FC2ブログ
プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
生姜醤油専門 我武者羅@幡ヶ谷 / 生姜醤油ラーメン
生姜醤油専門 我武者羅
生姜醤油ラーメン

[訪問日]
2020年11月17日(火)

[評価]★★★★☆

生姜醤油専門 我武者羅 -- 生姜醤油ラーメン


都内でも屈指の人気店「生姜醤油専門 我武者羅」。


新潟ご当地ラーメンのお店として不動の地位を築いているお店です。

現在、都内に関連店3店舗を運営しているのですが、今回お邪魔したのは、
本店に当たるお店。



以前、屋号が「角栄」という名前だった3号店にはお邪魔したことが
あるのですが、実は、本店は初訪だったり・・・

中々機会がなかったんですよね。




てなことで、今回は、「生姜醤油専門 我武者羅」です。




まずは、お店について。



店主さんは、蓮沼司さん。


福島県喜多方市生まれ、新潟県長岡市育ちという、まさにラーメン環境で
生まれ育った方。



この蓮沼さんが、ラーメン店を創業したのが、2005年。


なのですが、現在の「生姜醤油専門 我武者羅」に落ち着くまでには、
いろいろと変遷があったんですよね。


なので、そこら辺から。



まず、2005年、最初にラーメン店をオープン。



そのお店の屋号は、「どっかん」。

メニューも「豚骨魚介」を提供するお店でした。


その後、メニューに「鯛だし豚骨スープ」のラーメンを加えリニューアル、
2006年には、「鯛だし豚骨 我武者羅」という屋号に改名。


ここで、初めて「我武者羅」という名前が登場します。

ですが、まだ「生姜醤油」にはなってないんですね。


いわゆる、ちょっと数年前までの「新潟らぁ麺専門店 我武者羅」として
ご当地ラーメンとして知られている3つのスタイルを独自にアレンジして
曜日と時間帯により異なるスタイルに変遷していくわけですが、それは
2010年になってのこと。


それまで少々段階を踏むんですね。



最初に触れたとおり、蓮沼さんは新潟県長岡市出身。


で、最終的に自身の育った新潟ラーメンの味を広めようという方向に
向かっていくわけですが・・・



その最初が、セカンドブランド「新潟濃厚味噌 弥彦」を土・日のみで
提供開始したのが始まり。

それが、2007年のこと。


そして、翌年の2008年。

サードブランド「背脂煮干濃厚醤油 どっかん」を夜間の部で営業開始。



で、2010年になって、現在の看板である「生姜醤油」を提供開始して、

・月~金曜は、長岡生姜醤油の「我武者羅」
・土・日曜は、巻町 割スープ付濃厚味噌の「弥彦」
・夜間は、燕三条背脂煮干の「どっかん」


という、新潟のご当地ラーメンとして知られている3つのスタイルを
曜日と時間帯により営業する「新潟らぁ麺専門店 我武者羅」として
落ち着くことになるわけです。



ですが、まだここから変化は続きます。


このあと、2013年による限定だった「どっかん」が、2号店として
独立店舗としてオープン。


さらに、2014年には、土日限定「弥彦」を、3号店「Miso Noodle Spot 角栄」
としてオープン。


結果、「我武者羅」は、


・本店が「生姜醤油専門 我武者羅」。
・2号店が「背脂煮干濃厚醤油 どっかん」。
・3号店が「Miso Noodle Spot 角栄」。


この3つの店舗として営業していくことになったわけです。



そして、さらに、2号店「背脂煮干濃厚醤油 どっかん」は、屋号を
「背脂煮干中華そば 心や」に改名、さらに「背脂煮干中華そば 我武者羅」
という現在の屋号に改名しています。


