FC2ブログ
プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
元祖一条流がんこ 西早稲田店@西早稲田 / 塩ラーメン
元祖一条流がんこ 西早稲田店
塩ラーメン

[訪問日]
2020年11月24日(火)

[評価]★★★★☆

一条流がんこ 西早稲田店 -- 塩ラーメン


ご存知、名店「一条流がんこラーメン」。


家元と呼ばれる創業者の一条安雪さん。


この家元が厨房に立つ店を「総本家」として、その拠点を転々としながら、
弟子に店を譲り渡して、その勢力を広げていったのが「一条流がんこ」。


現在は、その「総本家」を四谷三丁目に構え、家元が厨房に立っています。



この「一条流がんこラーメン」の歴史を振り返ると、かなり複雑で、
ここでは書ききれないので、細かくは割愛しますが、少しだけ。




創業は、1981年。


高田馬場。

明治通り沿い、高戸橋の近く、大正製薬の斜向かいにオープンしたのが
始まりです。


そこから、家元が弟子に店を譲っては転々としたわけですが、高田馬場を
弟子に譲った後は、青砥、新宿内藤町、西早稲田、早稲田、池袋と次々に
総本家を移していき、現在は、四谷三丁目に落ち着いているというわけです。


ただ、この後、四谷三丁目もどうなるかはわかりませんが。



で、家元が弟子に譲った店を「●代目」というように呼び、いわゆるこれが
「一条流がんこ」の直系といわれる店なんです。


また、これ以外に、この「直系」の二代目となる「直系二代目」というのも
あったりして。



とにかく、複雑で、数も多くよくわかりませんし、説明するのが大変・・・



ただ、この直系のお店もほとんどが閉店してしまって、残っているのは数店。




そんな中、直系とはまた違った扱いではありますが、現存しているお店も
あります。



そのひとつが、今回お邪魔した

「元祖一条流がんこ 西早稲田店」

なんです。



この「元祖一条流がんこ 西早稲田店」、総本家に対して「客分」という
扱いになるらしいのです・・・



総本家が、西早稲田にあった時代、このときに常連で、後に弟子入りし、
総本家で修行をし方にお店を譲り、「西早稲田店」としその方にお店を
任せることにしたようです。


客分とかいってますが、限りなく直系に近い存在ですね。




これが2002年のこと。


これ以降、18年間、西早稲田店を閉店せず、現在まで続けてこられたわけで。




少なくなってしまった「がんこ系」のお店にあって、貴重な存在ですね。





そんな「元祖一条流がんこ 西早稲田店」。



先ほども触れましたが、総本家が早稲田にあった頃の常連で、
弟子入りをした店主さん。



その方が、総本家の客分・小川克也さんという方。


この小川さんが、西早稲田店を引き継ぎ、未だに営業を続けておられる
わけですね。



西早稲田店としてのオープンは2002年です。




場所は、西早稲田から歩いて6分程度。


早稲田通りから路地を1本入ったところにあります。



ちょうど「らぁ麺 やまぐち」とかのすぐ近くです。



で、ご存知だとは思いますが、「がんこ」といえば・・・



店舗ビジュアルは、「黒」。


暖簾等はなく、営業の目印は、「牛の大腿骨」。

これがぶら下がっていれば営業中のしるし。


ちなみに、総本家は「牛の頭骨」。



ま、それにしても、これでいいのかというほどの店舗外観です。


普通に入口を作ればいいものを、わざわざ黒いテントで囲った入口にし、
まるで、ホームレスの造った掘っ立て小屋のよう。


お世辞にも清潔感のあるお店には見えないですよね。


知らばければ、100%お店ということは気づかないでしょう。




でも、それが「がんこ」なんです。




で、店内がまた汚い・・・(笑)


不潔というか不衛生とか、そういうのとは違って、そにかく煩雑なんです。



入ると、右側に割りと広めな厨房があり、その前にストレートのカウンターが
6席あります。




で、これも「がんこ」の店内にはみんな掲示してあるのですが・・・

「ラーメン、日本そばの三原則」というもの。

一.麺は硬めに限ります!
一.スープはダシの効いたしょっぱめに限ります!
一.スープは熱めに限ります!

という、まるで僕の好みを言ってくれているかのような内容で。



嬉しいですね。




そんな大原則のもと作られるメニュー。


それが、またシンプルです。


まず、「ラーメン」と「かけ中華」の2種類に分かれていて、これに
それぞれ、「塩味」と「正油味」があります。

「正油味」に関しては、「あっさり」、「中間」、「こってり」の
3種類があります。



トッピングは、「青唐辛子」、「ラーメンのたれ増量」というのがあり、
「ラーメン」の方だけ、「ねぎ増量」、「メンマ増量」というのが
あります。

「かけ中華」は「かけ」ですからね。

「青唐辛子」、「ラーメンのたれ増量」だけです。


ちなみに、「青唐辛子」は、100円単位で辛さを増量できます。



「ラーメン」の方には「海老塩ラーメン」というのがあったんですが、
今は提供されてないみたいですね。




で、僕がチョイスしたのは、「塩ラーメン」。


やはり、これでしょう。

「がんこ」といえば、「塩」というのは僕だけでしょうかね?


