FC2ブログ
プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
えっちゃんラーメン。@西武新宿 / 中華そば
えっちゃんラーメン。
中華そば

[訪問日]
2020年12月2日(水)

[評価]★★★☆☆

えっちゃんラーメン。 -- 中華そば


今年の6月、突如、神田にオープンした「ちえちゃんラーメン」。


「ラーメン凪 BUTAO」が急遽閉店。

その代わりにこのテナントにオープンしたのが「ちえちゃんラーメン」。


もしかしたら、「凪」の生田社長が関係しているのか?

・・・みたいな事も囁かれておりましたが、ま、それは深く追求せずに。



で、この「ちえちゃんラーメン」、屋号は、店主さんの娘さんから
とったものということで、とりあえずは、このお店だけにとどまるのかと
思っていたのですが・・・



なんと、「ちえちゃん」ではなく、他の名前に屋号を広げ、増殖中なんです。


その第二弾となったのが、今回お邪魔した「えっちゃんラーメン。」。


今年の8月にオープンしたのですが、屋号が違うだけで、お店のスタイル、
メニュー等は、ほぼ「ちえちゃんラーメン」と同じ。

新しいスタイルでの展開だなと思っていたら、同じ8月に「ちえちゃんラーメン」の
川口店がオープン。


そして、9月には、別の屋号での「ひろちゃんラーメン!」というのが新宿に
オープンしてしまいまして。


さらには、10月に「えっちゃんラーメン。」の田町店がオープン。

もうひとつ、「ひろちゃんラーメン!」の池袋店もオープン。



あれよあれよという間に増殖してしまったんですね。


最初は「ちえちゃんラーメン」だけだと思っていたのが、同じ「ちゃん」がつく
屋号で増殖していったものですから、

「ちゃん系」

とか言われるようになっちゃったりして。



やっぱり、新しいスタイルの展開で面白いです。



ま、支店は行かなくとも、とりあえずは「ちえちゃん」、「えっちゃん」、
「ひろちゃん」のそれぞれ1号店には行っておこうと思いまして。



それで、今回は、第二段としてオープンした「えっちゃんラーメン。」に
お邪魔してきたというわけです。






ということで、「えっちゃんラーメン。」。




場所は、新宿歌舞伎町のど真ん中。


情報では、「新宿西口」が最寄になってるのが多いですが、「西武新宿」が
一番近いと思うんですよね。


歩いて、3分程度。



ちょうど、「神座」の目の前、「天下一品」の斜向かいにあります。

てか、「ラーメン凪 BUTAO」の跡地ですよねw




外観は、「ちえちゃんラーメン」と同じといっても過言ではないですね。

外壁等は、建物が違うので違いますが、看板はほぼ同じ。

暖簾もほぼ同じ。


違うのは、それぞれの店のマークと屋号だけという・・・



真っ赤な地に白で「中華そば」、「もり中華」と書かれているので、
否が応でも見つかると思います。





店内は、入ると奥に長く伸びていて、左側に厨房があります。


その前にくの字型に伸びたカウンター席が13席あります。

が、コロナ対策のため仕切りの衝立が立てられていて、実質9席しか
使用できないように間引きされています。


で、その背後に4人掛けテーブル席が1卓、2人賭けテーブル席が1卓。



割りと広々とした空間になってますね。




そして、メニュー。



メニューは、基本的に「ちえちゃんラーメン」に似ています。


てか、一部を除いては同じです。



基本は、「中華そば」、「もり中華」、「辛味中華そば」の3種類。


これに、それぞれ「チャーシュー」トッピングしたバリエーションの
「チャーシュー麺」と「もりチャーシュー」、「辛味チャーシュー」が
あるだけのシンプル構成。


それぞれ「大盛」にもできます。


そして、「ご飯」、「生卵」、追加トッピング各種。


で、飲み物は「瓶ビール」と。



お気づきかもしれませんが、「ちえちゃんラーメン」にはない
メニューがひとつありますね。


「辛味中華そば」です。



これは、「えっちゃんラーメン。」オリジナルなんでしょうかね。




てか、わざわざ屋号を変えているんですから、基本となる「中華そば」
にも味の違いがあるかもしれないですからね。


とりあえずは、基本からいただく必要がありそうです。




なので、チョイスしたのは、「中華そば」。


まずは、ここからです。






ということで、「ちゃん系」シリーズ店の第二弾「えっちゃんラーメン。」の
「中華そば」をいただいてきました。


早速ですが、感想の方をレポしていきましょう。






まずは、見た目から。

えっちゃんラーメン。 -- 中華そば

青い水色の家系チックなどんぶりに盛られ、受け皿にのせられての登場です。



で、ビックリしたのが、その丼顔。

一瞬、メニューを間違えたのかと思ったくらい。


「チャーシュー麺」が間違ってきたのかと思いました。


そのくらいインパクトのある豪勢さで。



これは、「ちえちゃんラーメン」とは違うところですね。


やはり、「ちえちゃんラーメン」とは基本の「中華そば」も違ってそう。

これにして正解かも。


ところどころ違う場所も細かいところでありそうですからね。





では、細かく見てみましょう。

えっちゃんラーメン。 -- 中華そば_アップ

まずは、スープ。



このスープからして「ちえちゃん」とは違ってますね。


まず、豚骨清湯のスープであるのは同じようです。

そして、ラードが表面に張っているのも。


ただ、スープの色が断然「ちえちゃん」よりも薄い。


一瞬「塩」なのかと思うくらい。


おそらく「淡口醤油」でも使用しているのでしょう。


すごく薄味を思わせるスープです。



そして、あらかじめ、刻みネギがスープの中に散りばめられています。


「ちえちゃんラーメン」は、山盛りネギをトップに盛ってたので、
盛り付け面でも違いがありますね。

で、麺。


