FC2ブログ
プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
麺屋 彩音 -sign-@五反田 / 醤油
麺屋 彩音 -sign-
醤油

[訪問日]
2020年11月2日(月)

[評価]★★★★☆

麺屋 彩音 -sign- -- 醤油


さて、10月にオープンしたばかりの話題の新店「麺屋 彩音 -sign-」。


前回からの続きの記事です。


遅まきながら噂の新店「麺屋 彩音 -sign-」にお邪魔してきたわけですが、
まず、「塩」をいただきまして。
 ⇒ 「麺屋 彩音 -sign- / 塩」の記事


ちなみに、上記記事で、お店についての詳細も触れているので、
参照してみてもらえればと思います。



で、その「塩」なんですが・・・


いろいろと事前情報があったとおり、アドバイザーになっているという
「八咫烏」の色合いもかなり出てはいましたが、オリジナリティもあって
美味しいラーメンでした。



で、前回の記事でも言いましたが、やはり、こうなってくると「醤油」も
俄然気になってくるわけで。


再訪も考えたのですが、客足も落ち着いているようなので、店内連食を
しちゃいまして、「醤油」もいただいてきちゃいました。




なので、今回は、前回の「塩」に続いて「醤油」の記事です。



「醤油」は、「麺屋 さくら井」のアドバイスを受けてるということですが、
これはどうなんでしょうね。


楽しみですね。





ということで、「麺屋 彩音 -sign-」の「醤油」、いただいてきましたので
早速ですが、感想の方をレポしていきましょう!




まずは、見た目から。

麺屋 彩音 -sign- -- 醤油

「塩」と同じく小振りの白い鳴門丼で登場です。


パッと見、「塩」と基本的な内容は同じもののやや違った印象。

美味しそうなのは間違いないのですが、どこが違うんでしょう。




細かく見てみましょうかね。

麺屋 彩音 -sign- -- 醤油_アップ

まずは、スープ。



スープは、キレイな清湯醤油。


適度な醤油ブラウンが美しいですね。


表面には、鶏油が張っていて、鶏感全開といった印象のスープです。




で、麺は、切り刃は「塩」と同じくらいの細麺なんでしょうかね。

ただ、「塩」とは違う麺を使っています。


こちらは全粒粉が入っていないストレートの細麺。

やはり「塩」が「八咫烏」っぽい麺を使っていたのと同様で、こちらは
「麺屋 さくら井」っぽい麺を使ってますね。


こちらの方がやや加水が高い麺なんでしょうか。


そんな印象も受けます。



で、偶然なのかどうか、麺線が「塩」とは違うんですよね。


どちらかというと、やはり「麺屋 さくら井」寄り。


でも、そこまでコピーするかなぁという感じなんでね。

たぶん偶然だと思います。



麺線は、「塩」の方が断然美しいです。




そして、具材。


具材は、「塩」と全く同じ内容ですね。


やや小振りの豚肩ロースのレアチャーシューに鶏ムネ肉のチャーシュー。

太目の材木メンマが2本添えられ、トップには、三つ葉と笹切りネギの
薬味がトッピングされていて。



やはり、「八咫烏」と「麺屋 さくら井」のハイブリッドって感じですね。


良いとこどりしてる感じ。





文句なしに美味しそうです!





では、いただいてみましょう!




まずは、スープから一口。




これは、鶏の旨味全開で!



スープ自体もそうなのですが、仕上げに回しかけられている鶏油の
甘味とコクがさらに鶏感をアップさせて、もう、鶏~って感じです。


スープは、いわゆる「鶏と水」ってやつですね。


大山鶏と名古屋コーチンの地鶏を使っているとのことですが、ガラなのか
丸鶏なのかはわかりません。


ただ、このふくよかでサラッとした感じは、丸鶏がメインなのかなって
気がしますけどね。



いずれにしろ、鶏の分厚い旨味が炸裂でめっちゃ美味いです!




