さんを楽しませてくれ、
飽きさせないようにしてくれていました。


でも、実は、僕が一番好きなのは、「鶏豚白湯×手揉み太麺」の
これぞ「秋もと味噌」というデフォのバージョンなんです。

ちなみに、「鶏豚白湯」と「豚」が加わったのは、去年から。


それまでは「鶏白湯」だったんですけどね。



で、毎年、初回は、このデフォバージョン。

でも、2回目くらいからは、アレンジが加わってた印象があるんですけど、
今年は、2回目もデフォバージョンで。


初回は逃しましたが、2回目には行こうと思っていて、それがデフォなので、
気分上々です。



やっぱデフォを食べないとね。




ということで、今年は、スタート早々にお邪魔することが出来ました。


そして、「麺処 秋もと」冬の定番「味噌」を「鶏豚白湯×手揉み太麺」で
いただいてきました。


早速ですが、感想の方をレポしていきましょう!




では、早速。






まずは、見た目から。

麺処 秋もと -- 味噌(2020冬季限定)

いつもの味噌専用のサテンブラックにゴールドロゴの多用丼で登場。

このどんぶり、つけ麺でも使われていたのですが、最近、つけ麺用の
どんぶりが新調されたので、正真正銘の味噌専用になりましたね。


そして、いつもながらにキレイに整った盛り付け。

この丁寧な仕事はさすがです。


食欲が増すってもんですよね。


それに、なんか、例年と様子が違うところもあったり・・・




では、細かく見てみましょう。

麺処 秋もと -- 味噌(2020冬季限定)_アップ

まずは、スープ。


ややオレンジがかったブレンド味噌。

色合い的には赤味噌系の配合が大きいのか、ただ、赤だけでなく、数種の
味噌をブレンドした濃厚そうな味噌スープ。

表面には、背脂も浮いていて濃厚そうです。


味噌の濃さとスープの濃さ。

ダブルパンチですね。



そして、麺。


表面上は見えにくいですが、いつもの手揉み太麺。

やや色白の麺は、味噌のスープに染まると、やや茶色がかり美味しそうな
色合いへと変わっていって。


いつもながらのコシの強そうな、モチモチ感たっぷりな麺ですね。




で、トッピング。


まずは、チャーシュー。

レギュラーメニューで使われている豚バラローストチャーシュー。


これ、一昨年くらいまでは、提供前にバーナーで炙っていたんですけど、
去年からやめたんだっけかな?

たぶん、今年も炙ってないと思います。


それでも、箸で掴むのがやっとなくらいホロホロに柔らかいのが特徴。


そして、そのとなりに、去年までは見かけなかったものが。

そう、「鶏チャーシュー」ものってるんです。


今年から「鶏チャーシュー」ものせるようにしたとうことで。

ま、これは美味しくないわけがないですよね。


間違いないでしょう。


で、グルッと時計周りに見ていくと・・・


レギュラーでも使われているオリジナル特製メンマ。

このメンマは、何にでも使える万能メンマですよね。


で、さらに進むと、水菜に千切りした大葉。

いつもの布陣です。


そして中央には、細もやし、ブラックマッペがこんもりと盛られて、
その上には挽肉、そして、紫玉ネギを含んだ秋もと特製の薬味が
のせられています。



で、サイドには大判の板海苔が一枚刺さっていて。


それと、忘れてはいけないおろし生姜なんですけど、今までだと
豚バラチャーシューの上に賽の目のように散りばめられていたのですが、
去年から、ランダムに振りかけるようにしたようですね。

見た目上はわからないです。




さて、と、まあ、こんな感じで、今年から「鶏チャーシュー」が新たに
加わったようなんですが、基本的には毎年変わらない盛り付け。


そして、変わらない美味しさもちろんなのでしょう!




楽しみですね。



では、今年最初の「秋もと味噌」、いただきましょう!