麺はかなりボリューミー。


ストレートの中太平打ち麺です。

これも「ちえちゃんラーメン」とは多少異なりますね。



そして、一番大きな違いは・・・


まるで「チャーシュー麺」かと思わせるくらいに盛られた大量の肉。


ホント、一瞬間違いますよね。


おそらく、最低でも10枚はのってると思います。



「ちえちゃんラーメン」もけっこうチャーシューはのっていたのですが、
それを上回る量でして。


使っている肉は、「ちえちゃんラーメン」と同じ「ウデ肉」みたいです。


場合によっては、「バラ肉」を使うこともあるということですが、
基本は「ウデ肉」を使ったチャーシューを盛ってるとのこと。



それにしてもすごい量です。



一応、メンマも盛られているのですが、チャーシューの影に隠れて、
見えません。



これ、「チャーシュー麺」になったら、どんだけのチャーシューの
量になるんでしょうね。


想像しただけでもすごいです。




てか、デフォで、これは贅沢すぎです。


嬉しいです。


なんか食欲を掻き立てられます。






では、いただいてみましょう!





まずは、スープから一口。




ん?


これは何味かな?


一瞬戸惑う味で。



とても薄い味付です。



見た目の印象もそうだったのですが、実際に薄味。


この味ですと「塩」ではないので、やはり「淡口醤油」か何かをを使って、
味は薄めのチューニングにしているのでしょう。



味が薄いので、その点、スープの出汁の旨味がダイレクトにきますね。

何の出汁かって、豚の出汁。



「豚清湯」なんですよね。


表面にはラードも張っているので、「豚の旨味」が強いです。

この「豚の旨味」で食べさせるといった感じなんでしょうかね。



「豚の臭み」とかは特に感じなく決してクドくはないです。


ただ、もう気持ち、味が濃い方がバランスが取れるような気もしましたが。




でも、美味しいです。


備え付けのホワイトペッパーを少しだけかけると味が引き締まって、
より美味しいかもしれないですね。





麺は、自家製麺の中太平打ち麺。


ツルモチッとした食感で美味しい!

喉越しも良いですし、しっかりスープと絡みます。




そして、何よりも美味しいのがチャーシュー。


まず、まるで「チャーシュー麺」かと思わせるチャーシューの量がすごい。


ギッシリと敷きつめられて、麺が見えません。



大きさはバラバラ。

形もまばら。


というのも、この肉、豚の「ウデ肉」を使ったもの。

「ウデ肉」で、けっこう形がバラバラになるんですよね。


で、これがたっぷりと味が染みこんで、ジューシーで美味い!

スープの味の薄さを、チャーシューに染み込んだ味でカバーしてるかのよう。


この味がもっとスープに染み出てくれば最高なんですけどね。



肉も柔らかですごく美味しい!


「ちえちゃんラーメン」のときも、チャーシューの美味しさは感じたけど、
「えっちゃんラーメン。」で、さらにそのコンセプトというか、「肉」に
比重をかけているのがわかりましたね。


で、お店の人の話によると、基本的に「ウデ肉」をメインにしてるけど、
「脂」が足りないなと思ったりしたら「豚バラ肉」を混在させたりも
するとのことで。



やはり、「チャーシュー」にはこだわっているようですね。




基本的な「昭和レトロ」というか、懐かしさも感じさせつつの、今っぽさも
しっかりあるラーメンというのは、どちらのお店も同じ。


ただ、味のブレなのかはわかりませんが、微妙に味を変えているのも
面白いですね。


「ちえちゃんラーメン」よりも、より「チャーシュー」に比重のある
「えっちゃんラーメン。」の方が良いようにも思える。


でも、スープは「ちえちゃんラーメン」の方が好みだったり。


微妙ですね。

どちらが好きとも中々言えません。



両方がドッキングすれば良いんですけどね。




ま、なんだかんだと美味しく完食です!




それにしても、こうなってくると、第三弾の「ひろちゃんラーメン!」が
気になってきますね。


これは、近々食べないといけない。



「ちえちゃんラーメン」と「えっちゃんラーメン。」のイイとこ取りだと
嬉しいんですけどね。


要チェックです。




近々に行ってきます。




ま、とりあえず、「えっちゃんラーメン。」、美味しいです。


特に「チャーシュー」は食べる価値ありですね。





ご馳走様でした!

えっちゃんラーメン。

[データ]
●店名:えっちゃんラーメン。
●住所:東京都新宿区歌舞伎町1-15-8
●交通:西武新宿線「西武新宿」より徒歩3分/JR山手線・他各線「新宿」より徒歩6分
●営業:[月~土]11:00~29:00
●定休:日曜




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■醤油らーめん [ 東京/豚骨 ]
Trackback:(0) | Comments:(2)
コメント

えっちゃん美味しそうですね。
ところで、化学調味料の程度は、どんな感じでしたか?
「ちえちゃんラーメン」食べた時に、けっこう化学調味料の味が感じられて、しょっぱい!となりました。

使っててもいいのですが、使いすぎるのは、どうかな?と思い。えっちゃんが、そこまでじゃなかったら、行ってみたいですね。
2020-12-04 金 06:04:56 | URL | 名無し #- [ 編集]

>名無しさん

コメントありがとうございます。
返信遅くなりました。
化学調味料は使ってますね。
ただ、ここはタレのせいか薄味ではあります。
ま、僕は、濃い目が好きなので、化調は全然オッケーなですけど(笑)
良かったら行ってみてください。
2020-12-11 金 11:10:43 | URL | zucky #- [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
最新記事
リンク
最新コメント