そして、醤油には、日本一醤油の生揚げ醤油をメインに4種類の醤油を
ブレンドしてカエシを作っているとのことで。


キレがありつつも円やかさも併せ持つ美味しい醤油味で。



スープは、「鶏と水」ということですが、おそらくカエシに乾物系を
若干忍ばせているようですね。


醤油の風味、旨味、コクとともに、乾物がフワリと香ってきます。


そのバランス加減が絶妙で美味しいです!



いや、これはレンゲが止まらんです!



これは、「麺屋 さくら井」がアドバイザーとして関わってるようですが、
確かに「麺屋 さくら井」っぽさも感じはしますが、やや違いますね。


使っている鶏もおそらく違うでしょうし、「麺屋 さくら井」の方が、
乾物魚介がもっと感じられるような・・・


逆に、「彩音」も「醤油」の方が鶏感が断然強いと思います。



好みは分かれるでしょうけど、どっちも美味いですね。


「彩音」もいわゆる「鶏と水」だけに収まらない隠し味を使っていたり、
鶏感全開であっても、「マタオマ」な感じは払拭したバランスの良い
スープを味あわせてくれます。



美味い!





そして、麺。



この麺は、もしかして「さくら井」と同じものなんでしょうか?


細麺のストレート。


「塩」の麺に比べると、ややムッチリとした食感で、加水も少しだけ
高いのかもしれないですね。


歯切れが良いというよりは、噛み応えの良い印象の麺です。


スープとの絡みは抜群。


しっかりとスープを口に運んでくれて最高ですね。





で、具材。



これは、「塩」と全く同じですね。



ジューシーな低温調理の豚肩ロース。

これはやはり、「八咫烏」というより「さくら井」寄りですね。

しっとりとしてしっかりとした肉感も味わえて美味しい。


ソミュール液にしっかり浸かって低温調理された鶏ムネチャーシューも
塩味がほんのりと広がって美味しい。


醤油醤油スープに浸かることで、その味も加わりより美味しさが増して。



ま、どちらも秀逸です!



太めの材木メンマはサクサクとした歯応えで味も染みていて美味しい。


薬味も、「塩」と同じく、三つ葉の清涼感と香り、ネギの食感が良く、
とても麺やスープに馴染んで美味しいです。





いや~、美味かった!



「塩」もそうですが、「醤油」も連食にもかかわらず、しっかり汁完。


あっという間の完飲完食です!




「塩」の記事でも書きましたが、アドバイザー店の印象ももちろん
感じはしましたが、それとともオリジナルなところも見え隠れして
センスの良さを感じさせましたね。


素晴らしいです!



今後が楽しみなお店が誕生しました。


こちらのお店は、いわゆる個人店とはややスタイルが異なりますが、
こういう形態も今後ありなんでしょうね。


やはり、お店やメニューの見え方とかも重要ですし、個人店では
中々できないプレスリリースを打ち出すこともできるし。


なんか新しいラーメン店のスタイルを見せられたような気がします。



やっぱり「やり手」は違いますね。




ま、その面白いメニュースタイルのひとつである「日本酒ペアリング」。


これがまだ未体験なので、ぜひ今度は、お酒を飲める態勢で、日本酒と一緒に
ラーメンを味わいに来たいです。



もちろん、ラーメンだけでも再訪したくなる明るいお店。


またお邪魔したいと思います。





ご馳走様でした!

麺屋 彩音 -sign-_立て看板

麺屋 彩音 -sign-

[データ]
●店名:麺屋 彩音 -sign-
●住所:東京都品川区西五反田2-18-3 グレイス五反田 1F
●交通:JR山手線「五反田」より徒歩3分
●営業:[月・火・木・金]11:30~14:30・18:00~22:00/[水・土]11:30~14:30
●定休:日曜・祝日




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■醤油らーめん [ 東京/鶏(清湯) ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
最新記事
リンク
最新コメント