で、3号店の「Miso Noodle Spot 角栄」もメニューや屋号を全面刷新し、
現在は、「生姜醤油専門 我武者羅 代々木店」として営業しています。



最終的に、


・「生姜醤油専門 我武者羅」
・「生姜醤油専門 我武者羅 代々木店」
・「背脂煮干中華そば 我武者羅」

という3店舗に落ち着いているというのが現状です。



ただ、今後、どのように変化していくかはわかりませんが・・・




ま、とりあえず、「生姜醤油」と「背脂煮干」という2つの新潟ご当地で、
屋号は「我武者羅」に統一されたというわけですね。





で、今回、僕がお邪魔したのが、大元の「生姜醤油専門 我武者羅」。


こちらが本店です。





では、この「生姜醤油専門 我武者羅」について。




場所は、京王新線の「幡ヶ谷」から歩いて2分程度のところ。


まさに甲州街道沿いにあります。


ちなみに、「背脂煮干中華そば 我武者羅」も、ここから100mくらい離れた
同じく甲州街道沿いにあります。




で、店舗は、「生姜醤油専門 我武者羅」と書かれた小さな白い暖簾、
それと大きなラーメンの写真ののった日除け暖簾もあるので、すぐに
わかると思います。


レンガの土台に数段小上がりになった店舗。

外壁は、石貼りになっていて、頑丈そうな造り。



暖簾をくぐって店内に入ると、奥に長く伸びていて、右側に厨房、
その前にストレートのカウンター席が11席伸びています。


ただ、コロナ対策のため、6席に間引きしてしっかりと席毎に衝立が
立てられています。


万全です。

安心ですね。





そして、メニューです。


メニューは、基本的に6種類。


まず、味としては、「生姜醤油」、「塩生姜」、「背脂生姜醤油」の
3つに分かれています。


で、この3つそれぞれが「ラーメン」と「つけ麺」に分かれた、計6種類が
基本になっています。



で、さらに、この6種類全てに「特製」のバリエーションが準備されています。



ご飯ものは、「生姜カリー」、「ライス(普・小)」、「あぶライス」。


他に夜限定のサイドのおつまみとして、「もち豚餃子 もみじおろしポン酢」、
「もち豚餃子 九条ねぎ酸辣ソース」があります。


他、追加トッピング各種に、飲み物は、「ビール」、「バイスサワー」、
「コーラ」が揃ってます。



それと、限定として、「旨辛生姜醤油」、「激辛生姜醤油」という辛いヤツと
「背脂塩生姜ワンタン麺」というのがありました。




こんな感じの構成ですね。




で、僕はというと、もちろん一番基本の一杯。


「生姜醤油ラーメン」をチョイスです。



この「我武者羅」から輩出して独立したのが「MANNISH」なので、
「塩生姜」も興味あったのですが、やはり最初はね。





ということで、名店「生姜醤油専門 我武者羅」の「生姜醤油ラーメン」、
いただいてきましたので、早速ですが、感想の方をレポしていきましょう!





まずは、見た目から。

生姜醤油専門 我武者羅 -- 生姜醤油ラーメン

どんぶりの縁に沿って赤いラインの入ったスタイリッシュなどんぶりで登場。


キラキラと油分が煌き、しなやかな麺がそよぐ、キレイな盛り付け。


パッと見の印象は、「長岡生姜醤油」よりも上品な印象ですね。



美味しそうで好印象です。





では、細かく。

生姜醤油専門 我武者羅 -- 生姜醤油ラーメン_アップ

まず、スープ。



割りと濃い目の色をした醤油清湯スープ。


「長岡生姜醤油」なので、おそらく動物系スープなのでしょう。

表面に煌く油も動物系、ラードとか、そんな感じでしょう。


すごく見た目的にもサッパリ感のあるスープで美味しそうですね。




で、麺。


見た目ムッチリといった感じ、しかもしなやかな印象も与える麺は、
キレイに整えられて盛られています。


中細のストレートで、加水もソコソコありそうで食べ応えありそうですね。

啜り心地も良さそう。



そして、具材。


まずは、メインのチャーシュー。

これが、いかにもしっとりとしていそうな豚のロースチャーシューが、
どんぶりサイドからはみ出すような感じで2枚盛られています。

割りと大判ですね。


で、そのチャーシューの上におろし生姜がのせられていて。



中央には、ほうれん草とメンマが盛られています。



チャーシューと反対側のサイドには、板海苔が一枚刺さっていて。


薬味の刻みネギは、あらかじめスープに散りばめられていますね。



盛り付けの仕方などは、長岡っぽくないですし、素材の種類等も違う。


でも、のっている内容は、やはり「長岡」を感じさせるところもあって。



シンプルに美味しそうですね。





では、いただいてみましょう!




まずは、スープから一口。




あ~、動物系、鶏豚の旨味とともに、甘辛い生姜の出汁が効いた、ホッとする
味わいがじわりと広がりますね~。


醤油も濃い色合いとは違って、程良い醤油感、生姜の甘辛さも冴え渡って、
「甘辛じょっぱ~」って感じです。



率直に美味しいです!


表面の油は、やはりラードでしょうか?

しっかりと動物感を支えて美味しい。



動物系の出汁と生姜のエキスのバランスが抜群ですね。




そして、これを纏う中細ストレート麺。


見た目しなやか。

啜り心地も良く、喉越しも良い。


噛めばムッチリとした食感で食べ応えもある。

しかも、歯切れも良い。


もちろん、甘辛しょっぱい生姜醤油スープを持ち上げて離さない。


しっかりと口の中にスープを運んでくれて、口の中で合わさって。


スープと麺とが一体になった美味しさが最高ですね。



そして、豚のロースチャーシュー。


しっとりとした感覚。

柔らかくで程良い肉感もあって美味しい。



なんか、「くじら食堂」の豚ロースチャーシューと似た感じ。


美味しい。

これが2枚、しかも大振りで嬉しいですね。


柔らかほうれん草は、生姜醤油のスープをしっかりと擦っていて、
麺と絡めれば最高の美味さ。


メンマもシャクシャクとして美味い!



海苔もスープに浸して麺に絡めれば立派なトッピング!



後半、チャーシューも上にのったおろし生姜をスープに溶かせば、
さらに生姜感アップで美味さは加速。


陽気は暖かめでしたけど、この生姜醤油スープでポッカポカです!



食べ始めたら止まらない。


あっという間の完飲完食。

しっかり汁完させていただきました!




いや~、美味しかった。


これは、他のメニューもいただきたいですね。


最初に迷った「塩生姜ラーメン」なんかは特に食べてみたい。

「MANNISH」で食べなれてるので、比較しちゃうかも。


ま、「MANNISH」の元になってるお店ですからね。


どっちが美味しいだろう。



それはさておき、久しぶりに「代々木」の方もお邪魔したいですし、
他のメニューも、近いうちに食べに伺いたいですね。


近くでちょっと物騒な事件もありましたが、早く解決してほしいですし、
安心してお邪魔できるようになりたいですね。




美味しかったです。





ご馳走様でした!

生姜醤油専門 我武者羅

生姜醤油専門 我武者羅

[データ]
●店名:生姜醤油専門 我武者羅
●住所:東京都渋谷区幡ヶ谷2-1-5 弓ビル 1F
●交通:京王新線「幡ヶ谷」より徒歩2分
●営業:[月~日]11:30~15:00・18:00~23:00
●定休:無休




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■醤油らーめん [ 新潟/鶏+豚骨(長岡系生姜らーめん) ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
最新記事
リンク
最新コメント