まずは、スープから一口。



ん~、あいかわらずの濃厚さ。


濃厚といってもドロドロとかトロトロとか、そういうのではなく、
旨味たっぷりで、加えて、味噌のしっかりしたコク塩味にも溢れ、
文字通り、濃く厚みのある味ということ。


スープのベースとなっている鶏豚の旨味が広がり、味噌の風味と
コクがめいっぱい広がり口内を占拠する味わい。

背脂の甘味もそうですが、味噌の塩味だけでなく、素材の持つ
甘味もじわじわと染みてきて。



やっぱり美味いですね~!



この濃厚さは「秋もと味噌」ならでは!


僕は、「純すみ系」の「味噌」が大好きなんですけど、それとは違う、
オリジナルな味噌の味を満喫できます。

ま、秋本店主が、「純連」での経験が長いので、その要素が全く
含まれていないわけではないし、それを作ろうと思えば作れるのですが、
あえて「純すみ系」にはせず、オリジナルな味を追求しているのが
良いですよね。



結果、お客さんの評価を得ている。


素晴らしいですね。



マジ、美味いです!




そして、麺。


この麺を選んでいるのもオリジナリティーのひとつ。

普通なら、札幌味噌ということで、「熟成縮れ麺」を選びそう。



でも、あえて、加水高めの手揉み太麺を使っている。


もちろん、札幌風に「熟成縮れ麺」も使ったりしますが、デフォでは、
この「手揉み太麺」を使う。


これが、コシが強く、弾力性がありモッチモチ。

この食感は、「熟成縮れ麺」では絶対得られない食感。


で、この麺が、濃厚味噌スープに合うんだな!


しっかりとスープを纏って離さない。


ホント、美味いです!




で、トッピングもオリジナル。


まず、もやしを炒めていない。

これだけでもオリジナリティ溢れるトッピングといって良いのでは?


油で炒めてシャキシャキにして。

普通ならそう考えると思いますが、ただの茹でもやし。



でも、そこにこれまたオリジナルな紫玉ネギやネギの薬味が加わることで、
独特な食感と味が広がり美味しさが増す。


加えて、さっぱりと水菜や香り高い大葉が清涼感をもって口に中に広がる。


中々味わえない味。



もちろん、これはスタンダードではあるけど、挽肉が食感を含め
美味いんです!



そして、豚バラチャーシューなんかはホロリと崩れる柔らかさ。

味噌のスープが染み込めばヤバイ・・・


新たに加わった鶏チャーシューもしっとりと味噌にベストマッチ。




メンマもコリコリ、海苔もスープに浸して麺に絡めて食べれば、立派な
トッピングとして大きな仕事をしてくれる。




全体的にスパイシーな部分があるのも食欲を促進させられてヤバイです。



ホント、食べ始めると箸もレンゲも止められない。


美味すぎます。




気がつけば、どんぶりは空っぽ。


完飲完食、あっという間です!




これまで、数え切れないほど「秋もと味噌」を食べてきた僕にしてみれば、
食べずとも美味しいのはわかっているのですが、食べるたびに改めて
その美味しさを確認する。


そして、変わらずといいつつも、毎年進化している。



一度食べたら止められないですね。



今年は、もっとたくさん食べれるようにがんばろう。


そう思わされた一杯でした。




以前は、1日2杯、シーズン64杯とか食べてたんですけどね。


そこまでは無理としても、がんばって時間を作りたい。



また、いろんなアレンジの「味噌」も味わいたいですね。



ま、とりあえずは、最初にデフォの「秋もと味噌」を食べれて良かった。



ひとまず大満足です。




今シーズンも楽しませていただきます!





ご馳走様でした!

麺処 秋もと(味噌(2020冬季限定))

[データ]
●店名:麺処 秋もと
●住所:神奈川県横浜市青葉区市ヶ尾町1157-1 東急ドエル市ヶ尾アネックスビル 1F
●交通:東急田園都市線「市が尾」より徒歩2分
●営業:[火・水・金~日]11:30~15:00・18:00~21:00/[木]11:30~15:00(スープがなくなり次第終了)
●定休:月曜/木曜午後/第一・第三火曜




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■味噌らーめん [ 東京/鶏+豚骨(白湯) ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
最新記事
リンク
最新コメント