迷わず「塩ラーメン」をチョイス。

本当は「青唐辛子」を入れるのがマストなところでしょうが、デフォで。




ということで、「元祖一条流がんこ 西早稲田店」の「塩ラーメン」、
いただいてきましたので、早速ですが感想の方をレポしていきましょう!






まずは、見た目から。

一条流がんこ 西早稲田店 -- 塩ラーメン

シンプルな小振りの白いどんぶりで登場。


なのですが、この登場の前にちょっとしたpフォーマンスが。



ラーメンが出来上がると、カウンターの天板の上にが置かれて、そこに
熱せられた油がジュッとかけられる。


湯気が立ち上り、とっても熱そう・・・


このパフォーマンスがあっての提供。



仕上げにかけられた油がスープの表面に張った熱々スープ。


全体的にはシンプルな丼顔。






では、細かく。

一条流がんこ 西早稲田店 -- 塩ラーメン_アップ

まずは、スープ。


スープは黄金色に透き通った清湯塩スープでキレイですね。


先ほどの仕上げにかけられた熱した油が表面に張っているのですが、
キラキラと輝いているというよりは、ややオイリーな印象。



その中には、見た目からして固茹でされていそうな。ややウェーブのある
ストレートの細麺。



見るからにコシがありそうな麺ですね。





トッピング。



メインは、比較的大きめな豚肩ロースの煮豚がどんぶりに横たわるように
2枚並んでいます。


その上部に、平たいメンマが4~5枚無造作に置かれていて。


そして、トップには刻みネギがこんもりと。

上から熱した油がかけられているので、やや湿った感じになってます。



極めてシンプルですね。





では、いただきましょう。




まずはスープから一口。



熱した油は、ネギ油なんでしょうか。


香ばしい香りが漂ってきますね。



そして、口にしたスープは・・・


しょっぱウマ~!


塩味がキッレキレ!



まさに、「ラーメン、日本そばの三原則」そのものです。




そして、その塩スープのベースとなっているもの。


「がんこ」といえば、「牛骨」ですよね。



「牛」の旨味がたっぷり!


そして、これに加わること、「魚介」の旨味も。


「魚介」は節系と、これも「がんこ」ならではって感じですけど、「スルメ」。

この「節」と「スルメ」の旨味風味が効いていて、「牛骨」に旨味と合わさり
とても美味しいんです。


この出汁感、最高ですね。


これもまさに、「ラーメン、日本そばの三原則」そのもの。



このたっぷり出汁感とキッレキレの塩味が合わされば、やはり・・・



「しょっぱウマ~!」


です。




で、麺を啜ると・・・



プリプリとした啜り心地。


スープを跳ね飛ばしながらもしっかりと纏って持ち上げてくれる。


噛めば、バッチリ弾力性とコシのある固めの茹で加減。



やはり、ここにも「ラーメン、日本そばの三原則」が生きている。


このコシ、歯応え抜群で美味しいです。


個人的にも麺は固めが好きですからね。




で、トッピングのチャーシューがこれまたホロホロと柔らかく美味い!


箸で簡単に解れるほど。



麺と絡めて頬張って。


熱くてしょっぱウマ~な塩スープをレンゲですくって飲みながら。



メンマは、シャクシャクとした食感で、まあ、美味しい。


ネギは、たっぷりネギ油を含んでザクザク香ばしい。




ここで、本当であれば、青唐辛子の清涼感ある辛味も欲しいところなんですが。


あえて、それはやめて最後まで「しょっぱウマ~」な一杯で完食。

汁もしっかり完飲させていただきました。




美味かった~!



この「元祖一条流がんこ 西早稲田店」、良く近くは通るのですが、
なぜか通り過ぎて足が遠のいていました。


たまにはお邪魔するのも良いかもしれませんね。




ラーメン激戦区の高田馬場・早稲田界隈にあって、近くには「らぁ麺 やまぐち」
などの競合もありつつ、20年近く続いているにはワケがある。


そう、中毒性。


ハマッたら、とことんハマりそうですね。




またそのうちお邪魔したいと思います。


四谷三丁目の家元のいる総本家にもお邪魔しても良いんですけどね。


けっこうアッチは行列すごいですから。

ま、本家も機会を見て。





ということで!



ご馳走様でした!

一条流がんこ 西早稲田店

[データ]
●店名:元祖一条流がんこ 西早稲田店
●住所:東京都新宿区西早稲田3-15-7
●交通:副都心線「西早稲田」より徒歩6分/東西線「早稲田」より徒歩10分/JR山手線「高田馬場」より徒歩11分/都電荒川線「面影橋」より徒歩5分
●営業:[月~金]12:15~21:00
●定休:土曜・日曜




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■塩らーめん [ 東京/牛+節+烏賊 ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
最新記事
リンク
最新コメント